Let’s go over the details of this:
たまには全く興味の無かった世界を覗いてみませんか。

曜変天目の真贋騒動 2017年3月1日

TVなんでも鑑定団で番組始まって以来、国宝そのもの「曜変天目(茶碗)」が登場、
中島誠之介氏の鑑定により本物、2500万円の評価額がつけられ、視聴者を狂喜させました。
ラーメン店の主が所蔵していたのが本物だったという大変に夢のある心温まる話だったからです。

ところが、曜変天目研究の権威ともいえる陶芸家、長江惣吉氏がTV映像を見て、
曜変であることは認めた上で「子供だましでレベルが低い」と断じて意見具申、
メディアに取り上げられてあっという間に「中島いいかげん」という世間騒然ということとなりました。
当然のことながら各地の専門家らが注目、真贋騒動が勃発し、収拾がつかないほどになってしまう。

結果、徳島県立博物館 人文課 保存科学担当の奈良大学の魚島純一氏により科学鑑定が行われ、
「どの色にX線を照射しても、ほぼ同じ成分が検出され、使われた釉(ゆう)薬(やく)は1種類とみられる。
18世紀以降に開発された顔料は使われていないという結果が出たことで偽物とは断定できなくなった」という。

つまり18世紀以降に開発された化学原料として知られた釉薬は使われていなくて、
17世紀以前の一種類のもので成り立っており、塗料は塗られておらず、 本物と言ってもいい結果となった模様。
別の言い方をすれば、偽物とは断定できなかったので、いちゃもんつけた方々は謝りなさい、という事でしょうか。

騒動の根源的な問題は、子供だましと指摘した長江惣吉氏が現物を見ていなかったからと思われます。
贋作の場合、ヤフオクで2万円ぐらいが相場で売られているようです。
私個人趣味の懐中時計の安物贋作は機械を見ればすぐに判りますから、このような論争は発生しにくいですね。

さて……最近、公害・環境問題の裁判記録を読みふけっています。

河川の有毒物を無害化するための石灰などで水が白濁しているのを見て、近所住まいの人が騒いだ事件。
裁判記録は9㎝とか10㎝とかの分厚い資料となっていて読むのも大変だけど、ある傾向に気付きました。

企業を「毒水を垂れ流す悪徳組織」みたいにネットで広げ、1万数千人の賛同者らしき人たちも集っていました。
ところが裁判になったら何が悪いのかを証明する労力を払わず「あなた方企業が悪くないことを証明しなさい」
みたいに逆に企業側に労力を強いた。ここが変。

証明責任は悪く言った側に生じます。しかし感性や見た目の印象で悪く言っていた本人たちは気づかない。
裁判が長くかかった挙句、彼ら言った側は企業に敗訴し、お金もたくさん請求されることになっていました。

しぶしぶ悪くなかった企業側が作成して、結果、分厚い裁判資料となっていたのは、
これが理由なんだとわかって納得、川の水の白濁が透明に戻ったら、
小魚たちが泳いでいる動画すら公開されていまして、私はなぜ公害訴訟が起きたのか興味がわきました。

近年こんな事例が増えているのだといいます。敗訴した人たちは反省せずに未だに企業へ食いついているみたい。
現状の認識ができず、周囲のあおりで自分たちの考えを変えられない、最初から口だけで労力を払わないのが問題。
そもそも知識があれば裁判自体さえ起きていない無駄な出来事ですしね。

これは人々が論理の基本を意識することが希薄になったため、もしも自分が間違っているのなら?と
事実と脳内で思っていたのを妄想で広めてしまった反省、自分の行為を振り返る癖が身についていないのだと思う。
また正確な知識を持つ詳しい人へ頭を下げて聞いたりしないプライドの高さを感じてしまいます。
特に近年、こんなズレが生じているだろう怖さがあります。裁判関係者は「もう慣れた」と言わんばかり。

裁判だけじゃない、私たちの身の回りでもすぐに終わる仕事が労力ばかり増えることがありますよね。
その原因を調べますと、大概が同じようなパターンと分かります。



戻る




渓流解禁、関東の多くは3月1日 2017年2月26日

中部では2月1日だったのが半月遅らせて2月15日解禁、
遅らせる旨が届いた際には「え~」みたいな気持ちでしたが懐かしい。
関東ではさらに遅く3月1日がメイン。
最早、雪の中で釣るイメージがなくなる季節です。
(釣り人の事故が減るから、その点はOKですけど)

