いきさつの詳細を読んでから、ご訪問下さいネ。面白さ倍増!?

サイトを運営してきて最も嬉しかった事のひとつだった

<サイト運営者の楽しみ>

過去”作ってもらった最も嬉しかったもの”をご紹介します。

サイトを運営すると、管理人にはそれぞれの楽しみというものが出てきます。
雑誌掲載やTV出演の話、新しい方との出会いなどです。時にはイヤなこともあるでしょう。

でも、普通に生活しているなら、絶対に出会わない人と出会えるというのは
大変貴重な人生経験です。わたしも無名のハンドルネームから、サイトのおかげで
たくさんの方々と知り合いました。スカイパーフェクトTVにも出演しましたし、
雑誌掲載も多くあります。

ウンチク系のサイトはマスコミに取り上げられやすいということもありますが、
最初は何も無いところから出発するのは同じです。
(アクセスは他ジャンルに比べて出にくいケド)

わたしが誇りみたいに思っている事があります。それは釣り雑誌に書いていた人間として
釣りのサイトを作らなかった事です。釣り雑誌に書いていたのはあくまでも趣味でしたし、
釣りサイトを作れば、内容がショボくても最初から少しぐらいはアクセスがあったことでしょう。

サイトはショボくても、有名(特に企業)というだけでアクセスの多いサイトが多くあります。
コミュニティとしての価値はあっても、サイトとしての価値は見出せないかもと思う私の姿勢は
こんなところから出てきました。

そういう事柄を踏まえて”これから一生懸命作っていこう”というサイトさんを
応援したい気持ちは大きくあります。自然と応援したくなるのですね。

<サイトがキッカケで本になる>

以前、作家・工藤圭さん(テキスト王)と相互リンクでやり取りをしていた時に
工藤さんと同じ様に素晴らしいサイトがキッカケで本が出せた方を思い出しました。
無用の人(リンク切れ)の中務皓介さんです。

良いものを作っていれば、いつかはモノとして何かが残せる!!!
(で、私は本を出した事は無いんですけども〜)

そういう思いで、色々な創作文を作られているサイトさんを訪問するようになりました。
その中で、「こ、これは!!!」と思うところへは掲示板に挨拶を書き込み、
出来るだけ多く訪問します。

訪問する時に注意しているのが、適当なハンドルネームで出ること。
サイトのアドレスを残さない事です。

管理人さんは男女不明なまっち君(男性の率は高いが)を相手にされるわけですが、
男女の分け隔てが大きいサイトさんだった場合、フェードアウトしてしまいます。

さくだいおうではなく、イチ通りすがりのまっちに対しての応対…。

しかし男女分け隔てなく対応をしてくれるサイトさんには、
素顔のままにさん(閉鎖)のように何か折の有る際には紹介したくなるものです。

<掘り出しサイトを探す旅で見つけたサイト>

さて、そうこうするうちに見つけた「ぱたたさんのサイト」では、
創作小説を書かれていて、その分量もさる事ながら、
色々なサイトを見慣れている私が「ちょっと違うぞ」と思った次第です。

ぱたたさんのブログはコッチ
のてのて。わたわた; へろへろ…
(サイトからブログへリンク変更〜)

しかし、ぱたたさんは愛知県K市、女性とは…。
関係無いけど昔K市に住んでいた時期がありました。
昔、すれ違っていたかもね。

<キリ番ゲットを踏んだ幸運な自分>

話を戻しますが、大量のテキスト小説を読み進める傍ら、ふとカウンターを見ると
キリ番っぽいじゃないですか!!!ダメ元で何か欲しいなぁ〜と申し込んでみましたところ、
私の趣味の釣り・魚・不思議な事…で小品を作ってくださるとの事。

ウキウキしながら出来るのを待ちました。

小品と思っていた私は、10〜20行程度の詩的なものをイメージしていましたが、
トンデモない超大作!で、コレは私の全サイトで紹介しなければと思った次第です。
正直これはサイトを運営してきて、最も嬉しかったもののひとつになりました。

