ニューネッシーの足を探せ!!!

後姿。サメの特徴の背鰭跡も肉塊の欠損のため判別できません。

←南山宏著「世界の未確認怪獣」より(下の写真も)

サメでも何でも、これだけ巨大な生物は怪物でいいじゃないですか…などと思ったり。
む、無責任かな?

    

あれれ、こ、これは謎のヒレ!注目の写真は下。甲板上に横たえられた時のものです。



網からちょっと出ているヒレみたいなものって何だろう。右下のやつです。拡大してみましょう。

    
    

←惜しかったんじゃないかなァ〜と思う。

あ、あれっ!足のような骨組みの感じに見えますぞ!!
これって、スケッチにあった…あ、足?それとも何か他の物体の勘違い?
前ページの別の写真も見なおしてみよう。

一方、

実は、乗組員は最初からサメと分かっていた。
しかし、本社の課長代理が手足つきのスケッチを描いた…。
乗務員には責任はありません。そこんとこヨロシク。

という(推測した)意見も多く見られます。推測なのに、何故か事実のように語られる話。
私の感想としては、ちょっと不自然な気がします。
他の乗組員が、「あいつは本社のディスクワークなんで恥を掻くのはあいつ。ホットケ」
…という仲間はずれの感じじゃないと起きないと思います。(大人社会のイジメ…)

もし、もしもですよ!

スケッチ通り、彼ら乗組員さん達が足を見ていたとしたら…!?

漁業の現場の方々が「魚の腐った匂いじゃなかった」、「皮下脂肪があった」
と声を大にして言っていたのに、私達は信じることをしませんでした。
とんでもなく貴重な事例を捨てて、サメと解釈してしまったのかもしれません。
もう少し結論をゆっくりしても良かったのに…。

訪問者の皆さんへ贈る言葉

さぁ、あなた自身で図鑑を紐解いたり調査して見ましょう。この謎を解くのはあなたです!
未知なる物事を結論に向けて論じる際は、1歩下がって平等な目で見ますと、
意外な点が見えてくるものです。

@正体とされたウバザメは
ニュージーランド近海(沖)に生息しているのか、居ないのか。


Aサメのヒレって、あんな感じなのかな?解剖学必須!

B他の物体(船体上のなにか)が足の様に見せさせているとか

世界最大級のウバザメ捕獲事件か、足があって科学始まって以来の大発見だったのか、
楽しんで想像してください。科学的に判断が妥当かどうかなど、色々とご自身で調べてください。
どんな資料を紐解けば良いのか、その資料は正確なのか…など。

今まで以上に一杯TVや本が楽しめると思いますし、
科学的思考のトレーニングにもなると思います。

これからも漂着する謎の肉塊や生物があるでしょう。
湖のネッシーなどのUMAも、はるかに綺麗な写真や映像が撮られるかもしれません。

その時の為にも!!!

<情報ステーション>

ニューネッシー騒動の直後同じ様な死体が同海域で採取されたそうです。
第2のドジョウを狙って同じ海域を調査し続けていたらしいのですが、
それについては、ウバザメだったと判定されたそう。

当時、確かにTV番組で同じ海域を調査したドキュメンタリーがありました。
私も見ていましたが、その時は何も引っかかりませんでした。別の番組なのかな?
そして、気になるスポンサーも不明。追跡調査できないじゃん…。

またウバザメを腐乱させニューネッシーに似た姿になっているかどうか
実験した機関が有ったそうですが…。手の込んだ事をするというか、本当なのか不明。
実験というより、遊びでやってみたというのが正解でしょうが、
それが本当に専門の研究機関だったとは思えない感じ。

ウバザメとするなら、先に掲載したガバっと口を開けた写真と
歯が無ないというサイトの説明で楽勝に説得できるでしょう?

やる必要が無いのに何故やったんだろう。文科系の大学かもしれないですね。
とはいえ、これらはこれらで、第3者の実験や見解、報告として評価出来ます。
大切な科学的行動です。

しかしながら注目するべきところは、これらは参考資料である範疇を超えません
正体を科学的に断定する事は現時点で出来ないことに注意。

現物がない限り、正体としてウバザメと断定してしまっては
公でクルーのみなさんをウソ付き・無能呼ばわりするという
配慮に欠ける行動になってしまいます。

抜き取ったヒゲでDNA鑑定するにも、首長竜のDNAと比較しなければなりません。
首長竜のDNAって判ってるのかな?判っていないデス。
つまり頭骨を持って帰らなかった時点で正体を断定できる材料が無いのです。

どんな事例でも否定も肯定も白熱するのは良いのですが、
あまり事象に囚われすぎますともっとも大切なものを配慮しなくなります。

もっとも大切…
情報提供をしてくれた方々への感謝の気持ちです。



そうそう、船上に横たわされた写真について(足のヤツ)オチがあります。
サイトをシッカリ読んで行きますと告白編のようにフトありますので、
それを読まずにBBSなどで指摘すると、圧倒的に読んだ方々が多いので、
思いっきり恥をかくことになります。個人サイトを読むコツです。ご注意ください。



エ〜ン!そんなぁ!こんな終わり方ってシドイ!!

と思われた方、ふっふっふっ。

一方的に主張するTV、新聞とは違う、双方向のネットならでは…というのは、
コレだけで終わらず、さらに続くことです。
さぁ、次のページからも引き続きジックリ読んでくださいな。

行ってみよう!!



戻る     表紙へ     次へ(真実に出来る限り迫れ!!!漁業プロ登場)