私は少し体調を崩してしまい、久しぶりに長期の闘病を強いられました。
失って初めてわかる健康のありがたさ、実感ですね。

さて、当方サイトの引越しも最近でした。
どれだけのサイトさんが修正してくださっているのか不安でしたが、
一般では語句検索で内部ページに直接来るというネット状況になっていますので、
主要サイトさんが変更してくださっていれば、宙ぶらりんの僻地サイトからは脱却、
よかよかです。

サブサイトでお付き合いのあるサイトさんが引越しされたり追加されたりは
作者の整理都合のため表紙下部の欄(ちいさくてすみません)に先に出しています。



戻る




魚病について 2017年1月27日

魚病について
愛魚が病気で苦しんでいる時、なんとか助けてあげたい。しかし魚を扱う獣医さんは滅多にいない。
自分自身が医師にならなければなりません。ある程度まではネットで調べたりして出来るようになっても、
論文などでは専門用語が多く、薬剤や病原菌のアレコレは拒否反応が出る、そんな現状が見えてきます。

リンパ浮腫について(医学雑談用):作者の本来の専門「人間」の方のオマケ
ひとえに「治せるか・治せないか」に集約される医療関係の全部。
偉そうに机上の空論で語るのは他の界隈にお任せして、科学のいいところは結果が全てな事。
結果を良くしたいのなら知識をどん欲に吸収し、可能か不可能か自分の立ち位置を認識し、
地道に専門の道、結果を求め続けるしかありません。普通のジャンルにはない魅力。

メーター大イワナの科学的可能性は?
ずいぶん前に書いたひな形原稿。まだ種別・分類について議論していたのが懐かしい。

大イワナを追う
これも懐かしい対外的記事。少し真面目バージョン。

表紙へ




2016年10月18日 ホームページ引っ越しの正式なご挨拶

みなさまこんにちは。作者・管理人の”さくだいおう”こと佐久間です。
この度、@niftyの@homepageのサービスが終了することとなり、
本ホームページも引越することにいたしました。

1998年の開設当初は、私はインターネットに触れはじめたばかりで、
新しい世界に期待を持って更新やネットサーフィンに夢中となりました。

ここ数年は、仲間の死去等々、いろいろな私事都合が重なり、
フェイスブックやツイッター、ミクシィなどSNSに参加することはなく
ネットから距離を置いておりました。

こんな状況下で、@niftyよりホームページサービスの終了のお知らせ。
いい引き際と思い、そのまま新しいLacoocanサービスには移行せず
このまま終了・閉鎖するか、進むべき道を模索しておりました。

1998年の秋に開設し、約18年間の長きにわたりご愛顧を賜り、
誠にありがとうございました。
当サイトは閲覧のみのまさに「ホームページ遺産」として存続いたします。

最後に、今までたくさんの楽しい思い出を経験させてくださいました読者の方々に
深く感謝したいと思います。ありがとうございました。

戻る




2016年9月26日 私は月の土地持ちだった…のを思い出した(^^;

サイト引越記念。懐古ネタのパート2です。

私はセレブだったんだ…という月の土地持ち。すっかり忘れていました。
当時の記事をどうぞ。▼

 
2002/5/11 月の土地を購入したよ

 月の土地が買えるそうです。1エーカーが1,980円。1エーカーといってもピンときませんが、約1,224坪、サッカーグラウンドひとつ分に相当するそうです。正方形なら一辺が約63メートルになりますね。それが1,980円。安っ! つか、マジ? 今なら映画「月のひつじ」公開記念として、土地の権利書が特別デザインで、場所がアポロ11号の着陸地点に比較的近いという特典があります。映画なんてどうでもいいですが、ネタのために買ってみました。
※アポロ11号…アームストロング船長が「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが…」と言ったアレ。

 販売元のLunar Embassy Japan社(以下LEJ社)から届いた権利書です。日本語訳もあります。「月のひつじ」特別デザインということですが、紙の右下にひつじのシルエットが追加されているだけのようです。

