ヤラセ指摘(TBSさんの調査隊では丸太を引きずったという捏造の噂が立っていた)について、
直接の参加隊員さんからの叱咤激励が着信。その中身は……ヤラセではないとの主張、断言。

ヤラセ指摘に対するTBS隊Kさん反論…モケーレ・ムベンベ

ヤラセ指摘というのは大概どのジャンルでも存在しますが、
指摘に対する同意や反論を掲載することによって、更なる議論を呼びます。

今回は少し久しぶりの記事、早大探検隊・野々山さん&隊長の高野さんも手記がある特集、
モケーレ・ムベンベ(特集10ページ以上)という生き残った恐竜じゃないかと言われていたものです。
生物学系の学者らが参戦して調査合戦がされ、科学的アプローチがされ記録も多く残されました。

UMAというのは通常のオカルト話と違い、普通に専門家が関わるので面白いし勉強になります。
私も一応、その端くれですから、生物学的に「こんな生物ならあるかも」を導き出したりして科学遊びします。
ヤラセ指摘というのは特集内にあります「丸太を引っ張ったものだ」です。特集開始初期に記述があります。

そういえば検証番組(例:日本TV系『特命リサーチ200X』やこれマジ!?など忘却)以降、
正式な反論は、当時にTV放送や書籍では無かったと思う。特集を先に読まれてから反論をお読みください。

以下、全てTBS隊に参加したメンバーKさんより

ミニッツリピーターとムベンベと

こんにちは、

mailでの交流はされていないとの事ですので、
誠に失礼ながら一方的に送らせて頂きます。
私、懐中時計の初心者ながら、ebayにて無名のミニッツリピーター付き懐中時計を
落札してみようかと考えまして、ネットで色々と勉強していましたところ、
機械式時計研究会のHPに行き当たり、拝読させて頂きました。
初心者としては本当に勉強になりました。

本題ここから。

あまりにも詳しく懐中時計の解説がされていたため、
順番にほぼ全ての頁を読破したところで、
末尾のプロフィール欄から、謎の巨大生物UMAの頁へと飛びまして、
こちらも楽しく拝見させて頂きました。

で、私はと言えば、早稲田の探検隊の後に、
ボア村経由でテレ湖に行きましたTBS隊のメンバーです。

どなたの情報か分かりませんが、「丸太を引っ張った」との記述がありましたが、
そのような事はありませんよ、
とだけ申し上げたかった次第です。

とはいえ、あの空撮映像に映った生き物が
恐竜の様な生き物だとは正直思っていないのですが・・・

懐中時計について調べている過程で、
かれこれ20年以上前の懐かしい思い出に行き当たるとは思いもよらず、
失礼とは思いながらもメールさせていただきました。

Sent: Wednesday, September 24, 2014 5:30 AM


こんにちは、ご丁寧に返信頂きまして誠にありがとうございます。

私、Kと申します。

一部抜粋をHPに載せることについては問題ありません。
ただ、私自身が当時とは所属会社が異なるため
(番組の著作権が無いため)名前の掲載はご容赦ください。

〜略〜

添付にて、ちょっとだけ件の映像についてエピソードを紹介させて頂きます。

K

佐久間様

ご丁寧に連絡ありがとうございます。

20年以上昔の話です、お気になさらず、
よろしければお手空きの時にまた、ご連絡くださいませ。

K

本文

撮影前の想定では、当時はgoogle-mapなど無い時代ですので
一度、空から湖を見て、目標を確認した上で陸路を出発!
というつもりで、コンゴの首都ブラザヴィル到着初日に、
飛行機を飛ばしてテレ湖上空へと向い、俯瞰を撮影していたところ、
いきなり湖に大きな水紋が現れ、件の映像が撮れてしまったという訳です。

一見、美味しい話に思えますが、この手の番組では、
大変な思いを重ね、徐々に現場に近づき、
最後の方で、何かしらの結論を付ける(何も撮れない事がほとんど)というのが定石のため、
初日にあの様な映像が撮れてしまうと、
その後現地でそれ以上の結論を出さなくなくてはいけないため、
とても苦しい思いをする事になります。

結局、テレ湖畔には1週間滞在しましたが、それらしい生物は
撮影できず、という結果に終わりましたが・・・

「丸太をうんぬん」の話ですが、
行程的には、テレ湖上空の撮影を終え、ブラザヴィルに戻り、
翌日、定期便でインプフォンドという街に移動、
そこから半日かけて、道路がある最後の町、エペナまで向かい、
そこにベースキャンプを設営して、食料の調達や機材の準備を行い、
その後、町の協力者の案内で、小舟で川を遡ります。

熱帯雨林地域なので、ほとんどが雨のため、
実際は2?3日エペナで足止めをくらいましたが。

小舟といっても、半分に割った丸太をくりぬいて、
芝刈り機を改造したエンジン(芝刈り機の刃の代わりにスクリューを付けて水中に突っ込むだけ)
を付けただけの舟に、撮影用の何百kgという機材を積むため、
舟が水面すれすれになり、全員でバケツで水を?きながら
数隻の丸太舟を連ねてゆっくりと進む訳です。

身軽なら半日程で着くかと思いますが、我々は12時間程かけて
テレ湖に一番近い、ボア村(非文明の村)に上陸し、
ここで50名程の村人に協力を依頼し(荷物を運んで貰うため)
いよいよ、密林へと足を踏み入れます。

