研究者の憂鬱その2(TVの修正報道前)

人体は、ウイルスが中に入ると、鼻水や痰を出して体外へ排出しようとし、
セキで外へ飛ばそうとし、高熱を出して死滅させようとする。
基本中の基本の理屈すら一般人に周知されてない日本に誰がした?

新型インフルエンザ狂奏曲 マスクは空気感染防止じゃなく、鼻と口を手で触らないためだよ
感染者が自分の目鼻口を触る⇒机を触る⇒健康者が同じ場所を触る⇒目鼻口を触る。
これがウィルスの生きている間に起きるのは飲食時が多々です。

ネットでブログやサイトを開いている医師らが一斉に主張し始めるネタ到来。
S本さま、M並先生からの「疑問」メールでも触れられていたので、解説してみましょう。

最近、仕事をしながらTV報道をBGM代わりに流しているのだけど、
2003年以降、マスクをしている人々がドンドン増え、経済にも影響が出ていた。今回は新型インフルエンザ災禍。
普通のインフルエンザ流行時には、毎回、ベッドが空いているか他病院に掛け合ったりして大変だったのを思い出す。

鳥インフル災禍(2004年発生)なんかは…そもそも鳥インフルは「ペットの飼い方」本には注意点が書かれていたものだけど、
最近は全く関連する記述が無くなっているという。…ということを以前にも何回か書いたっけ。
つまり、感染症は目新しいものではないのに勉強機会が少ない…という事なのだけど、常にすべき啓発が減った為に、
勉強不足の「力のある方」やメディアが「新しい脅威」と振り回す。長年の平和ボケ、無関心のツケです。

伝わってきている発生源の国では致死率90%という新型インフルエンザ。これは凄い話。
でも、致死率90%というウィルスは地球史上、存在していないです。この瞬間、疑惑あり。
それが今起きるのは科学的に無理があり、他国では致死率0.4%で低い、この時点で判断できる。
変異(後述)するまでは全然大丈夫。いつものインフルエンザと一緒の扱いだ。

TV啓発が減ったのは、理系的な題材より、パニックや大事故・謎事件が視聴者に好まれるから、
「このイベントが終わったら、また動物園に行ってネタ探しか」と悲しむマスコミの方達。
ニュースネタが無い時は「動物園へ行け」が合言葉というのは本当のTV裏事情。あ、でも癒しはOK。

ワケワカラナイと評判のメディアで流れる専門用語「フェーズ5」とか「フェーズ6」とかのWHO警戒レベルは、
死亡率や毒性のレベルじゃなく、戦争やテロ警戒レベルの表示に似てるから紛らわしいよね。
ジャック・バウワーの出番ではないので、ちょっと勘違いしている人はスルーを。
また専門家や政治家がなぜカタカナ英語にして会見し、日本語を使わないのか?毎回思う。
お爺ちゃんやお祖母ちゃんは分からないよね。クラスターなんて集団感染とか日本語はちゃんとあるのに。

ついでに新型インフル予告、梅雨では一旦収まり、秋口に再度大流行だけど、薬が間に合うので楽勝。

▲6月下旬で収束、現在はタミフルでOK、自殺誘発・凶暴化の方が注意。⇒前に触れた凶暴性格化の原因薬
RNAによるウイルス増殖(後述)を阻害するアビガンは早い時期での投与で効果的。抗インフルエンザ薬として認可された。


それにしても、多くの人々がマスクをしてる光景は非常に興味深い。
花粉の季節を遥かに凌駕している。感染爆発・世界流行(バンデミック)真っ最中でもない今の段階で、
犯罪者の皆さんが、堂々と顔を隠せる状況になっているのだ。
毎日約100人の自殺者がいて、約50人が交通事故死して、約10人が風呂で死んでいる現実より、
まだ日本では1人も死んでない新型インフルエンザなのに、こうまで金をかけて敏感な反応だ。
三菱車の火災事故と同じぐらいの割合でトヨタ車が燃えてた案件よりも偏りが酷く興味深い。

普段、マスコミの情報は鵜呑みにしないようにとネットではお約束になっているけど、
見事に多くの方々がマスクをしているのを見て、テレビは破壊力抜群の凄まじさ……だと肌で感じた。
一方、新型ではない普通のインフルエンザなど、ウイルスについての話は少なく、医師らがコメンテーターで出ても、
意見が一緒じゃないので、これまた興味深いものがあった。デレクターが言わせてるのか?と思えるミスも散見できた。

