小ネタ、日々つぶやき集その2

さて12月24日といえばクリスマスイヴ
世間では愛しのあの子の首筋にスリスリ出来る日。(←ここ重要)

私は昨年もその前年もサイトを更新していた記憶がありますが、
今年もアレコレ仕事で暇無しっぽく、しょぼくれて更新することになりそう。

寂しく必ず更新している男所帯サイトといえばネットでは多々あり、
この日だけは「孤高の荒鷲」仲間と呼びたいモンです。

そういえば元気にしてるかなー、みんな⇒

以前、盛岡市及び岩手県の荒鷲さんは(確か)
ラブホ前でカップルの嫌がらせをしようイベントやってたし。
滝沢村の田口さんご一家の電球は4万個だそうですね(情報元・盛岡タイムス)。

この同盟というのは、別の荒鷲さんが処分しようとしていたアイテムの中に
普通のものに混じって陵辱ファミレス」という謎のソフトが含まれていて、
目ざとい人(私だったか)が見つけ「これは一体なんだ!!!」と。

徹夜気味で妙にハイテンションだった訪問者たちの心の琴線をはじいたようで、
あー、懐かしい、この単語だけが注目されてしまったものです。

当時の騒ぎの各記事、グーグルで上位ヒットしてるやん…(唖然)

▲本日、めちゃめちゃ頭痛がヒドイ状態で更新しちゃってます。
ワケワカメな表現はスルーくださいますようお願い申し上げます。


●ホラー映画顔負けなニュースが身近で起こっている暗い日本ですが、
世界中がドンヨリしているような閉塞感を吹き飛ばすような
ロマンを感じるニュースがないものでしょうか。

50mのサメが漁師によって確認されるとか、
ホエールウオッチ観光者によって100mもの巨鯨の映像がキャッチされるとか。
恐竜が生きてた等。

5mのクマとか出現して大騒ぎ…は要りませんが、
10mのパンダなら歓迎されるはず…と
他力でのニュースを心待ちにするのもアリですが、
自分達でロマンを感じるニュースを出せないものか。

UMA関連発売

イースト・プレス社「奇想天外」というタイトルの雑誌で
当サイト記事を一部取上げてくださる予定です。




人生の多くの割合を費やす睡眠。
我々は睡眠中に夢を見る時がありますが、夢って何だろう。

夢判断の書籍は心理学者が書いているのかな。売れてるようです。

ただの欲求の現れと判断されたりしますが、予知みたいな正夢があったり、
偉大な新発明のキッカケになったりと不思議な報告まである謎の時間帯、
フトンの中でリアルな世界を体験。
動物も夢見ているという研究結果がありますよね。

その夢の時間も私達の人生の一部となって過ごすことになってます。

勿体無いよな…と発想した映画が「トータル・リコール」であり、
(アメリカ州知事のアーノルドシュワルッツェネッガー主演)
最近では「マイノリティ・レポート」でしょうか。(トム・クルーズ主演)

わたし、最近、頻繁に見る夢があります。欲求不満の反動でしょうか。
紹介しちゃいましょう。

愛しいひとに逢いに行く夢(詩的に書いてみた)

私の家から、かなり遠方にある愛しいひとの家。
その”愛しいひと”というのは、頭の中でぼんやりしています。

今日こそは逢いに行きたいと車のイグニション・キーを回す。
車はホンダのインスパイア、古い型だが当時プレリュードよりも性能の良い、
2.5リッターの心臓部を持っている。心地よく振動を始めるエンジン。

長距離を走るなら排気量が大きい方が疲れない。

車をすべらせ、高速に乗ると景色が次々と後ろのほうへ流れて行く。
あっという間に1km、2km…。

その過去へ流れる景色の中には、それぞれに多くの人が住み、
想い出の公園や場所、馴染みの店やキーポイントにする街角があるはず。
狭い日本とは言うけれど、広いもんだよね。

夢の中では「ここ曲がるんだったっけ?」などと道順に確信がないのはよくある。
道に迷っても、いつの間にか正しい道を走っているのも面白い。

到着すると、大学時代の友人が待っていた。男だ。
「久しぶりだな」と挨拶して彼は昔のように助手席に乗る。
気が付くと私が運転しているのは車ではなく大型バイクになっていた。
苦労して限定解除をし六甲山を走ったCB750FZだ。
今では殆ど見ないバカでかい空冷エンジン。

