作者の雑談〜ブルーを皆さんにおすそ分け〜

作者と連絡が取れないとお嘆きの友人知人の皆さん、スミマセン!!!

次々に襲ってくる仕事に、こなす能力が足りず、
ブルー入っているだけですから心配なさらずよう、お願いしますネ。
そのハードさに報酬が見合うとブルーも心地良いのですが、
中々、都合よく収入が高くなるという現実が無く、相変わらず貧乏臭いというか、
わびしい食事でスマートさが炸裂しております(=痩せる)。

どんな方にもブルー入る事があると思うのですが、私のように仕事が能力を超えて、
日々の未処理分が増加していく様子を目の当たりにして落ち込むパターン、
困難に直面して対処するも上手く行かずに戸惑い凹むパターン、
今なら熊本など九州北部の大雨冠水で畳まで干しながら途方に暮れるパターン。

これらは努力して築いたもの(家)が一瞬にして壊れるという感じでしょうか。

こういうのって同じブルーに入るにしても、
失恋したりして凹む感じとは違う味気なさというか、苦しさが微妙って言うか、
生産性が逆なので精神が前向きになっていき難いんですよねえ。

克服する為に、幼少の頃から人は勉強や試験などで「忍耐力・理性」を鍛えるわけですが、
超越した壁に直面し躊躇する事が繰り返されると、中々上手く行きません。

でも、ガンバルぞ〜!!!



<作者メモ>

表紙で紹介バージョン:

同時期(1998年)設立めじな研究所さんを読んでいくうちに
長期運営の破壊力を感じました。凄い分量だと。

何となくサイトの雰囲気も私に似ていて、使い勝手の良いツール類が
ネットに転がっていない時代ゆえの苦労さが滲(にじ)み出ている。
もちろん今風になられてます。

長年かけて作った記事を今の訪問者さんは短時間で読破しようとする、
それは無理だということが自分がしてシミジミと解りました。

副所長さん(女性)も一生懸命に運営を手伝っていらっしゃるようで。
2年続くサイトは20%も無かった時代(昔調べたデータ)。

副所長さんが美人だとかなんとか書いたのを見た人はラッキー。数時間だけのアップだったから。
どうして修正したのか?さすがに親しくも無い段階でネタ系はアホと思われて引かれるのが当然。
そういえばウチのアクセスは休止してから3分の1に減っちゃってるんですよね。
半年間はやはり維持できないほどだったか。ウチですら……というか当たり前だけどね(笑

<ビックリようつべ>

ようつべを表紙に復活させて見ました。広告じゃないですよ。
やる気が出るという感じで世界ビックリ事件簿・ムードをお楽しみください。



当サイトVIPであるタカさんのアナログ回線!!!の都合を考慮し、ささっと内部へ引っ込めました。(14日)
見れない環境の方、これはカジキ釣り(トローリング)のハプニング映像で、
魚に引っ張られた釣り人がクルーザーから真っ逆さまに落っこちるというものです。



<作者メモ> 広島ドックパークに問題勃発

色々と書いていたけど、下に集約してみた。

⇒アークエンジェルズ問題TV報道集★(豊富なYouTubeでまとめ)

まぁ他にも言及しているサイトやブログが多いし、作者がサイト表紙で紹介するのも短期だから、
一瞬アクセスがバクハツしても長期的には「まとめサイト」をご覧下さい(上のリンク内)。
ここを拾って読まれた方はサンキューです。



なんと!!!磯投げ情報が売れてるとな

私が「連載してま〜す」と宣伝している海の釣り雑誌である磯投げ情報。

編集部さんからの話によりますと、最近の磯投げ情報誌は、
「東京のマイナー誌にも関わらず定番書籍に混じってベスト10に入り続けている」そう。

1日約10万件のアクセスPVを誇った私のサイトで宣伝したからねと言いたい所ですが、
残念ながら私が聞くのは「立ち読みしました」ばかりナリ。うむ当然かもしれない。

アンケートハガキに「面白かった」とか書かれて送られているのだろうか、心配。
いや、普通は好意的な人は敢えて行動しないもので、
目立つのは私とウマが合わない嫌っている方がネガティブで……う〜ん。