煽られてマスク買い占めが起きるのは問題だし、もし貴方が入手困難になったら手目鼻口に注意して入手まで待てばいい
そして感染したと思ったならマスクを率先して着用、自分の咳によって飛ばすウイルスを少しでも防止し他人に移さないようにする。
最悪、布やタオルでも構わない。

世界最強の完全生物というのはウイルスと言っても過言じゃなく、人間が地球のウィルス、
そんな風にいわれることも多くなってる昨今、そもそもウィルスって何ぞや?を知ると、
マスクの効用なども分かってくると思うので勉強して頂きたい、貴方・貴女次第です。

まず、極小の生命体であるウィルスは、そもそも裸なので、外の空気中ではすこぶる弱い。
体が弱いゆえに、そのままでは子孫や仲間を増やすのが難しいわけで、頑張って獲得したノウハウがある。
他の生物の体(細胞単位)に入って、自分の遺伝子を使って他の遺伝子を書き換え、
動物のエネルギーを貰って増えるという手段である(RNA複製システムという)。

まぁ平たく言えばパーフェクト他力本願というヤツです。

外では弱いんだから空気中では短い時間しか生きれない。つまり飛翔感染やら空気感染はあっても少ない。
主に、肉体接触がメインと考えればいい。
しかし顔を近づけてツバが届く距離で会話しても、実験ではそんなに染つらなかった。この事実は驚きだろう。
当時の私はじめ研究者たちですら「え〜っ!」だった。
すなわち、電車でも大丈夫、可能性があっても吊革ぐらいじゃないのかな。但し満員電車だけはリスク管理的に微妙。
車両の揺れによりコケる方が怪我するから、吊革には掴まろうね。その後、なるべく顔を触らず手を洗う。

▲阪神淡路大震災の避難所での感染を調べていた坂本名誉教授(医療チーム隊長)、
そして1998年から2003年にかけて様々な実験が行われた。ヒトゲノム解析と共にです。


ところがどっこい、既成概念が科学的実験でくつがえり、新しい理論を作れても、世間を変えるのは本当に困難で、
「それは間違い」と逆に言われたりして凹むもの。結果、研究者や学者たちは「まぁ啓発なんていいや」とブルー。

マスコミを始めとする組織の”力のある方々”は、文章を読まないし、利害関係の強い姿勢を変えない傾向が強い。
ネットでも契約書を読む人はいないだろう。クリック(同意)しないと先に進まないのだから読み飛ばすよね。
これが習慣になり、契約書も関係者以外読まない無視され文章になっているし、科学論文などもってのほか。
国民全体が読解力低下になってるのは、こんなものの積み重ねかもしれない。

一時期流行した科学ノウハウ番組のおかげで、若干、科学への関心が高まっているらしいのが幸いだったところが、
いつの間にか民間療法の効果不明な医療解説が増えてきた。血液サラサラなんてのが典型的事例です。
血液というのがサラサラとかドロドロとか見た目で分かるほど変化したら人体にとって大変ですよ。

話を戻すとウイルスの空気感染は実際はほとんどありません。だから目・鼻・口を触るのがメインな移動の仕方と覚えて欲しい。
マスクは、口鼻を無意識に触る人間の性から「(説明が面倒なので)とりあえずマスクしろ」で出来た。
本当に、くどいけど、空気中にビシバシあるウィルスたちが生きて移動して感染するのは少ない。
そもそも流れる空気の密度とウィルス数の割合と疾病発生率なんて計算しないしさ、労力的にも無理です。

家庭用ビデオで日常生活を撮影し、特にご飯を食べている時に注目してください。無意識にやたら目鼻を触っている筈。
手を洗おうぜ!という合言葉は、根本的にこの苦肉の策でもあります。

同僚でウィルス学を研究してる友人が実験し、食事やスポーツで、同じコップで飲むよりも寧ろ”手の動き”、
感染してる唾液とか体液を手で触った後で、無意識に自分の目鼻口を触るのが主な感染の原因と結論付けた。
マスクを感染者や健常者がしていたって、食事のときだけは外す。ここが一番重要なところです。

