選抜メール情報集VOL.6

約3ヶ月遅れで更新されるメール情報。その中から、厳選のものをご紹介。

「まだ暑いですねぇ」という表現があったりして、
如何にメールを貯め込んでいるかが分かってしまいそうです(ああー)。

仕事が忙しくなるとどうしてもネットは後回しになってしまいますので、
仕方がなかったとお許し下さい。

相互リンクのCooの腕時計さん、
超難関Yahoo!新着アップ、オメ!!!

日記から、その嬉しさが伝わってくるようです。
ヤフーに加えて当サイトからもポジティブアクセス剛掌波をお送りしましょう。
(ネガティブに比べてパワー不足ですから、少ないけどゴメン…)

サイト持ちなら参考にして欲しい。

Yahoo!というのは、デレクトリー登録を申請チャレンジし始めた瞬間から、
身近な検索エンジンから”遠い存在”となります。
1日1万サイトもの申請が来るとか。サイトを診断されるだけでも難関なほど…。
恐るべし、Yahoo!

ネガティブに比べてパワー不足とは?
オススメで紹介してもアクセスは1割以下が普通でして、
”荒れ”や”バトル”などのネタで紹介すると、ドーンと行くという意。
比較になら無い破壊力です。ハイ。

こんにちは。いつも楽しませてもらっています。
突然ですが、以下の書き込みの” 名 前 の 部 分 ”だけでも
変更していただけないでしょうか?

ネットの知識もなく、有名なサイトに” 実 名 で
 ”書き込みしてしまったことに不安を覚えています

いまさら勝手なお願いと重々承知していますが、
製作者様のご好意にすがりたい気持ちで一杯です。
どうか今回だけ、よろしくお願いします。「名無し」

修正しておきました。ご心配でしたでしょうね。すみません。

私も最初は実名や住所をアップしていたほどでしたから、
ネットの初期は男性なら大丈夫だったほど安全でした。

しかし、何時の間にかキケンになりましたねー。
メルアドなんて、リンクアップが普通だったのに、
現在ではスパムの自動収集。

昔は、いざと云う時に連絡が取れる為に投稿者のメルアドを入れていたのですが、
全部リンクを外した修正作業は大変でした。しみじみ…

←以下からウモッカ関連。

さくだいおう様 はじめまして。Mと申します。

本日、HPを拝見させていただき、いてもたってもいられずメールさせていただき ま す。
全編に渡り、非常に興味深かったです。
特に、一連のウモッカに関するレポートは興奮を抑えきれませんでした。

ウモッカ捕獲計画が現在も進行中なのでしょうか。
もし、そうであれば、是非できるかぎりの協力をさせていただきたいと思ってい ま す。
そして、伝説をリアルタイムで体験したいです。
金銭的な面も含め、具体的にどういった参加方法が可能なのか、教えていただき たい です。
突然なメールで、ぶしつけなお願いですが、是非よろしくお願いします。

簡単に自己紹介させていただきます。 28歳の男性会社員です。
Tという出版社に勤め、釣り関係の雑誌を作っています。

学生時代、夢のネス湖に単身調査に赴き
なんとネッシーの写真撮影に成功(! )し ています。
とはいえ、首長竜の写真ではなく、目撃例イラストでありがちのコブ が
途 切れ途切れにあるようなモノをグッとのっぺりさせたようなモノです。

一見ただ の引 き波のようです。当時は風もなく、船も通っていません。
場所はアーカート城沖 で す。
その写真を、ネッシー研究家で知られる(?)映画評論家のN.Y氏に拝 見していただいたところ、
「あきらかに流木や波や魚群ではない。
僕には巨大なヘビ やウ ナギに見えるね」

との内容のコメントをいただきました。

前後(時間的に)の写 真が あと2.3枚あれば『Mー』で原稿を書いて欲しいとも
その写真はネガを紛失 して しまい(そういう写真にありがちです)、
紙焼き一枚しかないのですが、見つか れ ば、メールにてお送りいたします。

 他人やメディアはネッシーその他についてあれこれと言われることもあります が、
結局、現場に行って自分の目で見てしまうのが一番強いのです。  
長くなってしまいましたね・・・・・・すみません。

とにかく、ウモッカの件 、どういっ た形でも構いませんので、協力させていただきたいのです。
お忙しいかと思いますが、ぜひお暇なときにでもお返事いただけたらと思います 。
僕自身もただいま仕事中(←してねー)ですので、周りの目を盗みメールを書い てい ます。
駄文、悪しからず。 それでは、失礼いたします。


仕事中、バレないようにね!!!

