ルルドの泉・告白編


ああ…、とうとうこの日がやってきました。

ルルドの泉にまつわる大変な事実をお伝えする日が。

前ページで、大変もったいぶってしまいましたが、
それには理由がありました。

ジックリとお話しましょう。

まず、当時勤務していた医療機関のQC発表会で
「ルルドの泉」を恐ろしげもなく院長を説得し取り上げたのは、
元職員のま〜がりんさんがコメントを寄せてくれている事から
創作の物語ではなく、事実とお分かり頂けたと思います。

なぜか彼女は「思い出し笑い」をされていますが、
その彼女さえ知らない驚愕なユアアイズオンリー(極秘)といいますか、
コンフィデンシャル(共謀・密約)が隠されています。

QC発表会の登場人物・タカセ氏と私しか知らない事実…。

すでにカンの良い読者さんは察している事でしょうね。

「オチは、XXXじゃないか?」

「最後に笑いに持っていくのは、作者のパターンだ」

「実際に患者さんに投与して実験したのかなぁ?」⇒で、クビになったとか

色々と推理してくださった方が今回の結論を読んだ時に
この世のなんたるか、醍醐味を味わっていただければと思います。

もしも前ページを読まずにみえた読者さんは、
ここでバックボタンを押して読んで下さるようお願い致します。

オチを推理しながら…




ルルドの泉TOP
戻る

     表紙へ     もったいぶった結論へ