土地の権利書(部分)。※スキャナの読み取りサイズより紙が大きいため

月の地図(部分)。が僕の土地、はアポロ11号の着陸地点

拡大地図。「静かの海」というだけあって、なだらかな地形のようです。
近いように見えて、アポロ着陸地点から120Km以上離れています(笑)。
CLIB Lunar Feature Extensionで検索すると、月の画像を地名で探すことができて便利


 なるほど道具立てはしっかりしています。しかし、本当に月の土地が自分の物になるのでしょうか? LEJ社のホームページによると、同社は米国のLunar Embassy社(以下LE社)によって販売資格を認可されているとあります。ではLE社とはいかなる組織なのか。月面の土地を販売する権利とはいかなるものか。そのへんを考えてみましょう。

 LE社が売る月の土地は、同社の代表であるデニスM.ホープ氏が所有権を宣言したもので、ほかにも8つの惑星とその衛星の土地の所有権を主張しているようです。ようするに、太陽系はデニスさんの物ということですね。
※太陽系はデニスさんの物……異星人が来襲した場合は、持ち主として直接かけあってほしいです。

月憲法 第1条

月憲法 第6条、第7条


 所有権の根拠としてLEJ社は
デニスM.ホープ氏による所有権の宣言は、サンフランシスコカウンティーオフィスで最初に提出し認可され、次にアメリカ合衆国、旧ソビエト連邦および国連に提出されました。
と述べています。サンフランシスコカウンティーオフィスとやらがなんなのか知りませんが、安易に認可してんじゃねーつの。アメリカ・旧ソ連・国連にも提出されたそうですが、認可はされていないんですね。無視されたか、門前払いを食らったとか?

 深く考えなくても結論が見えてきましたね。たぶん皆さんが思った通りでしょう。いいんですよ、別に。ネタだから。
※皆さんが思った通り……僕はなにも言ってませんからね(笑)。

 しかし、考えようによっては、実によくできたビジネスモデルです。巧妙と言ってもいい。なにしろ、商品は間違いなく我々の頭上にあるわけで、月の表側だけで55億エーカーあるそうです。しかも、タダ同然で手に入れたものだから、原価はゼロ。売るにあたっては紙切れを印刷するだけ。「LE社に所有権はない」と断言する組織もなく、言ったもん勝ち。買うほうも大半はシャレでしょう。「マリオットやヒルトンもホテル建設のために購入している」そうですけど、マジですか? 株主はそのことを知ってるんでしょうか?

 今はまだ我々が実際に月面に家を建てることがないので、境界線や所有権を巡る争いはありません。したがって、法的な問題はうっちゃって、売りっぱなしの状態です。アメリカには月の土地を売買する会社が10社以上あるそうなので、所有権を主張しあって、同じ土地を二重売りしている可能性もありますが、それすらも表面化することはまれでしょう。実際に問題が起きてクレームになるとしても、その頃には買ったほうも売ったほうも死んでるだろうから、うやむやになると思います。どうせシャレだしね。

 まったく素晴らしい! どこから見ても問題なし(今は)! 宇宙開拓前夜という気分が感じられるこの時代だからこそできるビジネスです。その意味でデニスさんの発想に感服しますね。そうやって集めたお金でなにするのか、そっちも興味あるなあ〜。

 どっちかつーと、ブッシュ大統領に「アメリカが着陸してアメリカの旗を立てたんだから、この土地はアメリカのモンだ!」と言われるほうが、ムカツクけど言い返せなくて、しかも心のどこかでは「しょーがねーなー…」と納得しちゃう気がするのは僕だけ?

地主の証明書みたいなものは、どこかへ行ってしまって失くしているし、
いやはや、ネタということでよくもまぁ、情けないぞ>自分

こんなことも、あんなことも、何がウケるのか考えたり、どういったプレゼンテーションすれば
読者さんらに楽しんでもらえるのか、日々、考えていたんですねぇ。

それにしても久々に月の販売サイトへ行ってみたらまだあったことに驚きを禁じえません。
しかも注文殺到で発送が遅れているというお詫び文まで付いてましたよ……

表紙へ




2016年9月26日 え?引越したの…ホームページ遺産その1

ネット初期に工夫を凝らして作ったこのサイトも今の時代には「ホームページ遺産」。

2chはもとよりgoogleすらなかった時代。ブログの元になったのも懐かしい思い出です。
ここは初期に完成していたサイトなので、今さら更新というのはありませんが、
閲覧専用としていても継続のために引っ越しをすることになろうとは思いませんでした。
なんといっても千ページはあります。

