サイトでは軽く書いていても科学的根拠がある…という話

訪問者の皆さんは楽しいクリスマスイブを過ごされたかと思いますが、
家族でケーキを食べたり、カップルは一緒に過ごしたり、仕事をしていた人も多いことでしょう。
孤高の荒鷲仲間はどう過ごしたのだろう?

私はテレビ東京から魚類学系アドバイスを乞う依頼がきて…(クレジットで私の名前入れてネ)。

番組名を見れば所ジョージの名が。ふむ、えっ、ところ・じょーじ……!!!真面目な番組の方だな。
連載原稿の完成前なのに今後の為にもアレコレしていました。大変、たいへん〜。

・魚の視野角度(単眼・両方)
瞬膜等はついているのか
・カラーで見えている魚、見えていない魚の違い
・魚が認識出来る範囲(見える範囲)
・ホタテの目は見えているのか

うむ、サイト記事にしてるものが多いのでアドバイスは速攻で出来そうです。「目」についてだね。
瞬膜ってものだけ書いてないけど、瞬き(まばたき)の出来ないのに多い。
鳥類=ペンギンは水の中で目の組織を防御するためにあるし、爬虫類には標準装備、
半透明の第三のマブタです。人間のマブタのように開いたり閉じたりします。

その辺の動物園に行ってアップで観察すれば容易に判別できるので知らない方はゴー。

一方、サメにも瞬膜がありますが、一般的な魚には無いです。
進化的に考えるとサメ(軟骨魚)⇒一般魚(硬骨魚)なのに硬骨魚にないのが興味深いところ。

硬骨魚の中には浸透圧や水質の違いで目の組織が荒れやすい汽水を好むボラなどは、
瞬膜の代わりに脂瞼(しけん)と呼ばれる透明な膜があります。オンパチ君の真中辺で少し触れてる。
特に脂肪の膜で分厚くなったボラもいてメナダと呼びます。

後は釣りサイトの魚の視覚に書いてるなぁ。カラー視覚の魚や白黒(色盲)の魚も紹介してます。
視覚の範囲も私の汚い絵で描いてるし、あ、汚いから読み取れなかったのだったらゴメンだけど。
読めばストレートに回答が書いてあるのに、質問はマルチポストだったのかなぁ?

(前も書いたけど、どうも全民放でのやり取りで良い思い出がない。NHKが唯一ビデオを送ってくれた)

ただ、ホタテの目って、貝類の目。実は貝類が苦手な私です
魚ですら視覚は滅多に使わないので貝類は殆ど見てないんじゃないかなぁ。
貝類から進化したウミウシ、イカ、超進化エリートのタコの視覚はそこそこあるようなので、
ホタテはせいぜい近視といった感じと思われます。

進化途中で有名な貝だし正確さを喫するというならば貝類だけはキングオブ地味学者と異名をとる、
貝を専門とする博士に尋ねることをオススメします。

で、アドバイスの謝礼にビデオを送ってくれるようにメールに書いてみた。たぶんダメだろうなぁ。
正確に報道されるかどうか心配だからなんです(過去の経験はダメばっかりでして)。
TVマスコミ関係者さんって宣伝してあげるんだからって意識が高すぎると感じる時もあるけど、
学術提供者も大切にして欲しいと思う。芸能人より手軽に協力するのだからこそ。

ボヤクぐらいならレスしなきゃいいじゃん、と思う人も少しはいるでしょうが、そこが性格なんです。
私の場合、初めての方は殆ど100%に近い高確率で返事をしています。
(ただメールのルールを外れた人は別ですが)レスも文章を自らちゃんと書く律儀でソンな性格。
もらったメール文よりも多い文章を書くのが多いです。

ただ、何回もやり取りした方やサイト掲載の方々は別で、無しとか後回しになるのを許してください。
延々と増えていくので↑

まぁ今回、オンパチ・ネタ記事でも根拠の知識があるんだよという事が説明できて良かったけど。
「あの管理人はたいしたことない」と思われがちなので。いや、これは普段の行いが悪いからかも。

私の専門は魚類学そのものじゃないし、オカルトUMAでもない、時計でもITでもないです。
下で紹介するけど、たまたま、そのジャンルで定番となったサイトを作っただけの普通の兄ちゃんです。

・・・とまぁ「お知らせ」を整理整頓して仕切りなおしたので改めてサイト紹介などさせて頂きますね。

あまりにも膨大に膨れ上がったサイトたちですが、複数サイトの運営をしていれば至極当然、
なかなか厳しい、作者の反省点です。

”同じジャンル”の複数サイトと違い、ジャンルの離れたのがメインサイトに成長してるのです。
実際、それぞれのサブサイトが私のメインサイトと第三者が思ってしまうほど大きくなれば尚のこと、
訪問者の層は違うし、共通の読者さんは本当に少なく、読者さん同士の交流はほぼ無いでしょう。
(UMAの読者さんが時計の読者さんと交流するということ。ITとUMAも同様。私を介するとあるかな?)