表紙アップ

砂漠で空中を泳ぐ魚を目撃した学者は、「こんな進化はありえない」という判断をしつつ、
現地の人達に「これは普通だよ」と言われ、徐々に普通ではない世界にはまって行く。
そのスゴイ魚にも弱点があり、それが天気などを判断するひとつにもなっている世界観。
ファンタジー調に語られるその短編小説は、私に暖かい気持ちにさせてくれました。

砂漠で泳ぐ謎の生命体の世界を訪れてビックリする学者をよそに、ゆらゆらと泳ぐ魚達…。
長文を書く大変さもご想像下さい!!!(UMA作者より)

ぱたたさんからのプレゼント作品

砂翔魚の話


 私は、それを初めてその砂漠で見た。
 最初に見たそれは、生きているとは思わなかったのだ。
 当然の話だと思う。いや、砂漠の真ん中で突然、頭上から一匹の魚が降ってきたらまず、思考が停止するだろう。そして、これはどういう事か、自分に納得させるために思いめぐらすだろう。
 最初私は、砂漠の中の数少ない水場──オアシスで、辛うじて生存していた魚が、強烈な砂嵐によって宙に巻き上げられ、風がやんだ頃、忘れられた戦場の旗のように降ってきたのかと思った。実際、すぐ近くにオアシスの村がある。私の案内役のイダ青年の住む村だ。
 そのイダ青年のちょうど足元に落ちてきた、体調15センチ程度のクリーム色をしたその魚は、しかし、砂に叩きつけられはしなかった。私は一瞬、目を疑った。魚は宙に浮いていた。そして、水の中にいるのと同様に、しなやかに薄い身を一度くねらせたかと思うと、すぃーっと滑るように空中を動いた。
 信じられないが、泳いでいるのだ。
 まるでここが、透明な水の中ででもあるかのように。
 私が川や水族館で見たのと同じように、クリーム色の魚は、砂漠の暑い、空気の中を泳ぐ。そんなはずはない。魚のように見えるが、これはきっと虫の一種なのだろう。羽はないが。そんな混乱する私の鼻先で、私の理性に反して魚にしか見えないそれは、からかうようにひらりと身を翻した。くすんだ色のうろこが、強い陽射しにきらりと閃いた。
 どうやら私は、バカのようにぽかんと口を開けていたのだろう。気が付くと、イダ青年が、したり顔で私の方を見ていた。
「砂翔魚を見るのは初めてですか、先生」
 青年は白い歯を見せて、人懐こさを感じさせる表情でにっと笑った。彼のその素朴な笑みは、普段都会生活で擦り切れている私の心には、くすぐったく心地よく染み入ってくる。
「砂翔魚? あれはこの辺りではよく見る生物なのかい?」
「砂漠の魚だよ。そこいらをうろうろ泳いでる」
 イダの口ぶりでは、この驚くべき生物は、特に珍しくもないという感じだった。
 遥か昔、人々は砂漠に魔物がいると信じていた。人間を騙したぶらかし、白昼夢の世界に引きずり込む妖術に長けた魔物が。
 そういうものに、私は捕まってしまったのだろうか?
 …しかし、空中を泳ぐ魚と妖術を使う魔物と、胡散臭さではどっこいどっこいだと考え、少し冷静に返った。
 気が付くと、クリーム色の魚は私達からすでに遠ざかっていた。が、よくよく眼を凝らすと、照り返す砂の海原の上、そこかしこに、おぼろな影がふよふよと、もしくはつーっつーっと動いている。
「この辺にまだこんなにいるんじゃぁ、当分嵐はないなぁ」
 イダが、独り言のように呟いた。私と眼が合うと、ちょっと戸惑ったように苦笑いして、
「そう言われてるんですよ。砂翔魚が平和に群れているうちは、雨風は遠いって」
 簡単に説明してくれた。
「君たちの生活範囲の内にいる魚……なんだね」
「先生、興味ありますか?」
 まだよく分かっていないながら、私はうなずいた。
「だったら村に戻ってから長老に訊くといいですよ。長老は、砂翔魚の言い伝えなら何でも知ってますから」