テレ湖は、探検隊か調査隊が訪れない限りは、村人は行かないため
基本的に道はなく、ブッシュを切り分けて進みます。
さらに、一般的な調査隊は、まっすぐテレ湖へと向かいますが、
私たちは、重い機材を持って(撮影機材は預けられないため)
撮影をしながら向かうため、ボアを出発してから
テレ湖につくまで、3泊4日かかってしまいました。

最後の1日は、早稲田隊も言及していますが、
沼に胸までつかり機材を頭上に持ち上げての進行です。

このような状況なので、文明に暮らす人たちが思い描く様な、
先に別のスタッフが乗り込んで「何かをする」とか、
村人に合図をだして・・・

みたいな事は、仮にやろうと思っても極めて難しいと思います。

そして、件の「映ってしまった謎の生物」ですが、
その後、自分なりに色々と推測しましたが、生き物と考えた場合に
コンゴで生息が確認されている比較的大型の生物は3種類。
ゴリラと、ワニ、センザンコウです。

これを基に考えると、ゴリラはボア村?テレ湖の間でも見ましたが
先に記した様に、テレ湖周辺は完全な沼地で住むのに適さないため、
可能性は極めて薄いと思います。

ワニ(記録に残るのは最大で2メートル程)はボア村まで続く
川には生息しているのですが、テレ湖は川とつながっておらず、
湖には魚や、ほ乳類など、エサとなる生物も生息していません。

※藻を食べるメダカ程の小魚はいる。

また、周辺にも川は無いため、これも考えにくいかと思います。

※テレ湖は川が流れ込んでいない事、また流れ出してもいない事、
ほぼ円形である事、真俯瞰でみると浜がなく、ぎりぎりまで
密林である事から、よく言われる様に、隕石が落ちた窪地に、
雨が溜まってできたものではないかと推測されます。

※テレ湖は写真で見ると分かりませんが、水の色は赤褐色です。
(なのでテレ湖の水で米を炊くと赤飯になります)

これは、堆積した木々の枝や落ち葉から染み出るタンニンなど
の成分だと思われ、そのことからも、雨以外に水の流出入が
ない事がわかります。

(作者雑談:タンニンで連想するのは深海魚が浅瀬で生活している奇跡の海=サブサイト。世界遺産。)

以上の事から、消去法で残る結論はセンザンコウです。
西アフリカに住むのは「オオセンザンコウ」という最大種で、
大きいもので、尾まで含めて1.5Mほどと言われていますが、
実際は2Mを超す個体が生息しています。

これにはちょっとした、裏話がありまして、
実は番組の中でも映っているのです。

テレ湖に向かう道程の間、私たちは米を炊き、食事を作りますが、
ボア村の人々は、夕方になると狩りに出かけ
(これも3泊4日かかる理由の1つです)どこからともなく、
猿や鳥などを捕まえて来て焼いて食べる訳ですが、
2日目の夜、捕まえて来たのが、2Mを超すセンザンコウです。

ただし、当時この生き物を村人たちはスペイン語で「アルマジロ」と言っていたため、
何も気にせず「アルマジロ」として番組でも
紹介しています(今考えると、不勉強でお恥ずかしい限りです)

後年、アルマジロを調べるきっかけがあった際に、
大型のアルマジロは数百万年前に絶滅している事、そもそも
アフリカには生息していない事が分かり、では? という事で
調べたところ、西アフリカに住むアルマジロの様な生物は
「オオセンザンコウ」だという事が分かった訳です。

そして、センザンコウは体表を覆う、大きなウロコの様な部分に
空気を溜め込んで、浮力を得て、泳ぐ事が出来るのです。

そもそも、現地人以外で、モケーレ・ムベンベを実際に見た、
というのは、1770年代のフランス宣教師だけで、
その記録には、見た事のない生物で、足跡に「3本の鋭い爪跡」が
あった。と記されていますが、センザンコウもナマケモノの様に
前足の爪が3本だけ発達しています。

以上の事から、空撮で映ったものが、もし、生物だとすれば、
泳いでいる「オオセンザンコウ」ではなかったのか・・・
フランス宣教師が「初めて見た生物」もセンザンコウでは?
というのが、自分なりの結論です。

因に、モケーレ・ムベンベを世に広めた、シカゴ大学の
ロイ・マッカル教授と、後年、別の案件で共同調査をした際、
博士は、「モケーレ・ムベンベは絶対にいる」と
確信していましたが。。。

以上、とりとめもない話を長々とすみません。 

ありがとうございました。1通目のメールがなんと昨年の9月24日。
20年以上前の話に触れられる、こんなにゆっくり更新するのも許してほしいですが、
Kさんも偉くなってしまって名前出せば驚かれる人だったりします。

オオセンザンコウってどんな動物か?
アルマジロに似ているという事で連想していたけど、ニュースではこんな風に紹介されてました。



まさに正体不明の怪物だと…。
わざと引き延ばして紹介するニュースサイトに悪意を感じますが…
服にも変身してました。

さて、問い合わせの多い中東の見解。

私が中東を訪問していた頃は25年以上前(何も知らない若造で医療で嫌々でしたが)、
まだ中近東という呼び方がメインで、イラクとイランの区別がつかない人が大多数でした。
クェートしかり。最近の日本人拘束事件でも専門家を名乗る方々を(私は)誰も知らなかったり、
時代と時の流れに驚くばかりです。

オマケ記事はここにもありますが、昔の3人拘束事件の特集は消してました。
ISIL(いわゆるイスラム国)の出現は予想できたことですが、
日本の秋葉原で戦闘員の募集があった件とか、いつの間にか日本が置かれた状況は驚異です。



戻る     表紙へ     次へ 新章ニューネッシー