さくだいおうさん、おはようございます。  りーだー こと さるらです。
お言葉を受けまして、『邂逅 〜ウモッカとさくだいおう〜 』を 送らせていただきます。
結構な分量(6000字くらいですが)です 。
通常メールだと処理がタイヘンそうなので、こちらのメッセ にしましたが……

ネタにして楽しんでいただけたら幸いです。
邂逅 〜ウモッカとさくだいおう〜 第1回

「とうとう来てしまった……」  高く澄み渡った青空を見上げる。
まばゆい太陽が砂浜 に照りつけ、砕ける波頭が虹を生む。
感慨深げに周囲を見渡しながら、さくだいおうは額の汗を拭ってそうつぶやいていた。

2006年夏――通称ウモッカタウンの浜辺である。

「ウモッカか……」  うねる波を凝視し、この広大な海原のどこかで、
今も 静かに息づいているはずのウモッカの姿を夢想する。
爬虫類のごとき顔つきに2対の足様のヒレ。
パイナッ プルの皮を思わせる棘のある硬く強靭なウロコ。
2メー トルにならんとする巨体を悠然と動かしながら、
灰暗い 水底を這うように泳いでいるその魅惑的な姿……取り憑 かれたように、
このUMA〜未確認隠棲生物〜を追うよ うになったのはいつの頃からだったのか。

運営サイト『謎の巨大生物UMA』での、ウモッカ協 力隊のメンバーとの盛り上がりを思い起こす。
発端は“モッカさん”からの投稿メールだった。

1997年、インドを旅歩いていたモッカさんが、と ある漁村に立ち寄った際に、
水揚げされた多くのサメに 混じって奇妙な魚を目撃したという内容だった。
〈全身爬虫類の様に硬そうなウロコにおおわれていて色 は濃い茶褐色、
シーラカンスの様に足様のヒレが前後4 足付いています。
大きさは1.5mくらい、頭は魚と言 うよりも、トカゲ?
口中に細かい歯もびっしり並び、頭の上だけウロコが 無くツルッと光っていて見事に不細工〉

モッカさんの目に今も焼きついているという、その怪魚の姿。

さくだいおうは一読して胸の高鳴りを覚えたが、日本 人には馴染みの無い、既知の魚とも考えられた。
ここは 慎重に、写真や絵などの資料を要望するさくだいおうだったが、
その後、モッカさんが送って寄越した当時のス ケッチに描かれたその怪魚の姿に彼は戦慄したのだ。

〈その絵を見た私は愕然(ガクゼン)、見ているものが 信じられないほどの衝撃が走りました。
これはとんでもない…、わたしはとんでもない物を見 ている。まさに、今、ここで!!!〉

←モッカさんの当時の絵(C) mocca 2003

旅先でモッカさんが目撃した多くの動物たちが描かれた、その大判のスケッチ。
ペリカンやイセエビ、ナマズや水牛、フンドシだけの ストロングマンのスケッチに囲まれるように、
その中央 に謎の魚は描かれていたのだ。
その上の『謎のサカナ!! 2Mくらいだった』とのコメントが、
モッカさんの当 時の驚きを今に伝えている。

まさしくトカゲのような顔つきに、口元にのぞく細かな歯。

←ゲゲッ!!!(C) mocca 2003

進化論をひっくり返すようなその破壊力に、さく だいおうの背筋は総毛立った。

震える体を抑えながら、資料を手に種の同定を試みる。
特徴的なエラから恐らくはサメ・エイの仲間であろう と推測。

今度はヒレの特徴を検証する。
ヒレの位置、形 状から種を絞り込もうとするが、
チョウザメやジンベイ ザメの見間違いとも考えられない。

――やはり、未知の生物かっ!

はやる心。高鳴る鼓動。シーラカンス級、あるいはそ れ以上の大発見かもしれない。
シーラカンス以前の超古代魚が現代まで生き延びてい たのか……
クジラやイルカのように、進化の過程で海に帰った爬 虫類なのか?
海棲爬虫類の生き残りが独自の進化を遂げてエラを備 えるに至ったのか?
海に適応した、未だ知られざる両生類か?
それとも、まったく知られていなかった新しい生物属 として現代科学に加えられるのか……

検証と考察を続け、時に宇宙生物や古代のアトランテ ィスやムー帝国に起源を求めるなど、
疑似科学的不可侵 領域に踏み込みながらも、さくだいおうは決心した。
――この大発見のキッカケを、このまま眠らせるわけに はいかん!