雑誌「M-」の編集部さんも時々本の宣伝にお見えになりますし、
私達で売り込みましょう!!!


さくだいおうさん始めましてw  まっきぃと申します。

いつも楽しくHPを拝見させて頂いております。
(実はHPを見つけたのは極最近なの は内緒ですw)

さて、今回はワタクシも微力ながら、ウモッカ探索もしくは輸送について
是非お 手伝いさせて頂きたいと決意させていただきました(勝手ながらw)
またワタクシはアドレスの通り、某飲料メ−カ−の全国配送を受け持っている
会 社に勤めていますので、日本国内ではありますが、
冷凍や冷蔵車の手配などには お役に立てるかな?と思っております。

これからもお体に気を付けて、夢と、ロマンと、ウモッカと、
真実(!?)を求めて 共に頑張っていきましょうではありませんか!
(なれなれしくでスミマセン・・ ・)


うお〜、頑張っていきましょうではありませんか!!!


さくだいおう さん はじめまして、6298です。こんにちは。

2年位前に、このサイトを知りまして、以来ちょくちょく覗かせてもらっていま す。
特にウモッカにはしびれました。が、最近進展がないようでちょっと残念ですね ー。
と、思っていたら、なんと私は、10月1日から1年間、インド駐在になりました。

場所はバンガロール(Bangalore)という、南インドの内陸部にある都市です。
最近はインドのシリコンバレーと呼ばれているようです。
バンガロールは内陸なので、魚はたぶん見ることは無いと思いますが、
1年間向こうにいるので、海辺に行く機会があったら、探してみようと思います。

そこで、もし、さしつかえなかったら、インドのどの辺りか教えていただけない で しょうか。
まあ、私は、今回がはじめての海外勤務なので(それでいきなりインドとは...)
モッカさん、タカさんのようには、自由に行動できないと思いますが、
(タカさんの写真にある様な街には、たぶん私は滞在できません、
正直な話そん なに タフじゃないです。)

観光地の様なところしか行く事が出来ないかもしれませんが、
自分なりに探した いと 思います。 それに、インド人の友達(たぶんできるでしょう。)
協力してもらえるかも知れ ませ ん。 でも、あんまり期待できないかなー、
日本で、一緒に働いてるインド人はまった く興 味無しなので。

それではまた、連絡お待ちしております。 失礼いたします。

Mさん、まっきぃさん、6298さん、ウモッカについては是非、ご協力下さい。
進展はありませんが、公式サイト(下記)が出来ていますので、
何かが有った場合にはリアルタイムで進行できると思います。

▲すでに訪問されていらっしゃったらスミマセン。

進展できる話が出てきましたら、あらゆるジャンルでのみなさんの協力が
必要になるはずですから、よろしくお願いします。

ネッシーの写真、マジですか〜。是非送って下さい。
全てにおいて「有り得ない、不可能」という考えは進歩を遅くするのがお約束。
当サイトでは、画期的な何かを求めつづけて行きたいと思っています。

さくだいおうさま. お暑うございます、ウモッカ協力隊大豆です。

お忙しいところ誠に申し訳ありませんが、
今月より固定PCの メイルアドレスを変更いたしました。
これに伴い旧アドレスは不通となりましたので、ご連絡いたします。
新アドレスは本状のとおりです。(省略)

よろしくお願い申し上げます。
なおこのメイルに返信はご無用です。 それでわ〜☆  大豆.

返信より、他の方々の為に転載しちゃうのでありました。


ウモッカ協力隊【メールアドレスの変更】

こんにちは、ウモッカ協力隊有志に申告しておりますトガリネズミと申 します。
最近は仕事がバタバタしてきてあまりサイトを見ていないのですが、
ウモッカに 関してはあまり進展がないようですね。

皆さん本来の仕事をしながらの活動です ので大変かと思いますが、
いつかテレビや新聞に「ウモッカ発見!」の文字が躍 ることを楽しみにしております。
さて、今回の用件ですが、このたび携帯電話の買い替えに伴い
登録させていただ いているメールアドレスが変更となりました。
一応新旧両方のアドレスからこの メールを送信させていただきます。

