LIVE CAMERA

パソコン通信から発展進化を続けたインターネット。
1998年には大発展しはじめ、
ある男が国家博覧会パビリオンのトップで以下を書いた。
時は西暦2000年の暮れ……。

「ライブカメラこそネットならではの具現であり、
24時間、無料で世界各国の農作物の生育状況など現地状況が分かる。
TVや映画と違い、スタッフや業界のクルーも必要無く、
これこそ、食料流通を含め過去とは一線を画すシステム・ツールである。」

まさか出会いとかネス湖とか、別の路線で発展するとは思わなかった。
あっちの世界の人なんか、ベンツが何台も買えるぐらい稼いでるし、まったく…。
マジメなジャンルでの発展は正直まだまだ。

「当時ウカツな事を書いちまったな。オレもまだまだアマかったぜ。」
と自嘲気味に笑いながら男はソファーに腰を下ろし、
煙草を咥えながら想像を遥かに超えた時の流れに身をゆだねるのであった。

夜も深け、静まりかえった町。男は煙草の煙をゆっくり吸い込み、
今回の”ライブカメラ”ネタに思いを馳せた。

「さてと…たまにはニヒルにハードボイルド風で行くかな。」

あちっっ!!!     (←火が落ちた)

物語

今朝はいつもより冷え込んでいた。
男は石油ファンヒーターをつけ、コーヒーを飲み、いつものように頭が冴えるのを待った。

「そういえば恥かしい文章を書いていたな。」

そう、その男は大変な凹みが続いていた為に
「以前は良かった想い出」モードの記事を書いていた。
正直、「以前は良かった」系というのは自分以外には恥かしい記事が多く、
尚且つ、サイトの更新が止まる前兆でもある。

男は「これじゃ、再起不能のままだぞ」と、
更に頭が巡るように煙草を取り出し火をつけた。

ソファーに座り込み、ゆっくり煙を吸い込んだ。
「こんな事で落ち込むとは未だまだオレも青いな…ふっ」と呟きながら、
パソコンの電源を入れ、ネットに繋いだ。

ここは一発、クールな更新をするか…

あちっ!!!  (←火が落ちたpart2)


ネットならではのWebライブカメラ(ネス湖編)特集Part1

緊急アップ!ライブカメラは見た!

読者さん(H・Aさん、HN: 恕留樹(じょるじゅ)さん)が、
ネス湖ライブカメラで発見!

こ、これは!?

作者より
写真の著作関係は先方さんや、撮影した読者さんのいずれかに帰属デス。
ネットの法整備はまだまだですから、投稿写真は変更する場合もあります。

報告日時:6月25日(日本)9時

保存された写真たち

解説=さくだいおう:真中の黒いやつです。結構はっきり映っていますね。
海や湖を見下ろすホテルの窓から眺めるとこんな感じでしょうか。
かなり大きな船じゃないと、ああは見えないのじゃないかな。



おおっっ!微妙に移動しているぞ!!船か!?まさか、ネッシーか!



むむむ…、背景から想像すると、黒い部分で5〜6m以上はありそうです。
渓流釣りの時には、道路からポイントを見るときに木などで大きさを計るのですが
これは相当大きいですよ。

(ただし、大きさの錯覚は、まぁまぁあります。釣りの世界では、見た目の1平方メートルは
なんとその3〜5倍もあるというのが、私も釣り雑誌によく書いたことです。そう、これは逆に
意外と大きいことが多いのです。困りましたね〜。)



あああっっ!消えたっ!消えてるっ!マジっすか!?



心配点:アップになっているため、水中に没したのではなく、画面外に出てしまっていると
鑑定者に言われる場合があります。その点は覚悟かな…。


今回の件では、黒いものの輪郭のくっきり感が少々レンズから物体が水面より
近いことも感じさせますが、波が立っていたということで、その場に居るという
前提で、黒いところで5〜6m、水面下はその3倍はある感じですね。
(15〜20m!)

波の様子などでしっかりした分析が望まれますね!う〜む、それにしても
良質なネタでしょう!

そういえば、ネッシー探索のかなり力の入った、今までとは違った入念な調査を行う
ということで、かなり良い悪いの論議があるそうです(詳しくはまだ知らないのですが…)。
まさか、それの調査中の潜水艇だったりして…。

ちなみに私の巨大生物(寒冷帯)見解では、サケ科岩魚・イトウ族なら現実問題として
2〜3mに成長してもおかしくはありません(滝太郎や浪太郎)。理由は産卵しても
他の鮭科魚類のように死なないことが挙げられます。降海すると短期間に巨大化して
鮭の様に遡上してくるから、巨大化も容易なわけです。また、巨大化が更に容易な
遺伝子3倍体の鮭類もサツキマス、サクラマス(アマゴ、ヤマメの降海型です)や
ニジマスで作られていますが、自然下での発生は皆無確率と言うぐらい温度刺激設定が
難しいです。遺伝子3倍体は卵の受精のある時期に一定の温度刺激を加えるとできます。

