博士に見せた写真の一部です。

たぬきさん
はじめまして、たぬき(ペンネーム)というものですが、
何でメールをしたかというと
ネス湖のWEBライブカメラで
なんか発見したんですが
ネッシーだかボートだか良く分からないので
みていただきたいんです!

いきなり消えたんですけど・・・

右下のやつですね↓
ボートっぽいですが、ボートのコースが分からないですが
動物としましたらかなり大きいですね。

PAさん
おはようございます。

実はこの写真、続きがあるのですが、枚数が多いのと
正体不明なのとでお渡ししようか迷っているところがあります。

個人的にはボートかなにかの影だと思いたいのですが、
ライブカメラで動きをみると、なんども同じところを大きな影が
旋回していて、むしろアザラシに近い動物ではないかと
思ってしまうのですよ。

そういえばネッシーは首の長いアザラシだって説がありましたね。


60はマス科(?)の魚
No.60

No.25


23はトゲウオの仲間であり、
No.20

No.23


これらの魚の大きさと明らかに異なるなにか異様な黄色い動物
(私はイエローモンスターと呼んでいます)がいるんですが、
これは動作がすばやく、なかなか鮮明な画が撮れない。

いくつかの画を送りますが、まずこの動物は紡錘形の体に
長い首がついています。(63の写真でわかるでしょうか。)

No.63


それが横から見ると20のように、尻をむけると6のようになります。
No.65


No.6



そして20でお気づきかと思いますが、頭(?)の先には2つの目か
こぶのようなものが下向きについています。

さて、なんなんでしょうね。
作者より

水棲の哺乳類は首が短いのが共通なのですが、長いものが
居ると面白いですね〜。大発見になります。

No.63は、強烈ですね。No.6だけならカメの感じです。
水温の低いネス湖(5度前後かな)で、爬虫類のカメです…(悩)。
水深の浅いところにいる、体長は5mぐらい(5mといってもデカイ)の
大きな新種認定可能な動物の可能性は充分有りますので、
今後も期待ですね。




はじめまして。管理者さま。 自分は東京のT・Yというものです。

UMAを大変興味深く、楽しく拝見しています。
大変な有名サイトなので、恐れ多いですが、
一つだけ質問したいことがあって、 メールさしあげました。
http://homepage3.nifty.com/Daiou3/UMAkeni.htm
この『権威に聞く』というページは、 大変自分にとって、刺激になりました。
とくにハロー効果についての記述は身につまされました。

自分も日常、無意識のうちに 有名人とか学者の意見を妄信してしまうことが
おおかったとおもいます。 それは、みんなこのハロー効果なんですね。
この心理学用語は、よく調べたら、 国語辞典でものっていますが、
世間では不思議とあまりとりただされないので、 今迄しりませんでした。

国語辞典では、このハロー効果について、
「人や事物のある一つの特徴について良い (ないしは悪い)印象を受けると、
その人・事物の他のすべての特徴も 実際以上に高く(ないしは低く)
評価する現象。」 とあるだけです。

これについて専門的に書かれている本は、 なかなか見つかりません。
とくに、先のUMAのページにあるように 「肩書きがある人が語ると
例え”間違っていること” を言ったとしても一般の人には正しく思われる効果”の事。」
ということまで言及しているものはみつかりませんでした。

なので、さくだいおうさんが、 上記の『権威に聞く』の ハロー効果についての記述で、
参考にされた文献がありましたら、 教えていただきたいのです。
お忙しいところ大変不躾なのですが、 よろしくおねがいします。

表紙アップ

例えば数学という学問は「Aだったら絶対にB」で成り立っていますが、
心理学や経済学では「AだったらBになる傾向がある」というのが
正確な表現でしょうか。

心理学用語の多くはこのような前提ですから、
”ハロー効果”の解説は難しいです。
「イメージによる深層心理の効果」と言いかえてもいいかな。

別ネタで解説を試みてみますと…

例=ピラミッド。すでに周知の神秘的イメージがありますから、
TV番組や小説、マンガ、映画などに出せば、
見ている人に神秘的、超常的、心霊、ミイラ、古代、人類の歴史…
などの印象を与えます。

幅広くアレコレと雰囲気を解説をしなくても、物語にちょいとピラミッドを絡ませれば、
見た人へはこんなワクワク感?が出ますよね。

「友達の友達に有名人がいる」というのも身近で見られる例でしょうか。
一方、「権威主義」というのはネガティブで使われる事が多いのですが、
権威を求めて努力するというのは物凄く大変な事で、
お手軽に名の有る方を代わりに使います。

「マイケルジャクソンが言っていた」と「ビルゲイツが言っていた」では、
同じ事を言っていても、ずいぶん印象が違いますよね。二人とも超大物です。
「のび太が言って」…だと意味複雑。

会社で、ある人が肩書きを取ったら誰も命令を聞かなくなった等、
人間社会をスムーズにする”地位”的なハロー効果は重要です。

国語辞典の解説では簡潔に書かなくてはなりませんから、
それだけでは説明不足。
心理学本というのも、ずばりテーマが書かれているのがあれば良いのですが、
なかなか無いです。

こう云った資料はアメリカ、ヨーロッパの本を探すと良いのですが、
私が参考文献にしたものは失念しています。スミマセン。

当サイトの例では(以前は肩書きを全く書いていなかったのですが)
国家表彰やK大学臨時講師を入れました所、
アクセス数は変わらないのに(楽しい)気軽なメールが激減してしまった…。

こんな感じで理解下されば良いかなと思いマス。



権威に聞くTOPへ

戻る     表紙へ      1.5mのイワナ