 私は生物学は門外漢である。
 もともとこの砂漠に来たのは……乾いた熱射に真っ黒になって、磁石と地図を頼りに、蜃気楼の彼方のオアシスからオアシスへと命がけで歩き、その過酷さに一番熱意を持ってきてついてきていた弟子にすら去られながらもこんな奥地にまでやってきたのは、私の専門──地質学の探査のためだった。
 砂漠で水は、何より貴重なものだ。
 生命も干からびるような灼熱の砂の海原の中で、人が住んでいるのはオアシス──奇跡のように水が湧き、緑が芽吹いた砂漠の中の小さな安息の地のみだ。広大な砂漠の中で、わずかにばら撒かれた小さな小さな点だ。
 その命をつなぐ恵み、水の脈が、砂漠の地下深くを静かに貫いている、という学説は、特に目新しいものではなかったし、現在までの学説である程度のものは立証されていた。しかし、その水脈の確かな存在の証明と見えざるルートを、砂漠の過酷な環境の中、自ら探査に乗り出す奇矯者は、どうやら私の外にはいなかったらしい。
 不毛の砂漠で、生命を救う水の在り処が確実に分かれば、これは人の生活にとって大きな助けとなるだろう。私はある現象に着目し、その水脈のルートを探る旅に出たのである。
 そして私は今現在、確認されるオアシスヴィレッジでもっとも南にあるこの村に来ている。
 村人の命を繋ぐ水を湛える井戸は、長老の家のすぐ前にある。
「砂翔魚がまだ出る…か。これはまだ嵐は来んのぉ」
 80はとうに過ぎているはずだがかくしゃくとした老人である、この村の長老は、皺だらけの顔に柔和な笑みを浮かべ、決して得意げではないのに、この砂漠の事は何もかも心得ているとでもいう感じの泰然とした落ち着きを持っている。
「あれは、本当に魚なのですか?」
 私はまだ半信半疑だった。空中を泳ぐ魚とは。水棲であるという事は、魚という生物の定義の一つではなかったのだろうか。
「見たとおり、魚じゃよ」
 そんな私に対して、長老はやんわりした口調できっぱりと言い切る。信じきっているように。当たり前だといわんばかりに。
「あれはこの砂漠だけに住む、空を泳ぐ魚」
「…学会で聞いたことがありませんが」
「偉い方々が訪ねてみえたことがないだけじゃな」
 なるほど、と、不覚にも納得してしまった。
「水の中であろうと空気の中であろうと、魚は泳ぐから魚じゃ。ここには水がないから、空を泳ぐ事になったのかも知れん」
 砂漠の過酷な環境に合わせて、生態を変えて生きている不可思議な動植物は存在するが、こんな変り種は聞いた事がない。水がなければ、そこに魚はいないというのが、私達の常識だからだ。
「しかし、その生態は当たり前の水棲の魚とはだいぶ異なると考えられますが。彼らは何を食べて生きているのでしょう。外敵からはどうやって身を守るのか、行動範囲はどれくらいのものなのか」
 生物学は専門ではないけど、思いつくままに疑問を口にしたところで、私はふと口をつぐむ。長老はにこにこと笑っている。まるでその表情は、「随分細かい事を気になさるお方じゃな」とでも言っているかに見えた。
「残念ながら、わしら砂漠の民は、そこまで気をつけてあれらの事を見たことがないんで、先生のご質問にはお答えしかねる。幸い、ここで嵐まで待つおつもりなら、先生には今しばらくお時間がおありのようじゃ。興味がおありなら、ご自分で調べてみてはいかがかの」
 私とは比べ物にならないほど人生の年輪を経てきた彼はしかし、私のような若輩で砂漠の事を何も知らない者に、ただ私の肩書きが学者と言うだけの事であるが、「先生」と呼んで丁寧な話し方をするので恐縮することしきりである。
「じゃが、今は夕餉の時。難しい学問の話は程々にして、食卓を囲むとしようじゃありませんか。今、アサが料理を持ってまいりましょうて。それに、村の若い者も何人かくるでしょう」
 私は、彼の家に厄介になっていた。彼は井戸の近くの家に、息子一家と住んでいた。いつも、彼と私の食事を部屋まで運んでくるのは、彼の孫娘のアサだった。いかにも砂漠の娘らしい、澄んだ目のきらきらと輝く、少しはにかみ屋の、年頃の少女だった。
「ところで長老、」
 食事の話の出たところで、私はふと思いつき、彼の先程のやんわりした制止も忘れてまた疑問を口にしてしまった。
「その砂翔魚、捕獲して食用にするということはないのですか?」
 だが、私の幼稚な疑問は、彼をまたも朗らかに笑わせただけだった。
「砂翔魚を捕まえるなど、人には無理じゃよ。空気を自在に泳ぐ砂翔魚よりすばしこい連中はおらん。空中にむかっていたずらに網や槍を投げても、太陽に笑われて徒労に終わろうて」
 確かにその通りだった。

