シーラカンスを狙った。そしてシーサーペントの子供が掛かった。

淡水のエリアでは幽霊が出るんじゃないかとこわ〜いのですが、
ところがどっこい海水のエリアはバッチリ大丈夫です。
幽霊なんて感じないですし真夜中にたった一人で真っ暗でもOK。

ふっ、余裕です。

さて、シーラカンスの生態や解剖学,発見場所の詳細情報
シーラカンスの項参照、捕獲の仕方の考察から、
それらを応用、専門家としてチャレンジしなければなりません。

ページ数が多いので読み返す、ブックマーク時には1ページに集約したコチラを用意しました。NOT別窓設定。
UMA部分も消してありますので、宿題などにも役立つように配慮しました(&他の方への紹介へも便利かも!!!)。


(愛知県碧南市中部電力温排水溝を利用した海釣り公園)

ウオラァ〜〜〜ッッ!  ←当時ファンだった人の口癖

根がかりだったら竿がパーフェクトに逝ってしまうよ級の
合わせを食らわせる筆者。

釣れてくるのは小さなヒイラギ(ゼンメ)やコトヒキ、フグばかりです。

「やっぱ、海は夜じゃなくっちゃダメだなぁ。昼間は小魚ばっかりで…。」

小さなアタリ…「!」

ウオラァァァァ!!

当時、同じ釣り雑誌で執筆されていた方の口癖(気合)が移ってしまい、
愛竿のサッチャン4号も(根がかりの時にやって)逝ってしまい、
新しく手に入れたサッチャン5号も一生懸命私の気合に耐えています。

小さなアタリ…「!」

オラァアッ〜〜〜!!!

小魚は全く抵抗出来ず、勢いよく空を飛んできます。

「ゴメンな。」

と丁寧に傷つけないよう針を外し海に返してあげます。

「大きくなったら、また会おうぜ。ニコッ」



小さなアタリ…「!」

「チッ、またか…」

オラオラオラ ウオッッラャァァァァァァァァァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッッ!!!!!


(オイオイ、何だか違うぞ!作者!!)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100回続く


そして、何かが起こる…Part2へ進んでください。



戻る     表紙     ⇒次へPart2