なにせ後4回の原稿をあげれば連載も無事終了なので、
私は如何に面白く、買って損したとならない内容を心がけるしかありません。

で、海は置いておいて、渓流の記事を書く件。
以前寄稿していた「渓流スペシャル」が法人解散で権利が移った
”新週間釣りサンデー”では発行しないし、どうしよう。

最新のサケマス生態と(知られていない)問題勃発、釣技工夫はもちろんのこと、
痛いギャグも用意してるのに、どこか無いかなと思う今日この頃。

私の記事を一回載せるだけで1年間サイト表紙に宣伝で載るんだから
ここを見ているどこかの出版社さん、ラブコールお待ちしています。
(日本では一般的に受け入れられないめちゃ浅ましい私)


↑コラム中で、あさましい管理人の心情を露呈した、
いや、嫌らしく滲みまくった「出版社さんへのラブコール」なんですが……。(水平線を見つめながら)

確かに私の運営サイトでは、マスコミ関係の方々が読まれることは多々ありますし、
頂いた感想メールも本人さんの了解の元、何通かサイト内でアップしています。
ネタ自体が出版物からTV局まで数多く出たことを知ってる常連さんも多いと思う。
昨日更新した読者さんからの選抜メール集下部にはGB(出版社)さんからの依頼もあります。
みなさん、DVDを買いに本屋さんへ行ったら書籍コーナーをスルーせずに購入を。

しかし、ラブコールを読んで読者さんも「絶対ない」と確信されたことでしょう。
常識的にはスルーですよね?自己主張や呼びかけは日本文化的にミットモないし。
また「久しぶりに更新したと思ったら、おたんちんな事ばかり書いてるな相変わらず。」と、
通常は一笑にふされるものです。

もっとも書いた本人の私自身が自虐っぽく、且つ、偉そうに受身で依頼を求めるなんて、
一体全体、何様なんですか?という云々かんぬん自覚しながら書いているんですよね。
現実に、あるわけないだろう事柄ゆえ。

んだんだ。(←読者さんの心)

何を当たり前のことを勿体つけて書いているかというと、
あの更新をした数時間後、ある出版社さんからラブコールが来ました。

ウソォッ!!!

ただ渓流雑誌の記事執筆依頼じゃなくて全般的な大きなテーマですが。
(いや本人が1番驚いてるんだってば)



習ってた格闘技のおかげで命拾い

当サイト作者が実は空手をやっていたことは余り知られていません。
ブラックベルトを持ち、あの中東でヌンチャクを振り回した日本人(たぶん未だに私だけかも)。
その話はサイトを読み進まれて最後の最後でコッソリでてくるコラムを読んだ方だけが
「おいおい面白いやつだったんだな」と感激してくださることでしょう。(で、そのコラム

もともと20代の時に同僚、先輩ですら訪問したことがなかった中東へ出張したいと希望し、
それ以前にフランスのシャンゼリーゼ通りでセカンドバックをカッターで切られ盗まれたり、
さんざん危険な目にあっても(日本は平和)、上役はOKサインを出し行かせてくれたのは、
ひとえに空手を習いに幼少の時から道場へ通い、雑草のように生きて帰ってくるからという、
ワケワカラナイ”武道家”背景のおかげです。

やらせてくれた両親のおかげもありました。

この武道、一番役立ったのは高校生の時、黒帯を取ったばかりの頃でした。
自転車で学校へ向かって走っていると、交差点で車がスピードを出し私をはねました。
空中で回転して数メーター飛んだのですが、回る体から道路が見え、体制を立て直し、
着地を自然にし、すっくと立ち上がった私。怪我が全然ないように感じました。
あれれ、こんなに体が楽に動くなんて、ぶつかる車もシッカリ見えて少しは防御対処できたし、
すごいな、空手って。

そしてドライバーに「ボクは大丈夫です」と声をかけたほど元気。
その後、人が集まってきたため恥ずかしくなり、「じゃ!!!」と自転車にまたがり颯爽と去りました。

ところが暫く走ると自転車の調子が悪い。フレームは曲がり、チェーンも変。
楽に走れないほどガタがきていましたので、近い駅へ行き、電車へチェンジ。
(まだ異変には気づかない高校生の自分)