 この地方で季節的に発生する大嵐は、確かにまだ当分の間はなさそうだった。陽炎立つ炎暑の空中を、何も考えていないという風にのほほんと漂っている砂翔魚の、違和感を覚えるまでに平和そうな風景がそれを物語っていた。
 私が待っているのは、まさにその大嵐だった。嵐の後、このオアシスのすぐ近くに、湖が忽然と現れるはずなのだった。
 ある時期になると突然、砂の海の只中に姿を現す『出現する湖』の事例は、別にこの地帯に限った事ではなく、広い砂漠のあちこちで確認されている現象だった。その原理は、地下に密かに湧き出す水源が、モンスーンなどの現象によって一時的に表に表れるのではないか……という説が一般的だった。
 だが近年、地下水脈の存在に関する研究が進むにつれ、もしかしたら湖が出現する場所は水源とは限らず、その存在するはずの水脈の途中の比較的地表に近い部分なのではないか、という説が盛んになってきた。
 だから、逆に『出現する湖』の現象を追う事で、水脈を探し当てる事が出来るのではないか、というのが私の調査の眼目だった。
 そして、ここでの湖の出現の確認が、今までの調査の総仕上げともいうべき大事な仕事なのだ。(もちろん、その後調査結果を丹念に検討して水脈の仮定ルートを出すという頭脳労働がごっそり残っているのだが)
「人から逃げないんだなぁ」
 私の、言葉どおり目と鼻の先を、ついーっと泳ぎ過ぎていった砂翔魚を見ながらふと呟くと、先にたって歩いていたイダが振り向いて笑った。
「人には捕まえられないって分かっているから。って、長老が言ってました」
 なるほど、環境内での有利さを承知しているからか、と独りうなずく私に、
「……先生」
 いつの間にか歩を止めていたイダが、いつになく神妙な表情で話しかけてきた。
「もし、嵐が来ても湖が出なかったら、どうするんですか?」
 そうだった。実は……この地帯の、大規模な嵐は毎シーズンほぼ確実に確認されているけど、それに伴う湖の出現は、嵐の発生ほど確実ではなかった。事実、この村に到着した時に言われたのだが、ここ2年ほど、湖は出現していないらしかった。嵐が、地表近い水源もしくは水脈の周辺の地層を、上手く払い去れなかったのだろう。そう考えると、湖の出現は思った以上に運に左右されているようだ。
「その時は仕方ない、諦めて帰るしかないだろうね。次のシーズンまで、長老殿の家で厄介になっているわけにもいかないし。けれど研究を諦めるつもりはないから、また出直すさ」
 これまでの旅の苦労の記憶鮮明なのにも関わらず、そんな悠長な言葉を私に言わせたのは、時間さえものらりくらりと泳いでしまいそうな、一匹の砂翔魚のどこか悠々とした姿だったかもしれない。
「……お願いがあります、先生」
「なんだい、イダ?」
「その時、俺を連れて行ってくれませんか?」
「? どこへ?」
「街……砂漠の外の、世界へ」
 私はイダを見た。
 彫りの深い褐色の顔に、生真面目な表情を浮かべてじっと私の顔を凝視しているイダを。
「出ていって……何をするんだい?」
「何か、仕事を……ここでは、オアシスのわずかな水の様子を常に気にしながら、牛を養うしか生きていくすべはない。時々訪れる隊商を相手にしていても、貧しいままだ。俺は、砂漠の外の世界で生きてみたいんです」

