ネッシー現象・番外編:幽霊さん
幽霊、小人、鬼…幻覚現象について/社会的思惑の「超能力・心霊」を認めない理由を簡単に解説。

怖いもの知らずの剣豪を擁(よう)した日本史に名だたる新撰組
その彼らの内規にも「幽霊話を語るのを禁ず」という一文があるほど。
近藤、土方、沖田が怖がったほどの破壊力と言えば幽霊の強さがイメージ出来るはず。
新鮮組最強は「吉村貫一郎」だそうですが誰も知らない寂しさ。

のちに出てくるUMA捕まえ方より抜粋↑

まずは、社会的な思惑(理由)みたいなものから参ります。第一ステップ。

超能力・心霊を認めるわけにいかない理由?

UFO(宇宙人付きの意で)を認めるとパニックになるそうだけど、パニックって何だろう?
宇宙人は置いておいて、超能力と心霊を認めることだけはパニックというか少し趣が違います。
説明できますか?多くの人は否定しても、その理由を考えたことも無い筈です(謎笑

1番困るのは警察・裁判の司法エリア。
他のジャンルの方々はあろうがなかろうが…的でしょうけど、司法だけは根底が揺るぎます。

日本でも裁判員制度が実施され、大人なら出席しなければならなくなりますが、
犯行動機が「霊に乗り移られたから自分は知らない」とかだったらどうしよう?
今は「酒を飲んで酔っ払っていたから記憶が無い」ぐらいが使われてますが、
悪魔に乗り移られれば何でも理由つけ可。

又、犯行自体が「念力で遠くから行った」とか、
アリバイ工作で「テレポーテーションで行った」とかになるのも困ります。

逆にもしあれば良い面になるはずの「超能力捜査」。
テレビ朝日の番組”TVのチカラ”で採用しまくってましたが、
催眠術(特に”その時何があったのか”)ですら
裁判で証拠にならない事ぐらい周知の通りなので、やっぱりツライ。

ではUMAはどうだろう?同じようにオカルトの仲間として否定反応を示す人が多く居るけど、
現代の生物学では首長竜や恐竜を目撃した人が出てきても否定出来そうにありません。
知識が増え最先端に触れればこそ。

逆に認めるにはサイト内にクドイほど書いている”標本が必要”。
まぁ最初からスカイフィッシュやフライングヒューマノイドは銀河系外級だったけど(物理的にネ)。

UFO(宇宙人の乗り物の意)のパニックケースを考えてみると、
大歓迎が正直な所のような気がする。パニックにはならないうような…です。

新しい技術を教えてもらえるかもしれないし、
相変わらず終わらない人類同士の戦争を終焉させたり、貧困がなくなったり。
それに歯向かっても無駄だろうなぁ。
恒星間飛行で地球まで来る宇宙人なら侵略も容易いだろうし。

どうして隠そうとしているのか?という問いには、
ご存知、仮想敵国があると国民は団結するというお約束から、
国連が一致団結し頑張るのを嫌だと思う数ヶ国の思惑しかないなぁ…。

うーむ、こじつけは難しい。

では次に、ネットでも適当な精神疾患などを正確に。第ニステップ。

幻覚の医学的見地

本当に「何かが」見えてしまった場合、超能力者・霊能力者の扱いを受けがちです。
脳の出血・血栓や腫瘍(しゅよう)=とにかく脳に疾患が有る場合に幻覚は見ます。

最近ではハウス(家)のリフォーム事件で有名になった認知症の一種、
レビー小体認知症が幽霊など幻覚症状の報告が多く、
早期発見、早期治療のためには「差別」などという罵りを受けても教えなくてはいけません。

誰も座っていないイスに知らないおじいさんが座ってるとか、小人の行進、怪物ETCを見る。
亡くなられたおばあさんが廊下を歩いている、子供や全くの他人が居る、
確かノーベル賞の数学者もこの症状で悩まれていたのじゃなかったかな。

「夢を無くすな」と批判を受けても、その人の身の上を考えれば治療じゃないでしょうか。
何故か、この類の話はタブー化され広まりません。疾病名も知らない人が多過ぎデス。

当サイトが将来閉鎖するなら、多分、この記述が原因でしょう。
先ずは、抹殺される事を承知で体を張った当サイトがあったことを
覚えておいてください……(涙&遠い目)

麻薬は…まぁ幻覚キノコとか有名ですから解説から省きます。
規制とかされていない、知識のない昔だったら…どうなるのか、
間違って食べちゃってね。伝聞がどう変わるのか想像できますでしょ。

その上で全ての現象を薬剤疾病等の幻覚で済ましてしまうとイケナイことも注意下さい
医学的には「こうですよ」程度の知識としてどうぞ。

それでも説明できないものこそ超常現象というものでしょうしネ。

▲レビー小体認知症という病名をオカルトの原因として他場所で使われる場合、
当サイトが情報源と必ず併記下さい。(理由は省きますが、お願いです!!!)

