全3ページ特集

九州は池田湖のイッシー

日本を代表する湖の怪物です。場所は九州・鹿児島県指宿(いぶすき)市。
全国にイッシーの名をとどろかせたのは1978年に20名以上の人が同時に目撃したからです。

エエッッ!!!凄すぎ〜〜〜。

目撃は1961年ごろからあります。だいたいは20M前後の大きさであるけれども、
ネッシーの様に首を出したりしているのを見た人は居ないことから、ニュータイプの怪物、
などと言われました。ガンダムにかけたのかな。

←鹿児島新聞(1991-2-7)

それは20mものウナギが正体であり、しかも、実際に巨大ウナギを見た人が居るとか。
更に、しょっちゅう夜に浅瀬に来るらしく、結構見れるらしいのです。
見れるとはいっても、なかなか試せません。
深夜に広い湖で、静かに船をこぐ勇気なんて、なかなか出せないですからねー。

しかし随分前ですが、超巨大ウナギの目撃者(の一人)は、自分一人では信憑性が無いからと深夜、
幽霊を怖がる友人を証言者にしようとして、嫌がる彼を無理やり一緒の船に乗せ、ソレを探したそうです。
後に報告を聞きましたら、案の定居たらしいです。デカイうなぎが。

実際に船の上から覗ける側まで行き、そこで、棒でつついたら…。動いたそうです。ハイ。
その水面下に有る大きな影が。動いたとたんに恐怖心でパニクった友人だったらしいのですが、
確かに、深夜の湖で20mもの生物が水中で動けば怖すぎるっ!

▲目撃者の友人とは、私の知人でもあるので、作者としては非常に微妙な気持ちでありました。
「オレを調査に連れてって欲しかった」と思ったけど、私が目撃者になれば、相当大きく変わるよ、多分。

←イッシーは何だろう?並木伸一郎先生、お手紙大感謝です。

ところで、ダイバーという職業は男性の憧れるものです。
綺麗な海ばかりではなく、汚いヘドロのような場所へ潜り写真を撮ることさえあるそうですネ。
ビニール袋に綺麗な水を入れて潜り、サンドイッチのように標的とカメラのレンズに押し付け、
挟み撃ちで撮る高度なテクニックまであるそうです。もちろん、カンだそうで。
それでも綺麗に撮れるらしいです。これぞ、プロですねぇ。

★ここ↓は飛ばして次のPart2へ進んでください。


ショートストーリーPart3「イッシー調査」

彼は長い間、綺麗な海でダイビングをしていた。

美しい珊瑚、美しい魚達。

海に潜っていると、生き物が寄って来る。
怖がらない生物達に「地球は一つの生命体」などと感じたり。

そんな素晴らしいダイビングとはいえ、
何回も、何百回も潜っていれば慣れてくる。

なんだか物足りない…。

彼はダイビングの腕前を役立てれるように、
マスコミの水中ダイブ班に職を求めた。

華やかなマスコミ。

ある日、部長に呼ばれ、池田湖の調査に加わるよう命令された。

その番組はオカルト。
心霊や超能力、UFOに混じってUMAも扱うようになったそうで、
湖の調査だからダイビングは必須なわけ。

「部長、その企画に参加すればいいんですね?」

「タワケ。企画なんて言うな。ミッションと言え。」

変な所に拘る人って多いですねぇ。

さて、時は流れ調査実施のロケがスタート。

少し雲が出ているが、なかなか気持ち良い天気だった。

突然、調査隊長から、この運動靴を履いてくれと言われ、
ハデハデなものを渡された。

「あれれ、隊長、運動靴なんてダイバーの僕らは履きませんよ?」

チッと舌打ちした隊長が、ド素人に向かって言うように諭した。

「バカモノ。この番組製作のスポンサー企業がソレなんだよ!!!」

TV番組や映画ではスポンサーが付き、
企業の商品をさりげなく画面に挿入しなくてはならないのだ。
コケた大作が出来るのは、このお約束を上手く料理できない場合が多い。

更にオカルト映画でコマ割りカットをCMにならって多くするのも、
正直いただけないようだ。

作る側が観る心理を重視しなくてはならないのにスルーしがち、
今回もそんな雰囲気がバックグラウンドに流れていた。

彼、ダイバーは思った。

「わざとらしく、しらじらしく運動靴を履く方が不自然じゃないか」

しかし、しょうがないと納得した。
何と言ってもマスコミにとって、スポンサーは絶対的な神。

番組では「視聴者さま」と言ってはいるが、TVの視聴率1%は100万人。
ブームを起したり大衆操作が出来るので偉い人は神になった気分。
その神に唯一注文をつけられるのがスポンサー(絶対神)だ。

ただ、現場でも数多くの業者が持ち上げてくれ、自惚れる傾向がある。
肩書きを取ったら普通の人…というお約束は忘れない方が好いだろう。

ダイバーもその洗礼を受けてはいるが、自分をシッカリ持っていた。
中々できたイイヤツである。

丁度その時、ソナーで影が引っかかった。

隊長は叫んだ。

「ソナーが反応した。体長15〜20m。
確認するチャンスだ。すぐ潜ってくれ!!!」

辛い。とってもつらい。
何せ運動靴を履いてるんだから。

「りょ、りょ、了解!!!」

憧れのダイバー。

本当に怪物が居たとしたら、食われても可笑しくない。

人間の命をこれっぽっちも考えてない隊長に雇われた
ダイバーの運命や如何に!?

彼は祈っていた。

どうか肉食じゃない様に…と。



戻る     表紙     次のPart2へイッシーにカニ説があったなんて。