スーパーオマケ記事

中東情勢の基本

中東…。

木曜日に日本を発ち土日を現地で休もうとするジャパニーズビジネスマン。
「良い作戦だぜ」と思いきや甘い甘〜い。

多くは金曜日が休みですから逆にフル回転で仕事をする羽目に。



TVだけ観ているのじゃ本当の姿は見えて来ない!!!

取材をしに行った事がある人がたくさんの解説をしています。

ちょい待ち。

あなたに記者が話しかけてきた時、普段通りの話をしますか?
多少良いこと(メリットあること)を言ったり、誇張することが多いでしょう。
TVで顔が出るのに「XXXなんて、最悪だ。ケッ」などとホンネは言えません。

政治、マスコミ、ボランティアなどと全く関係が無い”医療のお仕事”で
イヤイヤ(←重要)海外を飛びまくった作者が解説します(延べ65カ国)。
ただ立場上書けないものもあったりしますが、ご了承を。

↓20代の頃に経験した海外は観光地でなかったのが私の姿勢に反映しています。

=おかげで体を壊した。

まだ学校の社会科で勉強していない子供さんも当サイトを読んでいるでしょうし、
知っている方でも理由がボケる事が多くありますので、ここでもう一度。
「中東が注目される理由」を簡単に思い出してみましょう。

中東報道に役立つ(かもね)

中東報道を見る前に把握してください。背景を知らなければ感情だけで話を進めたり、
焦点のボケた解説を鵜呑みにしたりしてしまいます。

なぜ中東は注目されるのか

昔、ランプは鯨油でした。油を多く持つマッコウクジラを中心に捕鯨が盛んでした。
そして、地下に眠る”油”を利用した機械が発明され、捕鯨は終了。

鯨油ランプが要らなくなったら、捕鯨するのはダメなのか!!!
・・・などと叫んでもダメでした。
(詳しく知りたい人はマッコウクジラの項で解説。スルーでOK。)

地下に眠る油は中近東(語源・ミドルイースト)の地域に多くありました。
最近ではミドルイーストということから中東と呼んでいます。

主にアラブのエリアになります。アラブはイスラム教で、イラクに有るバクダットは
シンドバット船長の冒険物語アラジンの魔法のランプなどの物語があります。

さて、ヨーロッパ列強(イギリス・フランス・ロシア・ドイツ・イタリアなどの歴史ある強国)は
アメリカ大陸は冒険がメインの場。アメリカが巨大国になるとは当時は思いもよらず。

・女王陛下の007を擁する世界の警察であり7つの海に君臨した世界の中心イギリス!!!

・ナポレオン皇帝のカリスマが世界を席巻したカルティエ文化の中心フランス!!!

・冷戦ではアメリカとタメを張ったほどの超大国、共産主義が冴えるロシア!!!

・最後の第三帝国ハイル!!!ヒットラー率いるナチス秘密警察ドーベルマンのドイツ!!!

・誰もが知ってる世界最大ローマ帝国の末裔、コロシアムの闘技が唸るイタリア!!!

とまぁ、こんな勢いで書けば知らなかった人でも記憶に残るでしょう(私は理系)。

さて、アジアでは強国日本と”眠れる獅子”中国が有名でしたが、
日本は強国とは言えちっぽけな島国、巨大だが眠っている中国は起しちゃダメでした。

中国をちょっとだけ起してしまったのはイギリスでホンコンはその名残です。
領土の大きさから”つまみぐい”と言われていました。

しかし、ヨーロッパ列強すら手を出さなかった中国を打ち破ったのが日本でした。
そして大国ロシアにまで勝ってしまいました。イケイケ状態でした。
それで日本を同盟に入れるのが得策と当時のヨーロッパ列強は考えた様です。

戦争というのは資源の奪い合いの側面があります。

時は流れ、冒険の主役だったヨーロッパ付属のエリア=アメリカ大陸は独立、
世界の盟主になるほど巨大な国になっていました。唯一の対抗勢力はソビエト。

アメリカ5、イギリス5、日本3。
この数字は山本五十六(連合艦隊司令長官)が日本政府の命を受け
蹴らされてしまった軍艦の保有率の条約。非常に美味しい数字だったんですけどね。
その後、真珠湾攻撃で周知の通り大敗し、10対1程度にさせられてしまったらしい。

