ネス湖のライブカメラのリンクです。

日本のメジャーな政治家ですら(都知事)現地調査へ赴いたという。
調査方法が出資に見合ったコストをかけた”科学的”だったか観光だったかは置いておいて、
現代のネットを利用すれば24時間、観察できるのが最大のメリット。
ネットの他のマスコミと比較して特筆すべきことは、このネス湖のライブに代表されるのだ。

ネス湖ライブカメラ

機材さえ有れば、どこの映像でも24時間TVのように流す事が出来ますし、
電波で届かない海外の番組を観ることも可能です。
いずれ女の子の部屋に置く変な業者が出てくるので、ちゃんとした分野で有効利用したいものだ。
(これを書いたのはYouTubeなどが出る前)。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

ネス湖LIVE版

例:ネッシー写真…私は別のものに目が行ってしまうんですが…HAE

ボートから発信/同じく(別スペックもの)

水面からドキドキ/同じく(別スペックもの)

さぁ、学校や職場からチェックしてネッシーを発見しましょう!!!
でも発見して騒いで先生や上司に怒られても私は知りません。

発見時のトキメキだ!!!

シホさんより

さっきライブカメラ見てたんですけど・・・ネッシーっぽいのが居ました。
何か前にも目撃された端っこの辺りにでっかい影が在って、
『前出た所だから思い込みかなぁ??』と思ってみてたら・・・
動いたんですよぉっ!!(驚
頭っぽい所がかくって・・・
でも、もう居なくなっちゃいました。。

★報告メィルの文章メチャクチャだったんですが
それだけ興奮していたという事でお許し下さいませ〜m(_ _)m



<作者より>
シホさん、発見の典型的興奮例(笑)で掲載させて頂きました。
やっぱり、ドキドキものですよね〜。

その時のシホさんのパニックぶりがメールから伝わってまいりました。
ご報告、ありがとうございました。


⇒ライブカメラ目撃報告
▲サイト後半に出てきます。先に読むより「科学の章」を読んでからのほうが理解しやすいかも。


ネス湖ライブカメラで観察・発見しよう。/青いミミズ(オマケ)

おっきな幸せの青いミミズ…


←写真提供黒翁さん

悲鳴一覧
ぐえ〜 ヒロさん  
みみずがみみずが、、、
ぐお〜〜 るみねさん  
うなぎもでかい〜と思いましたが青いミミズは超ドッキリです〜!
静脈が多いのかなぁ(マテ
でかっ!! 天梟さん  
これは、でかいですね。
こんなミミズが存在するですね。
確かに、奥多摩や宮崎県の山奥に50センチを超えるミミズがいるという話は
聞いたことがありますが、写真を見たのは初めてです。
うう、すごい。
ちなみに、どうでもいいことですが、
バレンタインデーには、チョコではなく、ナスの漬物をもらいました。
幸せの青いミミズ・・ ryyuさん [Rのページ]  
ミミズ拝見させて頂きました。かわいいです!うらやましいです!
なんかいいことありそうですよね。
幸せの青ミミズ♪

コメント

まぁ、こいつがパジャマの中にはいずって来た日には自殺級ですねぇ。

更にダメ押しだ!!!


Oh! ミミズ〜 幸田明雪堂茶舗のオーナー茶っぷりんさんから
だいおうさま、皆さま、こんにちは。

昨日、転居先の田舎の神社で春の祭りがあり、招待されて参りました。
ちょうどウチの対面の山の中腹に古い神社が建っており、
春なのに冷たい風が吹いていました。
何気なく神社横の側溝に目が行ったのですが、
なにやらヌメリと動いています。↓

オリジナル写真

紫色した大ミミズでたまげましたが、山ミミズと言って
この辺にはいくらでもいるよ、とのこと。
とんでもない処に越して行ったものだと青ざめてしまいました。
私がもっとも恐れているのは大ムカデです。
遭遇しないよう祈るばかりです。
(画像重たいです)



そして、当サイトの読者は減って行くのであったとさ……


オマケ2。

今回から飛び石で始まるショートストーリーは、様々な関連ネタを利用して作っています。
有料のサイト内検索があった際は直ぐに連続して読めたのですが、現在は探すのが大変です。
時間のある時に、このシリーズを探して、マトメておこうと思います。

以前は、ここだけを読むファンがいらっしゃいました。何かがマニアの心を掴んだのでしょうが、
私には理由が分かりません(失礼)、そもそも1ページに解説が少ないところを充実させる為に
ササッと作ったものですから。

