サイト運営・昔話その1

「表紙の表示が重い」ということからテキストで工夫…。

このホームページはネットが広がリ始めた、わりと初期に作ったものです。
大量のテキストがあり、ページ数も多く読み難い構造ですが、
そうなってしまった背景(言い訳ともいう)を書いてみます。

ネット初期は、現在のブログに代表されるような、
日記テキストベースで簡潔なデザインは少なく、
表紙からリンクを数件張るのみにするというシンプル・デザインが主流で
オススメと言われていました。

また、ウンチク系の多くは大手企業やマスコミに対する提案や間違い指摘が多く、
表現はお世辞にも”訪問者向け”を意識した丁寧文ではありませんでした。
思いつくまま1ページにかなりの文字を書き、ダラーンと長いものが多数。
当サイトも、ダラーンと長かったのを、読みやすい様に細切れにしました。

現在の約10ページが1ページ分でした。
ご丁寧に「テレホーダイじゃない方は接続を切ってユックリお読み下さい」という
注意書きまでしていました。

テレホーダイというのは昔懐かしいNTTの特別サービスで
深夜だけ電話かけ放題、現在のネット接続し放題・定額が無かった頃です。
1ヶ月数十万円もかかった電話料金に
苦情が殺到していたことから進んだようです(NTTはウハウハ?)。
当時の森内閣もIT網を広げる為にアレコレやっていました。

検索エンジンはYahoo!やgooがメインで、googleが日本上陸するぞ!!!…で
ニュースにしていたものです。
特に非合法系サイトは検索エンジンの審査で落とされ、
たいがい上位にくることがなく、アンダーグラウンドとして特別な入口があり、
住み分けがされていました。

しかし検索エンジンの精度が上がって、人がチェックしてサイトを選抜するという、
カテゴリーから自動語句検索にウェートが移り、
昔ながらのサイトは作ったとしても身内や友人知人など一部の人にしか
読まれないようになることが多く
(数時間で作ったようなチラシH詐欺サイトでも資金があればアクセスを得れる)、
商用サイトは大打撃を受けることになりました。

その代わりに宣伝用のサイト(楽天などショッピングモール)が大きく出てきて、
E(エレクトリック)コマースの各社は広告をバンバンだすことになり、
ITバブルとか言われた時代です。
SEO(検索エンジン最適化)とかいうテクが出てくるのはその後です。

話が脱線しました。

当サイトは、元々はページ数が少なく、表紙もすっきり、しかし1ページがやたら長く、
起承転結はハッキリさせているという構造でした。
1ページが長いということは、短いものに比べて読みにくく、
多くの方々は読み飛ばす斜め読みで、サイトに書いてあることもBBSで
質問が殺到するという作者泣かせでした。
もちろん、嫌味で「こんな事も知らんのか」系の人も多かったでしょう。

それで語句や解説を飛ばされないよう短めに切ってページ数を増やしましたが、
「全部読まないと質問したらダメなんか」という意見がメールで来るようになりました!!!

表紙のリンクが見てのとおり膨大になり
「入り口も分からないデザイン下手」などと酷評されたものです。
どちらを選択すれば良いのか、いやぁ、作者泣かせです。

結局、有料のサイト内検索を@niftyで使うことになり、利用率は良いのか悪いのか、
サイトに答えが書いてある初心者的な「解説の見逃し」は減った気がします。

っと、なんだかグチっぽくなってます?いかん、イカン。

兎にも角にも、解説は数ページありまして、最後まで読まないと
ヒッカケに見事釣られてしまう事が多々あります。御注意下さい。

疑問に思ったら、表紙下部のサイト内検索で更に調べられるかしてください。
BBSで聞かれても、レスが確実とは限りませんので、是非…。

ネットは進歩が早いといいますが、古いサイトは置いてけぼりを食らうか、
その時代に合った修正を一生懸命こなすか…大変です。

役に立つ!!!@ニフティサイト内検索
あなたの投稿がサイト内に採用されているかも分かります。
一覧件数

↑こいつぁ、グーグルなどの検索エンジンが拾ってない、
下層ページもフォローしている作者鼻血ものの有料アイテムさ。
(毎月の会員費が幾らアップだったかな。結構…)



表紙へ     ⇒その2へ