正直、全てをこなすのは、サイト作りを仕事にしている人でも物理的に出来ないと思うし、
しかも私は時間が空くときにネットへ集中してこなしますから、なんか仕事してる感覚になることも。

同じようなパターンの管理人のサイトを探すと大概、古いサイトを放置にして、
労力分散をクリアーしているようです。私は長く続いていたBBSをふたつ閉鎖しただけ。
それでもずいぶん楽になったものですが、いやはや、これはモチベーション低下かもしれません。

3つを読まれてた方からよく頂く感想を引用して借りれば「ネット史上これだけジャンルを離して、
それぞれが大きいのは珍しい。他力を利用して大きくするのと個人で大きくするのでは別物だけに。」

…うーむ、確かにアクセスを多くするだけなら現在は広告という手段が使えるし、
コミュニティや他力本願、お金を使えば大きくするのは楽勝だろうけど、
何はともあれ、よく誉めてくれて有難いと思う(作者本人には自覚が出にくいものなのです)。

2000年〜2002年のITバブル崩壊からかガラっと変遷したネット社会は、
続出した詐欺サイトや誤魔化しサイトに辟易した人も多くなり「個人解説サイト」の時代は終わりかけ。
どういうサイトが良くて、どういうサイトにアクセスが多くなるのかなんかも広告やSEOの登場で、
労力をかけない大サイトが出現、労力をかけることが恥ずかしいことじゃないかと個人的に感じ始めました。

「何を一生懸命に作ってるんだろ、ばかみたい」というのは第三者が言う台詞と思いきや、
実は私が自分にかける言葉に変わっていたりするから困ったもんです。

2006年になってから、少し「労力をかけてる個人サイト」の人気が戻ってきた感じがしたけど、
やはり私が作り始めた頃のようなブッチギリの馬鹿=いい意味で=なサイトは出来難くなっているよう。

当時はUMAサイトなんか比較にならないほど「ああ〜こんな考え方があったのか」的なものが続出、
個性豊かなバカでも面白く知的刺激を受けるものが多かった。どうしてみんな閉鎖しちゃったんだろう?

私が見る限り、多くの偏った良識君(に見える人達)に潰されたと思う。守る人間も多く居なかったし。
スルーが基本という荒らしさんも潰すのが目的なら止むことはなく続いてしまうもの。
しかし、面白いサイトなら管理人も変わってるはずだよね?どうして許してあげれないんだろ?
私怨なのに事実を捏造して周りを誘導するのが普通、偏り良識君のパワーバランスが強いから、
個人サイトなんか中々続けれないです。手間は掛かるのに無料なんだからね。

あ、しまった!!!長文はあんまり読まれないんで、筆が進む時は気をつけてるんだけどダメだなぁ。

ということで、知らない人も多くなってきたので紹介がてら(再度)私のサイトを振り返ってみれば、
個人売買にも関わらず唯一Yahoo!ビジネスと経済・全国カテへ登録された当時画期的(時計サイト)、
考えてみれば個人売買なんてすさまじく胡散臭いもの。厳しかった審査に通り周囲から様々な反響が。
カラー2ページで書籍紹介されたり、ネットは特殊な物じゃないと売れないと広めたのがコレ。
公的EC白書に分析され資料として掲載されているので、ハッタリではなく、なんとマジな話でして。

IT革命が叫ばれた頃に多くの新聞などに引用・転載が多々されたIT文化へ対する姿勢(ITサイト)、

NHK・各民放全国ネットに学術関連で参考・引用された大手TV局の制覇(UMAサイト)。

UMAサイトのオマケですがオリジナルラインだけで結構評価を受けてるという(釣りサイト)。
釣りサイトは評価を受けてるといっても規模的にはUMAサイトのオマケ扱いなので、
他のサブサイトの規模に比べれば全然比較にならない小ささです。更に小さいサケ科サイト