これらのリンクなどの修正労力は想像するだけで手が震える規模ですし、
とりあえず消滅だけは避けてと目標を低く設定し、今回の引越となりました。

マスコミが流すメジャー製品の宣伝以外に、趣味人が独自の視点でニッチな商品を自慢したり、
隠れた知識を出しまくったり、マイナージャンルなら競合他社らも協力し合って、
その業界を盛り上げようという損得なしの姿勢で発展していたのがネット初期の懐かしい楽しさ。

今と違ってルールやお約束というのもなく、それぞれ個人がマナーを守って自制心を持ち、
性善説に従って、尚且つ惜しみなく知識や情報を出し合って作成・運営してきていたものです。
幸いたくさんの人たちに読んでいただき、作者としては非常にうれしく思っております。

ニフティ会員向けの@homepegeサービスが終了して、infoseek閉鎖に続き、ひとつのネット時代が終わる。
当方と同様な「ホームページ遺産」は10万サイトぐらい消え去るらしいですね。

ここからは懐古主義としてひとつ。
引越作業をしている際にメモ帳に残していたのを発見!

1998年ごろにサイトを作り始めた私と同様、当時のネットでは個人のスキルが大きくアクセスの差を生み、
専門の会社よりもPCに慣れた個人にあれこれ聞く方がずっと早く有意義だったりしました。
個人の大手サイトと呼ばれた私も、インターネットセキュリティなどよく記事にしたものです。

2000年の私のインターネットの今後における妄想記事を紹介しましょう。▼

 
2000/4 今後のネット動画など最新の技術について

 このあいだテレビで「3Dバーチャル最前線」てな番組を見ました。ポリゴン人型が多数紹介され、まさに百花繚乱の趣です。プロダクションのあの手この手の売り込み合戦を見るにつけ、生身のアイドルに取って変わらんばかりの勢いでした。

 実は僕も、ポリゴンの制作を試みたことがあります。面倒くさくなって途中でやめちゃいましたけどね(^^;。これじゃ割に合わないと考えたからです。

 昔話でしかも友人話で恐縮ですが、彼がテックウィン誌で初代アイアンキング(賞金50万円)に輝いた頃は、ポリゴンと実写と手描きを合成したハイブリッドなデジタル動画は珍しく、鑑賞に堪えるものとなるとさらに希でした。しかし、今は違います。ソフトもハードも十分な水準のものが安価に手に入り、その気になれば誰だって、一昔前のテレビCM程度の作品を作ることが出来ます。こうなると合成技術だのポリゴンの作成技術だのは関係ありません。ようするにセンスだけの問題です。

 絵で考えてみましょう。油絵でもマンガでも、上手な人ってのはいくらでもいます。しかし、技術が優れていることと芸術的な価値は別です。ありていに言えば、下手でも面白ければいいのです。芸術作品の魅力とは、技巧の優劣や題材の善し悪しではありません。他人とは違う魅力を備えており、それを支持してくれる人がいればそれでいいのです。その意味では風景画でも春画でも、写実画でも抽象画でも、同列なのです。

 現在のポリゴン人型は、いまだ技術の優劣を競っている面があります。ボーンだのテクスチャだの、筋肉だの頭髪の美しさだのと言っているうちはまだまだですが、いずれそんなもんは当たり前になります。技術競争が一段落したら、次にくるのはセンスの問題です。どんなキャラクターをどう表現するか。

 技術が行くところまで行っても、すべての空想偶像がスーパーリアルになるとは思えません。アニメ調にデフォルメされたり、手描きイラスト風の絵柄は残るでしょう。いや、スーパーリアルよりもむしろそういったオールドタイプの空想偶像のほうがウケるかもしれません。作家性が前面に出やすいからです。スーパーリアルはリアルであるがゆえに、誰の作かわかりにくく、悪い意味でキャラが一人歩きしてしまいそうです。

