その5ページ目/9

シーサーペントの正体?

18世紀になってから、科学的思考を重視、机上の論理より実験…というふうに
物事を解釈する形が取られてきました。
海の怪物の解釈も、この頃から色々な説が出てきました。
剣と魔法の世界から、現実世界へのスライドと言えるでしょう。

もっとも19世紀には魔女狩りも残っており、今日に至っても幽霊、怪物話は廃れていません。
一般的に当サイトも「謎の動物を科学的に見ずに信じているオカルト野郎」という
イメージを持たれるでしょう。オカルトって、本来はそんなに悪いものじゃないのに。

オカルトで稼ごうとすると、捏造してしまう傾向があるので注意が必要ですが。
もちろん、オカルトを鵜呑みにする事はいけません。
しかし、否定ばかりですと”科学に精通している”と過信してしまう傾向もあります。
オカルトを論じたりする際には、1歩下がって第三者的な目で眺める方が良いです。
そして、毛嫌いするのではなく、入りこんでみて原因や環境を科学分析するのが楽しいと思います。

さて、海の怪物ですが、オオダコ、オオイカ、大ザメ、深海魚、クジラの見間違い…とされてきました。

←船を襲うオオダコ(プロプ.コロサル

写真「リーダーズダイジェスト」より

上の絵は、19世紀のフランス博物学者ドニ・ド・モンフォールが
「軟体動物の総括的・個別的博物誌」という本で描いたものです。
プロプってよく聞くけど、ここから来ているんでしょうか。



戻る    表紙     次へ:キミは忘れていないか?