多分、この形式で別ネタを作ろうと思っているサイト管理人さんが参考にしようと、
主人公やシチュエーションを変えるだけで、成り立ちますからね。

結果、2chなどで、このパターンの改変コピペが広まった一理由は私のせいかも。2008年3月22日


ショートストーリーpart1「ネッシーライブカメラ」

彼の名は五郎。しがないサラリーマンだ。一生懸命が唯一の取り柄。

日々の仕事に翻弄されながら、それなりにソツなくこなしていた。
多少しょぼくれてはいるが、同僚の女性らからは慕われる平均的な男。
以前は野口五郎、現在は「ハイ、ゴローさん」とスマップ絡みで呼ばれた。

神経を尖らせるビジネスの現場でホッと一息というムードメーカーであり、
しおれた背広が妙に似合う風貌だった。
細面のしょうゆ顔で、どちらかというとジョニーデップか。

その彼は休憩時間にネス湖ライブカメラを見るのが趣味だった。
他からは「根暗」とか「趣味ワル〜」などと、からかわれる事はあったが、
全然気にしていなかった。

目標はネッシーの影をこの目で発見する事だった。

決められた毎日を過ごすサラリーマンである彼は、
一生懸命しながらも怠惰なフィーリングを払拭出来ずにいた。

ネッシーの正体を暴けば何か世界が変わるのではないか?と、
夢を持って…そう思って毎日眺めているのである。性格ナイスガイ。

ある日、ライブカメラに異変が起きた。影が動き、進んでいる。
ボートではないようで、まさか、まさかと…。

五郎の眼光が鋭くなった。
今まではオタク雰囲気をまとっていたが、鋭く光り、
女性にモテる獲物を狙う猛禽類の見違えるものになっていた。

すぐさま男性の仲間を呼んだ。パソコン画面を見せた。
しかし、同僚男性の反応は寂しいものであった。

「なぁ五郎、影なんざ幾らでも出るぞ。鳥じゃないのか。
こんなバカげた事ばかりやってないでコンパでも行こうぜ。」

五郎はガッカリした。いつも通り。

そして昼間の喧騒を離れ、徐々に静まる街。

今日は早めに仕事を終えて酒でも飲みに行こうか…五郎は思った。
ネッシーライブカメラで初めて未確認の影を見つけた自分へのご褒美だ。

「ああ、マスター、酒」

酒場で一息つき、ぐっとアルコールを喉に流し込んだ。
もう、普段の五郎ではなかった。
危険な香りをまとい、酒場に見事にマッチした風貌は見事であった。

「何か良いこと有ったんっすか?」マスターが声をかけた。

「内緒だよ、フッ」と五郎は返した。セリフまでハードボイルドだ。
今度こそは、もっとパーフェクトに見つけてやるさ。

「マスターごちそうさん、釣りはいらんよ。」
小心者でケチだったのに人間がでかくなったようだ。

数日後…

またライブカメラで動きがあった。
見事なタイミングで五郎の目も鋭い眼光を放った。
前回と同様、これも間違いない!!!

「恵子ちゃん、ちょっとおいでよ。」

五郎は前回の経験から、男性ではなく女性社員に声をかけた。
恵子というOLは、どちらかというとおっとりしていて、
ぽっちゃり型の可愛い女の子だった。

深田恭子、宇多田ヒカル、モーニング娘を超える感じだ。

「ん?どうしたの」

恵子は五郎を見てビックリした。
普段パッとしない彼が眼光鋭く、危険な香りをまとう魅力的な男性に、
見事に変貌していたからである。

そして隣にイスを移動し、パソコンの画面を覗き込んだ。

「ここの黒い影がさぁ…ネッシーに見えないか?」

「うん、見えるよ♪」顔を近づけた。

五郎はハッと思った。
恵子の首筋が目の前にあり、なんだか良い匂いがする…。
そして、綺麗なうなじに胸がドキドキ高鳴ってしまった。

「柔らかそうだ…」

何故かは分らない。男の本能がそうさせたのだろう。
思わず五郎はチュッとやってしまいそうになった。
いかん、いかんぞ五郎。それはセクハラだ、我慢するんだ。

「ご、五郎ちゃん!!!」恵子は驚いて彼を見た。目が合った。

普通なら怒るところだが、
五郎の子供で居ながら真剣な目に照れてしまった。

「い、いやん」






もうライブカメラのことなんざ、どうでも良かった。

▲作者の中学時代の初恋が恵子ちゃんだったからというのは余談だ。



ネッシーpart4戻る     表紙    次へ氷河期は氷で覆われていたか?首長竜かもよ。