・・・っと、上で妖怪・幽霊などを本当に見てしまう疾病、
くどいですがレビー小体認知症を紹介しましたが、
じゃぁ、病名が分かっても治療が出来るのか?
それを追記しておかねば片手間になってしまうかもしれませんね。

治療の出来ない疾病は多々ありまして、例えば肝炎の一種

私が医療機関(医療法人)で健康診断の責任者だった頃
ちょうど厚生省でC型肝炎の治療法が認定され(保険が適用になり)、
それを受けて検診項目を追加決定していました。

インターフェロン投与(=しかし”自殺”誘発ありで家族は注意)で、
風邪患者さんの約150人分の治療費。

C型肝炎って、聞いた事ありますでしょ?なぜC型だけなんでしょう。

肝炎は検診項目決定の際に知人の専門医に聞いたところ、
A型、B型、C、D、Eがあり、さらにT型、U、Vに分かれるそう。

A型とか一部の肝炎は自然に治る為、放置でOK。
一方、治療法がない型は検診して発覚しても、どうしようもないので、
健康診断の項目には入れないです。まぁ変なの入れてる検診機関もあるけど。
C型が有名なのは治療が難しかったのに出来るようになって目立っただけ、たぶん。

つまり治療がなんでも出来るようなイメージのハイテク科学を誇る病院であれど、
まだまだ治療出来ない疾病が多いのが現実、先のレビー小体認知症も同意。

大腸ガンは早期発見で90%以上の治癒率とはいえ、循環器の筆頭=心臓に近い、
肺ガンや胃ガン(特にスキルス)は転移もしやすく病名が分かっても治療が難しい。

そうそう、麻薬・ドラッグ系は対処が出来るので、こちらも省きます
(治療平均7年ぐらい・精神科医の友人談)。

疾病の分析・分類は毎年毎年進んでいますから、この記事も古くなります。
作者に「こうなったよ」とか「ここ間違ってるよ」とかイチイチ指摘しないでヨシ。
オカルトを医学的背景で調べようと興味の出たツワモノは、
最新の医療情報で調べてください。

▲一昔前、レビー小体認知症は「統合失調症」と呼ばれていました。
その前は「自律神経失調症」と大きな範囲の中に入っていたのじゃなかったかな。

自律神経失調症統合失調症レビー小体認知症と細分化される感じと覚えかたは簡単。

▲トラウマ・ストレスを抜き出し細分化されて後年出てくるPTSDは、
心的外傷後ストレス障害Post-traumatic stress disorderの略。

幻覚までは見ませんが、微妙な為なかなか診断し難いです。PDSTとか間違えてる人が多い(笑)
逆に言えば、ツライとかウツとか言っていればPTSDにできる帰来があります。

▲年頃のお子さんを持っている両親さん向け役立ち話。
子供へのイジメや自殺などの兆候って中々気づけれないですが、
落ち込んで錯乱すると多くが文字が大きくなる事年齢に比べ下手に見える字

遺書が下手な字が多いのはその為とも考えれます。
子供の書く字がそんな風になってきたら要チェックかも。(学校の先生達も知らないと思う)

基本的な生理現象です。

最後に、そもそもよく分かっていない身近な「光」について。第三ステップ。

写真に写る幽霊は光現象〜もっとも基本の謎は”光”

カメラで写す写真は光学現象を利用しています。

光は様々な波長を持っています。
目は物質に当たって吸収された波長が抜けることによって色が変わって見えます。
光によりフィルムの化学反応を起こさせて焼きつけたのが写真。

こんな感じが最も理解されている写真のメカニズムでしょうか。
写真に写る”像”は見事に綺麗な状態で、時を止め、その対象物が無くなっても、
現在に影として残します。おじいちゃん、おばあちゃん、昔の家……。