ウイルスは粒子、細菌は細胞。粒子の方がずっと小さい。ゆえにマスクでは通過してしまい止められない
尚、医療用の感染防止マスクは呼吸が厳しいほど密閉がしっかりしているので(TVで見たりするのとは)同じものではありません。
ゆえに一般のマスクのメリットというのは、手で口鼻を触らなくすること、咳で飛ばすのを防止すること、これらが重要な理屈です。
元同僚いわく「何年も前にTVで紹介したんだけど、今回、そのネタを覚えていたデレクターは一人も居ない」と
お約束ではあるけど、人々へ啓発されることは無かった。そして現在(2009年)において尚マスク即買占めか…と嘆いていた。

色々あるけど対処として「外には出るな」が手っ取り早い。知識が少ない子供に説明が出来ない主婦さんでも簡単だ。
「あかあさん、外で遊びたいよ〜」という子供には、「勇者はお家にいるものよ」と言って聞かせて下さい。
または「外に出ると死んじゃうよ」でもいいかもしれません。しかし活力一杯の子供は難しい。田舎に引きこもりますか。
親のいう事を聞かない世代だともっと厄介。こういうのは行政が強権を行うしかないでしょうかね。(法律改正が必要)

人間が環境に適応して、地球上で爆発的に増えたのは恐ろしいほどで、
戦争を度々起こし、膨大な死亡者を出してもへっちゃら、人類は元気一杯。悪魔も真っ青だ。
裸で外で居れば弱い人間が、核なんかのエネルギーを持っているわけで、
9.11のワールド・トレーディング・センターや飛行機の破壊力は「人間が持つには凄すぎ」とも、
あの事件の映像を観て実感できた人も多かったことでしょう。

これと同様に、外では弱いウィルスなので仲間を増やす際、環境に適合して変身することがある。
特別に専門用語では”変異”というんだけど、時々、凄い毒を持つものに変わる。
以前(2003年)のSARSってコロナ系のウィルスでは最初の5人から約8000人に広がった。教訓です。

オマケ知識として世界最強の殺人生物として名高いのは「T4バクテリオ・ファージ・ヴァイラス」。
これは洗練された凶器のようなウイルスで、宿主の細胞単位から次々と死滅させます。

新型インフルは生物テロの予行練習にもなってるし、悪性に変わって薬が効かなくなったら確かに深刻ですが、
現段階において経済までストップする兵庫大阪にいたっては、”テロ目的成功レベル”=日常生活の不可=が
日本では容易に出来ることを示すもので、いやはや、本番じゃなくて良かったと考えるべきでしょうか。

普段から人間は生き物という意識を大きくし、死が隣合わせだということを見せておきたい。
死んでも生き返るだなんて、何パーセントの子供たちが答えるなんてゲームじゃないんだから、
冗談で書くようなアンケートを集計して参考にしてはだめとか言いたいし、問題が多くあります。

理系離れの結果、政治・行政上層部やマスコミに理系は居なくなったのか?と心配するほど、
「一般人に説明したってどうせ解らないから、無駄な説明は省け」という感じといいますか、専門用語を多用するし、
ウィルスの恐怖に遭って対策が進んでいる欧米と、先進国と自負しながらそうじゃない日本(に見える)、
そんな風にTVを観ながら感じてしまうのは私だけではないことと思う。メディアの報道の仕方で国力がどんどん落ちてしまう
政治家の方々ですら簡単なことですら専門用語羅列で説明、それだけで状況報告を理解出来ていないと見えてしまう。

結果、経済を心配して株価が下がり、円は高騰しUS$1.00=94円となった。

42度でタンパク質が変質していくことを知ってれば、子供に42度の熱が出れば危ない、
見かけは良くても、脳細胞はタンパク質で出来てるからヤバイんだよ、とか書くと、
「42度以上に軽く耐えるタンパク質があります!」と趣旨を変える人が出てくる。
知っていても、解りやすく工夫して書いたのに、いい所を取られて読者の記憶に残らない。
(ネットではこういう工作が行われつつあり注意が必要です。)