高速に入ってギアを足の甲でカチ上げ加速する。

・・・で、夢から覚める。

まぁ、よくある夢ですね。でも最近本当によく見ます。

なんで会う人が”愛しいひと”から”男の旧友”になるのか?
ここの所、非常にナゾです。イメージもはっきりしないし。

旧友は早いうちに結婚し、子供二人をもうけながら浮気が発覚、離婚騒動中。
最近は電話も時々で会ったのは3年ぐらい前。大阪に住んでいます。

そういえば、私は友人といえる人間に会ったのは夏以来です。
みんな、どうしてるかなぁ。

プライベートで遊ぶ事がなく気が付けば12月になってしまっていた。
私生活が充実していない自分の人生にウップンを感じているのか、
だからこそ、こんな夢を見るのでしょうね、多分。

それにしても”愛しいひと”って誰だよ、気になる。

●最近のマンション強度偽装事件が降って沸いたかのように出ましたが、
住宅問題は以前から大きかったのに、個別住宅のものばかり問題で、
何故今までマンションなどの大型建築物が言及されなかったんだろう?

「昔かたぎで正直者、儲けよりも質実剛健の尊敬される社長」なんて
(本で)紹介されていた企業トップが速攻で倒産した木村建設の社長さんだったし。
「尊敬できるのは木村社長だ」と寄ったのはフェーザーの社長さんだったとか。

・・・と直前のTVニュースで大きな事件を思い出してみたら、
120億円だったかが投資で無くなった酒小売組合の事務長年金流用。
政治家への裏金っぽく存在が指摘され、献金一覧には誰もが知っているI議員の名も。
その多くのメンバーが議員立法で作った法律が胡散臭かった。

▲実名を出してましたがイニシャルに変更。

これを隠すため国民が目を向けるマンション問題を出したのか…などと穿いつつ、
昔、雪印乳業の偽装で「悪いことをしちゃダメ」と内部告発をした西宮冷蔵(株)が
注文激減で過去の売上の3割に落ちこみ、倒産してしまったことがあった。

雪印がブランドを変えたキッカケはコレ。

しかし良いことをした西宮冷蔵(株)を助けようという他の大企業が一切現れなかった。
TVでバンバン流れていた事件だったのにね。
義理人情にあつい日本なんだから「正義感のある企業に発注したい」と
バンバン売上があがるのが本来の姿じゃないのか!?

なんだかオカシイ。

又、悪い商品を売ってしまったと自ら発表した北海道の大きなスーパー。
レシートも要らない・人間の良心に任して「希望する人には返金をする」と明言、
おじいちゃん、おばあちゃん、大丈夫だよ、保証するから。
そのスーパーは企業として立派な考え方でした。

しかし買った事が無い人からまで返金希望が殺到、売上以上の返金をしながらも、
更に返金希望が続いてしまったという。

正義は無力なのかなぁ?

会社とか、組織の全員を良い人間で揃えることは可能だろうか。
部課内でも性格が合う合わないとかあるのに、そもそも良い悪い人間って何だろう。
良いとか悪いとか接する人によって主観的だし、よくわかんないものだし。

もともと性悪説の響きがある人間という生命体、規則を厳しくするのが1番か。
規則を作る人は立派な人にしなければならないけど、立派な人ってどんなん?

じゃぁ、どうするか。
一人一人が正義人間として自覚を持って生きれば簡単じゃん。
犯罪だって戦争だって起きないだろうし。はっはっはっ。

…などと日々変わらないニュースを見ながら夜も更けていくのであった。

▲国民の目をそらしたら、大事になっちゃったという結末かなぁ。


ああ!!!アクセスカウンターの12,345,678番のキリゲットが過ぎてる…。
メールも読めないので、ゲットされた方は報告下さっていましても、
プレゼントは当分先です(ゴメンナサイ)。

想像力が吹っ飛んだ瞬間

高野さんを隊長とする早稲田大学探検部
モケーレムベンベを探しにコンゴへ行ったのは1988年。
私はその頃、日本の医療システムを広げる為、
海外の医療事情の把握を命じられ欧米出張を繰り返していました。

バイオ・メディカル・エンジニアとして大学を出てすぐの20代前半。
更に同僚達が行ったことのない国を率先して訪問し、クェートやパキスタン、
アラブ首長国連邦(UAE)などの中東へ出張し始めたのは1989年から、
まだ”中東”ってマスコミでカケラも話題になっていなくて、
ほとんどの人が「中東ってどこ?何?」の時代、クェートがイラクに侵略される前、
湾岸戦争の前です。

