「妖怪とUMAの違いって何?」時々メールで質問を受けていました。
私は面白ければ何でも好いじゃない?というスタンスですけど、
オカルトも科学知識のある無しで全然分析の仕方が違ってきます。

特にUMAは生物学や環境学などが絡んでくるのと、捕まえてしまえば、
今までソッポを向いていた科学者がワンサカ沸いてきて、
捕獲したものの扱いがオカルトから学術へのギャップ、それが楽しいと思う。

妖怪は生物の分類学や医学から考察しても、申し訳ないけど、
ありえない率が高いです。それが分け方の基本と考えてます。

科学も先端にいけばオカルトみたいなものですから、もしも、
もしもですよ、妖怪を捕まえることが出来れば、それは科学分析の範囲になりますし、
UFOも同じで宇宙人だって同様です。

つまり逆転して厳格な区分けは出来ませんが、進化論や生物分類学で「ありえそう」な
特に古代生物が生き残っているとか(「恐竜系」は「人間」と同様に特異な存在)、
そういう生物学的にある稀有な存在を未確認動物(UMA)としたいと個人的に思っています。

この説明でも難しいですか?
では、以下から面白おかしく展開してみましょう。

不可侵領域

当サイトには、生物学系の学者さんもいらっしゃることでしょう。
若き新進気鋭の学者さんの場合、成果を求めることに意欲的で
一発逆転の発見を探してしまうなど、キケンな傾向もあるかもしれません。

謎の動物系に新境地を求めるのは結構オススメしますが、
この世の中、入ってはいけない領域というものが有ります。
決して触れてはいけない領域…、そう、不可侵領域のものたちです。

TVなどの営利目的マスコミが娯楽…エンタメ番組で取り扱うのは
良いとは思いますが、学者さんの場合は避けられたほうが良いでしょう。

その例を、私が最近購入した書籍である学研ムー・スーパーミステリー・ブックス
『未確認動物UMAの謎』並木伸一郎 著950円から拾ってみたいと思います。

わたしが理由関係無く全身全霊の細胞がキケンと叫ぶものたちです。

この本は、作者イチオシのおすすめ

↓わざわざ挨拶にみえた編集部さん。大感謝。

新刊出ました 学研ムー編集部

みなさん、はじめまして。
未確認動物に関する本が出ました。
よろしかったら、お手に取って読んでください。
学研ムー・スーパーミステリー・ブックス
『未確認動物UMAの謎』
並木伸一郎 著
950円
よろしくお願いします。

学研「ムー」を叩く人達がいます。チョット待って欲しい。
学研は会社組織です。ムー編集部の人達もお給料を貰っています。

世間を騒がせた白い軍団の電磁波を防止しようの会では、
「早く家に帰ってゆっくりしたい」とTV取材班にコソっとホンネを漏らした
パナウェーブ研究所の人がいたらしいです。
お給料制だったらしいので、強引な行動が出来たようですね。

▲サンウェーブという似たものがありますが、全く関係無いです。

「会社のため」の合言葉で多くの表に出ないことが許される日本。
今は叩いていても、いつ逆のことを演じる立場になるかは人事異動次第です。ハイ

★オニ

おとぎばなし…。
オニといえば創作モノが多いですが、いや、実際居たらどうしましょう?

←学研ムー・『未確認動物UMAの謎』並木伸一郎著950円

オニのミイラはいたる寺院で保存され、現存しているのも珍しくはありません。
上の写真は指が3本しかない身長約2mのオニです。
日本の寺院で現物が保管されていますので信憑性があります。

しかし、オニ一族は現代では絶滅してしまっているようですね。

目撃報告は残念ながら皆無です。



戻る     表紙     次へ