▲小さい=メインサイトに対して”小さい”です。実は多くのサイトより大きいかもしれない。

サイトバレについては「あなたってUMAサイト作ってる人?」とか言われたとしましょう。
「何を言っているんですか、私は正統派ITサイトですよ。これはこうだし、アレはあれ、
そうそう紹介しているコレは実はこうでね〜」とかなんとか管理人らしく振舞えます。

一見するとITサイトだけで大変そうだし、単独で見ればそれがメインだと誰もが思うよね。
もち時計サイトも使える。マジメなサイトがなければ、変人のレッテルが貼られているに100%……

って、更新履歴を運営サイト共通にしちゃったので、見られれば直ぐに判別できますから、
この手が使えなくなってしまった。
・・・今、あまりにも弊害が多かったら、コッソリ工夫しなければなるまい、って思った。

こんな歴史を持っているので色々な経験をしたわけですが、ただあくまで”そのジャンルたち”のみ。
例え「こんなクソサイト」と言われても、一つのジャンルは自分の3分の1なので、
どうしても真剣に、深刻になれない。軽く流してしまうのも悪い癖となっています。

それが相手さんにはむかつくのだろうと思うのだけど、1日閲覧者数千人〜数万人になるので、
必ずウマが合わなかったり好かれたりライバル視されたり様々で困ってしまう。

クレーマーさんは大体自分のほうを管理人は見ていると勘違いするので、どうしようもなく困ります。
いや、誤解があるなら解こうと思っても、その人にだけ集中して対応するわけにはいかないのも管理人。

おっと、サイト管理人の隠された苦労の話を多くしていますが、こういう事を理解して同情してくれるのは
同じようにサイトを作っている方々だけだろうと思います。共通体験がないと難しいよね?たぶん。
ここを読まれて涙する人は、規模が大きくなればなるほど、作者と一緒の気持ちにベストフィット。

科学的根拠ネタ、もう一個紹介。題して「貴方は気づいてくれていたか!?」

そうそう、作者がサイト運営休み中(=出張で自宅に帰れないので)ですが、
期間中は相互リンク先や紹介サイトさんを訪れてください。良い発見があるかも。

もっとも、最近はネット人口が増え、語句検索も変わり、当サイトが中心のスタートでなく、
ネットサーフィン(死語)の”一部読むだけの人”が大多数を占めるようになってきましたね。

ゆえに更新して「お休み」挨拶もしなくて良いのじゃないかと思う事もあります。
(休眠をして迷惑をかけるのはリンク依頼の管理人さんとアドレス変更の管理人さんぐらいですものね)

さて話は変わって、テレビ東京からの「魚の目」についてアドバイスを乞う依頼が来たことを話しました。
正確にはTV番組「所さんの…」のイチ製作会社からなのですが、その質問の一つ、
魚には瞬膜があるかどうかで回答を書きました。

UMAサイトのネタ記事・選出の「オンパチ君」ですら専門科学が元になってるんだよということで、
さりげない記述も実は奥が深かったりという秘密?を紹介させていただいたのですけど、
逆に専門用語を使わないと「この作者はバカ」と紙一重になるのが最悪です。

時々は、まともなことも書かないとね。

そこでもうひとつ紹介しましょう。海の科学の冒頭に書いている枕詞ですが↓

「コイなどを飼っていて水槽内の酸素が無くなってくるとアップアップ(鼻あげ)をします。
しかし、海水魚はアップアップをしません。何故でしょうか?
海には豊富な酸素があるために、アップアップをして酸素を補給する習性が無いのですね。」

「ふーん」で通り過ぎず、立ち止まって考える人は殆どいらっしゃらないと思います。

これって、どういう科学根拠があって書いているのでしょうか?ビックリ感心は間違いなし!!!
たぶんネットで調べても分からないと思う。先に説明できる科学者も少ないと思う。

答えは磯・投げ情報の今月号(←買い逃した方のため、サイト保存記事にリンク変更)に書いてます。
「海の科学」を書いたのは何年も前だけどネ。サイトと雑誌の連動。
答えを言われれば簡単、でも導くのは難しいという例ですね。いじわるでゴメンなさい。。

立ち読みじゃなく買って付属のハガキで応援メッセージを下さいませ、ませ(真剣に熱望)。
ハッと気づく面白さを、お金がかからないこんな感じで、これからも頑張りますネ!!!



戻る     表紙     次へ