まずは助走から。


初めてメールさせていただきます。

いつも楽しく拝見させて頂いております。最近、新しい記事が出てこなかったので、
おかしいとなとは思っていたんですが休止していたとは知りませんでした。

変な画像(ネット上で)を見つけたので、復旧したときにでも検証していただきたいと思い、
勝手ではありますがメールさせていただきました。

画像はカブトガニのようなんですが、あまりにも大き過ぎです。
ただの合成をつかまされたと思えばそれまでですが淡い期待を込めて送らせていただきました。
(個人的には居てもらいたいですが・・・)

これはずいぶん前にネットで流れた作り画像ですねー。正直、出来が良いです。
アイコラのレベルもパソコンの性能が上がれば上がるほど綺麗に見事になってきました。
出元はebaumsworld.comさんのようですから、
私のほうから使用許可メールを送っておこうと思います(仮保存)。
では、本物はどれぐらいの大きさなんだろう?

     ↓ところが!!!

リアル社会(公的機関)の方から公式の最大カブトガニはコレです!!!と連絡が。

スナメリおじさん より

はじめまして。以前から密かに『UMA』を拝見しております。
2005年11月22日、毎日新聞の九州・山口版に
巨大カブトガニのニュースが出ました。ここです

26日以降、各全国紙および全国の地方紙にも共同通信経由で記事が出ました。
ここ にも別の写真などをUPしましたので、お時間があればご覧ください。
全長79.5cm・体重5.0kgのカブトガニは研究者に計測された個体としては世 界 最大だと思います。
UMAではないですが、「大きなも生物ネタ」です。

<コメント>

密かに…じゃなくて堂々と見てやってください。そしてUMAが大好きだと!!!大きな声をあげられて…
でも私は学生たちの前でカケラも言えませんが。←をい
TVで最大のカブトガニ映像を見ました。デカイ、でかいですねぇ。早速ペアになって歩いてたし(喜)
スナメリおじさんのご紹介されたサイトですが、なんと大村湾のスナメリ・希少動物のサイト
あれれ?スナメリおじさんがいらっしゃるではあ〜りませんかぁ。←おいおい

正直、カブト、一度は飼ってみたいです。(研究対象なら飼育OKが出そうですけど=研究者の立場で)
海で釣りバリに引っかかって来ないかなぁ。。
…と以前、イセエビをかけた話を聞いてカブトガニでも…と連想してしまいました。

三葉虫にクリソツな現代の生きた化石カブトガニ。
アメリカでは確か何らかの(医学系)薬剤が採れるということで研究されていたような。
ずばり、美味しい存在ですよね。そんな長崎に注目です。

長崎県大村湾でスナメリを見つけた方は、上記サイトさまへご報告を!!!
公的サイトだから、良い子の皆はメールをする場合、ちゃんと礼をもって書くようにネ(先生モード)

たか(T・I)さんより

先ほどはじめてサイトを拝見しまして 
オーブというので 私もかなりの数のオーブを撮影しているので投稿してみます

殆んどは 平将門所縁の場所での撮影になります
もともと霊感が強い家系なので心霊写真は当たり前なのですが
自宅で写したものなどは100を超えるオーブが一枚の中に映り込んでいるので
オーブの中の顔も見えるかもしれませんね

もしよければマダマダたくさんありますので連絡ください

 

←↑オーブが写りまくってます。

<コメント>

なんという恐ろしい(作者苦手な)写真を送ってこられるんですかぁ〜
ホコリだって納得しているのに、ホコリ過ぎな、いや、どう考えても多過ぎというか、
オーブ関係なくても恐ろしげなオーラの攻撃で参ってしまいそうですけん。
青い服の方の向こうに居るのは影なのか…?
台所、掃除大変ですね…とお茶を濁しておきましょう(笑)ダメ?

たか(T・I)さんよりオーブPart2

いそがしい中返事ありがとうございます。
写真なんですが 写真集ができるほどの枚数がありますので、宜しければお使い ください。

いずれも霊症などはないとおもいますので、ご心配なくお使いください。
地名や名前などは一応モザ入れておきます。今回も地元の某お寺などです。
分かりにくいので丸を付けて置きますが、まだ他にも居るかも知れません探し てみてくださいネ。

では、またお便りします。

PS 前回送った画像の女性の後ろの影ですが、あれは宅の嫁の髪の毛です。
腰まで有るのでそう見えたんですかね?

 

 

 ←たか(T・I)さんの後姿

<コメント>

全てをご紹介したいのは山々ですが、なんといってもUMAサイトですので、
これはホコリじゃないとか、小虫じゃないとかのものを激写されたらいいなぁ。
そうそう、オーブって上で書いたホコリや小虫が正体と言われてますけど、
せっかくですからオーブらしき光体を拡大してみましょう。

←思いっきり拡大。

なんとなく、神秘的じゃないですか。なにか模様があるし、微生物みたいですねぇ。
雪とかの結晶って写真で写して拡大すると綺麗かもね、と思いました。
で、せっかくですから上で紹介した最後の1枚を別の視点で見てみますと…

←立ションを暗闇でする怪しい男

いやいや、本当は木のきりかぶといいますか分かれ枝なんですけど、
写真の校正中に気になってしまい、ネタにさせて頂きました。
本当は表紙でやりたかったんですけどねー。



戻る   表紙   次へ(インドの怪魚登場)