そういう我々を取り巻く「光」は物質みたいである「光子」であったり、
波長と言うからには波であったりします。

このポイント、最先端の宇宙の話からしましょう。

宇宙に想いを馳せる

K大学の講師で休み中、頂いていたメールを有りがたく読み始めていますが、
中には宇宙に関するものも舞い込んでいます。

率直に「UFO(=宇宙人の乗り物の意味)は有るのでしょうか?」というものが多くあります。
非常に奥が深い話でありまして、分からないものは分からない
…というのが答えです。捏造目撃や誤認は置いておいて。

私は他の惑星から探検に来た宇宙人がいても不思議ではないと思います。
この広い宇宙に地球人しか居ないのであれば、大変スペースが勿体無いです。
実際、何10億分の1の確率で知的生命体の存在している地球があり、
しかも現代の科学力で地球人類は宇宙探検も可能にしつつあります。

そうしますと、宇宙人が来ていたという証拠を探さなければなりません。
化石として「トランジスタラジオ」以上の複雑な物が発見されたりネ。
解釈の難しい電池や歯車じゃなくて。

また、昔ならまだしも、ここ十数年は地球を取り巻くレーダー網が発達し、
大きな物体が地球にやってくれば、すぐに分かるらしく、
コッソリと来ているというのは考え難いというのが理屈としてありますが。

それはさておき、宇宙はロマンが一杯です。
誰もが一度は考えた事がある「宇宙の果てはどうなっている?」とか、
惑星と惑星の間には原子も無い「真空」の不思議、
光は波ですが、何も無い惑星間を通ってくるので「実は波ではなく粒子である」という、
波なのか粒子なのか微妙に難しい合体性質。そもそも光って何?

そうそう、宇宙人と接触するチームは「生物学者+数学者+天文学者+心理学者」が
理想っぽいですが、生物学者=相手を調べる、
数学者=科学の共通言語”数学”で交信を試みる、
天文学者=場所などを宇宙物理学で解析、
心理学者=驚嘆・恐怖のフォローという感じ。

ひとつを正確に解説するだけで、本一冊のテキストは必要でしょうから、この辺で。
いやぁ、宇宙って改めて思いを馳せるとロマンが一杯ですよね。

UFOでよく聞くセリフの元ネタ紹介

先の記事って、どこかで聞いたセリフが多かったでしょう?

1,何10億分の1の確率

⇒銀河だけでも約4000億個の恒星がある。惑星はもっとあるので、本当は間違い。
映画「コンタクト」から

2,トランジスタラジオの化石

⇒アーサーCクラークの「ミステリー」から。
もし本当に出土すれば、誰もが宇宙人の存在を説得される級です。

3,解釈の難しい電池や歯車

⇒オーパーツで、よく語られるもの。もうちょっとなぁ〜

4,そもそも光って何?

⇒高校生の時、物理の先生に質問したら「わからん」という返事を貰ったのを、
突如思い出して…。宇宙の果ては、本当にどうなっているのでしょうね。

5,生物学者・数学者・天文学者・心理学者

⇒映画「ソフィア」から異性人との接触チーム案

6,速攻でツッコミを下さりSpecial Thanks↓

アップ数時間後、待ちかねたようにレスが入る。

惑星探査の秋山物理学博士より

「宇宙へ旅立つ難しさを知れば知るほど、
宇宙人がやってきている事は無いかなと感じています。」

当サイトの紹介記事でもお馴染みですが、
「もう、akiakiりんってば、早いんだからぁ(ハート)」
…と隣に座っている女性より良い子は深く考えるなよ!!!

失礼しました…

▲隣に座ってる女性=当時、akiakiさんが話していたので登場。

つまり、光自体が良く分からないので(私の個人的空想レベルでは無理)、
的確な説明が出来る、イメージが誰にもわきやすい説明の提供を募集します。

幽霊が光を利用して(波長を吸収できるのか?)なども分からないので、
光が分からなければ、幽霊も否定が出来ない科学上のトラウマになります。

誰か頼みます。で、第4ステップへ。

作者の身近な不思議な経験

★ここに出てくるリンク先は読み進めると出てきますので”通し”で読まれている方は、スルーしてください。

先に書いた親パソコンが壊れて↓まだ再起不能状態の私なんですが、
せっかくなのでコラムでも書いて気分転換と洒落込みたいと思います。

私の家にいる動物はとにかく長生きです。
魚でも三世(アロワナの名)は1994年に15cmで輸入されてる証明書付なんで
12年もアパート引越しに耐え、私の長期出張に耐え、スクスク状態です。
話ではアロワナの飼育暦は20年30年はざらと聞くけど、本当かどうか分からないし、
一応、アクアショップの収集したデータなどから平均寿命をだすと5−6年ってところ。

