謎の巨大…肉の上に貝付き

Part1

新たな謎の生物です。

高校で教師をされている伯父さんが発見、もとさん提供の肉厚のある怪しい物体は、
実は鑑定泣かせのものです。
写真を見た際に、ホンネとしては正直ヤバイ…と思ってしまいました(笑)。

実際、軟体動物の鑑定は、遺伝子(DNA)鑑定がよりどころで、
死骸外見での判断は殆ど決め手にならず、
貝類・軟体動物専門家では無い門外漢では、屈指の難しさがあるからです。


未確認物体  もとさん
こんばんわ作者様!お久しぶりです!!

実は、伯父から未確認生物(?)らしきものを撮影した
写真をメールで頂いたんですが、是非、見解をお聞きしたいのです。
なんだか物凄い生物ってわけじゃないんですが、
これがナンなのか自分には分かりません。w

待ってます 作者
お久しぶりです。サイトのアドレスは変更しておきました。
是非写真を送って下さい。タレコミ情報として表紙で採用します!!!

という経緯で、特徴を加えてご紹介します。さて、何でしょう?


もとさんから

高校で教師をやってる我が伯父から頂いた写真を送付致します。
とりあえずご覧下さい。(*´∇`*)


【特徴】
 
  • 動かない
  • 周辺では、貝が腐ったような臭いがしていた。
  • 生きているのか死んでいるのか、生き物なのかすら分からない。
  • 棒でつついてもウンともスンとも言わない。
 
 
【発見日時・場所】
 
2003年3月の7・8日ごろ。
熊本県天草町の天草五橋の二番目の橋の下に下りた際に発見。
 
天草五橋についてはこちら
http://members.tripod.co.jp/hi64ge/amakusa_1-2.html)を参照。
とまぁ、こんな感じで、一見貝のよーにも見えるんですが、
なんだかやっぱり分かりません。
海の生物には全く明るくないので、さっぱりです。(^^ゞ

伯父には写真等の掲載許可を頂いてますし、
この事に関する一切をオレに任せてくださるそうなので、
どうぞお好きに調理してやってくださいっ!!

もし既出だったら申し訳なく思います・・・。(^^ゞ 

もとさん、ありがとうございました。何でしょうね?まずは読者の方々に意見を求めてみましょう。



←↑肉が大部分を占めて、貝からはみ出しているのだ!!!

まさに、巨大な肉塊!!!(The King Of Niku!!!)
水棲の巨大生物と言えなくもないです。うむ、サイトの趣旨にピッタリです!!!

←貝は小さい…

 

さて、これの検証は始まったばかりです。熊本の浜辺に転がっていた、奇妙な肉塊。

正体は…?Part2へ進んでください。


謎の巨大…肉の上に貝付きpart2

意外と簡単!?

いえいえ、掲示板のつわもの意見からも、その難しさが感じ取れます。
難しければ、それなりに頑張る未知動物好きは、資料を紐解いて見ますと…

←貝殻は皆同じに見えてしまう…。

う〜む。難しいです。

←記憶力のレベルを超えます。

ふっふっふっ。正直お手上げかも…(涙)

貝類で注目しても、なかなか厳しいですから、他の軟体動物の仲間を調べて見ますと、
大きさ的には合致するものがチラホラあります。

↓キンコ(ナマコの仲間):体長20cm程度。本州中部からサハリンの浅い海に分布。
煮干にして、中国料理に使われる。謎の肉塊に、ちょっと似てますね〜。

 

↓タテジマウミウシ(広い意味で巻貝の仲間):体長50cm。日本各地の沿岸に生息。
体の中に、貝の退化したものを持っているのだ。

←大きさなら、感動レベルです。

↓アメフラシ(広い意味で巻貝の仲間):体長40cm。日本各地の沿岸。触ると紫色の汁を出す。
スイスイと海を泳ぐ巻貝ってわけですね。”進化”とは偉大です。

←死んだ場合は丸まるし…。

↓オマケ・ヒトデのタマゴ
ちょっとオマケ。面白い写真を見つけましたので、ご紹介です。
ヒトデの卵は腕の中にビッシリ入っていて、美味しそうといいますか。
産卵期は1月から6月まで。何となく、エグイです。