 砂漠での時間は、ゆったりと流れている。時計の針でなく、太陽の場所と空の色で流れを知る天然の時間。
 そんな時間の上を生きている砂漠の村人はおおらかで、人が好く、混じりけのない笑顔を持っている。
 遠くを見渡せば、灼ける大地の上にも、必死で生き延び根を張る叢林が見える。
 乾いた風に一日吹かれた体に、オアシスの水は冷たく、甘い。
 そして、いつ嵐が訪れるか分からないまま、村で厄介になっている所在のない時間を、私は砂翔魚の観察に当てるようになっていった。
 とはいえ、砂翔魚は、追う事も探り出す事も無駄だった。向こうから気紛れに近づいてきてくれるのを待つしかない。
 そうして運がよいと近くまで来てくれる砂翔魚は、全く人間を警戒していないかのようだった。イダの言うとおり、こちらに捕獲のすべがない事を分かっているからだろうか。彼らにとっては、人間も叢林の木も同じなのかもしれない。
 向こうは気ままに泳いでいるので、なかなかじっくりと外見を見る機会はないが、クリーム色のうろこに覆われた体は、水の中の魚と同じように、濡れたきらめきを放っている。しかし、常識的に考えて水分だとは思えない。だとしたらあっという間に乾燥してしまうだろう。 むしろ、砂漠に生息する植物の一部に見られるような、乾燥対策の体液なのではないかと思う。見た目には潤いみずみずしく見えるが、実際は油やワックスに近い成分のはずだ。
 でなければ、自らの身を、この乾いて熱い砂漠の空気から守る事は出来まい。
 しかし、自分がいるのと全く同一の、一続きの空間内に、生きて泳ぐ魚がいるというのは、不思議な感覚だった。
 昔、祖父が魚を飼っていた水槽の事を、ふと思い出す。砂を敷き、水草と陶製の置物を幾つか入れたガラスの水槽は、几帳面な祖父によっていつも綺麗に磨かれていて、水も、入っているのかいないのか分からないくらいに澄んでいた。たっぷり空間の余裕のあるその中を泳ぐ魚たちは、それこそ何もない空中に悠々と浮かんでいるようにすら見えた。
 それを思い出した時、私は苦笑した。
 まるであの子供の頃の水槽の底に、空気のように澄んだ水の底の砂の上に、自分が立っているかのような気がした。
 泳ぐ砂翔魚の姿は、水の中の魚とまるで変わらない。そんな砂翔魚を見ていると、砂漠の上にポツリと立つ自分の周りには「何もない」のではなく、「空気が満ちている」のだと、当たり前のことながら今まで気をつけたことも感覚として受け止めた事もない事実が、不思議に肌に感ぜられてくる。砂翔魚は、私に教えてくれる。いや、知っていたことを気付かせてくれる。
 人もまた、常識という水の中を自覚なしに泳いでいる魚なのだろうか。