←中東出張の最初の頃・私のパスポート。
同じ頃コンゴで探検していた高野さんと
時を経てネットで出会ってしまうとは。

ある日、パキスタンで”国民のストライキ”みたいな状況に遭遇し、警察すらスト、
道路は無法地帯となっていまして銃の音もそこかしこで鳴っていました。
滞在していたホテルは私設警備隊みたいな隊員達で守られていましたが、しかし…。
私は海外医療や政治に興味を持ち始め、同世代で何十ヶ国も出張している人がいなくて
エリートと自負していました。
ここを読まれている20代前半の方、貴方の年齢の時に60ヶ国以上(たった一人の出張)です。
怖いもの知らずの頃でした。

そして私の精神を引っくり返す出来事が起きたのがココ。
ホテルの外では銃声が鳴り響き、中東では人の命が安い感覚、
自分が死ぬことはありえない安全神話・日本で培った平和ボケが頭の中で渦巻きながら、
外へ出て現場を自分の目で見たくなったのです。

外へ出たとたん銃の玉が私の左頬をかすめ背後にある壁にめり込みました。
衝撃波が皮膚感覚を麻痺させましたが、
なにより頭にあった政治や日本にいる友人たちなどのアレコレ関係は吹っ飛びました。
頭にあるのはヤバイ死ぬのか、生き残る為に逃げないといけないのに体が動かない、
エリート意識、お金持ちになりたい等というのは役に立たないくだらないもの
…という物凄い感覚。

人間に備わっている想像力や理性は吹き飛び、まさに動物化。
一方コンゴ探検隊は食で野生化(笑)。

今だったなら「撃たれた日本人」としてニュースやワイドショーが取材に来て
自分の妙な感覚を伝えれたかもしれませんが、
当時は「週間プレイボーイ」にチョイ載りしたぐらいでした。
その後でも、クェートのイラク侵略でバクダット(イラク)に連行された日本人達が
ソフトボールをしたりの光景が週刊誌に出たぐらい(私は直前に逃げ出しましたが)。

最近の北朝鮮・核&ミサイル問題で何故か当時の感覚が甦り、
何とも言えない状況で過ごしています。
核は都市に落ちなくて山だったとしても、その山が消える破壊力。
一方で私は大量破壊兵器はヤバイといいながら、
自分のエリアじゃなければ大丈夫という変な平和ボケ感覚があることに気づきました。

私ですらコレなので皆さんの感覚は?


サイト運営を始めてから長い月日が経ちました。

現在、始まって以来の長期休止中ですが(作者不在がちの為)、
久しぶりにTVニュースや新聞を見れば暗い事件や事故ばかり。

相変わらずですねえ。

昔より増えてないかなぁ?なぜかと考えてみれば、
人間が生きていくためには本来楽しい夢・希望が必要ですが、
現代はソレが少ない。

だから他人の不幸(ニュース)で少しでも「自分は未だマシだ」と思わせる必要がある。
他人の不幸を糧にして安心し生きてるって感じでしょうか。

ワイドショーやNEWS報道が人気があるのは、世相を反映しているのかもしれない。
視聴率の移り変わりに要チェックですね。

…てなことは、ラジオやTVが出来た、いや、新聞が出来たころから、
もっと前から誰しもが何となく感じ、言われてきた事だろうと思う。

巨大な怪獣や怪物、変わった生き物は男のロマン。

しかしマンション事情などでペットを飼えない人が多い昨今、
鳴き声を出さない小動物や爬虫類を飼う女性も増え、
引田 天功(プリンセス テンコー)に至ってはトラを飼っているとか。
以前はサメを飼っていたそうでUMAファンに引き込みたい人材です。

(意味不明な扉文章だなぁ、いつも)

▲いつの間にか季節が過ぎ、ハタと「自分は何をしているのか」と。
こんなに時間が経っているのに、つい先日「渓流解禁」だった感じ。
時の流れの速さに感覚がついていけなくなったと思うのは、
大人への階段を進みすぎたせいか。いや自分が変なのだろう。

迷惑をかけている方へゴメンナサイと常に思う毎日です。
(連絡のつかない私に御容赦お願いの苦しい昨今……)

とびら写真

ぶつからず漂着した仲良しタンカー(サイト内から)友人N♂撮影
当サイトは生物学全般、水産学、医学の上澄み部分の科学を使っています。
従って幅広く、ある程度、誰にでも簡単に理解出来ることを狙っていますが、
ある特化した専門家には「その特化部分」に不満がでるかもしれません。