←カズノコの代用に出来そう…とか。

ヒトデは関係無かったですが。Part3へ 掲示板でのご意見などを総合して…


謎の巨大…肉の上に貝付き3

読者さんの意見集

謎の貝について moonbigさん
 こんばんわ、moonbigであります。

謎の貝不思議ですね、貝のなかまで殻よりも、体のほうが大きな貝というと、
二枚貝ならミル貝とかがいますが、今度のは、ついていた殻らしきものが
どうも巻貝の蓋のようですね、うーん・・・ツメタガイというアサリとかを食い荒らす貝が
殻から体がはみ出してた記憶があるけど・・・

 巨大生物の子供だったら良いなあと考えてしまうのですが、
そうすると海洋性の未確認巨大生物が、巨大なウミウシみたいな奴となってしまいますね。

雑種ですか… とくがわさん
とくがわです。こんばんわ。

謎の貝ですが、別の生物にくっついているか、あるいは
何らかの病気なんじゃないかなと思ったんですが。

謎の貝 pittaさん  
ども、pittaです。

謎の貝ですが、貝殻がよく分からないのでなんともいえないのですが・・
moonbigさまのおっしゃるように巻貝の殻なら
ウミウシやアメフラシの仲間の可能性は無いでしょうか?

もともと巻貝ですし、小さな貝殻を持った仲間もいると聞きます・・・

ツツガキ? 天梟さん  
得体の知れない貝ですね。
写真からはよくわかないのですが、
肉塊についている貝殻は二枚貝ですか。

二枚貝には、殻よりも体のほうがでかくなる種類がいくつかあります。
本来の二枚の貝のほか、肉を包む堅い部分ができてしまうツツガキは有名ですが、
これも、もし二枚貝だとすれば、その可能性もありかも。

しかし、堅い部分がないようですし、殻の部分もはっきりしないので、
なんともいえませんね。

むむっ、ひょっとして新種か。

謎の肉貝 としぞおさん  
つついても動かない、貝の腐ったような匂いがした、等から、
死んでから数日(時間?)経過して腐りはじめ、体内にガスが発生、
パンパンにふくれてるんでは?

画像もなんだかふくれたように丸くなって見えるのは気のせい?

狸や猫の溺死体を釣り場で何度か見ましたが、パンパンにふくれてるのもありました。
しかし、貝ってあんなに膨れるんかいな〜、と。
失礼します!! もとさん
トップでご紹介いただいている「謎の貝(?)」を提出した、
もと という者でございます〜!皆様検証有難う御座います!!
目下、「ウモッカ」の方が色めき立っており、当方の写真の方は
イマイチ陰が薄い感も致しますが、そりゃ当たり前で御座います。w
学説をひっくり返さんとしている情報ですものね!!w

それでは、僭越ながら、レスを打たせて頂きます。w

>moonbigさん
アサリを食い荒らす貝とかいるんですか!!
・・・共食い・・なんですか?それって。(^^ゞ
そうですね、ネッシーの正体の説に「ウミウシ」ってありましたけど、
信じたくない説の一つですものねぇ・・・。w

>とくがわさん
病気・・・ですか・・・
少なくとも、アレは死体だと思うんです。
しかも、「貝の死体」ではないかなぁ〜。
これは推測なんですが・・・。(^^ゞ
ただ、何か肉の塊・・・であることだけは確かですよね。w
病気であんな形になったとしたら、前はどんな形だったんでしょう・・。

