恐竜の科学その1:絶滅順番や原因究明、カメ化石の不思議など

恐竜・首長竜は絶滅しているのか!?

世界各地で目撃される怪物たち。
通常の自然科学を凌駕(りょうが)するスカイフィッシュやフライング・ヒューマノイドは置いておいて、
古代の絶滅種は本当に生き残っていないのでしょうか。
多少、進化して形状が変わっていても、奥深い、神秘的な湖には生き残っていて欲しいです。

現代の我々はインターネットというツールを幸いにして持っています。ネス湖のライブカメラしかり。
当サイト発、ネットで世界を震撼(しんかん)させるぞ作戦は生き続けています。
良い情報が配信出来るよう、頑張ります。よろしく応援をお願い申し上げます。

ページ数が多いので読み返す、ブックマーク時には1ページに集約したコチラを用意しました。NOT別窓設定。
UMA部分も消してありますので、宿題などにも役立つように配慮しました(&他の方への紹介へも便利かも!!!)。

簡単!恐竜の科学

当サイトでは複数の科学を数十ページで解説する事にチャレンジしています。
その為、解り易く・簡潔に…を心がけていますが、もし各項目で興味を湧いていただけたら
専門書など詳しい資料に当たってくださいネ。


恐竜・魚竜・首長竜・翼竜の分け方ですが、簡単に言えば以下です。

恐竜:直立歩行・四つ足(2本歩行含む)。

←足が真下にスックと伸びるのが恐竜。ガニマタじゃない。

恐竜と普通の爬虫類の違いとは:

太平洋のガラパゴス島の陸・海イグアナや、南アジア・インドネシアのコモドドラゴン(超大型トカゲ)は、
恐竜っぽいムード、顔つきを色濃く残しています。知らない人は区別がつきにくいですよね。
「恐竜の小さいヤツって言ったっていいじゃない?」、「どうして恐竜じゃないの?デカイのに。」
ガニマタなので恐竜じゃなく爬虫類となります。

←トカゲ・ワニなど爬虫類は足が広がる。ガニマタ

トカゲ↑同朋舎発行/角川書店発売分解博物館21:7,400円(税別)より

魚竜:ヒレ、首が短い。イルカに似た感じ。

首長竜:ヒレ、首が長い。プレシオサウルスのタイプ。

翼竜:飛ぶ…

まぁ、あまり区別に対しては意味が無い(=神経を尖らせるほどでは無い)と思います。
そんなものだと気軽にお考え下さい。

コモドドラゴン(1912年に捕獲・新種として学会報告)
過去の公式最大記録=3.13m(その個体の体重は166kg)
尻尾の長いオオトカゲ類には、もっと大きなものもいるらしい。
(シッポの長さによるので、コモドが最大でOKと思う)

公式記録ではなく過去の伝聞では、なんと6〜7mが目撃報告されたりしている。
学会報告前は怪物だった。ゴリラと同じく…しかし恐竜は発見される事がないのだろうか!?



戻る     表紙    次へ