恐怖!生きている黒光り

恐るべき題名をつけようとしてしまいました。

”恐怖!生きていた三葉虫”

←三葉虫の化石

しかし読者さんのガッカリ加減を考えると三葉虫とは書けませんでした。

で、”黒光り”としてみました。くろびかり。

言うに事欠いて黒光りとは…。

女性読者って居るのかな?

我ながらよくココまで書くなぁと思わない事もありませんが、
オヤジギャグに走るようになったら歳を感じます。

もし”三葉虫”にしていたら、

ドキドキして「本当!?」と見に来る人は1%ぐらいでしょうか?
どういうヘンな虫かと興味本位なひとは90%かな。

オチに期待してるのは9%とか。

怒りを買うのは99%だったり…。
(どうせならやっても良かったかも)


さて、意味不明の出だし↑は
「作者が疲れているんだ」と解釈して頂いて本題へ入りましょう。

昆虫ウンチク

昆虫というのは地球の支配者と言っても差し支えません。

植物を含めて地球上に存在する生命の4分の3以上(75%)が昆虫です。

現在までに100万種以上の発見があり、
まだまだ毎年、新種が発見されています。

昆虫以外の生命は25%程度しかないんですね。
数で言えば圧倒的多数が昆虫なのです。

約四億年前に登場した昆虫は、
現在に至るまで延々と生き延びてまいりました。

昆虫に近い仲間は、エビ、カニ、ムカデ、クモなどの
節足動物グループに入るもの達です。

節足動物グループの中で”足の合計が6本のグループ”を特に昆虫と呼びます。

今回は、三葉虫に似ている謎の昆虫をご紹介します。

お食事中の方はお約束、ヤバイですよ。



<採集の経緯>日記バージョン

山の斜面に立つと、海が眼下に広がりました。

海に近い山村。冬。

友人「寒い…」
作者「心が…」
友人「いや、ふところも」

いつもの会話を交わしながら、寒いなか山に入ったのは
建築中の新空港を見るためでした。

2005年の愛知万博開催の1ヶ月前に開港しようという、
美味しいタイミングで建築されている空港です。

立っているエリアの田舎度と、眼下にそびえ立つ空港埋立地の
違和感が際立ちます。

作者「この風景、将来交わるのか?」
友人「外人も驚くだろう。1歩入れば、この通りの田舎ップリだからなぁ」

寒い中、震えが激しくなってきました。

(帰ろうか…)

友人へ目で合図を送ると、待ってたとばかり頷きます。

斜面を降り始めた二人の脇にある、山盛りの土砂をふと見ると
なんだか黒光りが。

私は妙に惹かれて近寄り、見たらヘンな昆虫でした。
ソレは土に穴を開け丸まっていました。半分体を出して。

黒光りして、綺麗で立派な感じ。

で、採取チャレンジ。

しかし、昆虫採集をしに来ていたわけでないので持って帰るのが大変です。
ケース代わりにしようと缶ジュースのカラ缶を探しました。
いつもはそこら中に落ちている空き缶が、こういう時に限って落ちていないのです。

しかも触るのが怖い。なんだか気持ちが悪いのです。
最初は黒光りして、綺麗で立派な感じがしたのですが、
動き始めたら妙に怪しいのです。

作者「これは、しまったなぁ」
友人「早く帰ろうよ」
作者「分かった。もうちょっと待ってくれ」

作者「ひょっとして毒があるんじゃないか?」
友人「結構、珍しい感じだなぁ」

空き缶をやっとのことで探しだし、木の枝を2本、割り箸の様に操作して、
なんとか引っ掛けて入れこみました。帰ろうと歩き始めてからこの間30分強。

体が冷え切りました。

空港を見に来ていたのに、何時の間にか昆虫採集が目的になってしまった男二人。
土を掘り返している姿は、第三者が見たら怪しい男達だったでしょうね。

寒さに震えながら捕まえた昆虫をご紹介します。

注)山村=常滑市ともいいます。

<特徴>

1、体長約4〜5cm

2、黒光り(角度によっては虹色に輝く)

3、足3本ずつ計6本。

4、お尻に2本の触覚(又はハサミ様組織)

