ニューネッシー特集1の2ページ目

ちょっと待てよ。

ウバザメの死骸なんて過去にいくらでも網に引っかかってるだろう?

現場の人たちが「今までのサメの死骸と違う」
言っているのは重要じゃないか?

社会人なら経験しているはず。

大企業などでは(普通に)現場の意見が無視されると言う事が。

何故もっと現場の人たちの意見に耳を傾けないのだろう。

無知だから?

無知じゃないだろう、それは失礼だ。

今回、現場の声よりマスコミや書籍の意見ばかり(=ウバザメ)が通っていて、
山ほどあった写真が、どうして一部の数枚だけの公開になっていたのか?

社会の縮図とオーバーラップする気がする!!!

「現場は無知だからウバザメと判らなかった」とか、
聞きかじりで「そうか、ウバザメか」と納得していた人は、
ご自分の所属する企業体で現場の声を無視したり、
上司とかの意見をそのまま受ける人間になっていないか?

サメの死骸を何回も引き上げていた漁業船の現場なんだぞ…。

↓「世界の未確認怪獣」南山宏著・曙出版680円

←矢野さんの心境を想像しよう…

イマイチ納得がいかないぜ!!!

それでは専門家のはしくれとして、
私が本に無い解説をしようじゃないか!!!

それでもウバザメになるのだったら諦めよう。



戻る     表紙     次へニューネッシー記事、更に続く