その後、学校へついて同級生に「車にはねられたよ(ニコリ)」と自慢していたです。
体が悲鳴をあげてきたのは数時間後でした。自転車も壊れてるし、夕方押して帰宅、
母親が話を聞いてビックリ仰天、ドライバーは名刺とか渡したのかとか、
他に目撃者は多く居たのかETC。(目撃者は山ほど居たけど)

結局、私が走っていた道は優先道路で、はねた車は一時停止違反など多々ありました。
現場へ戻り、近所の家を適当に尋ねると見にきた人たちの一人がいらっしゃいました。

「お兄ちゃん、さっさと行っちゃうし、すごい事故だったのに大丈夫なのね?信じられない。」

いまだに思い出せる驚愕な目撃者の感想でした。
結局、警察は入っても私が元気だし真剣に捜査する訳でもなく、車は不明でした。

海外出張を一人でこなすようになってからずいぶん経ちましたが、
それでも海外では外出時に心細くなります。横道から暴漢が出てこないだろうか?とかね。
そういう時、心強かったのが空手の有段者という昔ながらの武道のワザ。(←すたれても)
普通に成長したのでは決して身につかなかった動き、サッカーやバスケ、野球、ハンドボールなど、
手足を動かすと他人よりもやたら速いので、学校レベルのスポーツだとかなり有利でした。

亀田兄弟の世界戦が本日の夕方に有るそうじゃないですか。TVを観たらやってました。
空手とボクシングは筋肉の出来具合が違うので(私の見解も)正確じゃないですが、
敵味方、両者とも良い出来具合だと思いました。相当な鍛錬を重ねてきたのかと思う。

20歳で世界の大舞台へ格闘ワザだけで注目される、思えば凄い話です。
ベネズエラのチャレンジャーも人生を背負って来ていることだし、この試合で人生の道が変わる。
「人生は旅、キミは旅人」。この世の中、ものすごく人が多い。何処へ行っても人、ひと、ヒト。
飛びぬけたものを持つ人間なんて滅多に居ない。誰かに何かあっても気にも出来ない人数。

お互いを「限界まで鍛え上げてきた格闘をプロとする人間」と尊敬しあって戦ってもらいたいと思う。
パフォーマンスでケチつけ、卑下しあったとしても、試合が終わったら爽やかであって欲しい。
双方がプロの格闘家なんだから(問題は、好きなんだけどTVを観れる時間があるかどうかが心配な自分)



●生物学的推測VOL.3=倍数体の誤解、ヘテロシスもを部分アップしなおし。
昔の記事だなぁ…と古さを感じながらも、こんな事解説してたんだと。
(自分で感動いや感心していたら世話ないですが)
----------------------------------------------------------------
とうとう釣り原稿の書き貯めも無くなり、メールを始めとするネット作業は今だ出来ず、
相互リンクなどもお待たせし過ぎの失礼が有りますが、こうも作業がストップしていると、
”サイト休眠中・放置中”の案内が的確かもしれないと思います。

質問などは(私の他の運営サイトと違って)”UMAサイト”が多くネットに出てきた為、
あまり来ないだろうとタカをくくっていますが、なにせメールボックスすらも見てないダメな私。
今時、メールもしていない人間は少数派でしょうね(嗚呼)。

何はともあれ、釣りの原稿は以前に書いたものを大量に持っていましたが、
想像以上に時の流れが早く気が付けばオドロキといった感じです。

サイト再開は今年度中は難しそうな状況ですが、チョイ修正だけはノートから出来るように、
または友人に頼んで何とか出来ていますので、「続ける事」という初心貫徹?はあるみたい。
いや、初心貫徹って云っても自己満足的な表現ですから怪しいですが。

今の状況が続けば、誰もが想像できるのは”磯投げ情報”の連載終了のノロシ。
なかなか上手く行かない世の中ですネ、しみじみと……。
私は自己反省をしなければならない。



戻る     表紙     次へその7