未確認動物群その2

トルコのジャノ。

20mほどで細長く、潮を吹いて、馬みたいな頭で四つ脚(ヒレ?)を持つそうです。
私は個人的に「本物臭い」と期待しています。
しかし、目撃され始めたのは最近、1997年です。昔は居なかったのでしょうか?

場所はヴァン湖。
TV局が取材で放映していましたが、学者や漁師らも「居る」と証言していました。
人を信じる…信じよう…という前提に立つならば、真剣モードですぞ!!!

←写真はTV画面より。

背景には街も写っています。これが住んでいるとされるのは塩水湖。

私が「おやっ」と思ったのは、TVの水中撮影で湖の様子が映し出された時に、
下のクリオネちゃんのようなプランクトンが泳いでいたのを見たこと。

←クリオネ・としぞをさん撮影・提供

関連する記事なら⇒湖の科学以下の科学の章


コンゴのモケーレ・ムベンベ

←テレ湖に浮かぶ背中

(写真引用:ムー特別編集シリーズ:「UMA」学研)


このムベンベについては、早稲田大学コンゴ探検隊の参加隊員NONOさんに
寄稿して頂いていますので、現地調査のリアルな話題と判断をお楽しみに。

←ご本人さま(参加隊員)

NONOさんのサイトNONO山泊さん=掲示板もあるよ。

更に、当時の探検隊長を務めて全員を引っ張って行った高野さんまでも登場。
面白い話を聞いていますし、私も別の意味から興味を持っています。
それは科学的にも凄いことなんですが、余り触れられていません。不思議です。

先に解説を読むなら⇒モケーレ・ムベンベ


日本の九州・池田湖のイッシー

←画像:南山宏著「世界の未確認怪獣」

20mも30mもあるといわれている現在も興味の尽きない池田湖のイッシー。
温暖な湖ですし、湖底では火山の噴出(温泉)があるという。
いかにも突然変異の生命体が出てきそうです。

場所は九州・鹿児島県指宿(いぶすき)市。
全国にイッシーの名をとどろかせたのは、
1978年に20名以上の人が同時に目撃したからです。

エエッッ!!!凄すぎ〜〜〜。

先に解説を読むなら⇒イッシー



戻る     表紙     次へ