全4ページ

ページ数が多いので読み返す、ブックマーク時には1ページに集約したコチラを用意しました。NOT別窓設定。
UMA部分も消してありますので、宿題などにも役立つように配慮しました(&他の方への紹介へも便利かも!!!)。

イワナ1.5m!?特集

2002年の3月末。読者の方から、大変な情報が寄せられました。
岐阜県郡上郡、八幡町に流れる長良川最大支流のひとつ、
吉田川で1.5mの岩魚(イワナ)を掛け抱きかかえるところまで行ったという。


郡上八幡は、夏の間毎日踊りまくると言う郡上踊りで有名な町です。
特にお盆過ぎに1週間ぶっ続けで徹夜を敢行するという荒業をします。

髪の金髪のお姉さんから、いつも怒鳴りまくっているオジさんまでが
一緒になって同じ踊りを繰り広げます。

最近はTV、映画の舞台になっていますから、
有名に拍車が掛かって観光客も多くなっているようです。

胡散臭く思った私は、通いなれている場所でもあり色々と質問をしてみました。

場所、魚の特徴。

その方を問い詰めたところ、私の知っている場所でもあり、
私自身が4年で3回もコイの巨大なレベルの岩魚を掛け逃がしている事もありました。

少し値引いても彼が遭遇したイワナは、
1mは超えたであろうことは私も信じることが出来ます。

彼は熱く語る。

「川底にじっとしてうんともすんとも動かないので、思いきって飛びこみました。
抱きかかえて水面で跳ね飛ばされ、逃げて行きました。
抱きかかえた時、両手の広げた感じから1.5mはありました。」

「模様は普通のイワナとは違って、海降型の大きな白い斑点を持ったイワナでした。
今年は、ずっと怪物を探しに行きます。」

私も体調を崩す5月からは彼と同行できませんでしたが、
4月に何回かチャレンジしてみました。

↓現地チャレンジ中(作者)。知っている方は知っている景観も良い場所。
岩まで行くのには川に入って渡らなければなりません。

←この場所は知っている人なら…

↓拡大。デジカメはスゴイ!!!置いておいた生き餌バケツ、
1mを掛けたら必要と思って持っていった大物(海)用のタモまで見える!!!
普通、渓流ではこんな釣り方はしません。

←振り出しタモも持参。磯で使うやつです。

彼と合流して更に詳しい話も聞きましたが、確かにリアルな話でした。
しかし180cmを超え、ガッシリした彼の体格を跳ね飛ばせるだろうか…?
でも、1mのイワナなら跳ね飛ばせるだろうと思いました。

彼いわく、

「1mじゃないよ〜!!! 1.5mは有ったんだって!!!

抱き上げた時にこのぐらいで、ほんとだって。

釣り人の話は大きくなるって言うけどサイトでアップするんでしょ?
でかいアクセスあるんだしTVの取材とか有ったらどうするの?

怖くてウソなんてつけないよ!!!」

おっと、見透かされましたか…。

▲情報提供やアドバイスをした謎系の重鎮日本TVやTV朝日なら
ひょっとしたら食いつくかもしれないぞ…と期待したんだけどね。
(他のコラムでは取材有りだったが、魚はダメだなぁ)


それじゃぁ、1.5mにもなる岩魚の検証を生物学的にやってみましょう。

暖かい伊勢湾に注ぐ長良川、その支流の吉田川に居るとは、
たぶん、100%の人が否定する事でしょう。
ところがドッコイ、記事をアップしてから類似の大イワナの読者目撃投稿が増えたのだ!!!



戻る     表紙      ⇒次へ