ウイルスもタンパク質の生命体なので、感染発症後の38℃〜39℃の発熱は人間の生まれ持った防御作用のせい。
発熱してウイルスを殺そうと体がするわけで、ウイルスが死ねば、体は防御=発熱を止める。
ウイルスの種類によって死ぬ温度があり、「この体温で止まった(治った)なら、アレだ」と診断でも必要とされる情報。
今の新型インフルエンザは体温39度、最悪を想定したインフルエンザでは40度なので、
こういった知識でも、素人判断で安心できるはずです。安心できないかな?
しかし発熱にあがらうのは大変つらい。私なら2日でアウトでしょう。早期にウイルス増殖を抑える方法がベスト。

専門用語を多用して賢く見せるのは不要、タンパクの変質温度42℃を覚えれば応用が利きます。

いや、そもそも、脳細胞とか書いた時点で理解不能に陥ることもあるでしょう。
42度で肌が荒れて老化促進とか、高温は痩せ⇒太るとか、ウソ書いた方が効果的なのかも。
話題がソレまくってる。申し訳ない。一応、私も科学の人なので自由に書きにくいんだよね。ふぅ〜

でも、もういっちょ。「胃薬は本来、強靭な臓器である胃には不要だよ」。
話違うけど、こんな事は講演会レベルなら良いけど、それ以上の場で話すと、とたんにクレームの嵐となる。
だから私は「胃薬は直接は効かないけど、間接的に効かす為の工夫だ」などと誤魔化して説明する。
そういえば旧帝国大学付属病院院長(私の恩師の弟子の井口教授)が講演会で同じことを言ってたけど、
控え室に居た我々は「おいおい、あんな事言って大丈夫か」と、
会場などを手伝ってくれた協力の製薬会社さんの顔色を伺ってヒヤヒヤもんでした。雑談失礼。

さて、無意識に口や鼻を触らない自信のある人はマスクなしでもOKという話でした。
マスクをしてても目をゴシゴシ・グリグリしてはダメですよ。手を”よ〜く”洗ってからね

厚生労働大臣や大阪府知事が「想定してない爆発的広がり」とTVでしゃべってた。
これはブレーンに的確な科学知識を持つ人が居なかっただけなので仕方がないと思う。
日本においては爆発的広がりにはならない筈。広がる場合はまず医療機関から始まるから注目です。
世界的な流行・感染爆発の場合はデータ収集をしているWHOの指示によって各国が一斉に対応する事になっている。

そうそう、地震の際に(潜れと言ってるそばから)机下に潜らないTV局員の姿がよくあるけど、
今回はマスクをキッチリはめたレポーターが沢山いた。何かの意図でもあるのかもしれない謎。
薬局に”抗菌マスク”がある謎。さぁ、ここを読まれてる貴方・貴女、謎の答えがわかる?
いつか気づいてほしい。繰り返すだろうから。

▲関連の息抜き=ミツバチ謎の減少、1000万円で研究者募集
ミツバチ減少の原因にはダニ説や農薬説があるけど、映画「ハプニング」で少し触れられているのを発見。
募集年収の1000万円は費用対効果で安く思えるのは、カラ出張、現職大臣が自殺の農林水産だからかな。
私は、昆虫だったら体液のバランス崩しが”特定種”だけを死に追いやれる原因と思う。
環境に存在する塩類を自然に戻せば、元に戻るんじゃないのかな(今書きながら思っただけ)。

いやぁ、実は、もう気づいてる人たちがいるけど、今回の騒動は”アレ”への兆候でもあり、
普段、政治経済には無関心の科学者たちが、今回ばかりは世界各国協力して提言したのに、さ。
人類が全滅するかのようなアレ、破壊力のある……おっと、まだお知らせは早かった、失礼。
本番が襲来した場合にちゃんと対応できるのか、もっとテキパキと出来るかも、それとも同じミスを繰り返すのか、
すべては後進達の手腕にかかっていると思う。

新型インフル記事の感想選抜
まだTV報道が”国内何名の感染者が発見された”レベルの時、2009年5月

Ikawaさまより

マスクの話、読みました。いやぁ、そうなんですか。
来週、東京出張がありますので、マスクを・・と思っていましたが・・・。
なるほどですね。でも、確かに手を鼻や口に持っていくことは多いので、
そういう意味では必要な訳ですね。ふむふむ。
(こちら、XXXXでも、マスクが売り切れになっているようです。へぇーです。)
-------------------------------------------------------------
サイト見ました。あの振りは、そんな意味だったとは。
世情に疎い私は全然気付きませんでした。失笑。
また、私の恥ずかしい拙い文章も出ており、あらーでした。

