漂着死骸その2

1961年にイギリスはヘブリディーズ島に漂着した死骸。

「謎の生物とか生き残っていた首長竜なんて居ないよ」と言いたいところですが
こういう写真が有るから否定がなかなか出来ないのです。

首の長い動物の代表選手はキリンですが、水棲哺乳類、水棲爬虫類で
首の長いものはいないのですよねぇ。

←充分な調査がなかったらしい。

↑南山宏氏提供。

本当に首が長すぎます…!これはいったい…?

イギリスの海岸に漂着したということから、このタイプが海から湖に入って
ネッシーとして目撃されている…とか。

先に解説を読むなら⇒首の長い理由って?

でも…

★海と湖を往復するのは辛い!

海と湖を往復する事は実は生物にとって大変でありまして、
理由は生理学的(浸透圧の違い)、生態学的(住み易い所への移動)、
機能的(酸素の分布)の3つが挙げられます。

いきなり専門用語か!となりますと、多くの読者さんもついて来れないでしょうから(笑)
後に出てくる”科学分析の章”をジックリ最後まで読んでいただければと思います。



あの骨は!?


下の写真は手前が頭、ヒレに見えるものは、アヒルのような口を持つ
これまた首のとてつもなく長い漂着死骸。

頭が大きく、まさに正体不明の怪物です。
胴体が見えないのが残念ですが、わけがわからない生物ですね。

←写真の見方に注意ネ


アヒル口なら ベルクートさん

さくだいおうさん>
 あ、そうそう。アヒルのような嘴をもつ打ち上げ死骸の事ですが、
あれはアカボウクジラなんじゃありませんか?
 アヒルの嘴と言うより、うつむいたイルカのような顔です。



戻る     表紙     アラカルト次へ:アヒル口の正体見たり!?