 誰の作であるということは重要だろうか? キャラが一人歩きしてなにが悪い? そういう反問も浮かんできます。それはもちろんいけないことではありません。しかしそれは、圧倒的なクオリティと周到なプロデュースで勝負する世界になります。芸能界の競争がまんまデジタル化されるにすぎません。専業のクリエイター集団がスーパーコンピューターを駆使して凌ぎを削る戦国時代に、一般の趣味個人が参入したところで、そもそも技術レベルからいっても勝負になりません。だからこそ待つのです。

 論点が迷走しかかってきました(^^;。ようするに、ネット上で動画や人型表現などの技術は発展途上なので、そっちの開発は時間とお金のある人たちに任せます。技術が完成して安価に普及するようになったら利用させてもらいますので、それまでは、最先端のテクノロジーに走るよりも、古いけど成熟した分野でセンスを磨く修業に精を出します。だから、ネット関連の制作者の皆さんは頑張ってね、ということです。僕なりにサイト作成や運営に試行錯誤していますが、根本は基本の繰り返しと工夫でいきたいと思っています。色や表面の質感よりも、僕はテキストにおける表現などコンテンツの輪郭線が好きなのですね。なぜだか、自分でもわかりません。

 なにごとも先人は偉大です。でも、僕は偉大でなくてもいいから楽しくいきたいと思っています。そんなことだから偉大になれないのか(^^;。

ニコニコ動画やYouTubeなんてまだカケラすら出来ていなかった時代。

勤務先の病院にて光ディスクをカルテに応用してネットのやり取りしようという私と、
今の私には20年近くの差があり、2000年でも約16年ほどの差。
PCはWin95からWin98に飛躍な発展があり、2000年にはノートパソコンや価格の安いPCが登場。
コンピューターの仕組みを知り、ある程度の改造が出来るぐらいのスキルの上でサイトを作ったものです。
今の若い人たちはツイッターやフェイスブックなど簡単に自己表現が出来る。便利になりました。

時の流れは速い。もはや当時書いていた自分とは別人です。若気の至りが多々。
教訓としても(ネット初期の生きたサンプルとしても)ホームページの遺産と呼ばれているのでしょうね。

表紙へ




2015年2月6日 ヤラセ指摘に対するTBS隊Kさん反論…モケーレ・ムベンベ

#お久しぶりではございますが、サイト運営の再開はしておりません。今回は特例です。

ヤラセ指摘というのは大概どのジャンルでも存在しますが、
指摘に対する同意や反論を掲載することによって、更なる議論を呼びます。

今回は少し久しぶりの記事、早大探検隊・野々山さん&隊長の高野さんも手記がある特集、
モケーレ・ムベンベ(特集10ページ以上)という生き残った恐竜じゃないかと言われていたものです。
生物学系の学者らが参戦して調査合戦がされ、科学的アプローチがされ記録も多く残されました。

UMAというのは通常のオカルト話と違い、普通に専門家が関わるので面白いし勉強になります。
私も一応、その端くれですから、生物学的に「こんな生物ならあるかも」を導き出したりして科学遊びします。
ヤラセ指摘というのは特集内にあります「丸太を引っ張ったものだ」です。特集2ページに記述があります。

そういえば検証番組(例:日本TV系『特命リサーチ200X』やこれマジ!?など忘却)以降、
正式な反論は、当時にTV放送や書籍では無かったと思う。特集を先に読まれてから反論をお読みください。

以下、全てTBS隊に参加したメンバーKさんより

ミニッツリピーターとムベンベと

こんにちは、

mailでの交流はされていないとの事ですので、
誠に失礼ながら一方的に送らせて頂きます。
私、懐中時計の初心者ながら、ebayにて無名のミニッツリピーター付き懐中時計を
落札してみようかと考えまして、ネットで色々と勉強していましたところ、
機械式時計研究会のHPに行き当たり、拝読させて頂きました。
初心者としては本当に勉強になりました。

本題ここから。

あまりにも詳しく懐中時計の解説がされていたため、
順番にほぼ全ての頁を読破したところで、
末尾のプロフィール欄から、謎の巨大生物UMAの頁へと飛びまして、
こちらも楽しく拝見させて頂きました。