お手数をおかけしますが、旧アドレスの削除と新アドレスの登録をお願いいたします。
それでは。

大豆さん、トガリネズミさん、代表的なメルアド変更のご連絡で使わせて頂きました。
ご連絡有難うございました。

現在、アルカードさんご協力の公式サイトでウモッカ協力隊のみなさんへの
お知らせやフォローをしています。

メルアドや個人情報については、漏洩防止の為、私のパソコンから削除しています。
(私の多忙さから管理の難しさがありまして、苦渋の気持ちで行いました)
全体へのお知らせはサイトを通じて行いますので、よろしくどうぞです〜。

さくだいおう様 こんばんわです  T.カ です

携帯の写真整理をしていたら、忘れていた奇妙なカエル
発掘したのでお送りし ます

何枚か撮ったのですがなかなか上手く撮れず見難いのですが
からだ一固体 体長 約1.3cm  頭二個  前足四本  後ろ足二本

カエルは詳しくないので種類は解りませんが外国産のものです
普通のカエルのような泳ぎが出来ない様で
その場でバタバタしてるだけで、エサ も上手く食べれてなかったようです。


ツメガエルに影が似ている感じがしますが、重なっているのではなく頭が二つ。
オタマの時代から大人に、よくぞ、ここまで生きていたと言わざるを得ませんが、
重なっていないのかな?

双頭関係は書物ではありますが、実物はなかなか見る事が出来ない貴重品。
ラッキーでしたね。

←双頭のヘビ(サイト内から

大変ご無沙汰しております。

三月下旬にメールをお送りした、海上自衛隊に入隊 し た401です。
このたび、護衛艦「いかづち」に乗艦することになりましたので、
今 以 上にネット、およびメールのチェックがしづらくなります。

ですから、ウモッカ 発見 の際にはかなり送れて情報を受け取ることになるかもしれません。
大変申し訳な いの ですが、発見の際には遅れてもしっかりと対応しますので、
よろしくお願いしま す。

…なお、インド洋に補給艦を護衛する任務もあるそうなので、
タイやフィリピン に寄 れるとの事です。
何か変わったUMAや話など聞けましたら、メールにて報告させて い ただきます。

暑い日が続きますが、お体には気をつけてください。

衛生兵、401でした。

以前、速報でエールをお送りした401さんのメール。

今はどちらに行かれていらっしゃる事でしょう。
私の元同僚が海曹長のレスキュー隊長(記事は日本版ルルドの泉内)。
色々な話を聞いたものでした。

面白い話を入手されましたら、またお寄せ下さいね。

こんにちは!いつもサイトを楽しみに読ませてもらっています。

僕は大学で海洋生物を勉強しているのですが、
さくだいおうさんのサイトは非常に興味深いです。

僕もUMAはいると思います(僕の場合は学術的な根拠はないですが・・。)
いつか生物界を騒然とさせるUMAが現れると信じています。

今日メールさせてもらったのは、友達が釣りで【変な生き物】を釣ったとのことで
写メールを送ってきたのですが、僕には何か判断できません・・。
どうか見てもらえないでしょうか?

サイトの何処かに入っていますが(サイト内検索が必要ですよね)、
ウミケムシの仲間かと思います。

釣りは、変わったもの、珍しいものを見つける機会が多いので、
是非、新種を発見しましょう。

こんにちは、初めてメールします。

UMA好きで、一年くらい前からこちらのサイトにちょくちょく顔を出していました。
もっぱら、ネス湖のライヴカメラ(サイト内)を眺めているのですが・・・

今日初めて「なんだろか?」と言うものに出会ったのでメールしました。
10分弱画面の左側、山と手前の木々の間から 画面左よりの上に向かって、
何かが動いていました。

その後消えてしまい、 水面に波紋は見えなかったし、
鳥にしては、進むのが早いかなぁ・・・。

スナップも試みたのですが、どうやら消してしまった らしく、残っていませんでした。

多分他にも見ていた人がいると思います。
わたしは、初心者なのでもし見ていた人がいたら、
あれはなんだったのか見解を お聞きしたいです・・・    くまこ

スナップ写真が無いと難しいです〜。(有っても難しいですが・・・。)

いまだにネス湖では目撃が多くあるそうです。
やはり、見事に判別できる鮮明な写真か何らかの痕跡を得たい所ですね。
そういうのが手に入りさえすれば、一気にUMA関係人気が再燃するのでしょうけど。

さんより

いつもこちらのサイトを楽しく読ませてもらっております。

私も小学生の頃からMUを読んで、かれこれ20年以上も、
このような世界を楽しん でおります。

こちらのサイトのほかにも、複数のサイトを確認したのですが、
正体のわからな いUMA情報を本で見つけましたので、メールにて失礼します。
正体がわからないUMA情報は、先日やっと見つけた黒沼健先生の本の一冊
「天空 人物語」(新潮社、昭和43年5月15日発行)に載っておりました。
(なお、この新潮社の当時300円の黒沼先生の本は、不思議モノの宝庫です。
30 冊近くあると思います。)