ここでアロワナ愛好家は「自分ちのは15年飼育している」だとか言いたいだろうけど、
「30年だ」、「100年だ」でもいい。気にしないで頂きたい。書きたかったのは不思議な出来事の件。
この三世アロは今までに2回飛び出しています(ジャンピング・フロム・ザ・水槽)。2回とも深夜。

一回目は夜3時ごろ、なぜか目を覚ました私は(2階)、1階へ降りていき水槽部屋へ。
カーテン越しに中を覗くとアラ大変、飛び出して息もなさげなほど乾燥してる魚体。
急いで取り上げ力なくダラーンとしている魚を水槽につけ、水流の場所へ。
回復したのが信じられないほどだった以前に、どうして音も聞こえない2階なのに、
私は目を覚まし1階にわざわざ降りていったのか?トイレは2階にもあるので本当に不思議でした。
勘が働いたってことではなく、導かれたって感じ。(アジアアロワナは龍神の魚だしなぁ)

もう一回も、これまた深夜。今のアパートでなぜか目が覚めた私。トイレでもない。
戸をあけると三世君が陸上を這って自分のほうへ近づいてきてる!!!
血の気が引いた私。よく助かったものです。

そういえば転覆病になった時はヒーターが壊れていて水温が14度ぐらいになってしまい、
気がついたら引っくり返って浮いていた。苦労して治療したんだけどね。真冬の熱帯魚。
渓流魚の水槽は16℃に設定してるけどそれ以下、普段は28℃です。

サッチャン(小桜インコ♀)も実家にいた同世代のものはとっくに死んだのに、いまだに元気一杯。
昨年は彼女も風邪で死にかけていまして「明日の朝、起きた時に死んでたらどうしよう」と。
いや飛ぶどころか、ひっくり返っても元に戻れないほど衰弱し、噛む力も弱くて……餌も苦労。
(めちゃんこ可愛かった。普段は触れないほど凶暴なので手乗りだけど。強靭なクチバシがね。)

それ以外で面白いのは水槽が足りなくなって上蓋ガラス無しとかで入れた渓流魚たち。
普段はバンバン飛んで頭を蓋にぶつけるのに、蓋が無い時は外で飛び出して死んだことがない。
現在も2匹(30cm級)はサツキマスのおかげで大型水槽は占領され、各60cm水槽に避難中。
飛び出さないのが不思議。アロワナだってホンの少しの隙間を狙って飛ぶのに10数年で2回しかだし。

明日、起きたら水槽から飛び出し死んでたりして……

ところで家のサツキマスは餌をたらふく食っています。
このことは当サイト記事を読んでいない渓流釣りベテランやそれなりの専門家は
「何をバカなことを…所詮UMAサイト管理人だな」と遡上サケ科魚類の生態を知らない作者、
しかも理系専門家なのにダメだなぁなどとレッテルを貼られるほどのレベルです。

否定している方々に理由を聞けば、大方は体重の減少、腹に餌が入ってなかったなど。
ふふふ…三平君、キミだってお金が無かったら腹へって体重も減るだろう?

どうしてその人々は未だにそんなに否定したいのか?考えを曲げないのか不思議なんですが
ここの最後に書いてますがサクラマスのルアータックルが流行ってきた時期と一致します。はい。
これ↑かなり前に書いた記事ですけど、当時、食わないのだから餌釣りはダメ、
サツキ・サクラは攻撃性でルアーにアタックするから、ルアータックルを優先しようって感じ。
私が問題視しているのはココのことなんですけどね、グスン(悲哀)
もしビジネスが学術を変に導くならブラックバスの生息占有率データも同様、マズいなぁ。

しかし検索結果では”サクラマス”で語句検索かけたら全然でないので、
多くの人々が知らないのも仕方があるまい。
いつも思うんだけどYahoo!やグーグルとも検索アルゴリズムがボクからみるとイマイチのような気が。
すごいお金でやってるんだからもうちょっとねぇ。(…と辺境サイトで叫ぶ)
語句”サツキマス”ではなんとか上位になってるだけ幸いとするべきか。