S本さまより

私の疑問に、御回答頂きありがとうございます。
とても解かり易い内容で参考になりました。
早速、明日から知ったかぶりして周囲に披露・・・いや、違いました。

大阪周辺に関して申し上げますと、マスクの着用率はかなり高いようです。
二日程前の京都の祇園あたりは、マスク着用者が多いとは感じませんでした。
そして、周囲の人はマスクが売り切れていて手に入らないと言います。
私自身、マスクをしてないと危機意識が低いという目で見られている
ような気がしないでもありません。

しかし、佐久間さまの解説を読みましたので、
明日からは我が道を自信を持って進めそうです。
新型インフルエンザについて政府レベルの情報提供が非常に遅く、
国内感染者が発見の報道がなされる度、
民放各局はこぞってヒステリックな反応を強めていますね。

いずれにしろ、佐久間さまの解説にあった様に事実関係を列挙し、
国民一人一人にその判断と行動を委ねるといった報道は皆無ですね。
日本に報道なんてものが、そもそもないという意見も聞こえてきそうです。

ありがとうございました。

M並さまより

新型インフルエンザ対応の解説をありがとうございました。
マスク使用の効用やこまめな手洗いの重要性がよく分かりました。
何人かの同僚に話しますと、なるほどと納得していました。

また、「梅雨時期には一旦収束し、秋口にはまた流行するかもしれないけど、
その時は、薬が間に合うので心配ないらしいよ。」と言うと、
うなずいていました。

あれから、XX県のXXでも毎朝全員の健康状態を把握して、
インフルエンザ様症状がみられる(感染の恐れのある)者を自宅待機させたり、
その人数を県当局に報告したりするなど、対応に追われています。

神戸市、大阪府に次いで、本日(5/20)、
滋賀県でも感染者が確認されたと報道されましたが、
XX県でも発症確認は時間の問題かとも思います。

そうなると、県下一斉に全措置となると思われます。
職場でも、全措置に備えて対応策を検討しているところですが、
今回のインフルエンザの毒性は比較的低いとのことですので、
厚生労働省が早く従来型インフルエンザと同じ対応へ
シフトダウンしてくれないかと思っています。

取り急ぎ、お礼まで

T堀江さまより

それはそうと僕の会社の人が何とマスクを着けてました!
びっくりしまして何故と聞くとテレビを見てと。。。。
そ、そ、そうですか〜。マスク会社はウハウハですね。

いったんですがお疲れ様でした!
自分勝手にメールは振り込みますが、お気にせず。。

PS:新型ももう少しで落ち着くでしょうから佐久間さんも休みが取れますね。

そう思ってましたら、やっぱりダメみたいです。トホホ。

<結論・雑感>

危機感を持つことは重要ですが、それは正確な知識がある上での話。無知であれば悪い人たちに煽られ使われる。
煽られ軽傷者が医療機関に殺到すれば人工心肺装置など手間のかかる重傷者が疎かにされ亡くなっていくし、
医療従事者や職員が感染して寝込んでしまうと、更にこういった医療崩壊を起こしやすくなる。
その先にあるのが軽傷者ですらフォローできなくなる日常生活の破壊。国力が弱まっていく。
特に自己中心的で感情の赴くまま生活しているタイプの国民がイライラを募らせ暴力的になっていく。
日常生活を手放した後で初めてその重要性が分かる。

・国民が正確な知識で各自で対応できるようになる事、暴力的にならず知的で賢くなる事。結果、感染者が少なくなる。
・国民のレベルが上がれば当然のことながら都市閉鎖などの経済を壊滅させるような感染対策を選択しなくて済む。

健康と同じで、後悔しないように普段から正確な知識に触れておきましょう。

魚病の種類と治療マニュアル〜手術方法まで
手術をするにあたっての方法と魚病の治療に必要な最低限の知識まとめ。治療と飼育スキルは全く別物とよく分かります。



←研究者の憂鬱     表紙     ⇒研究者の憂鬱その3