 村に帰ると、夕餉の支度に立ち上る湯気が、素朴な土壁の家のどれからも優しく揺れ出ていた。
 そういえば砂翔魚は、人を警戒していないにもかかわらず、村の中では見ないものだな、と思いながら、長老の家に入ろうとした時、私はイダを見つけた。長老の家の勝手口の所に立って、こちらに背を向けていた。
 彼と何か喋っている相手は、長老の孫娘のアサだった。
 意識的にだろう、二人とも声を低めて、しかも私に対する時とは違って部族特有的な訛りの強い話し方をしているらしいので、何を話しているのかは分からないが、共に強い責めるような口調で、言い争いだと分かる。
 それとともに、あぁ、そうか……と思った。二人が、他の友人内とは違う、特別に親しい間柄である事が、その雰囲気から感じられた。
 長老は知っているのだろうか。
 そんな事を考えながら、私は黙って、痴話喧嘩の恋人たちに見つからないようにこっそりと家に入った。

 その晩は私は一人で部屋で夕飯を取った。食事を運んできてくれたアサの目には、微かに泣いた跡が見えた。
 だが、何も言わず、いつもどおりに愛想良く微笑んで皿を置いていった。
 私も理由を察して、何も口にはしなかった。が、皿を下げに来た時、
「先生、お話しても、よろしいですか?」
 彼女のほうから、口を開いた。私は承知して、彼女に着席を勧めた(床の上のクッションに座るだけの席だが)が、彼女は立ったまでいいと、その話を始めた。
「イダが砂漠を離れたがっているんです。けど先生、どうか彼が頼んでも、彼を外へ連れて行かないでください」
 砂漠の民は、砂漠地帯の外の都市などを全部ひっくるめて簡単に『外』と呼ぶ。自分たちの生活の、完全に外側の世界だからだろう。
 そして砂漠の民の言葉は率直で、砂漠の若者は真っ直ぐだった。
「彼は外での生活を夢見、憧れている。でも」
「君はここで彼と将来を共に歩みたいと言うのだね」
 意外にもはにかみもなく、彼女はただ上気させた頬を上下させてはっきりとうなずいた。
「それなら、彼とあなたの間でしっかり話し合うべきでしょう。きっと彼は分かってくれると」
「彼とは、……賭けをする事になりました」
「賭け?」
「今度嵐が来た時、湖が現れたら、イダはここに残る。現れなかったら……」
「イダが私と行く事を許す、というわけだね」
 砂漠の少女の瞳は、真摯だった。
「しばらく、湖は現れていません。彼は、もう湖は現れないと思っているのです。彼は言いました、現れない湖が、砂漠の未来だと」
「……君は? 湖の出現を信じているかい?」
 私の問いに、アサはしばらく押し黙った。が、
「分かりません。大地の事は大地の精霊の思惑のまま。私達は、信じて身を委ね、生きていくだけです」
 開いた口からは、いかにも砂漠の民らしい、伝統的な天地信仰の言葉だった。だが、
「私に分かるのは、ただ、砂漠の民は砂翔魚にはなれない、という事です」
 私には謎の言葉だった。彼女は説明してはくれず、素直な胸の内を明かしたのを今更ながら恥ずかしがるように、部屋を立ち去った。

 砂翔魚は群れて行動してはいない。それでいて、他の個体が近づいてくると争いになるかというと、そういう事でもなさそうだった。
 互いを認識するまで近くに寄り合った砂翔魚は、探るように互いの脇や背に鼻先(?)を向ける。それを長い事繰り返し、そしてまたふいっと別れる。
 よく見てみると、口を微かに動かしながら寄り添っているから、互いの体についている何かを食べているのかもしれない……普通に水の中の魚なら、そんな事も考え付くのだが、こんな砂漠の乾いた空気の中を泳ぐ魚の体に、何がつくのやら見当もつかない。砂混じりの風は、何か運んでくるのだろうか。そもそも彼らは、何を食べているのか、未だそれは分からない。
 ただ、こんなに広く、制約もない「空中」という生活地域内で、他の生き物と関わる事もなく、時折こうやって同種同士でひと時体を寄せ合うだけで、またふらりと離れて漂うに生きていく、彼らはとても自由で、その分孤独な生き物のように思われた。
 砂漠の民は砂翔魚にはなれない。アサの言葉を、私は思い出していた。
 仲間から離れて一匹になった砂翔魚は、夕焼けの方角へと泳いでいった。大地と空の境目は、焼けるような赤い色に染まっていた。