こうして、さくだいおうはサイトの読者を巻き込んでの、
壮大なプロジェクトを構想することになったのだ。

脳裏には、両生類への進化途上の魚類ユーステノプテロ ンなどの姿がよぎっていたが、
心の中では密かにつぶや いていた。

――正直、見ない方がよかったかもしれん……

邂逅 〜ウモッカとさくだいおう〜 第2回

当然のごとく、このモッカさんの怪魚イラストはBB Sを爆発的に賑わすこととなった。
シーラカンスとの関連を示唆する説、深海ザメの近縁 種という説、
ユーステノプテロンやクセナカンサスとの 比較等々……そんな中、
吉田ひであき氏の命名により、 この怪魚は『ウモッカ』と呼ばれる様になったのだ。

「それにしても、タカさんはチャレンジャーだったなぁ」
思い出すたびに、さくだいおうの口元に笑みが浮かぶ。

タカさんは日本でも屈指のUMAハンターだ。
ネス湖 でネッシーの現地調査までも行なったタカさんが、
なんとインドでのウモッカ現地調査に名乗りを上げたのだ。

インドでのビジネスの合間の限られた時間ではあるが、
ウモッカタウンに乗り込んであわよくば標本採取、
そこ まで行かずとも村人から詳細な目撃証言を得ようという のだ。
種々の困難や障害を乗り越え、ウモッカタウンの地に 立ったタカさんの感慨たるや、
無量のものだったことは 想像に難くない。

夕暮れ時の浜辺に並ぶ古びた漁船、人懐こくまとわり 着いてくる子供たち、
波打ち際に転がる小さなサメの骸、 そして日没……。

一泊したタカさんは、翌朝さっそく浜辺へと向かい、
荒くうねる波間へと繰り出す漁船を送り出したのだった。

港も埠頭も桟橋もない浜辺から、人力で船出する現地 の人々の力強さ。
コロを使うことも考えぬ純朴なパワー。
残念ながら、その日の漁ではウモッカの捕獲はならな かったものの、
知られざるウモッカの存在感はより一層 の現実味を持って感じられるようになったのだ。

その後、ウモッカ熱は沈静の兆しを見せながらも確実 に燃え続け、
2005年8月、ついにあの男からのコンタクトが……。

あの男――元早稲田大学探検部。コンゴ探検隊リーダ ーにして【辺境ライター】。
あろうことか界隈の超VIP 高野秀行が名乗りを挙 げたのだ。
〈ま、マジですかっ!!!  普段、偉そうにしている私でも腰を抜かすほどの衝撃 が走りました〉

さすがのさくだいおうも驚きを隠せなかったが、初顔 合わせからトントン拍子に話は進み、
ついに【インド・ ウモッカ・プロジェクト】が始動した……のであるが、
その詳細は後に本人の口から語られるであろう――。

遠くからの呼び声に、さくだいおうは夢想から我に帰 った。

漁の準備が終わったらしい。

向こうの波打ち際で、小さな漁舟を押さえた十数人の現地の人々が大声で呼んで いる。
さくだいおうは気を入れるように海原に向かってひと つ頷くと、ゆっくりと、
砂浜の感触を確かめるように舟 へと歩を進めた。
――出て来い、ウモッカ! 姿だけでも、見せるんだっ!

邂逅 〜ウモッカとさくだいおう〜 第3回

世界はロマンに満ちている……。

うねる波に揺られながら、さくだいおうは水平線のか なたを見やる。
近年、話題に上っただけでも、チリの謎の漂着物や中 国天池の怪物、
アメリカで時折目撃される小型セスナ機 並の大きさのビッグバード、
日本では相変わらずツチノ コやイッシー、ヒバゴンが定期的に盛り上がりを見せ、
河童や天狗やグレイまでもが、話題に上っては消えてい く。

これらの話題を『ありえない』と一笑に付すことは簡 単である。

しかし、どこかに一握の事実、知られざる真実が潜ん ではいないだろうか?
時代を超えて生き延びて来たシーラカンスの存在はど うだ?
鉄のウロコを持つ貝の存在は?
減少していく野生種 の中から未知の新種が発見されている現実は?
未だに 目撃報告の絶えぬ“ネッシー”と呼ばれる何者かの存在 は……?

――答えを教えてくれ、その姿を見せてくれ、ウモッカ!

