好きな映画はコレです。

アカデミー賞総なめって感じの映画ってありますでしょ。
当時世界を席巻したスターウォーズとか、最近ではロードオブザリングとか。

有名な監督って言えば私が浮かぶのはエイリアンのリドリー・スコット、
スターウォーズとあのILMを率いるジョージ・ルーカス、
ジョーズなどのスティーブン・スピルバーグ。
エイリアン2の…おっとタイタニックのジェームズ・キャメロン。

あとはロバートゼメキス、ジョージ・A・ロメロ、ダリオ・アルジェンド、サム・ライミ…
ダーティ・ハリーで州知事で大監督になっているクリント・イーストウッドetc。
いや、話はこんなことではありませぬ。

私は個人的に「グラディエーター」が好きです。監督はリドリー・スコット。
当時VHSで購入し、更に収集欲がでて、今は初回版DVD(見てない映像とメイキングが沢山)、
スクリーンプレイ社発行のウンチク本「グラディエーター」や音楽CDも2種!!!まで買っている始末。

あ、そうそう、楽天やアマゾンへのリンクは作成に時間がかかるので省略しました。
(あれで買われる方には不親切ですけど=結構いらっしゃるようなので)

ところが最近、パイレーツオブカリビアン(1作目)のBGMが妙に気になりまして。
あのパッパラパパンパッパラパパン…というのが、グラディエーターBGMにクリソツ。
いや、クリソツに聞こえてしまうので作曲家をチェックすると、

・グラディエーター=ハンス・ジマー

・パイレーツオブカリビアン=今、思い出せない(何も見ずに書いているので)

まったくの別人。しかし音楽はクリソツ。
そこで、カリブの海賊のBGMを購入すると…ハンスの弟子みたいな関係だった。トレビアだね。


グラディエーターは2000年の夏に公開されたものだけど、いまだにDVDで観返します。
そんな古いものを出してしまいましたが、これも「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
新作DVDが発売されるってことから1作目を見なおしたのが始まりでした。

同じラッセル・クロウが主役をした「マスター・アンド・コマンダー」は、
約200年前の物語なのに画面(艦長机上)にリューズ式の懐中時計があった気がします。
欧米の方が懐中時計のコレクターは多いので「まだ発明されてないぞ」と、
どこかからクレームが入ったと思うのだけど、製作者側のメイキングを見ると、
時代考証はしっかりとされているみたいで、どうして使ったのか、カットしなかったのか謎。
公開版では使われてなかったのかな・・・おっと、映画サイトじゃないのに、
こんなに続けて熱く語ってはいけない(反省)。


「パイレーツ・オブ・カリビアン」の2作目、デッドマンズ・チェストのDVDを買ってきた。
以前に書いた作曲家はどうなっているのか、チェックをすかさずしてみると……。
ハンス・ジマーに切り替わってた(やっぱりアレだけ似てたらねぇって知らない人にはゴメン)。

これが無名の作品とだったらいいだろうけど、クリソツだったハンス・ジマーのグラディエーターは
れっきとしたアカデミー作品賞もの。
後から出来たパイレーツはさすがに大ヒットしたけどマズイだろうと、
前作でハンスは弟子の作曲家デビューをフォローする形で音楽監修してたらしいけど、
曲はモロ提供されてたらしい。ジャケットに付記すら無かったのにね(英文だけちょっとあったけど)。

そうそう前作の注目の作曲家(ハンス弟子?)の名前、記憶に無かったので調べてきました。
DVDのジャケットから音楽クラウス・バデルト。音楽監修ボブ・バダミ。
(やはり日本版では音楽CDを買うまでハンス・ジマーとの関係は分からなかったはずだ)

世間的にはDVDの売上が記録を塗り替えたとかなんとかでYahoo!ニュースなどが
報じて盛り上がっているだろうけど、私はDVDをじっくり見るわけでなく、
作曲家に注目しているなんて、なんとなく(自分自身が)悲しかったりします。

パイレーツ2作目のジャケットで作曲ハンス・ジマーに切り替わって書かれてたのは、
曲がそっくりなので質問されて説明するのが面倒だったからかも。
著作権に厳しい(自分らの切れるミッキー権利のため法律まで変えた)ディズニーだし。

←Gladiator(グラディエーター)

▲ようつべから。観た人間の英文コメントをチェックすると色んな面で参考に

上の映像は5分チョイあるけど、ラスト約1分の音楽が最高だよ
ボクシングの世界チャンピオン戦でも曲が使われていたりする。

マメ知識でひとつ。ハーゲンって人(一番でかい人=グラディエーター側)は、
これが銀幕デビューだったんだけど、この映画の大ヒットで主役が舞い込み、
巨大メガロドンの活躍する「ブルーサヴェージ」に出てるよ。

コッソリ脇役にそそられた貴方、どぞ。

ところで内緒ですが、昔観た「ブレアウオッチウィッチプロジェクト」はツラかった。
映画がスタートして数十分(最初のころ)でルアーを投げてる釣り人へインタビューするんだけど、
ルアー投げている川(渓流)がやたら浅い。釣り人は軽装だったし、せめてフライじゃないと。

で、当時はまだ「あれって本当かも」で議論騒然の状況。今とは違う。
私はそういう流れに乗れず、ずっと「あそこでルアーはないだろう」と思っていた。
釣りを趣味にしていて後悔した瞬間でした。面白かったのに〜〜。

しかしまぁ、分からない人へは本当に不親切なコラムですねぇ、ここ。○○ネタじゃないし。
連続して読んでなければ(あとで読んだら)主語もおざなりでサッパリ、頭が痛くなる文章。
まぁ、別に貴重なデータや情報じゃないから気にしないで頂きたいと思います。

<グラディエーターのマメ知識>

●渋さが光ったクィントス:皇帝コモドゥスが近衛隊に剣をくれと言っが「渡すな」と命令した隊長。
秀作「L・A・コンフィデンシャル」に出ています。ラッセル・クロウのハリウッドデビュー作だったかな。
ただ、正義を若干忘れた悪徳警察官の仲間なので印象が殆ど残らない残念な役。

皇帝コモドゥス:若いにもかかわらず威厳を持つ困ったちゃん役だが、これが出世役かな。
その後、「ヴィレッジ」の仮死状態に陥る兄ちゃん役に出たりと、役柄も広がっている。
ホアキン・フェニックスは、カルト人気が後に出た「8mm」1作目のニコラス・ケイジの相棒、
エロ・ショップの店員役でも出ています。殺されてしまうが同情できる気の好い兄ちゃん役。

皇帝マルクス・アウレリウス:コモドゥスのお父さん、マキシマスを実力により後継に指名。
その反動でコドゥスに殺されてしまうのだけど「ハリー・ポッター」の初代校長先生もやってる。
亡くなられてしまったのでハリー・ポッターも校長先生が代わりましたね。

●作曲家・ハンス・ジマー:いまや売れっ子になったハンスだけど、若い能力を発掘するため、
そういう組織・学校を作って弟子などを卒業させ、ハリウッド・デビューさせています。
今回のネタ、パイレーツの作曲家が違うのに、音楽がクリソツというの原因はそれだけど、
事情を知らない著作権厨から攻撃の的になるので、パイレーツ2作目は名前を出したと思えた。

ということで親パソコンが壊れてリタイア気味の作者でした(LANノートで更新してる今)。

さぁ思う存分、死ぬほど買ってくりたまい!!!←欲求不満の紫(買いすぎて死んでも可)

楽天で探す
楽天市場

戻る



ネタ6←     表紙     次へ