間違い探し:第二章Part1

ミゴー、TV番組が撮影に成功だ

TV番組「ミゴーは実在した!」

本じゃないですが…



↑学研ムー:1992年12月1日発行より

昔やっていたTV番組(Theプレゼンター)でしたが、
パプアニューギニアの巨大未知水棲動物「ミゴー」を探すドキュメンタリーです。

いつも基本的に良い所まで行ったけど、最後は残念でした…となるウップンを
晴らすかのように、この番組では撮影に成功しました!!

周りをぐるっと囲む海に、ポツンとある島の大部分を占めるナタダウア湖。

パプアニューギニアが独立する前の調査では「なにも生物は生息していない湖」
となっていたそうです。(火山湖っぽいからでしょうね)

にも関わらず、現地の人々が「巨大な生物」を目撃し、噂になっていました。
図鑑の水棲恐竜を現地の人々に見せると、モササウルスを指差しました。
モササウルスは、巨大で手足がヒレになったトカゲをイメージください。

↓こんなやつ。



そして今回、探検チームに同行したダイバーも潜水調査から戻って言いました。

居たのはゲンゴロウぐらいで、他には何も生物は見つかりませんでした。

いったい、何を食べているのだろう?どこに潜んでいるのだろう?
謎は深まるばかり!

そうこうしている間に、遠くを泳ぐミゴーを発見!

けっこう長く映っていました。
動いている尾や、顔・頭の感じも観察できる、わりと鮮明な映像でした。

タイプはワニ系で、近くを飛んでいる鳥たちなどの比較で水面上だけでも
5〜6mはあったそうです。(トルコのジャノや、一部ネッシーの映像と同一タイプ)

「こ、これはっっ!」

浮き足立つ探検隊!よしっ!ボートで追跡だ!!
ミゴーの映像と、追いかける探検隊のリアルタイムの映像が交互に現れます。

追いつくんだ探検隊、ガンバレー探検隊。もう少しだ探検隊。

おや?ミゴーの映像では背景の水面が静かなのに、
追いかけているボートの方では背景の水面は荒れているゾ…




戻る     表紙     ⇒次へ