5、頭には2本の触覚

6、キバがあるので肉食性かと。

7、一見、クワガタのような立派さ(?)があり、思わずキープ。

8、動作が緩慢で、ゴキのように素早く動かない。

9、羽が無い

さて、写真を見てみよう。



↓左の棒はツマヨウジ。

でかいチンボキリ(別名:はさみむし)にも見える…。要チェックだ。

よくみると、ゴキブリっぽくもあります。でも、羽が無いのだ。

幼虫ではなく、成虫っぽいデス。
昆虫の王様カブト・クワの渋い黒色を彷彿(ほうふつ)させ、
動きは王者らしくゆっくりとした動作。

さて、この昆虫の正体は何でしょうか?
(調査前デス)

正体が判ったらアップします。
それまでに情報があれば掲示板に書き込み宜しくお願いします。

<友人からの一言>

寒さに震えて帰ってから飲んだあったかいコーヒーの美味しかった事といったら
たまりませんえん。(←オヤジギャグ)



<続報!>

黒光りについて moonbigさん水引家紋の頁
黒光りしたやつとても興味深いですね。

自分が今までに捕獲した昆虫の中では、羽があるのに開かない事で有名な
「マイマイカブリ」の幼虫が一番似ていますが、尻尾等似て無い部分もあるようで、
写真を眺めつつ頭を抱えています。

土の中にいたということから、恐らく冬眠中だったと思うのですが、
マイマイカブリの成虫が冬眠しているのを発見した事はありますが、
幼虫の状態で冬眠するのかどうか・・・

暖かくして起こした上カタツムリをあてがってみて、それでカタツムリを食ったら、
80%はマイマイカブリと言えるかも。

(しまったカタツムリ冬はいない・・・爆)
---------------------------------------------------------------
おおっと!なるほどですね〜。
アドバイスありがとうございました。マイマイカブリですね。
調べて見ます。また、虫関係のサイトさんも探していますから
どこかで聞いちゃおうかなとも思っています。

でんでんむしですね。ということは、春になるまでこの気持ち悪いのを
飼わねばならないのか…(汗)

PS:現在、アドバイスをお願いしている「ザ・むし」さん
昆虫関係や節足動物のサイトさんを探しまわり、
ウェッブマスターの○太郎さんがたいへん知識が
あられそうとアドバイスをお願いしました。
(日記も面白く…、オススメです。どうぞご訪問下さい。)

              

Re: お知恵を拝借したく… ○太郎さん
さくだいおうさん、こんにちは。
「黒光り」と「スズサッカー」を拝見しました。
二つとも何やら怪しい姿をしていますね(笑)

「黒光り」
は形・大きさ・色からして、オサムシ科の終齢幼虫ではないかと思います。
ただ、オサムシの種までは分かりません。
体長が4〜5センチもあるようですので、
マイマイカブリなど、大型のオサムシの幼虫が怪しいです。

転載して頂いて結構です。
間違ってたらごめんなさいですが(笑)

ありがとうございます。 さくだいおう
上のmoonbigさんが、マイマイカブリかも?とでんでんむしを餌に
やってみたら?…と情報を下さいました。
○太郎さんも同じご意見でしたので、どうやらこれが
正解の様ですね!!

掲載許可有難うございました。
さっそく、該当ページから貴兄サイトへのリンクをしましたが、
記事転載をさせて頂きます。

これからも出てくるかもしれませんので、
また宜しくお願い致します。ありがとうございました。



その後……

サナギになりました(爆)

記事にあるように「こいつは、幼虫ではなく、成虫っぽいデス」とかましていた作者は…アホかと





どうやら愛情を込めて室内、しかも熱帯魚の水槽の上に乗っけていた為に
温度が高くなって冬眠からたたき起こされ、サナギになってしまったようです。


★更にその後、見事に羽化しました。
どこから見てもパーフェクトで立派な〇イ〇イ〇ブ〇が誕生致しました。

もちろん写真も撮らずに逃がし、闇の出来事として葬り去りましたが(笑)

生きていた三葉虫黒光り:おしまい



戻る     表紙     ヘラクレスのサナギへ