誤認現象

擬似現象は色々とありますが、最近の陸水学では、魚群説です。
”魚群正体説”って昔から言われてきました。

しかし、どうして勝手バラバラな魚達がネッシー形態を作るのかが分かっていませんでした。
産卵期とか水面を跳ねる魚たちなどは、基本的にバラバラな行動ですので、
大きな動物が動いている形を取りません。注意深く見れば魚群と分かります。

下の絵の写真を見てください。元の文献が小さく、大きくした為に少々雑ですがお許しを。

←実は、細胞の顕微鏡写真で…

では、あ〜〜りません。

湖の中で出来る大きさは20〜30m。矢印型の先端をトップに、
同じ方向へ進む大きな動物が動いている様に見える現象です。

これは湖に発生する魚のある表層群泳の説明図から採ったものですが、
30cmに満たない魚達が群泳しています。

くどいようですが、池の中を泳ぐ魚群の絵です(見えないか…)。
これを湖で見かけますと、本当に一種の巨大生物に見えます。

”V字形の波を発生させる身をくねらせた怪物”
”V字型に波を発生させながら泳ぐ怪物”

これらのケースが有りますが、一見怪物の背中や胴体に見えるのは、
やや大きい魚達が表層群泳で発生させる波…というのが正解の様です。

時に100mにもなります。

普段は好き勝手にバラバラに生息している魚が、いきなり集団行動を起こすのです。

←V字型魚群(発生のメカニズムは謎に包まれている)

春に発生する事が多いため、産卵行動の一種と説明されてきました。
しかし、産卵期とは関係無い他の季節にも作る事と、
矢印の先頭の中心とした集団行動(社会的な行動だ!)をとる事から区別され、
発生の理屈は実を言いますと良く分かっていません。しかし、現実に起きています。

上のような群泳現象を見なれている現地の方々にとっては
実は不思議でも何でも無いケースが多いのですが、

観光客が「で、デカイっっ」「うっ、動いているぞ!!」と騒ぎ立てた時に

「ふぇ〜、ほんとだね〜」

…と現地の人まで調子を合わせてしまう事が多々あります…。

環境の悪化から、より良い生活環境を目指してイナゴやネズミのように、
集団行動をとるケースに似ていますネ。

なぜ表層群泳の発生理由が述べられないかといいますと、魚類は人間のように目や口、肺…
と専門に分けられず、”耳”は側線まで含まれ、えらは呼吸器でもあり排泄器でもある…
といった具合に専門的に分けて魚体から調べられないからです。

ゆえに、原因が何かが特定しにくいのです。

個体差にも相当な開きがありまして、ある池に毒液が流れ込んで
大量の魚が死んで浮いたとしても、相当数の魚が生き残ることもあり、
ひとくくりに簡単に包括的に調査するのが難しいのがネックです。



戻る     表紙     次へ:表層魚群のまとめ