>pittaさん
アメフラシとかウミウシでも、
死んだり病気になったりすると、
あんなふうに逆三角形みたいな形に変形するんですか?
なんかこう、前述の二匹と比べると、硬そうな気がするんです。
死んでるから硬直してるのかなぁ・・・と。
アメフラシとかだとプニプニしてるので、
伯父は特徴として挙げないはずはないと思うのです。

>天梟さん
二枚貝かどうかも分かりません。(^^ゞ
でも、形的には二枚貝かなぁ〜って気もするんですが、
どうなんでしょうか・・・貝って、種類によって、
中身が全然違うので、オレには判断できません・・・。

小学6年生まで、貝って言うのはアサリのことだと思ってました。w

>としぞおさん
オレもガス説考えました!!
それを否定する説は出てきませんでした。(考えが浮かばなかったです)
ただ、それでパンパンに膨れる証拠も・・・
また、無いわけです・・・。ホント、ガスで膨れる!
って分かれば、それで終わり・・・・だと思うンですが・・。

ところで… とくがわさん  
死体のように見える、ということから余計に寄生虫なのでは
ないかと思いました。(謎の肉貝)
寄生虫感染 → 変形 → 死亡
こんな感じではなかろうかと。

巨大アメフラシ(70cm) とくがわさん  
AE攻撃側全滅さん見てたんですが…

これ
毎日新聞の記事です。
巨大アメフラシ(全長70cm)が大量発生だそうです。

普通のアメフラシは捕まえて遊んだことがあるんですが、これは
普通の奴(20cmくらい)とは比較になりません。
アメフラシは威嚇のため紫の液体を出すのがプリチーですね。

Re: 失礼します!! pittaさん  
もとさま、どうも、pittaです。

そう、見た目でも明らかに硬そうですよね。
アメフラシというよりアワビって感じですよね。
大きな体に小さな貝殻ってことでその辺しか思いつかなかったんです。

アメフラシが死んであんなになるんなら海岸は肉隗がごろごろしていそうですものね・・・
しかも2枚貝っぽいし・・・

訂正 たぶんね・・・・ ふくちゃん  
   もとさんの謎の二枚貝なのですが、
シロボヤが死貝に張付いている状態なのではないでしょうか、
肉隗の表面の感じがシロボヤそっくりなので、そう思いましたけど……・。
   

   **調べ直してみたらカイメンではなくホヤの仲間でした。
   訂正前はカイメンって書いてたので訂正しました。

   これ

   上のURL記載のシロボヤは綺麗な白個体ですが
大阪湾や東京湾のシロボヤは汚れたグリーン色です。(海が汚いんだね)
   釣りをしていると根がかりが外れて針に付いて来ますよね。
巻貝に見える moonbigさん
こんばんわ、もうすぐおはようですがmoonbigであります。

謎の肉貝?私にはどうも巻貝の遺骸に見え、其の線で色々考えたのですが、
最初考えたツメタガイは、歩き回る時、外套膜で殻をすっぽり覆うので、
其の格好で死んだツメタガイでは?と推測したのですが、
其の格好で死ぬのは難しそうだったので、似た感じのところに住む
殻の小さな巻貝を調べた所、「キセワタガイ」と言う一見殻がないように見えるが、
体内に埋もれた状態の小さな殻がある巻貝が、いるということが判りました。

一応候補としてはあり泣きがしますがどうでしょうか?

これ

 moonbigは悲しい事に山奥人で、海洋性の生物については
図鑑・辞典での知識しかなく、経験からの推理が出来ず悲しいです。

もとさんに質問 ふくちゃん  
  もとさん、こんにちは!!

  肉隗をつついた時の感触は固かったのでしょうか?
  