で、私はと言えば、早稲田の探検隊の後に、
ボア村経由でテレ湖に行きましたTBS隊のメンバーです。

どなたの情報か分かりませんが、「丸太を引っ張った」との記述がありましたが、
そのような事はありませんよ、
とだけ申し上げたかった次第です。

とはいえ、あの空撮映像に映った生き物が
恐竜の様な生き物だとは正直思っていないのですが・・・

懐中時計について調べている過程で、
かれこれ20年以上前の懐かしい思い出に行き当たるとは思いもよらず、
失礼とは思いながらもメールさせていただきました。

Sent: Wednesday, September 24, 2014 5:30 AM


こんにちは、ご丁寧に返信頂きまして誠にありがとうございます。

私、Kと申します。

一部抜粋をHPに載せることについては問題ありません。
ただ、私自身が当時とは所属会社が異なるため
(番組の著作権が無いため)名前の掲載はご容赦ください。

~略~

添付にて、ちょっとだけ件の映像についてエピソードを紹介させて頂きます。

K

佐久間様

ご丁寧に連絡ありがとうございます。

20年以上昔の話です、お気になさらず、
よろしければお手空きの時にまた、ご連絡くださいませ。

K

本文

撮影前の想定では、当時はgoogle-mapなど無い時代ですので
一度、空から湖を見て、目標を確認した上で陸路を出発!
というつもりで、コンゴの首都ブラザヴィル到着初日に、
飛行機を飛ばしてテレ湖上空へと向い、俯瞰を撮影していたところ、
いきなり湖に大きな水紋が現れ、件の映像が撮れてしまったという訳です。

一見、美味しい話に思えますが、この手の番組では、
大変な思いを重ね、徐々に現場に近づき、
最後の方で、何かしらの結論を付ける(何も撮れない事がほとんど)というのが定石のため、
初日にあの様な映像が撮れてしまうと、
その後現地でそれ以上の結論を出さなくなくてはいけないため、
とても苦しい思いをする事になります。

結局、テレ湖畔には1週間滞在しましたが、それらしい生物は
撮影できず、という結果に終わりましたが・・・

「丸太をうんぬん」の話ですが、
行程的には、テレ湖上空の撮影を終え、ブラザヴィルに戻り、
翌日、定期便でインプフォンドという街に移動、
そこから半日かけて、道路がある最後の町、エペナまで向かい、
そこにベースキャンプを設営して、食料の調達や機材の準備を行い、
その後、町の協力者の案内で、小舟で川を遡ります。

熱帯雨林地域なので、ほとんどが雨のため、
実際は2〜3日エペナで足止めをくらいましたが。

小舟といっても、半分に割った丸太をくりぬいて、
芝刈り機を改造したエンジン(芝刈り機の刃の代わりにスクリューを付けて水中に突っ込むだけ)
を付けただけの舟に、撮影用の何百kgという機材を積むため、
舟が水面すれすれになり、全員でバケツで水を搔きながら
数隻の丸太舟を連ねてゆっくりと進む訳です。

身軽なら半日程で着くかと思いますが、我々は12時間程かけて
テレ湖に一番近い、ボア村(非文明の村)に上陸し、
ここで50名程の村人に協力を依頼し(荷物を運んで貰うため)
いよいよ、密林へと足を踏み入れます。

テレ湖は、探検隊か調査隊が訪れない限りは、村人は行かないため
基本的に道はなく、ブッシュを切り分けて進みます。
さらに、一般的な調査隊は、まっすぐテレ湖へと向かいますが、
私たちは、重い機材を持って(撮影機材は預けられないため)
撮影をしながら向かうため、ボアを出発してから
テレ湖につくまで、3泊4日かかってしまいました。

最後の1日は、早稲田隊も言及していますが、
沼に胸までつかり機材を頭上に持ち上げての進行です。

このような状況なので、文明に暮らす人たちが思い描く様な、
先に別のスタッフが乗り込んで「何かをする」とか、
村人に合図をだして・・・

みたいな事は、仮にやろうと思っても極めて難しいと思います。

そして、件の「映ってしまった謎の生物」ですが、
その後、自分なりに色々と推測しましたが、生き物と考えた場合に
コンゴで生息が確認されている比較的大型の生物は3種類。
ゴリラと、ワニ、センザンコウです。

