いやぁ、前ページでUMA正体像”オンパチ君”を描いていて
「何故かヤバイ」という感覚になっていました(笑


←今回の主役

ページ数が多いので読み返す、ブックマーク時には1ページに集約したコチラを用意しました。NOT別窓設定。
UMA部分も消してありますので、宿題などにも役立つように配慮しました(&他の方への紹介へも便利かも!!!)。

学説でもくつがえせることができる!!!実例編

作者の生物学研究家の証明その1

スーパーヘビー級世界チャンピオン・ネッシーなどを証明するのは
ビルゲイツ級に有名になりそうですが、それはいったん置いておいて、
もっと身近な小さな謎を解き明かすのも重要です。(有名にはなりませんケド)

生物学研究というのは最大のネック、世間様がお休みだろうと、
クリスマスだろうと正月だろうと、カップルが青春を満喫している時だろうと、
それらを犠牲にして取り組まなければなりません。

ああ、ブルー。

ボクサーは日本チャンピオン以上にならないと食っていけないと言われますが、
地道な研究者はもっと厳しいです。新聞に載る程度が最上級。
これが日本で優秀な研究者が育たない理由じゃないかな。

そして!!!

知らない人には何処が凄いのかサッパリ分かってもらえないのが辛いところです(笑)

わらいじゃない(涙)っす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

月ロケットやスペースシャトルを飛ばす基本の理屈は高校の物理や数学を知ればソコソコOKですが、
実際に飛ばすとなると大変難しいのが現実。理論・理屈と実践は違うほどのもの。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サイト導入編で書いた↑これは、今回の記事に呼応しています。
全ての学問に通じる「貴方も解明者になろう」夢を提供デス。
何かを研究し導くためには相当幅広い科学知識が必要で、
今回は科学と言っても薬学、解剖学、生態学…などが必須。
しかも月ロケットほどでは無いけど、お金がすこぶる掛かります。

それを自腹程度の金銭で成し遂げたのだったら貴方はどう思うでしょう?
工夫する事で何かが出来るのであれば夢が広がりませんか?
この研究実績は、そんな夢が現実にある…ということも感じてください。

研究して何かを見つけた時の楽しさ。

これは格別ですよ!!!では、行ってみよう!!!

世界最南端のトッテモ珍しいサケが日本にいるぞ!!!

「幻の魚」イトウよりも生息の幅が少なく世界中で日本にしか住んでいないという超貴重なサケです。

北海道や東北に登ってくるサケたち。有名ですね。
でも南のほう…、関東や名古屋、大阪、四国などにもサケはほんの極僅かですが登っています。
ただし、北海道などのサケではありません。別の種類です。

←これは陸封型30cmちょっと。

←見たことはあるかな?渓流の女王

←赤い点々が見分けるコツ

←なんだか違うぞ

主役は↑私が釣ったものです。同じ魚なのに、輝きが銀色でサケみたいな顔つきに…
解り易く説明をチャレンジします。どんどん次へ続いてください。



戻る     表紙     ⇒次へ