で、最後の大戦争、ヨーロッパ列強・ドイツ(ナチス党・第三帝国ヒットラー)を
打ち破ったロシアが中心にソビエト連邦を作り大きくなっていました。

実はそのドイツと仲良しだった日本も頑張っていましたが、先の真珠湾攻撃をキッカケに
アメリカに原爆を落とされました。

アジアの強国・日本も初の敗北を喫してしまったわけですね。

やっと世界から悪の驚異が無くなって平和が訪れました(西洋側教科書バージョン)。
国連の常任理事国にドイツと日本が入っていないのは知っていたかな?
しかし、世界の王者となるためアメリカとソビエト(現ロシア)が争いはじめました。

冷戦スタートです。

さて、そんな中で産業・文化は発展し、中東の地下に眠る”油”エネルギーは
必要不可欠になっていきます。中東は発展して行きましたが、宗教的な面も加わり
油を巡る各国の思惑が交錯して、常に争いが絶えません。

幽霊が居るなんてことにしたら、量産し過ぎて困ってしまうぐらい争いがあります。
バケて出る? 兵士の皆さんは困惑してしまいます。

ロシア中心に作られたソビエト連邦も崩壊したため、アメリカ中心に世界は進みます。

恐竜を絶滅させた級の隕石が落ちて来ようものならソレを破壊するのもアメリカ、
宇宙人が攻めてきたなら世界を救うほど活躍するのは映画の通り、超大国です。
(映画・アルマゲドンとインデペンデンスデイ)

エネルギーを押さえた国には逆らう事が出来ない日本

パチンコから百貨店、スーパー、ベンツ、BMW、ポルシェ…、セルシオ、普通車、
軽自動車、今使っているパソコンに至るまで必要なエネルギーですね。
自分の国で何とか賄える国はまだしも日本は完全外国依存です。
なんとか自国で賄えるのはロシアやドイツなどがあります。

昔、強国といわれていた日本は、エネルギー源をストップされたら夜のドライブも
出来なくなるわけで、他の安定したエネルギーを模索しました。それが原子力。
しかし、反対が多くて増やす事が出来ません。

原子力発電所さえ豊富にあればなぁ…と思うのも自然ですが、
事故が起きればスーパーウェポン級なので、賛成・反対派がぶつかっています。
発電所から遠い人(賛成)、近所の人(反対)という傾向があります。

その為、常に”地下に眠る油”をあてにしないとイケナイ現状。
やる事はひとつ、中東である程度の位置をキープしておかないといけません。
ロシアやドイツの様に自国で賄えませんからね。強い発言なんてトテモとても。

弱小国、弱腰の日本…と言われてしまっている所以も仕方が無いです。
(核を持って本当の強国に戻ろう…と主張する政治家もいますよね。)

過去ではお金を出して復興を助けてきましたがイマイチ効果は少なかった様です。
「金だけ出して人は出さない日本」とネチネチと言われ続けて来ました。

軍隊を出していない国は何故か自国で石油が賄えていたりする。

そこで仕方なくイラク戦争は自衛隊を派遣したという形になりました。強引でしたが。
イラク戦争で軍隊を出していないのは先で紹介した”自国で賄える国々”がメインです。
表では平和や国連主導を唱えて軍を出していないようですが。不思議なポイント。
で、中東での地位は全てにおいて優先するというお約束は周知の通りです。

すると自衛隊派遣反対のグループさんは日本の原子力発電を推進しているのか?
…と解説から考えるかもしれませんが、現実は関係無さそうです。

北朝鮮に核を持たせろ…という市民団体は、このような理由からかもしれませんが、
原子力発電所と核兵器を間違えているような部分もあり妙に難しいです。

紛争対策。反対・賛成の政治バランス

中東を安定させたいと思っている人は自衛隊派遣の賛成反対に関わらず全員でしょう。
どんな紛争でも軍需産業以外は美味しくありません。

どんなことでも政党の意見は分かれますが、何らかの理由で世界情勢が変わった場合、
変わった事に近い意見を持つ政党が政権を取れば日本は生き残れます。
本音が見えず歯切れが悪い場合、しょうがなく立場を貫いているケースが多い
ということも頭に入れておかれると良いと思います。

あの政治家はレベルが低いことを言っているなぁ…と思えても、個人の考えとは別に、
敢えて言っている事が有るということ。

犯罪者の望みをかなえないのは何故か(テロに屈せず)。

「この条件を飲めば人命が助かる」という非常に恐ろしい攻撃がこの世の中に有ります。
これで揺らがない人は居ないはずです。しかし、警察を始め条件を蹴る事が多いですよね。
何故でしょう?