天空人物語の165p、「謎の三本足指の巨獣」です。

情報をかいつまんで書きますと、
 1958年の夏に、アメリカのカリフォルニア州北西部の道路建設現場での目撃例 です。
爪先から踵までで41センチの足跡が確認され、
「世界に現存する哺乳動物」の著 者である有名な動物学者
「アイヴァン・T・サンダースン」が、足跡を調査した 結果、
工事現場の堤防の斜面には爪の深さが20センチも及ぶ足跡が確認されたと のこと。
降りるときのあとには、踵も同様に刺さっていたとのこと。

こちらの情報は、黒沼先生の別著「新・謎と怪奇物語」の巨人物語の章にもある ようです
(未確認、本を未入手です)。  
また、謎の三本足指の巨獣では、アレコ・リリウス氏という
南アフリカのヨハ ネスブルグにあるウィットウォータースランド大学の
動物学部に調査を依頼した とか。

 なおアレコ・リリウス氏は、南アフリカに滞在中にズールー族や、トンガ族、
シャンガァンの部族から「シルワネ・マンジ」という奇怪な生物を確認している とのこと。

 シルワネ・マンジは、海に生息し、全身がワニのような硬い鱗で覆われ、
頭は 大ガメのようにワニよりも大きいようです。
これは三本指の足跡と、排泄物を残 し、これらは同地の人が目撃しているとか。

この排泄物は、ムティと呼ばれ、万 能薬となるようです。

他にも詳しく、フロリダに現れたUMAの情報も載っています。
長文になりましたので、いったんこれにて送信させていただきます。
興味をもたれましたら、返信をください。他の情報を送りたいと思います。
では、暑いようですので、健康にご注意してください。


---------------------------------------------------------

先ほど送ったシルワネ・マンジの件ですが、著者が怪獣映画の作者のようです。
となると、造られたUMAっぽいですねぇ・・・

本のご紹介有難うございました。文献集(4ページ)には入れてませんね−。

怪獣映画の作者らしいところから、作られた話ばかりと結論が先に書かれていましたが、
いえいえ、面白い話なら紹介する価値は大きくあります。

「人間の想像出来るものは、実現できる」という科学者の言葉もありますし、
あらゆる埋もれた話をも発掘したいと思っています。

現代、出ては直ぐに埋もれる情報が多過ぎて、なんだか勿体無い気がしています。

?? ??さんより

いきなりで失礼ですけど、チュパカブラつかまったらしいですよ、

文が短過ぎだよー。BBSや2ちゃんねるじゃないんだからさぁ、もうちょっと頼む!!!
で、チュバカブラ捕まったって?



マジっすか(=らしい、に注目かな…)

さくだいおうさま akiakiこと秋山@秋田大(日記)です。サイト内ご紹介記事

オススメ・サイトのご紹介です。

http://hw001.gate01.com/turandot/

http://city.hokkai.or.jp/~atsuyo/

では、良い夏休みをお過ごしください
私?特に休みを取りませんが、北海道に砂金掘りに行って身につけた知識とテク を、
秋田 の河川で試してみるつもりです。 それではまた!

少々、私の記録保管用にサイト転載をしてしまいました。
秋山博士のメール文はかなり変えてしまいましたが、いや、ふっふっふっ。

ああ、おねえさまがたに囲まれて掲示板が弾けてる〜、いいなぁ。
私の所は(以前は)「手の甲を引っくり返すとチカン、その不思議とは?」などと、
ワケワカラナイ書き込みが徘徊していたものです。発散できてたなぁ。
今、エッチネタをしようとすれば、どうしてもPTA系の方々の指摘が…。

男の赤裸々な話をかましてみたいっっ!!!あうっ

さてと、ご紹介されたサイトを巡回ルートに入れましょうかね。

付記)怪しい動物のご連絡、お待ちしております。(付記が本来のレスって?)

