不可侵領域:その2

学者にとって触れてはいけないと思う領域、その2。

★雪男・雪女系

食糧不足の深い山に住み家を構え、
知的好奇心が思いっきり高いはずなのに、
目撃される事が少ない不思議な怪物、雪男。

一件一件の事例だけではなく全体的にちょっとツライです。

むしろ地底人とした方が目撃数の少なさを説明できて、まだ良いというほど。
地底人はいるのか?というツッコミは置いておきますけどね。

不自然に感じる写真やビデオは、
詳細に調べると殆ど捏造という結果のようです。

観光客(山に不慣れな方)なら
猟師さんを雪男と間違える場合もあるでしょう。

当時猟師さんは部厚く着込んで黒っぽく目立たず、
獲物を狙う怪しい動作ですから。
(ハンター許可を持つ方からの要請より”当時”強調)

現在ではレスキュー、ハンターはじめ目立つ服装になっています。
それゆえ目撃話が少なくなっているのかと考えれたり。

しかし!!!

ゴリラが発見・認定される前は「怪物」だったわけで、
あながち”居ない”と切って捨てれない難しさがあります。

←オレ様ってナイスガイだろう?

写真「リーダーズダイジェスト」より

体重270Kgもあるゴリラ。

1903年にオスカー・フォン・ベーリングがアフリカで最初の1頭を仕留め、
毛皮を持ちかえるまでは「架空の動物」と語り継がれてきた。

たった100年前です。

とりあえず雪男は銃で撃つのはキケンです。
くれぐれも調査の際には気をつけなければイケマセン。
殺人事件になる可能性がありますので…

←学研ムー・『未確認動物UMAの謎』並木伸一郎著950円

上の写真は見事に立ちふさがった怪物です。

素晴らしいレイアウト。

見事に撮影者と雪男の視線が合っています。
目と目で通じ合ってしまいましたね。

雪女は、捕まえようとトライするのは良いのですが、
ちょっと間違えるとチカン、ヘンタイ、バカ、スケベ…
婦女暴行になってしまいますから別の意味でキケンです。
(雪女は妖怪だから一緒に論じるなBy雪男ツッコミ)

問題は雪女と人間の女性がソックリで区別するのが難しいです。
ズボンの雪女が居ないのがポイントでしょうか。

雪男ならレイプしてくださって結構ですが(出来るのなら)。


はじめまして。
マカリスターと申しますm(__)m最近こちらのHPを発見し、
10年ほど前に出会ったDr.ロイの「モケーレ・ムベンベ」の
本を読んだ時と同じような感激を覚えました!

ところで、「不可侵領域」に掲載されている雪男は、
写真ではなく絵ですよね??

昔からSFやファンタジー系の本には、よくあの手の画風
(リアルに描きながら全体にスモーク&細部は飛ばし気味)
の物が登場しており、免疫のない方の目には
写真に見えてしまうことも多いようですが、
足元の草花の描き方などを見れば、絵であることは
明らかかと思います。

今回の雪男の絵も色々なところで見ましたが、何度見ても
私には絵に見えます(笑)

しかし、ウモッカの方の絵はかなりの腕前ですねぇ〜。
少ない線で描かれている点と、特徴を捉える上手さは……
アニメーターor漫画家か?とも思えます(笑)

では、今回はこれにて失礼します。

今後も興味深い&楽しいHPを期待しております。

ご感想、ありがとうございました。

その通り、あれは絵と写真を組み合わせたものか、
人形を利用して大きく見せたもののように思います。

不可侵領域だからといってガッカリしてはイケマセン。

世界各国には観光誘致目的、自治体発展、有名立候補、
そんな目的ではなく、真剣なものも多々有ります。
全てにおいて面白いです。次は前座、オリバー・サスカッチ。

深い不可侵領域の世界へ参りましょう。



戻る     表紙     次へ