実在の医学博士に聞く

格の違い(笑)の巻

君も研究家になれるゾ!

肩書きが無くたって研究家になれます。知識が無くたって、徐々にためて行けばいいのです。
私も当サイトで偉そうに物事が分かったフリをしていますが、そんな事は有りません。
分からない事は一杯有ります。
あなたも充分研究家になる事が出来ます。人生全てが勉強って事です。
ただし研究成果を発表する時だけは肩書きのある人に協力して戴きましょう。
単独(個人)での成果発表を広く知らしめるのは大変難しいものです。(世間は厳しい…)

公式発表の場合は肩書きのある人の協力を頂かなくてはならない
世間の厳しさを書きました。これは夢から覚めた現実です。
肩書きはその人の努力の結晶ですので、世間が納得するのも当然です。
しっかりと誠意を持ってお願いしましょう。

今回は思いっきり肩書きの有る方にネッシー写真を見せて判断してもらおうという企画です。
当サイトの能天気作者だから出来る必殺技!

投稿していただいたネッシー写真を見せて感想を聞きましょう。

見せる相手のキーワードは…

ノーベル賞博士を学会で20人以上も呼んだ実績(日本で唯一)。
旧帝国大学(東大・京大など)の医学部付属病院の元院長。
・現国立病院の院長。看護学校まで敷地内に持つ!
・医学部名誉教授/医学博士
・各種医療財団などの理事長兼務

オカルトは何故か権威の先生が豊富

なんだかオカルトというのは不思議で、教授やら、博士やらが沢山登場します。
実在の人間なのかな?と思うことも多々有ります。
マスコミが行う電話取材では、権威の方本人ではなく秘書さんの話の場合もあるでしょう。

身近にそういう権威の方が居ないだけに、ハロー効果はバッチリです。

日本だけではなく、世界に通用する超大物・実在の医学博士へ見せましょう!!
普通のイメージの教授や博士と一緒にしては困りますぞ。
日本で開かれる学会では、ノーベル賞博士は余り来てくれないのですから。
(ちなみに、日本人の受賞者は12名しかいません。)

え?む、無謀っすか?

@ハロー効果:心理学用語。
肩書きがある人が語ると例え”間違っていること”を言ったとしても
一般の人には正しく思われる効果”の事。
IT関連ならビルゲイツとかの大物の名前を出して「こんな事を言っていた」などと書きます。
Halo Effect=詳しい関連記事

ネッシー写真を見せようとした権威の先生

数千人の職員の頂点に立つその方には、毎日たくさんの面会者が来ます。
大学の教授、自他病院の院長、医師会、議員、市長、知事、大臣、厚生労働省、
世界に誇る超大企業の社長・役員。マスコミ、財団関係者、友人知人、
医薬品/医療機器メーカー社長・役員…。

普通なら会えません。

ふっ、本物のUMA好きの格の違いを見せてやるぜ…(BGM:ショパン・バラードの3番)

割って入って面会をするのは、婦長⇒外科部長・内科部長など⇒事務長⇒院長秘書
というような段階を踏まなければなりません。部長クラスまで行ければバンザイでしょう。

実際の大病院の院長や教授というのは第三者では、なかなか会う事は出来ません。

しかも医学の新学説を引っさげるのではなく、医療ミスを訴えるのでもなく、

私の手の中にあるのはネッシー写真です。

まともに行っては、受付段階でハネられる可能性が大ですネ。
というより、医学関係者でも繋ぎの人が居なければ会えません。
職員でも気軽に会えません。念の為

わたしは考えました。

一応、世間知らずで通用する年齢ではない…。上手く順序を踏まなければ…。

「よし!気合だ!!」←オイオイ

ということで苦労をして、その超巨大病院の院長室に到着…。

そう。会える事になったのです。

ハッハッハっ、これぞ本物じゃ!跪(ひざまず)くがよい…(BGM:エクソシスト)


どうやって会ったの?
---------------------------------------------------------

患者のフリをする⇒無理
メーカーなど業者のフリをする⇒順番が来ない
協力医療機関のフリをする⇒順番待ち
知人友人⇒立ち話レベル
役人になる⇒経歴詐称
マスコミ等の取材名目⇒断られるか順番待ち


どんな作戦を取っても厳しい〜〜〜〜。
----------------------------------------------------------



戻る     表紙      次へ:院長室前、どうなる!?