心の中で祈るようにつぶやきながら、ウモッカを釣り上げるための仕掛けを点検する。
仕掛けといっても単純 なものだが、恐らくは相当の力を持っていると想定し、
道糸は細身のワイヤーを使う。
針はマグロの一本釣りに使われる、鉤状の大きなヤツだ。

魚食性であると考えら れることから、餌は生餌として数種の魚とルアーも用意 してある。
これらのチェックを終え、さくだいおうはトローリン グ用の長大なロッドを準備した。

船倉に備えてある水槽から、今朝水揚げされたばかりの活きの良い
サメの仲間を一尾取り出し、最初の餌にする。

ウモッカはその形体から、海の底を這うようにして泳 いでいると考えられる。
ヒレの形状から察するに、泳ぎ はさほど得意ではないはずだ。
細かに密生した歯は、一 度くわえ込んだ獲物を逃さぬためであろう
。ゆっくりと 獲物に近づき、襲い掛かるのだ。

照りつける太陽を恨めしげに見上げると、物欲しそう な海鳥たちが、舟を見下ろしながら旋回していた。
仕掛けを投入し、生餌の動きに合わせて道糸を送り出 す。

――来いっ! ウモッカ!!

邂逅 〜ウモッカとさくだいおう〜 第4回

……。

どのくらい経っただろう。

たまに外道が掛かる程度で 大きな反応は無く、陽に照らされ、
流れる汗に体力を消 耗させたさくだいおうは、船底に大きく伸びをした状態 で横たわっていた。

さっきまではじりじりと照りつけていた太陽も、いま や大きく西に傾き、
水平線には燃えるようなオレンジが 広がり、紫色になって空に溶け込んでいる。

さくだいおうは上半身を起こし、ひとつ溜息をついた。
初めて訪れたこの地で、いきなりウモッカを捕獲でき るとは考えてはいなかったものの、
どこか夢が覚めたよ うな、一抹の寂しさが胸をよぎる。
もう一度溜息をつき、仕掛けを回収しようとしたその 時。

――ッ!!

沈みゆく陽光に薄れゆく残照の水面。
舟の脇ほんの数 メートルのところに、その姿は浮かんでいた。

体長はおよそ2.5メートル。思ったよりも大きい。
水面を割って、わずかにのぞくその背には、中心線に 沿うようにして
幾条かの硬い突起が並んでいる。
見るか らにワニのようなその背はモササウルスを連想させた。

「あ……っ」  声は出ず、ただあえぐような荒い息が吐き出された。
その音に反応したのか、その謎の怪魚はゆっくりと、 いや悠然と、
さくだいおうと視線を合わせるかのように 方向を変えた。

まさしく、あのイラスト通りの姿形。
あれを初めて見 た時と同じ、いや当然それ以上の衝撃がさくだいおうの 全身を震わせた。

そっと手を差し伸べるさくだいおう。直に触れてみたかった。その感触を確かめたかった。
触れることで、何かがわかるかもしれない。
我々を取 り巻く環境、いや地球そのものの真実を知ることができ るかもしれない。

進化の道程はどこへ向かっているのか?
我々はどう進化すべきなのか?
或いは……  彼を捕らえようとする気持ちなど、全く湧いてこなか った。

波に流されるようにして、舟の間近に見え隠れする彼 の背中に、
指先が触れようとした、その刹那――  巨体をゆするようにして身動ぎし、
その強靭な肢体を くねらせ、水面を激しく波立たせながら、
彼は――ウモ ッカは大きく跳躍した。

「く――っ!」

頭上から降り注ぐ海水に顔を洗われながら、その行方 を追おうと目を見開くさくだいおう。
塩が目にしみ涙ぐむ。
ウモッカはさくだいおうの頭上を悠々と飛び越えると、 舟の反対側の水面へと飛び込んだ。

跳ね上がる水飛沫に、再び濡れる。
波にあおられ大きく揺れる。

そして――  そして、水面は再び、ゆるやかにうねる波間に静寂を 呼んだ。

周囲を見渡すが、彼の姿はもう無い。

いや、そもそも現実だったのか?
濡れる体は自身の汗であり、余りの暑さに幻覚を見た のかも……?

「いいや、確かに見たぞ、ウモッカ。お前は確かに、存 在するんだ」

口中に残る、海水の塩辛さ。

涼しくなりつつある海風に吹かれながら、さくだいお うは静かに腰を下ろして目を閉じると、
ほんのわずかの 邂逅の瞬間を何度も思い返していた。

永遠の記憶にとどめおくように――。                       〈了〉  


……長々とすいませんでした。  
釣りには余り詳しくないんで、ウモッカ釣りの仕掛け云々の くだりに
変なところがあったら修正をお願い致します。  読笑してください(笑



ウモッカTOPへ     表紙     ウモッカ協力隊へ