これを基に考えると、ゴリラはボア村〜テレ湖の間でも見ましたが
先に記した様に、テレ湖周辺は完全な沼地で住むのに適さないため、
可能性は極めて薄いと思います。

ワニ(記録に残るのは最大で2メートル程)はボア村まで続く
川には生息しているのですが、テレ湖は川とつながっておらず、
湖には魚や、ほ乳類など、エサとなる生物も生息していません。

※藻を食べるメダカ程の小魚はいる。

また、周辺にも川は無いため、これも考えにくいかと思います。

※テレ湖は川が流れ込んでいない事、また流れ出してもいない事、
ほぼ円形である事、真俯瞰でみると浜がなく、ぎりぎりまで
密林である事から、よく言われる様に、隕石が落ちた窪地に、
雨が溜まってできたものではないかと推測されます。

※テレ湖は写真で見ると分かりませんが、水の色は赤褐色です。
(なのでテレ湖の水で米を炊くと赤飯になります)

これは、堆積した木々の枝や落ち葉から染み出るタンニンなど
の成分だと思われ、そのことからも、雨以外に水の流出入が
ない事がわかります。

(作者雑談:タンニンで連想するのは深海魚が浅瀬で生活している奇跡の海=サブサイト。世界遺産。)

以上の事から、消去法で残る結論はセンザンコウです。
西アフリカに住むのは「オオセンザンコウ」という最大種で、
大きいもので、尾まで含めて1.5Mほどと言われていますが、
実際は2Mを超す個体が生息しています。

これにはちょっとした、裏話がありまして、
実は番組の中でも映っているのです。

テレ湖に向かう道程の間、私たちは米を炊き、食事を作りますが、
ボア村の人々は、夕方になると狩りに出かけ
(これも3泊4日かかる理由の1つです)どこからともなく、
猿や鳥などを捕まえて来て焼いて食べる訳ですが、
2日目の夜、捕まえて来たのが、2Mを超すセンザンコウです。

ただし、当時この生き物を村人たちはスペイン語で「アルマジロ」と言っていたため、
何も気にせず「アルマジロ」として番組でも
紹介しています(今考えると、不勉強でお恥ずかしい限りです)

後年、アルマジロを調べるきっかけがあった際に、
大型のアルマジロは数百万年前に絶滅している事、そもそも
アフリカには生息していない事が分かり、では? という事で
調べたところ、西アフリカに住むアルマジロの様な生物は
「オオセンザンコウ」だという事が分かった訳です。

そして、センザンコウは体表を覆う、大きなウロコの様な部分に
空気を溜め込んで、浮力を得て、泳ぐ事が出来るのです。

そもそも、現地人以外で、モケーレ・ムベンベを実際に見た、
というのは、1770年代のフランス宣教師だけで、
その記録には、見た事のない生物で、足跡に「3本の鋭い爪跡」が
あった。と記されていますが、センザンコウもナマケモノの様に
前足の爪が3本だけ発達しています。

以上の事から、空撮で映ったものが、もし、生物だとすれば、
泳いでいる「オオセンザンコウ」ではなかったのか・・・
フランス宣教師が「初めて見た生物」もセンザンコウでは?
というのが、自分なりの結論です。

因に、モケーレ・ムベンベを世に広めた、シカゴ大学の
ロイ・マッカル教授と、後年、別の案件で共同調査をした際、
博士は、「モケーレ・ムベンベは絶対にいる」と
確信していましたが。。。

以上、とりとめもない話を長々とすみません。 

ありがとうございました。1通目のメールがなんと昨年の9月24日。
20年以上前の話に触れられる、こんなにゆっくり更新するのも許してほしいですが、
Kさんも偉くなってしまって名前出せば驚かれる人だったりします。

オオセンザンコウってどんな動物か?
アルマジロに似ているという事で連想していたけど、ニュースではこんな風に紹介されてました。



まさに正体不明の怪物だと…。
わざと引き延ばして紹介するニュースサイトに悪意を感じますが…
服にも変身してました。

さて、問い合わせの多い中東の見解。

私が中東を訪問していた頃は25年以上前(何も知らない若造で医療で嫌々でしたが)、
まだ中近東という呼び方がメインで、イラクとイランの区別がつかない人が大多数でした。
クェートしかり。最近の日本人拘束事件でも専門家を名乗る方々を(私は)誰も知らなかったり、
時代と時の流れに驚くばかりです。

