怪物みたいに見える現象は色々とあります。

ネッシー現象〜魚群から捏造まで〜

書籍などで指摘される自然現象や面白そうなエピソードを紹介しましょう。
まずは撮影者の努力と根性と厚顔じゃなくて度胸の賜物である写真から。

まずは基本。写真の見方から

モーゴウル

1976年2月。イギリス・ファルマス湾で匿名の女性が提供した恐るべし写真。
モーゴウルの目撃・写真を撮ったとのこと。約20km/hで泳ぎ去ったという。

←匿名女性発

↑写真は並木伸一郎著・「未確認動物UMAの謎」学研・P119より

上の本は作者のオススメだ!!!


フランク・サール氏撮影のネッシー

1972年7月撮影。イギリス・ネス湖。フランク・サールさんは多くのネッシー写真を撮った人で有名。
ネス湖に張りつき、長い間の苦労の末に撮影に成功するのです。何事も努力が大切という見本。

←努力の甲斐があり撮影成功!!!

↑写真は同上・P90より

くどいですが、この本は私のオススメです。


リーンモンスター君。前出

アイルランドのリーン湖で目撃されている水棲怪物のリーン・モンスター
6〜10mもある怪物が住んで居るという事で注目を浴びている湖です。
下は1981年8月にプロカメラマンのパット・ケリーが撮影したもの。

←くち…

首長竜っぽい姿。首の付け根に妙なデコボコ。


さて、他にも同じような「衝撃写真」を見たことがある人も多いでしょう。

                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓
                 ↓

ゾウさん、活躍しすぎ…

←水浴びは気持ち良い。

考えてみれば、怪物が撮影されたのは本当にその場所(湖)なのか?

ネッシーのように、そこにある特徴的なもの(例えば城)と一緒に写っていれば良いのですが、
湖のプラカードを持ってもらわないと分からないような背景の写真は疑ってみましょう。
怪物が理想的な場所に、タイミング良く現れる事が無いだけに難しいです。

<3人の神父様の目撃談>

1960年にアイルランドのリー湖で3人の神父様が釣りに行って怪物を目撃した話がありました。
波を立てず、鎌首をもたげていたネッシー型怪物だったようです。

彼らは話し合った結果、”オオへビ”だったと結論付けています。
もっとも、寒い地方で大型になるヘビが居るのか?を考えた上で、
オオへビとしか言いようが無い…という事でした。

3人の神父様が同時に見た話の方が、むしろ写真より信憑性が有ったりしますねー。



戻る     表紙     次へ最も多い魚群の秘密