もし居るとしたらこんな怪物?

湖の環境を考えると、巨大生物UMAは居ないと断言しても良いほどですが、
その未知生物を居ると仮定して理論的・生物学的に推測して見ます。
さて、どのような生物になるでしょうか。

まず湖で死骸が発見されない事や、酸素の極めて少ない湖底に
常時生息できないという理由から、本来、湖では生息していなくて、
海に生息しているUMAが湖に入ってきたのだろうと考えます。

閉鎖空域の湖の場合、たとえ酸欠に強い体長10〜20mのプランクトンが
居たとしても、貧酸素状態の中では残念ながら長く生きて行く事は出来ないです。

海と湖を往復している…の条件とは。

このことは本等の推測記事などでも見つける事が出来ます。
湖の巨大生物の存在を否定された苦肉の言い訳というのではなく、
それしか残っていないと思います。

よく言われる「湖底の穴で海と繋がれている」というウルトラ逆転技は、
生物の「より生存に適した所へ移動する行動」から穴を使って通うことは無いでしょう。
大きな壁は浸透圧を馴染ませる場所です。

つまり、湖には海に繋がる河川があり、広大な河口の汽水域(3分の1海水)
体を1ヶ月半ぐらい馴染ませる事が”海←→湖”を行き来する生命体には必要ですから
湖底の穴を通って行く為には、湖底に広大な汽水域が無いといけません。
そこで1ヶ月半以上も過ごす事を考えると、チョット厳しいです。
湖底の穴を通って行き来する説は断念した方が好いでしょう。

通常の河川を使って行き来しているはずですから、ラッキーなことに人間に目撃されていないだけ
と考えておきます。いつか、怪物が行き来しているのを目撃されるかもね。

湖が穴で海と繋がっているケース

海抜の高い湖が大きな穴で海と繋がっていれば海抜0mになってしまいます。
又、穴が小さく、毛細血管の様であれば海抜は保たれますが、
小さな穴が逆に生物にとって使い難いものになります。

それでは、どうしても湖へ入らなければならない理由は何でしょうか?



戻る     表紙     ⇒次へ:さぁ、最後には驚きの怪物像となってしまった!!!