サイト運営昔話part3〜Yahoo!サングラスへの道。

山ほど有るサイト。一生かけても全部見ることが出来ません。
訪問者の平均滞在時間は1分以内。
しかし滞在時間が長い奇跡に近い存在のサイトが僅かにあります。

それはサングラス(クールマーク)が付いたヤフー登録サイト。
1日の表紙は10,000アクセスover、そのサイト全体では1日50,000アクセス前後。
これが、ず〜〜〜っと続きます。
来年はアクセスが閑古るということは殆ど無い可能性。
広告費で換算すれば、どれほどの価値なのでしょうね。

サングラスって何?…googleのSEOや様々な検索エンジンの有料登録などもありますが、
現在の日本で遥かに効果があるのはコレ。

このマーク、私も欲しいと思っていましたが、思うのと実際に取るのでは違いがありました。
思うのと実際に取る…そう、私自身も実際にやる前までは、
「知ったか君」、「自分は凄い症候群」だったのです。

「たかがYahoo!サングラス、取ってるサイトは別に凄くない。」
そう思っていた自分と今の自分では全く別の感覚です。

ドメインじゃないとダメとか有料スペースじゃないとダメとか噂があります。
では無料のジオシティーズ(当時アドレス)でチャレンジしてOKであれば、どう判断できるのか?

サーファーが選ぶお勧めサイト(1週間)」や「サーファーのオススメ」までは、
なんとか引っかかりましたが、サングラスだけは手が届かない!!!
まさに出口が見えない死のロードみたい。

「たいしたことない」、「自分でもアレぐらい出来る」と思うのは簡単ですが、
その段階を過ぎ、やってみたら死ぬほど大変でした…。
そう、見事にプライドが砕け散った瞬間です。

サングラスがあっても読まれなければ卑下されますが。
特にUMAなんて「精神的ブラクラぐらい」で取り扱われていますので…お、おぼえてろよー!!!

なんにせよ、サングラスへ行く前にサイトを完成させなければなりません。
そして、第1歩のYahoo!カテゴリー登録は当然のごとく通過させ…、どうしましょう?
しかも、頭の中で悪い想像がぐるぐる回っています。

やばい、ヤバ過ぎる…私は夢のない未来を感じていました。

頭にグルグル巡る絞れ込めないテーマ

●ショップはヤフー登録をされても直ぐに効果がなくなる傾向あり。
●趣味サイトでも、ジャンルによって効果が出る・出ないが大きい。
●一般的にIP50アクセスで成功と考えられる(当時)。
●放置してもアクセスがあるような安定したサイトを工夫する。
●BBSやカウンターの無料レンタルCGI、素材提供が1番OK。

サングラスサイトの2ちゃんねるのようなBBS群でコミュニティを重視するか、
トヨタ自動車のように巨大資本を投入して真似の出来ないシステムを作るか。

動画、音楽、ファンサイト、ニュースなど幅広い材料から、どれを重視すれば良いのか、
絞り込みだけで悩みます。

ほんと、お金を掛けず独力で作るにはどうすれば良いのだろう。

そもそもオカルトサイトでサングラスを狙うというのは
一般的にはお話にならないと同意じゃないでしょうか。
相当作りこんでも無理、サーファーに賄賂を贈ったとしても無理。

カテゴリーがイメージ悪い事に加えて、スキルの有る人がパッと見て、
「悪い印象」ではなく「良い印象」なんて不可能じゃないでしょうか。
下手を打ってしまえば本当に「精神的…」あたりでお仕舞いでしょう。

ああ…お手上げです。

で、あまりにも大きな目標に放置気味だった所、とあるキッカケで始動してしまいました。
掲示板でヤフー登録競争…ということになりヤフーチャレンジに至ったのが機会です。
サングラスはダメでも言い訳が効きますがYahoo!審査登録に落選するとヤバイ。

登録されて、ホント、よ、良かった。

↓物件・サブサイト(旧)BBSより

425.あの怪しいサイトと競争 作者 2002/09/20 (金) 06:47

(ある読者さんと⇒)競争だぁということで
UMAサイトを申請かましました。

サイト評価もしている運営者自身の私が掲示板で宣言してしまうとは、
どうしてこんなに私は自信を持っていたのでしょうか?

実は自分でもわかりません。

狙い通りだったのでしょうか?いえ、それが出来ればネット世界は簡単でしょう。

申請は9月20日、登録は9月27日。一週間でした。
申請から登録まで1週間かかったという事をデータに残しておきます。

サングラスまでの第1歩を踏み出し始めました。
さて、惜しみなく経験や工夫した内容を公開できるでしょうか?

ひとまず登録からの道のりを次回で紹介します。



サイト昔話その2←     表紙へ     ⇒次回