 クリーム色の明け方の空、夢を見た。
 私は、砂翔魚のように砂漠の空気の中を泳いでいた。どこまでも眼下に乾いた大地が広がり、見上げれば天の高みは遥かに遠く、見極めるすべもなかった。大地を離れ、重力から解放された空中はしかし、上から押しつぶされんばかりの天の底だった。鳥も魚も、人間がファンタスティックな空想に浸って考えるほど、自由ではないのかもしれないと、思った。
 目が覚めると、まだ辺りは薄暗かったが、今まで聞いた事のない何とはなしの騒がしさが、家のすぐ外に迫っていた。
 部屋を出て、戸口の、布を張った低いひさしの下から空を覗き見た時、私は言葉を失った。
 砂翔魚の大群が、空をどよもさんばかり、一つの濁流のようになって飛んでいくのだ。
 どこにこんなに生息していたのだろう。砂漠中の砂翔魚が集まってきたのだろうか。その塊は地に暗く影を落とし、天災の訪れを予期させる不吉なものを感じさせた。未開の地でよくあるという、畑を全滅させるバッタの大群の襲来を連想させる光景だからだったろうか。だが、バッタと違って羽で飛んでいるのではないから、その迫力にも関わらず、音はなかった。ただ、伴って吹いてくる風はいつになく濁った感じがした。
「嵐だ!」
「嵐が来るぞ!」
 村中の至る所から、叫びに似た声が聞こえてくる。皆ばたばたと走り回っている。井戸を石で蓋し、家畜小屋の戸を堅く閉めているのだった。呆然と見ていた私も、長老の息子に後ろから引っ張られて部屋の中に戻され、戸口はしっかり閉ざされた。慣れた村人たちの行動は迅速だった。やがて強風に家の壁ががたがたと揺さぶられる前に、嵐に備える支度は完了したようだった。
「先生、怖いですかね」
 がたがたいう音が強くなっていく中でも、長老はゆったり構えてにこにこ笑っていた。
「心配はご無用じゃ。何年もこの試練を潜り抜けてきた我々の家は、嵐を切り抜けるたびにまた強くなっていく。人と同じよ」
 老朽化、という概念はないのだろうかと思う、不思議な言葉だったが、確かに素朴な土壁は意外に強かった。
 ごおごおと音を立てて、砂漠が激しく波立つ。
 部屋にいても、物音や家に伝わる振動で、外を我が物顔で吹き荒れている暴風の様子がはっきりと感じられる。私は、逃げていった砂翔魚の大群の不思議な光景を思った。
 私が空を泳いでいたのが夢だったのか、それともあの光景のほうが夢だったのか。
 どうかしていると思うが、いつの間にか浅い眠りに落ちていた私は、夢と現の判別がつかなくなっていた。