犯人の意見を聞くだけで命が助かるという「こんな美味しい条件を」飲まないとは?

テロから誘拐まで日本で起きている些細な事件から世界中の何処でも、
脅迫されて犯人の希望をかなえてしまうことはヤバイです。国レベルなら尚更。
以前「人命は地球より重い」と人質事件で要求を飲んだ頃とは時代が異なります。

特に現在は世界各国に日本人が出張し働いています。
ただですら狙われやすいのに、政府が希望を聞いてくれるなら最優先標的指定です。
言う事を聞いた国は美味しいビジネスチャンスとして世界中の犯行グループさまの注目。

海外出張の身内を抱える人たちの苦悩を想像・理解すると解り易いかもしれません。
そこかしこで誘拐とか起きるでしょう。将来何倍もの人達が危険にさらされ同じように
命を奪われます。海外だけじゃなく国内でも頻発するかもしれません。

たとえ1件でも犯行グループの希望をかなえてはいけないのは明白です。
優しく気持ちの良い犯行グループだけじゃないからです。

ただ、これが難しいのは要求を断れば目の前の人命が亡くなる…というリアルさ。
先の話ではなく目の前の現実ですから理屈とは違う苦渋の感情が人々に湧きあがります。
被害者の人へ同情して「要求を飲む様に」署名するのも気持ちは理解できます。

将来(理性)を採るか、目の前のリアル(感情)を選択するか…。

恨みや非難を受ける冷酷になる人が必要(ツライ仕事ですな)

同胞を助ける…というのは今も昔も変わっていませんが戦争理由のひとつも仲間意識。
みんなの気持ちに合わせて応援するのは簡単です(自分が良い人に見えるしネ)。
冷血・非情に徹して犯人の要求を蹴らなければならない悲しさも理解すると良いです。

もしも自分の決断で人が死ぬと分かっているなら、考えただけでも心が震えます。
理屈で感情を押さえれるかが問われるものですね。貴方はどうですか?

▲裁判で死刑宣告を受けた犯罪者の場合、死刑執行の時、執行官は3名だったカナ?
3人が同時にボタンを押すそうです。有効に働くボタンは1個だけです。
犯罪者に刑を下すと理屈で分かっていても自分が命を奪ったという悪夢でうなされないため
考えられたシステムです。

頭で分かっても感情を押さえるのは難しいです(異性にフラれた時を思いだそう)。

▲アメリカとイラクが仲が悪いのはいろいろ有りますが、同時多発テロで飛行機2機が
高層ビルに突っ込んだ時に「神の罰だ」とフセイン元大統領が言ったのが決定打。
それは大量破壊兵器があろうが無かろうが戦争になるでしょう。

作者は政治・宗教などの団体には属していませんので誤解しないようにね。
文章を書いてお金を貰う仕事はしていません。

大変難しい中東や核問題は、当解説の視点で見ると分かりやすいと思います。
(分かり難い?ゴメンナサイ)

当サイトの解説お約束、詳しく知りたかったら歴史書や専門サイトへGo!!!
(というより小さなミスは目をつぶって頂いて大きな流れが把握できればOK)

さて、以前、北朝鮮からミサイルが発射され東京を飛び越え太平洋に落ちました。
戦争がリアルになった人も多いことでしょう。

私がクェートから帰国した時、友人らとロイヤルホストで状況を話している中、
ひとりがスイカのタネ(メロンだったかも)をプップッと…、日本は平和だなぁと思いました。
これからアメリカの立場が弱くなれば北朝鮮が強引に来るかも。仲良く出来ないのはどうしてでしょう?

<生物学的に〜争うこと>

地球の生物で「肉食性」のものは一般的に縄張りを持ち好戦的。
ライオン、オオカミ、ワシやタカ、サケマスなどなど。

植物やプランクトンを食べるものは、優しくって仲良く住む系。
シロナガスクジラ、ジンベイザメ、ハト、フナコイなどなど。

・・・ということなのか、人間の中では好戦的を止めようと、菜食主義のグループがあります。
植物食性なのに好戦的なのも、実はイレギュラーでいまして、

インコとかアユとか…。

生物学的には人間はヒト科の生物ですので、生き物の掟に縛られているので戦争が絶えません。
戦争は反対していても、同僚とか身近なトラブルは誰しも抱えています。
いわゆる縮図がそこかしこにあります。ネットですら争いの絶えない現実。

文明人として発展するためには、生物学的な「争い遺伝子」みたいなものを
取り除くような高尚な思想・理性を持たねばならないでしょう。
しかし…そんな人がいたとしても、すぐに潰されているような……。
潰すのではなく大切にすべきと、我々一人一人が考えを持っていかなくては無理だろうか?

