サイト運営・昔話その2

ここのスペース、テキスト以前は表紙アップのもの保管庫にあるように画像の羅列でした。
見た目には「ここを先に読めば良いのだな」と訴える形ですが、
アナログ回線やISDNでは若干スピードが遅くてツライ。

今の感じにしても、訪問者数的には大きく変化していないので、
これでやってもよかとですか?と試験的に行っております。

前回は苦労話…そういえば訪問者さん達の中にはサイト作成者・運営者がいらっしゃるはず。
1番興味があるのはアクセスアップの方法についてじゃないでしょうか。
しかし、そんなのはネットのそこかしこに転がっています。

しかしノウハウを知っていながら達成出来ないのは、
人間の知識・知恵は大同小異だからなのでしょう。

私が昔調べたのですが、個人サイトの上位0.5%が、
なんと全体の半分のアクセスを稼いでいたという事実。
ネットはホンの一部のサイトがアクセスを得ていて、他の大多数は少ないです。

対象3万サイトでは上位150位が半分のアクセスを稼ぐ…という事で、
つまり、29850サイト分のアクセスを合わせても上位150サイトのアクセス分。
(私の当時のサイト規模で大体上位0.3%)

そこに入るために、変わった事をしよう、なんとか1歩をと考え実践しました。
その結果、ある程度の手応えを感じましたので紹介したいと思いマス。

セコセコアクセス向上法

人間は、セコイ動物である。セコイといっても、悪い意味ではない。
そう、先人の残した偉大なる格言…
「1円を笑うものは、1円に泣く」に表されているように好い事なのである。

さて、Yahoo!のアクセス向上のジャンルを筆頭に、
サイト作成のプロ達において密かに古(いにしえ)のセコイ技が伝わっている。
正統派からズレる為に、公では語れない技だ。

1、マイカーの後ろに自分のサイトのアドレスを書いて、
信号待ちのその都度、後ろの車のドライバーに宣伝する。
1日中、街を流せば、相当な数のドライバーに宣伝できることだろう。
東海地区ではZIP・FM(エフエム名古屋)がこれをやって成功した口である。

2、車を持っていない人はどうするか?自分の服の背中にサイトのアドレスを書いて、
講習会や学校の講義に出かけるのだ。
講義の時間中、たっぷり1時間は後ろの人に見せつけて脳ミソに刷り込ます事ができる。
後ろの人は、見たくなくても見せられてしまうという恐ろしい技だ。

3、パソコンショップやネットカフェへ行って、
ネットに繋がっているパソのブックマークにちゃっかり入れておく。
次に見た人が、ひょっとしたらアクセスしてくれるかもしれないからね。
ネット住人の条件反射を狙った、意外と効果がありそうな技だ。

4、そして次は、パソコンショップのパソ画面に自分のサイトを表示させ、
これを至るショップでこなしまくる荒業だ。
実に恥ずかしいが、それを乗り越えなくては、真のアクセス向上の達人にはなれまい。
まめにやればやるほど、アクセス数はうれしい悲鳴となって返ってくる。

他には1と2の合作で、服の背中にアドレスを入れて
自転車で走りまくるというテクニックもあることはあるが、体力が問題となってくる。

これらのテクは、ひょっとしたら、読者にもご存知の方は多いかもしれない。

(居ない、イナイ)

▲2000年に書いた記事でしたが、
これほどのネタが書けた自分を誉めたいと思います。いや誉めて!!!

ところで、半分は上位0コンマ5パーセントというのは本当の調査結果ですよ。

ではまた次回!!!



サイト昔話その1←     表紙へ     ⇒サイト昔話その3