 砂翔魚たちが、空に一筋の帯を描く。
 彼らはどこへ向かうのか。
 彼らが嵐をつれてくるのだろうか。
 それとも、彼らは逃げていくのだろうか。
 
「先生、起きてください。湖が……!」
 耳元で声がして、私は飛び起きた。
 声の主は、何度か遊びに来て話した事のある、イダの友人の青年だった。私は跳ね起きた。
 長老の家を飛び出すと、嵐はもうすっかり通り過ぎたのだろう、穏やかな空気といつもどおりの白くまばゆい陽光の下、村人たちは嵐で砂をかぶった家の屋根や家畜小屋の辺りを掃いたり、忙しく仕事していた。その横を、子供たちがわあわあとはしゃぎながら走りすぎていく。
 私の胸は躍った。空気が、どこか違う気がする。どこかきらめきを帯びて澄んでいるような、清々しさ。
 私は青年の後について村を飛び出したが、さほど走る必要はなかった。
 その場所は村からさほど遠くなかった。
「見てください、ほら……!」
 湖だった。
 忽然と現れた、煌く板のような湖。
 まるで天から美しい手が伸びてきて、砂漠の上を一払いして、そうして現れたかのように、湖は静かに佇み、陽光を跳ね返してきらきらと微笑んでいた。
 他の村人や子供たちも、この胸がすくようなその光景を見て、嬉しそうに笑っていた。水、それはそこにあるだけで、こんなにも人を豊かに微笑ませるものなのか。その笑顔は、たやすく私に伝染する。
 あれほど待ちわびた湖の出現を目の当たりにして、私はしかしその時は、研究の事などすっかり忘れて、無言の敬意を大自然に捧げるようにしばし息を呑むより外になかったのだった。
 子供たちは、きゃっきゃと笑いながら水面に走っていく。その時私は、その水面に何か小さなものが浮かんでいるのに気付いた。
 魚……いや、死んでいる。腹を上に向けて……
「砂翔魚?」
 私ははっとなって、思わず駆け寄った。手を伸ばしてすくい上げようとしたその時、
「……溺れ死んだんですよ」
 背後から声がした。私は振り向いた。イダだった。
「溺れ死んだ!?」
 魚が、溺れ死ぬものなのか……私は、思わずぼんやりとなって、砂翔魚の白い腹を見た。
「砂翔魚は、水の中では生きられない……だから、嵐が来る前に皆逃げる。水に引き込まれて溺れ死なないように。そいつは、逃げ遅れたんでしょう」
 ぽつりぽつりと喋るイダは、私以上にぼんやりと、脱力しているように見えた。
 あれほど悠々と、空気の中を自在に泳ぐ砂翔魚は、水に落ちたら溺れ死ぬ。
 魚にとって最適の環境であるはずの水が、彼らを殺す。彼らにとっての脅威となる。
 水の中でしか生きられないという魚の「常識」を覆した彼らを、水が殺す。
「常識」を飛び出した彼らは、結局「常識」から逃げて生きるしかない、というのだろうか。
 砂翔魚の骸を優しく抱いて、水面は静かに輝いている。
 いつしかイダは私と並んで、言葉もなく、湖のほとりに立ち尽くしていた。





あとがき^^;
「魚」をテーマにと、リクエストを頂き、ない頭を絞って考えて結果がこれですが、
実は最後の部分は元ネタがありまして、遥か昔の時に読んだ幼年向けの物語の本の、
「アメリカ民話集」(確か)に、水から出る魚の話があったんです。
それは、魚を飼っている少年が、魚を可愛がるあまり、いつでも一緒にいたいと思い、
水の外でも生きられるよう、魚を水から出して外気に慣れさせ、その時間を徐々に伸ばして…という風に訓練した結果、
魚は地面の上を犬のように少年の後について歩く(泳ぐ?)ようになったのですが、
ある日、橋の上を渡ったときに、あいていた小さな穴から下の川に落ちて、溺れ死んでしまった…という話でした。
読んだ当時は、「魚が溺死する」というオチ(?)の意味まで気付かなかったのですが、
よくよく考えるとかわいそうな話ですよね。
この話は・・・まぁ、少しファンタジー系にしたかったのですが、あまりその辺出てないですね(汗)
お目汚し失礼いたしました^^;


ということで、この件は全運営サイトの表紙で紹介しちゃいました。



ウモッカ協力隊で既出ですが、さるらさん作成の秀作も。
⇒『邂逅〜ウモッカと(作者)〜』あの時の感動が今甦る!!!



戻る     表紙     次へ:オーブとか