  固い場合は、恐らくホヤorカイメンです。

  写真と文章の判断から貝類では無いと判断しています。

(死貝は常温下で数時間も置いておくと身がビロビロになり腐敗してしまいますので
今回の場合は貝を想像しにくいですね。)

  あまり言いきってしまうのも何なのですが・・…。
巨大な肉塊様物体 日本海の黒キチさん  
いつも楽しく拝見させていただいています。

今日も会社のパソコンで休憩時間?に緊張しつつ見ていたのですが、
タイトルの件と同じ物を私も見ました。

うれしくなって、会社のグループウェアのアドレスを使って
投稿してあせって削除しました。(会社にバレないようにネ)笑

気を静めて再投稿、年がら年中、クロダイが落ちきっても釣りに通っている頃、
初夏ですがシケの後、砂利浜にたくさん打ち寄せられ干からびた、
生ぐさ〜いアメフラシのご臨終ではないでしょか?

ものごころ付いた頃、たくさん集めて棒でつついて集めた白や紫の体液を
ファンタグレープとかバスクリンと叫んで海水に混ぜて遊んでいたのは私です。

思い出すだけでもオゾましやー。

以上。

カイメン moonbigさん
 こんばんわmoonbigであります。

ふくちゃん様、死体の硬さですか、成る程・・・海無し県で育ち、
図鑑・辞典でしか知識を得ていない自分には
思いもつかない判定方法があるんですね、

カイメンは死後硬くなる・・・うーん、肉体を構成している
たんぱく質の性質の差から出るのでしょうか?

「死」が絡むことだけに一寸ミステリアスで好奇心をそそられます。

結論は…

謎の肉塊+貝付きの候補 ザーマスさん  
謎の肉塊+貝付き、何となくタツナミガイかなぁなんて思いつつも
良く見ていなかったのですが、ちょっと調べてみたら打ち上げられた
画像を発見しまして、またそれが非常にそれっぽい感じなので紹介します。
似たような貝殻も付いているし少なくとも近縁な感じはしますが
どうでしょう?

http://www.bigai.ne.jp/~nakasato/shell/syuukaku4.html

Re: 謎の肉塊+貝付きの候補 ふくちゃん  
   素晴らしい!!ワンダフォー!!です。
   良く見つけられましたね!!

   凄いですね。私もこのタツナミガイに一票です。

おお!! としぞおさん  
>ザーマスさん
うおお、スゲェっす。タツナミガイでほとんで決定かっ!?
アメフラシの仲間なら殻が付いてるのが納得〜、です。

タツナミガイに1票〜〜〜っ!!

謎の肉塊+貝付き候補の・・・ ザーマスさん  

タツナミガイですが、もっと良い画像が有りました。
色もまんまです。


http://www.eislab.ed.ynu.ac.jp/ikimono/04kai/html/1636-054.htm

しかしアメフラシの仲間って元は二枚貝の仲間なんですね。
今回調べてて初めて知りました。見た目はどっちかというと
頭部の感じなんか巻貝っぽいんですが。
でも二枚貝って頭部が退化して完全に無くなってますし(^^;
頭が退化して無いってのも良く考えるとかなり凄いような・・・。

タツナミガイ(アメフラシの仲間)だったようです。

←アメフラシ(前ページ参照ネ)


た・・・タツナミガイ!! もとさん
かなり遅まきな登場で、もはや忘れ去られてしまったであろう、
「謎の肉塊」の投稿者の もと でございます!!


皆様の有難い議論と、ザーマスさんの急転直下的結論投下によって、
あの肉塊はアメフラシの一種、タツナミガイと判明いたしました!!
(正しくはその死骸・・・w)

ウチの伯父もこれで安心して眠る事が出来るでしょう。w

これからもよろしくお願いします皆様!!
ウチの近くにはイノシシ・狸・イタチ・野うさぎ・サルなど、
沢山のナマモノ達がいる山があり、また何かを発見するかもしれません。w

その折は、よろしくお願い致します!!(*´∇`*)

P.S.
さっそく伯父には報告しておきます♪

もとさん、私がご連絡するよりも先にサイト掲示板でのお返事恐縮です。
また何かを発見された場合は、是非…。伯父さんによろしくお伝え下さいネ!!!
この度は有難うございました。



戻る   表紙   次へ(でかいカブトガニ!!!)