最近は少し譲られて「餌を少ししか食わない」とかも言われていますが(特にTV系)、
いやいやめっちゃ食ってますよ。ビシバシ食いついてます。いつでも家で見せれます。

白ザケはじめサツキもサクラも餌を食わないと思われて今でも広く信じられてるのは、
アレはアレのせいで簡単、更にはアレで同様だし、なぜかそれはスルーなんだよね。
もっとも釣り人の垂らした仕掛けが微妙にアレで見えてるのに食わないのはアレもアレ、
ただアレも心配だが、結局アレのように食うがアレ……納得できるはずだ(頭の弱いバージョンで失礼)。

・・・っていう面白い話を始め、科学的解説や現状問題を知りたい方のために
寄稿する渓流誌を探してましたが、どうも来年の夏に書ければ良いほうになってしまった……。
その間、少しでも大学の研究室でDNAサンプルを分析できるのが幸いかな。

でも、せっかく使おうと用意していた痛いギャグを披露できずに残念です。
(誰も期待しちゃいねーよ!!!)←ご存知ココを読んだ渓流師(=たにし)の心〜〜☆

う〜む、当時2日連続徹夜の影響が今回は濃厚に&色濃く文章に出てるな。

<続・作者の不思議な体験、ゾクッ!!!>

私の不思議体験はもう一つあって、小学生の時に飼っていたネコが死んで
川原に埋めた日の夕方。もう一度手を合わせてくるかと自転車で15分。(家と川はわりと近かった)

なんだか燃えてる!!!夕方の薄暗い闇にハッキリと火の揺らめきが。
一緒にいた友人と「火災だ」と思い急いで現場へ。すると突然消えました。

ネコが埋まっている本当に上の位置。二人そろって墓の上を触っても冷たい。
人の気配も無く不思議。

これは二人♂の体験として結構長く友人知人に話していました。
大人になってからは過去のBBSで書いた記憶もありますが、
リアル人前では話さなくなりましたね。

引かれちゃうので(笑

神(神霊・心霊)は存在するのか?信じる人、信じない人は交じらない?

私の過去のキャリアを再度紹介するのをお許しください(初めての方も多いので)。
社会保険病院の経営(って表現は違うが)をやっていた時、
厚生労働省へあれこれ収集データを院長に代わって作り、院長ハンコを貰って提出するんですが、
交通事故なんかは警察発表(事故後24時間の死亡)と病院の発表(事故が原因で死亡)とは、
集計方法が異なるので、おおよそ倍の差がでます。

全国で1.5万人の交通事故死亡なら病院は3万というぐあい。
風呂場の死亡は5,000ぐらいだし、自殺もまぁ3万を超えるので多いのですが、
悪性腫瘍(ガン)の死亡は、これらに比較にならないほどすさまじい数です。

何が言いたいかというと、現代医学にも限界があること、その現実数字を知らない人が多いこと。
(数字は厚生労働省の人口動態資料を繰れば、どのメディアでも紹介することができる)

で、貴方の愛する人が現代医学で治せない病気に冒されたらどうしましょう?
「現代医学で治せない」なら間違いなく他の手段を探すはず。で、治ってしまったら?
キーワードはこれです↑

医者のイメージ戦略が成功しているのか、すごいイメージがあるよね。
だけど他の業種と同様にエリートからポカまでピンキリです。

アメリカのように「実力で金額が違う」のと異なり、日本ではポカでも教授でも同じ保険点数。
同じ金額なのがイメージを上手く出来ている基本になっています。

治らないと診断した医者がポカだった場合、後に治ってしまう事も多々ありますが、
宗教にすがるしかなかった方々の「奇跡」にはコレも入っているでしょうが、
原因は何であれ、愛する人を戻してくれた何かに感謝し、信じるのは当然です。

それを神なんか居ない、宗教はいかんなどと大人ぶって説得しても交わりません。

神を信じないと言う人は、人間の生き死にに関わる経験が足りないからかもしれないし、
神を信じる人には、それなりの経験に基づいたものがあると思うので交わらないのです。

ちなみに台湾の医者と挨拶の握手をする際は、両手でしないとダメです。
私は初期の頃、知らなかったので普通の握手を、後で聞いて恥ずかしい思いをしました。

サイト内関連記事

⇒母なる大海原でさまよう幽霊船を語る(既出)

⇒大学時代の恐るべき心霊体験(読み進めますと後に出ます)

通して読まれている方は、上の関連記事はスルーされ次へお進みください。



戻る     表紙     次へ「海の科学」