<スイスの永世中立国>

スイスは現在平和な国です。しかし永世中立国になるまで過去はツライ事情がありました。

世界大戦時代では各国・各地で傭兵となり、同じスイス国民同士が戦ったりしました。
砲撃のタイミングや突撃の合図には正確な時計が使われていましたが、
それを供給していたのは(完成品で無くともパーツでも)スイスであり、
これらを元に永世中立国として平和を求めています。

ドイツへもイギリスにもフランスにも敵対したそれぞれの国に高精度時計供給していたです。


ドイツ・ヒンデンブルグ大統領の面白い史実

初期の頃、ヒットラーを「イチ兵長」と呼んでいたそうですが、
時が経つと「閣下」と呼ぶ様になり、
ヒットラーのカリスマ性を確立させる一助になったそうです。

ドイツ帝国時代の話です。


ナチスで心温まる話なら

映画「戦場のピアニスト」やスピルバーグ監督の「シンドラーのリスト」があります。
悪の帝国と呼ばれたナチスドイツでも、良い人は居たのは間違いないです。

ピアノ奏者のユダヤ人を演奏に感動したナチス高級将校が匿った話が戦場のピアニスト。
ドイツ人ビジネスマンが従業員と誤魔化して多くのユダヤ人を助けた「シンドラーのリスト」。
”リスト”の意味は「助ける為のユダヤ人リスト」です。

両者ともナチス後期時代で、ユダヤ人居住区「ゲットー」が舞台です。

▲現在(2004年)ユダヤの国イスラエルがパレスチナ人居住区を作り、壁で囲っています。
過去ナチスドイツにされた事と同じ事をパレスチナ人にしているような気がするのですが。


ナチスの人気

ナチスのファンは意外と多いです。ドーベルマン(犬)を連れ、長い上着にビシっとした姿勢。
アンチなり賛同なり…更にはコスプレあり、現代でも人気?は廃れていません。
アウトローでもカッコイイ!!!というのが紛れも無い理由でしょう。

総統ヒットラーのコスプレが何故か流行らないのが寂しいですが…(外見なのか)。

そういえば、当時は、ソ連が崩壊してロシアやウクライナに、東西ドイツは合併してドイツに。
ロザンゼエルス大震災もありました。激動の時代に海外出張していたものです。
あの頃の仲間たちは、今、いったい何処で働いているのだろう。

一方、国連の常連理事国入りに手を上げても、当然のことながら周辺の中国や韓国は反対で、
「何でそんな国連にお金を出しまくっているんだ」となったのが最後で紹介する記事です…。


「敗戦国は金を毟り取られる」よしおさんより

国連への分担金支払い、世界第一位。
我が国は国連の全予算の実に19.9%を負担している。

負担率で言えば実 はアメリカが第一位で25%だが、
アメリカ、イギリス、ロシアは負担金 を何年も滞納、一向に払う気配はない。

負担率第二位が日本の19%、第 三位がドイツで9.8%。
フランスが四位で6.3%、五位ロシアで5.7%、六 位がイギリスで5.3%で、
中国は第九位で0.9%である。

上位三カ国だけで全体の54%をまかなっているのが現状だ。

だがお気付きだろうか、 高い負担率を負っている日本とドイツは
非常任理事国である。

ご存じの通り常任理事国とは第二次世界大戦の戦勝国である。

ただそれだけで 半世紀にも渡り常任理事国であり続け、
自国の利益のためだけに紛争に 介入し又戦争を起こし、
拒否権を発動してきた。

そして、金は滞納し放題なのだ。

日本は国連においてもっと強い権限を保持すると同時に、
毅然とした態 度で望まねばならないのである。

ちなみに西暦2000年には日本の負担率は20.6%まで引き上げられる。
185 ヶ国の加盟国すべてが予算を出し合っている中で、
一つの国が5分の1 も負担する、それが極東の小さな島国であり敗戦国である。

