たけしの世界はこうして騙された!!!2006年12月カッパ映像など

あけまして おめでとう ございます。この挨拶もお約束ですが、
エイプリルフールと同じく省いて通れないものですね。
ここを読んでくださっている皆様と運営サイトともども楽しい1年になりますように。

メール類は年を越しちゃっても貯まっていますが、お許しください。
返事頑張ってますよ〜(2007年は作者喪中ですが失礼しました)

皆さんへお年玉=今をさかのぼること去年に頂いたメールから選抜。
コタツに入りながら、またはファンヒーターで温もりながらコーヒーでもどうぞ。

(HNよしおさん提供)

←オススメ。

←何も考えずに見てください(約3分)

メール送付者さんから付記がありました。金かけてるというか。
ただソレを書くよりご覧になられて楽しまれることをオススメ。

←「世界はこうして…カッパ」約9分

国立科学博物館が出てくるとは……私はパーフェクトにTVを見逃していました。
今年もやってたんだな…1日繰り上げて。知らなかった、残念。
カッパが泳ぐ時に水のウネリが全く発生してないから物理的存在じゃないと思われますが、
まぁ、もうそろそろ妖怪とUMAを分けて、存在のありそうなUMAに予算を使って欲しい。
ネッシーの棲み家(ネス湖の酸素量)とかコンゴのテレ湖なんて隕石の宝庫かもしれないのに。
ヤラセじゃなくても面白く視聴率も取れると思うんだけどなぁ。

この「ようつべ動画」反応からひとつ。

92 名前:えみちーさん

明けましておめでとうございます。
※喪中ということで自粛していたんですけど作者さま&皆さまUPしていらっしゃるので・・・^^。

ようつべでUPされてたTVは見てないんですけど、
国立科学博物館の「化け物の文化誌展」
-化け物に注がれた科学の目-は実際に行ってきました^^。

←人魚のミイラ。えみちーさん撮影でOK?

>「昔の化け物は昔の人にはちゃんとした事実であったのである。」
(寺田寅彦「化け物の進化」より)

河童、天狗、龍、麒麟、鵺(ヌエ)・・・かつての日本人にとって、
「彼ら」は実際に存在する生き物でした。

しかし明治近代化の中で、「彼ら」は伝承の彼方に置かれました。
今再び、科学の目から化け物に光を当てます。

と、いうわけで、この企画展は全くまじめなもので、非常におもしろかったですよ。
「遠野物語」の柳田國男や東洋大学創設者井上円了による
講義ノートの展示もあったりしまして。

写真は、双頭のミイラのもの。TVで荒俣宏さんが言ってましたけど、
日本の職人さんが作って外国で非常に受けて、輸出されていたものらしいです。

洋の東西とわずの、巻物等、昔の人達がいかに興味をもって、
未知のものを収集分類しようとしていたかが、伺われる内容でした。

※TVのように、ちゃかしたものではないんですよ〜。

同時開催の「森羅万象の探求者 南方熊楠(みなかた くまぐす)」展も凄くよかった。

未知のものを探求する人は、その当時異端視されても、
後から実績がついてくるというのは今も昔も、変わらないのかなぁ、と思ったり。

今年は、どんなUMAが発見されるのでしょうか^^。
94 名前:作者
>>92
えみちー久しぶり。その展覧会のレビュー転載予定でよろしくね。


95 名前:えみちーさん

あああ〜、そ、そうなんですか^^;
写真は、同展パンフレットのものを写真に撮ったもので、文章の
『「昔の化け物は昔の人にはちゃんとした事実であったのである。」
(寺田寅彦「化け物の進化」より)
河童、天狗、龍、麒麟、鵺(ヌエ)・・・かつての日本人にとって、
「彼ら」は実際に存在する生き物でした。しかし明治近代化の中で、
「彼ら」は伝承の彼方に置かれました。
今再び、科学の目から化け物に光を当てます。』
が、やはりパンフレットからの引用になりますので、
この写真とこの文章を「同展パンフレットより」と付記してくだされば
OKではないかと思います〜 m(_ _)m

さて、やっと後2週間分の貯まったメールまで漕ぎ着けました。あと少しです。

学会発表までしてくれる大先生、登場

ウモッカ協力隊への更新連絡。この解説・特集の冒頭に付記した件があります。
↓に転載。約束は約1年前、解説内にあるHさんや高野さんの努力です。
詳しい内容はムベンベ隊長が挑戦!!!「小説すばる」 で高野さんが連載中のバックナンバー。
(あと数回で終了するらしいのですが、連載延長なのかな?展開がまだまだ残ってます)

2007年〜も進行:
捕獲されたら輸入&受取先・鑑定・解剖も国立科学博物館・上野先生へ。
学会発表もしてくださるようです。
上野先生はシーラカンスの解剖イリオモテヤマネコの鑑定をされた大先生ご本人です。
なぜそんな大人物(大科学者)や日本を代表する研究機関が協力してくださるのか?

たかがオカルトとナメることなかれ。

いやぁ、結構、ウモッカ解説に入る前の、気取った好い枕詞じゃないかと思うのだけど、
貴方が自分の個人サイトで、こういう人脈を得たと想像してみてください。
どうやれば無償で協力してくださるのだろうか、どう解説して説得すれば好いのだろうか?等、
作者の感嘆というか、妙な感覚、恐れなどが伝わってくだされば幸いです。

しかもオカルトサイトごとき…で、ですからね。
記事のどこかで書いているけど、ある程度の上位に入った学者は頭が非常に柔らかいです。
オカルトをすぐに否定しちゃう人も多いけど、科学を知っていて否定するのか、先入観なのか、
発言の中身を慎重に見極めないといけない。人生の楽しさの一つを捨てていると思うし。
兎にも角にも、趣味にはまって楽しむことは人生に好い色をつけると考えます。



戻る     表紙     次へ