前白 理屈っぽいのは嫌われる?

未知への探求というのはオカルトの専売特許ではなく、正当派の科学でも同様な姿勢。
当サイトが扱っている”未確認動物”であれば、食性・睡眠・生殖の3つを元に考察すべきが
科学的なアプローチだと何回も言及してますが、特に湖の大きな怪物であれば、
ウソ・ハッタリ・勘違いでなければ、科学的なイレギュラーが存在するはずです。

食う・寝る・エッチの中で、食物連鎖に注目すれば、熱帯〜冷帯の水温関係ナシである
海の大きなプランクトン”オキアミ”と比べて、淡水の湖では多く居たって
微小なプランクトンやエビでは、エネルギー的にもイレギュラーな科学が必要。

以前の学者は、巨大な体を維持できる理由として食物連鎖で考えたのが
淡水に入ると餌を食わないチョウザメを持ってきたこと。
よく”餌を食わないなら淡水の資源量的にもありえる”となりましたが、
本当に餌を食わないのか?誰が”餌を食わない”って調べたのか?というのは、
図鑑でも遡上サケは餌を食わないと言われているけど、少なくとも食ってる可能性が高いのは
サイト内で「エサ食い写真」を出している私の超基本実験の通り。

チョウザメなんてのを出すよりも、この地球上には食物連鎖の科学的イレギュラーを起こす
大きな役割をする生き物が存在しています。しかも身近に。

UMAを考える時には、現代の地球上で類似する動物を探して
比較検討するのが科学的方法論なのですが、UMAじゃなくても、新種とか珍しい動物とか、
普通にこの方法で調査されています。

以前「知っていますか?」テーマとして出した淡水アザラシの定着理由だって、
バイカル湖だけじゃなく、1匹2匹の迷い子ではなく、他の湖に群れをなして存在しているし、
原因となった科学的イレギュラーも分かっています(地殻変動ではないよ)。

このように、生物を考える上で最低限知っておきたいのは、食う・寝る・エッチに関する科学的知識。
そうすると、ウソ・ハッタリ・勘違いな事例は、驚くほど瞬間に判断できるようになります。
但し、そういう大切な項目が出てくることが少ない目撃談ばかりなのも、オカルトならでは…のツライところ。

宇宙船に乗船できたのなら、乗組員を観察し、とんな休憩時間があって、
水は飲んでるのか(じゃトイレは?)というのが当然の基本ツッコミで、
動力は何を使っているのか、とか、機械がスゴイとか、これらは正直2の次です。

全てに通じる3つに注目すると、地球規模の環境科学は知らないといけないし、
関連して覚えることが、いっぱい出てきます。理屈っぽいのは嫌われやすいですが、
最低限の理屈を知らずに「居るわけないだろ」というのも恥ずかしいもの。
的を射ていない理屈っぽさがダメなわけで、貴方・貴女は、どっち?



表紙