オマケ記事はここにもありますが、昔の3人拘束事件の特集は消してました。
ISIL(いわゆるイスラム国)の出現は予想できたことですが、
日本の秋葉原で戦闘員の募集があった件とか、いつの間にか日本が置かれた状況は驚異です。

表紙へ




2014年6月14日 現在、交流系はありません。

王道ネタ紹介の工夫

最近、魚病について調べたところ、自分の記事もよく引用されてることに気づきました。

たとえば魚体の体液は塩分を簡単にイメージすると0.8-0.9%、
淡水の病原菌の主なものは0.35%なので、塩で治療する場合は0.5%前後が(初心者さんにも)安全に使える濃度。
浸透圧の変化で病原菌は死滅し、魚は大丈夫という基準から導き出された昔からの知恵。

なぜ塩が薬のように使われるのか?なぜ実際に効果があるのか?
海水魚では逆に塩分濃度を低くする淡水浴が使用されるのは、海に住む病原菌の体内濃度の応用です。

食用向けのサケマス類やコイなど養殖場ではもっと凄い濃度を短時間で薬浴して治療してます。
耐えうる時間も細かく調べられてきていますが、初心者さんがやるには慣れが必要なので、
私の当時の記事などでは王道だけの紹介で強調します。

新しい薬剤は時代と共にできてくるわけだけど、いまだに廃れていない塩の投入の科学的説明、
こういったものは当時はメールやBBSでやり取りして啓発していったものだけど、
今は勉強した人がまた後進へ教え、消えることなく残っていきます。それを見つけて喜んだりします。

ちなみに魚類の体液のPHは7.3-7.6。ペーハー検査をしてみると面白いですよ。
わが家の水道水はPH7.5-7.8(揮発させて調査)。

さて、作者は友人の急逝により心的ショックが大きく、サイト更新や交流は不可状況ではあります。
サイトは閲覧中心のまま残してますので、暇つぶしにどうぞ。

作者の作成サイト(全てうんちく系です。)
ミクシイ、ツイッター、フェイスブック、ブログなど交流系はやっておりません。
同姓同名や同じハンドルネームにご注意。例=このブログは私ではないです。
もしあったとしても私が管理人ではありませんので、よろしくどうぞ。
謎の巨大生物UMA 
ホームページグランプリで日経ネットナビ賞(準グランプリ受賞)
Yahoo!サングラス、Yahoo!サーファーローラのオススメ
URLTODAY週間オススメ、ジオシティーズの優秀サイト選出(E-LIST)
ソフトバンク「ネットランナー」ベスト・オブ・常習者サイト銅賞
ジョン・アングラー・ランドJAL
海釣りのサイト。海の科学、魚の行動学、エルニーニョって何?など
謎の巨大生物UMAの海洋に関する科学的補填知識。
渓魚の生態考察
サツキマス、サクラマス、イワナなどの生態と行動学。
謎の巨大生物UMAの内水面に関する科学的補填知識。
インターネット研究会J(売上向上相談所)
Yahoo!インターネットビジネス関連情報、Yahoo!アクセス向上
オールアバウト・スーパーオススメ2002
ニフティVIPクール選出
国家インターネット博覧会でオススメ、IT技術部門全国2位(公的発表)総務省
機械式時計研究会
Yahoo!アンティーク、日経BPベストショップ★★★★(4つ星)
オールアバウト・スーパーオススメ2002(時計ウンチク部門)
オールアバウト・オススメショップ(ファッション部門)
スカイパーフェクトTV「アンティークガレージ」出演
日本のベスト100としてEC白書掲載(通産省=経済産業省=の被分析サイト)

仲間内ですらエイプリルフールの冗談すら言えなかった昨今。
これでは楽しいネタなど書いたりできないと自覚して、趣味にでも興じていきたいです。
サイト上では”あまり変わらない王道”を解説しているネタが多かったのですが、
ネット界隈のありかたも変わってきてますから、どんな世界になるのか眺めていきたいですね。



表紙     ⇒次へその2:DVDなどをお贈りした方々をアップ、他いろいろ。