全長XXXm!!

世界で唯一の超巨大漂着物体だ。しかも、兄弟で。

過去の「謎の探査」写真の中で面白いものを見つけました。

それにしても知らない人はビックリですよ!

これを超えるものは、そうそう無いでしょう。

とてつもなく大きく、しかも2体仲良く寄り添っている脅威の事件でした。

知っている読者も居ると思う。

きっと、懐かしいはずです。

場所はどこの国というわけではなく我らが日本!


三重県津市の御殿場海岸に漂着したのであ〜ります。

             
             
             
             
             
             

仲良く2台。台風で流されたのだ!

当時の海岸は一気に観光地へと変身。

撮影は友人K・N氏

←コマに入らないぜ

ええ?タ、タンカーーーッッ!

「合成写真でしょ?」

「映画の撮影?」

「現実に起きるはずが無いさ。」

「2台なんて物理的に不可能に決まってる」

残念でした。

現実に起きた事実ですぅ〜〜〜

現実は、人間の想像力よりも奇なり。

奇跡だったのが2台が台風にもまれて流されているのに、
激しくぶつかる事も無く仲良く海岸に打ち上げられた事です。

こういうことが現実に起きるからこそ
この世の中は面白いです。

タンカーは苦労しながらも努力の甲斐が有り、
無事に海へ帰りました。

普通、船は姉妹なのですが
タンカーはやっぱり兄弟が好い感じ。

             
             
             
             

朝日をバックにそびえ立つタンカー様。

撮影は友人H・N氏

←タンカーでか過ぎ。

友人K・N氏と現地調査へ赴いた筆者。

マスコミ関係やヤジウマが集まって、
車などでパニックになる前に到着、朝7時前

平成6年9月台風26号の出来事でした。

え?

巨大生物じゃない?

まぁ良いじゃないですか。



探検隊が出撃!     表紙    実在の医学博士に聞く