書く人によって内容は違う、典型的な記事を提供しましょう。
「知ってるよ」とスルーしていると、しっかり読んだ人と大きな認識の差が出ますよ!!!
サイト内には、ここだけではなく、かなりネッシーに関するページがありますので、頑張って読んで行って下さいね。
特に、サイト内
科学の章湖の科学ネッシー現象等は必須です。


スーパーヘビー級世界チャンピオン!

ネス湖のネッシー特集

主な画像:
・学研「ムー」
・南山宏著「謎の巨大獣を追え」
・「謎の動物の百科」今泉忠明著2000円(株)データハウス

←このリアルな頭部。まさに首長竜だ。

「謎の動物の百科」今泉忠明著2000円(株)データハウスP94より

イギリス・スコットランドの深い湖、ネス湖。
水温は低く、湖と気温の差で霧が発生した時には神秘の空間をかもし出します。
数10メートル先は何も見えません。

耳を澄ませば、ボチャンと水音が聞こえ、急深の湖は呼吸をしているかのように、
木々には神や妖精が潜んでいるかのようなムードになります。

霧の湖。それは神秘的で、女性の瞳(ヒトミ)のように奥が深いです。
自然の素晴らしさを感じるひと時でしょう。
神からの使者、愛称ネッシーが居たって可笑しくない雰囲気です。

妖精が呼んでいます。「こっちへおいで…」
その言葉に釣られて、毎年毎年、入水自殺者が増えて…。
動機不明で警察も頭を抱えているそうです。

・・・という心霊現象は世界中の湖でありそうですが、それを調べるには
毎年の警察の死亡者数統計を照会し、本当に増えているのかどうか確認。
(心霊現象・科学調査バージョン)。

女性の瞳は澄みきった深い湖のようだ…なんて、実物の女性を前にして
言ってみたいものです(クサイバージョン)。

以上、なんの関係もない話でした。

(ゴメンなさい)

マジメに行きます!!!

単純に長期間に渡り目撃報告や人気が続くのは巨大マスコミが煽っても難しいです。
良いネタがあっても、直ぐに正体・原因が判るか忘れ去られるのがオチ(普通)。

あなたの近所の湖で怪物目撃騒ぎが有ったとしましょう。
「科学調査であっという間に正体判明」…はさておき、
1年、5年、10年、30年、そして40年が経ったら…?

誰も覚えておらんでしょう!!!

目撃なんて最初の1年目の数件で無くなり、いくら当事者が頑張っても、
知名度を維持するのは大変、たいへん…。ウソだとしても数年間もてば大成功。
話題を作ろうとしても、それなりの「真剣に思わせる何か」が無い限りスルー。

何故か長期間の目撃が続くネッシーは、正体を簡単に自然現象に求める方が不自然。
つまり、私は”ネッシー”はいると思う。その正体が何であれ。


八流さん(Happy go Lucky アンコールAngkor遺跡)より

ネッシーの村(覚えにくい。北の方なので)

モンスター博物館の東と西にいました。(7〜8年前)

もしかしたら、こちらのどこかに載ってるかも?
ネス湖を見て、難しいかな?と。(何が?笑)

←ドロムナドロケット村の像


タカさんより

両方とも居ましたよ。画面右手のやつは背中に
いくつものこぶがあるやつです。ネッシー村は発音しづらいですね。
ドロムナドロケット村と言います。懐かしいなあ。

で、その前にどうしても語らねばならない事があります。
そう、興味の無かった人ですら知っている可能性の高い、くだんの捏造写真の事です。
次のページへ急いで参りましょう。



戻る     表紙    次へネス湖の科学調査。