私はこの事 実に深い憤りを感じると同時に、不思議な優越感も持つ。

現在国連が経 済的に機能しえるのは、他でもない日本とドイツが
滞納せずに分担金を 支払っているからである。

敗戦国となり弱い立場に立った両国がそろっ て経済大国になり
国連を支えているのだ。

軍拡と戦争に明け暮れる常任 理事国のなんと不様なことか。
“日本が世界を支えている”多少穿った 見方でも、そう思っていいのだ


首相「国連拠出金の削減言及、外相のどう喝ではない」

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 小泉純一郎首相は28日夕、町村信孝外相が27日に国連本部での記者会見で
 日本が目指す国連安全保障理事会の常任理事国入りが実現しなかった場合、
 「国連への拠出金を削減せよという世論が急速に広がることは容易に想像できる」
 と発言したことに関して、「日本国民の中にはそういう声も出るんじゃないか、という
 話だと思う。前から日本の分担金は米国を除いた常任理事国4カ国より多いんだから。
 そういう声が出るだろうという紹介だろう」と述べ、削減する可能性を否定しなかった。

 一部の国から「国連に対するどう喝」と批判が挙がっていることに対しては、「まあ、
 どう喝じゃないだろう。率直な日本の中にある声を伝えたということだろう」と外相を
 擁護した。


国連通常予算分担率(外務省発表)を見て参考にどうぞ。

2005年になって中国や韓国との摩擦が多くなりデモも暴徒レベルで頻発、
北朝鮮とは戦争勃発か…というぐらい緊張が高まっていたりします。仲良くしていると思っていたのに…。

国連へは昔から高額金を出していましたが、それは敗戦国の贖罪としてでしょう。
「そろそろ、いいんじゃないかな」というのが最後の記事に出ていると思う。

これからは一般の日本人を救うような予算配分を…
うーむ、常任理事国の皆さん始め、多くが滞納している国連拠出金。
その”世界常識”に従って、日本も滞納から始めるのもよろしかろう。(冗談ですが)

元々、国連の常連理事国入りしたいと日本が立ちあがったのは、
その拠出金以外に「核爆弾の被爆国」として、核廃絶を訴えれる立場を…だったはず。

核爆弾開発の大元になった量子エネルギーの理論をあげた
世界に名だたるアルバート・アインシュタイン博士は、広島12万人・長崎7万人(だったかな)の結果を見て、
「大量破壊兵器が起した戦争の悲惨さ」で人類は反省すると期待していたとか。

大物理学者の期待がハズれてしまっているのは残念な事だ…。
しかし、いったいぜんたい我々は、どうすればいいのでしょうねぇ。



<ニワカ評論家が続出した事件>

イラクの日本人人質事件の際、にわか識者が続出、ウチも注目を浴び議論の対象になったりしました。
本当に中東を興味を持っているひとだったら、事件の前に語句検索でこの記事を読んでいただろうし、
私へメールのひとつでも送って、もっと詳しい中東話を聞いたりしないだろうか?

BBSにも「人命が1番大切だ。金を幾ら掛けても助けなければ。」
という書き込み者が続出しましたが、正直、作者側からするとトッテモ変な感覚。
あちらでは人命は軽い。日本の常識とは別の文化、それが現実。

「イラク日本人拘束の事件」が終ったら無しのつぶてになるんだろうな。
妙に寂しさを感じたフィーバーでした。
結構、中東の勢力関係とかニュース番組が分かり易くなったと応援メールも来て嬉しかったなぁ。

個人的には、ニワカの知識・文化人は勘弁して欲しいと思った。
それは視聴している一般人にも波及する。
教えて欲しいのではなく、間違ってるという指摘をされたのは、
日本人の多くがイラクとイランの区別が出来ない頃に出張していた私は悲しかった。

▲イラク日本人人質事件のマトメ&解説記事は削除しました。

<フセイン元大統領>死刑を執行 現地TV局が一斉に報道

2006年12月30日12時27分配信

 【カイロ高橋宗男】

イスラム教シーア派住民虐殺事件の控訴審で死刑判決が確定していた
イラクのフセイン元大統領(69)に対する死刑が30日執行されたと、
イラクの現地テレビ局が一斉に報じた。

03年3月開戦のイラク戦争での政権崩壊まで24年間にわたり
同国を独裁支配した元大統領は「人道に対する罪」などを犯した
「犯罪者」として生涯を閉じた。

米軍占領下に設置された法廷の公正さを疑問視する意見は根強く、
旧フセイン政権を支えたイスラム教スンニ派の反発は必至。
マリキ首相(シーア派)率いるイラク政府は「独裁者の死」を
国民和解につなげたい意向だが、かえって宗派対立に拍車がかかる恐れがある。

おしまい



表紙へ     コラムへ戻る(作者の海外出張UMA編)