写真付き面白い報告集その7


で、でかいナメクジ…



Mさんから

ハンガリー在住のオッサン「ふたつのくに」管理人のMです。

  ウワ〜、大感激! 早速のご返信ありがとうございます。

さて、ところがですが(変な日本語(^◇^;)・・・ 私が現在住んでいるところは
ハンガリーの首都より 車で30分ほど?の所にあるショイマール(Solyma'r)という
ハッキリ言ってド田舎です。

ゆえに、自然が豊富なんです。

ゆえに、こんなお写真お役に立てば・・・ と、思い添付させていただきます。
メールが少々重くなりますが、スイマセン(^◇^;)。 え?大したことない・・・?

って場合はご遠慮なくボツにして下さい。
繰り返し、返信メール本当にありがとうございます。 それでは・・・。


昨年の夏、ドでかいナメクジが我が家でトグロってました



同ナメクジのCD比較

←ワーグナーのCD

これ又昨年夏の朝方、我が家で休息してたドでかい蛾

←妙に気品あり

同蛾のCD比較。(ピンぼけです(^◇^;)

←ビートルズCDと


追伸 ハンガリー人は外国人に会うと、とかく自国の悲しい歴史を語りたがります。
国民性として、後ろ向き、悲観主義者、、、なんてよく言われてます。

成人男性の自殺率がヨーロッパ一とか・・・私も二度、未遂事件を目撃しています。
ポジティブな面では、とにかく女性の美しさは有名で、マジで「ルパン三 世」の
フ〜ジコちゃんみたいな女性が、結構その辺を歩いてたりします。

後、ビ ール、ワイン等々の酒類が安くてウマいっす。

それから、とにかくブダペスト 市の夜景は世界有数の美しさ。
その景観は「ドゥナの真珠」なんて古来より賛美 されてます。

ハンガリーはネガティブな思考傾向、アルコホールが安いと…、
そして、ルパン三世フジコちゃん級美女が多く(メモメモ)。

ちっぽけなXXXを守る為、第1次大戦で各国に傭兵で出たハンガリーの方々。
私はドイツの壁の崩壊時に西ドイツ(合併前)に出張していましたので
戦争を知らない時代に生きていますが、なんとなく感慨深いものがありました。



漂着!!!怪しげ死体シリーズ

WSSさんの情報提供より。

「はじめましてWSSと申します、
ネット上でこんなのを見つけたんですが、UMAですかね?」

←M.Satoさん撮影

←日本ですよね?

WSSさんの提供のこの写真、いやぁ、心踊るのは怪物ばかりじゃなくてもありますね。
M.Satoさんが撮影されたというので日本の何処なのかな?と思いましたが、
ネットで撮影者さんのサイトを見つけておりませんので、使用許可を取る為
しばらくの間は仮の転載という事でよろしくお願いします。

で、注目は口のところに在る二本のキバといいますか、角といいますか…。

考察の足がかり

変な頭に変な口(アゴが2本?)。

こんな状態ですと、なにを元に推測するかというと普通は図鑑しかありませんネ。
しかし、腐乱死体なら元の形状は崩れ、なおさら正体って?と分からなくなります。

二つ飛び出ている角といいますか、あごといいますか、類似する既存生物って
いるのでしょうか?まずは、そういう動物を紐解いてみましょう。

<イッカク>=あくまでもツノがある動物の例です。

上あごの歯がくっつき長く延びたイッカク。

写真「謎の動物の百科」今泉忠明著2000円(株)データハウスより

ユニコーン(一角獣)のモデルともされているイルカ・クジラの仲間。
顔は小さく、目もツブラです。

ちなみにオスは立派な角が生えていますが、メスには有りません。
さぁ、頑張って調べてみよう。

その結果、全く予想がつかなくなったら未知動物なのです。

漂着死骸 ザーマスさんより
さくだいおうさんこんばんは。
更新されたコーナーを早速拝見しましたが、
「漂着死骸シリーズ」の写真の元サイトはここです。
正体が判れば「へぇ〜、そうなんだ」という感じですが、
言われないとさっぱり判りませんね。
http://www.wingz.co.jp/ceto/topics/satou.html

もう、回答早すぎ…(爆)

▲アップ後、数時間