しかしサッパリだった他分野で「へぇ〜」となれば嬉しいもの。
つまり特化、細分化が激しい現代科学において全体を見れるものがなく
「未確認動物」という触れやすい題材で料理したのがココです。

理系離れが進む昨今事情ですし。

超簡単に紹介すれば生物学というのは大変幅広い専門科目で
「生物」というだけあって植物から動物、小さいものなら細菌やウイルスまで入ります。
そこから分かれたのは人間を対象とする技術を集約する医学部、食料、
タンパク資源に役立つ農学部、技術に特化した獣医学部・酪農(牛、ブタ等)・水産、
そして樹木植物を含むアレコレ、理学部生物科は全てを網羅しながら理論を突き詰めますので
潰しが効くというなら、こんなサイトで役立たせるのもご愛嬌?と思って出来ました。

是非、楽しんでいってください。(作者あいさつ)

↓我が旧設備の一つです。

専用エアコンを部屋に置き120、90cmという大型水槽がありました。
逆側にも90cm水槽があるという、海・熱帯・冷水をフォローした専用部屋。

いやはや何でも飼育できましたし、生態を観察するには良かったです。

←上が90cm、下が120cmの水槽(作者のもの)

上はアジアアロワナという絶滅危惧種。養殖入手可。

下はサツキマス。大変美味しい。

生物学は色々な分野で利用されています。
恐竜と人間だけは特異…。

恐竜と人間だけは特異というフレーズで”ピクッ”ときた人は筋が良いです。
小論文でコレについて文章で表現して(正確に)書けるなら生物学の基本知識がバッチリ。

こういう生物飼育に直結したものからコンビニなどのお客の行動(右回り、本の棚から見ていく等)、
全てにおいて生物学は有効だったりします。

荒俣宏さんと糸井重里さん、そして…作者

当サイト作者ってどんなヤツだ?
知らない方も多いでしょうから触りだけを紹介してみたいと思います。

管理人は「謎の人物」のままでも良いと思うのですけど、
ここからどれだけ想像できるのかは神のみぞ知るです。
(写真撮影&提供はせんさん



↑作者チームの面々。誰か分からずスミマセン。

荒俣宏さんという方は博物学者という肩書きでTVに出ていますが
「帝都物語」の原作者といえば多くの方が分かるでしょうか。

朝の番組のコメンテーターや世界の遺跡巡り系、
少し前は大晦日の「たけしの世界はこうして騙された」シリーズで
オカルト界隈には馴染みの方です。TVタックル系でしたねぇ。

←説明したのはIT文化について。UMAじゃないよ。

荒俣さんと会話する作者は赤のセーターを着てる背中のヤツ。
周りに撮影機材がありますがNHKの中継です。
確かニュース報道や特集でも出ていたようです。

作者は芸能人や作家じゃないですよ。クドイですがど素人です。
もう少し言うなら元K大学講師(余計に分からないか)。

←ネットのコンテンツとはこういうものだと解説した記憶が。

糸井重里さんもTVで有名人でキャッチコピーなどの大御所としてメジャー。
ネットでは「ほぼ日刊イトイ新聞」6年前ですら1日に30万アクセスを超える規模を誇ったほど。
何だか二人でノートパソコンをいじってます。

彼らは私がUMAサイトをやっているとは知りません(笑

ちなみにこの写真2000年だったりします。
正直、サイトでアップしても「何を偉そうに」とか「妬み」で見られるのが怖かった……。
こういう管理人としての感覚はサイトを作っている人なら分かってくれるかもしれないね。

●さるらさん作成『邂逅〜ウモッカと作者〜』あの時の感動が今甦る!!!
あの記事のスタート時点から追い続けたさるらさんが流れをまとめ、結果をシミュレーションだ!!!

●ふくやんさん作成「中国語版・ネッシー」等をアップ(驚2)見ないと損するよ。←惜しまれつつ閉鎖
表紙の右側をチェックです。
科学、語学、色んな知識の中からアプローチしたりプレゼンテーションしたりしているのは
オカルトジャンルにあってUMAが1番飛びぬけているんじゃないかな。

●だいおう様、MAYUです。すごく便利なもの見つけました!
メルアドを普通に表示してもロボットに拾われないタグ!知らなかったです。



戻る     表紙     次へその3