現在、水生物の巨大生物UMAは温泉など温度刺激による3倍体が理由…というのが
よく使われる説明なのですが…。

また、海から遡上してきたチョウザメ4〜5mは、淡水ではえさの摂取を控えるために
閉鎖された淡水域ですと、巨大な体躯が痩せ細ろえて、いびつな感じになるそうです。

いやぁ、それにしましても、夢を掻き立てられます。本物だと出るといいですね!
(水面上にあるとすると、太っているし、大きさも美味しい大きさですね〜。
アイヌ伝説の鹿を飲み込んで窒息した50mのイトウには負けますけど、結果が楽しみです。)


(報告者さんのレポート)

黒っぽい点が右から左へ、上下や左右には揺れないでゆっくりと滑る様に動い
ていました。

水上に出ている部分は2メートルくらいの大きさはあるように見えます。
その水上にある動く物体の後方には波が立っているようでした。
12,30秒ほどで水中に消えてしまいました。

最初はボートか流木かと思ったのですが以上のような特徴からちょっと違うよ
うに思います。
あるいは魚かもしれませんが少なくとも相当大きい魚であるとは言えるのでは
ないでしょうか。

私は、1978年の「ニューネッシー」の騒動の頃は首長竜もどき
の落書きをやたらと書いたのを覚えています。
UMAについて少年の頃から興味を持っていました。

ネッシー、シーサーペント、ムケーレムベンベが興味の中心でした。
ネッシーについて私は中生代の首長竜が現代に生き残っている可能性はほとん
どないと思っています。

しかし、多くの証言と写真などから何か大きな動物がネス湖に存在することは
ほとんど確信していました。

今回「ネッシー」と関連がありそうな事象を目撃できて非常にうれしいです。
ネス湖の湖上や湖畔で肉眼で目撃していたら恐怖の念を感じたかもしれません。
感じるのは映像の分析を待ったほうが早いですね!


更に追加写真:右中にある流れているもの

ちょうど、ついさっき(現地時間午後2時47分)生物だと思われる画像を取り
ましたのでお送りします。




いやぁ、ネス湖に行きたいですね。私なら、やっぱり石鯛つり用の
ハリス・ワイヤー仕様で、夜に子供を狙うかな…。
あ、いや、湖の夜って怖いんですよね〜。

海の夜釣りは出来ても、淡水の池や湖では怖くてできません。
これって、結構不思議です。(やっぱり霊は淡水に集まるのかな)



大きさ比較写真。手前は小さな草かと思っていた茂みが、大きな木だったのね…。



読者さんが独自に、そしてフォローのためにも私からもイギリス(ウエブマスター)に連絡を
取りました。見解を必ずくれると思いますので、乞うご期待ですね。

ああ、それにしても、スポンサーさえいれば、この私、一発捕まえてくるんだけどなぁ。


先方からの早いお返事♪報告するネ!って書いてあります。
(ついでに日本語サイト読めないって←しまった!翻訳サービスを付けるのを忘れた)

Hi Makoto(←さくだいおう),
many thanks for your message.
We are looking at the pictures at the moment and will let you know
what we think very soon!

We are sorry we cannot read your website because we don't know
any Japanese!

Cheers!
Mikko
Webmaster, Nessie on the Net!
  www.lochness.co.uk

Aさん、ご報告ありがとうございました!




2005年7月

こんにちわ 先ほど書き込んだツェペリです。

もう覚えていらっしゃらないかもしれませんが
前にライブカメラ写真を送ります といったのですが
全然送る暇がなくて・・・ 今からおくりますね〜!

撮ったのは1〜2年くらい前です。

しかも夜なのでかなり見にくいかとおもいます・・・

1枚目:ウナギ君?魚っぽくみえますが・・・



2枚目:ウナギ君のセクスィな背中



3枚目:ウナギ君のカッコイイ顔のドアップ。



ネッシーみたいな顔してますね。
多分、ウナギですよね?
魚じゃないですよね・・・

鑑定をよろしくお願いいたします。 それでは股

こ、これは…。そ、そんな…。

推理1=水鳥

推理2=スッポン

推理3=ウナギ

推理4=まごうことなきネッシーちゃん

水鳥ってどうなんだろう…。
カメラに興味津々な知的生物の感じとして正解っぽいですが、
そうじゃないと、これぞ正にネッシーかといえる見事な画像に近いような…。


ネッシー画像はサイト内に沢山収容されています。

その2へ進んでネ!



イッシー池田湖情報へ戻る       表紙         その2その2