さくだいおうさん 初めまして、こんにちは。紅珊瑚と申します。

一週間程前に、偶然「謎の巨大生物UMA」に辿り着きまして、
以来少しずつ読み進めております。

不思議なことに関して一方の意見に偏るのでなく、
客観的で公 平な視点で書かれているところが
(そして希望を持っていると ころが)、読んでいて気持ちがいいです。

また、内容が詳細か つ面白く、科学的な記事等は大変勉強になります。
とても楽しませていただいているので、感想をと思い、
(掲示 板は少し緊張するので)メールを差し上げた次第です。

私は積極的にUMAを追いかけたり、情報を集めたりしているわ けではありませんが、
このような話題は好きです。 未知の生命体とか、新種発見とか、いいですよね。
実際に新た な生き物が発見されたら(しかも巨大生物だったら)、
きっと世 の中騒然となるでしょうから、それを考えると楽しくなります 。

現在は更新を休止中のようですが、新たなページが追加される ことを、
(まだ今あるページも読み終えていないですが)楽しみ にしております。

感想ついでに、少しオカルトなお話を…。 私ではなく、父の体験なのですが。

父は、現在は腰を悪くしてしまって、年に一回引き潮の時に海 に行って
アワビやサザエやたまに小さい蟹などを取ってくるく らいなのですが、
以前はよく釣りに行っておりました。 もう10年以上前の話です。

その日は、父は何も釣らずに家に帰ってきました。ちっとも釣 れなかったそうです。
というのも、投げる糸がことごとく切れてしまったらしいので す。
海に沈んだ部分が、プッツリと。

しかも、切り口は刃物でも使ったかのような状態で、更に糸が 切れた時は
何か衝撃があった(魚がかかったとか)わけでもな く、唐突に切れてしまったそうです。
それが何度も(確か4、5回)あって、さすがに変だと思い、
海の中に潜っている誰かがいたずらしたのかとも思ったそうで すが、
周囲には父以外には釣り人も無く、またダイバーがいる 様子もなかったそうです。

こうも糸が切れてしまっては釣りにならないので、父は諦めて 引き上げることにしたそうです。
そして帰り際ふと岩場を見ると……綺麗な円を描くように、
お 数珠が整えられて置かれていたそうです。

…たまたま、糸が連続して切れてしまって、
たまたま、人気の ない海の岩場に数珠が置いてあっただけなのかもしれませんが 、
なんだかイヤ〜な状況ですよね…。

子供の私は「父が無事帰ってきてよかった」と本気で思いまし た。
父は、釣り糸がこんな切れ方をしたことは今までなかったと言 っていましたが、
他の方はどうなのでしょうか?? 父の不思議体験は以上です。

もうひとつ、これはオカルトではないのですが、
「緑地に青の 水玉模様の羽根(ヒレ)がある魚」を父が釣ってきたことがあり ました。
その時に「この魚はなんだろう」と思って調べた図鑑に載って いた気がしたので、
別段珍しい魚ではなかったのかもしれませ んが、
体の側面から大きく広がる鮮やかな色のヒレが羽根のよ うで、とても印象深かったです。

釣ってきた魚なので、もちろんその日の食卓に上りましたが、
おいしかった気がします。
(「こんなにきれいなのに、死んじ ゃってもったいない」と思った記憶もあります)

なんだか、メールがとても長くなってしまいました。

お忙しいところここまで読んでくださり、ありがとうございま した。
UMA活動&サイト運営、これからも応援しています。
それでは、失礼いたします。 HN: 紅珊瑚

数珠の話は、かなり恐怖ですけど(私は幽霊嫌い=心霊現象含む)、
綺麗な魚の話は大歓迎!!!

海水魚なら、ホウボウが該当しそうですね。美味しい高級魚です。

ヒレが大きくなる(羽のような、羽衣というか)は、
淡水魚の世界では私の飼育暦でも何件かあります。

環境や遺伝のかけ合せのせいで、堂々としたヒレを持つ魚が、
鑑賞魚でも出る時があります。身近ではフナや金魚。熱帯魚でもアロワナとか。

写真を撮っていらしたら、素晴らしい魚だったかもしれません。惜しい!!!

Middle Archerさんより

管理人様

 こんにちは、初めてお便りします。Middle Archerと申します。
こちらのサイトでは、いつも楽しませていただいております。
何十回も通しで読みましたが、その都度興味深く拝見しております。

子どもの頃「なぜなに」シリーズの「世界の大怪獣」にはまって以来の
UMAファンの私にとって、こちらのサイトを覗くことがもはや日課と化しております。

 さて、不思議な物体を見つけたので、画像を添付させていただきます。
当然、未確認生物や新種ではないと思うのですが、
自分のこれまでの人生で出会ったことのないものです。

形状から考えて、両生類系もしくは昆虫系の生物の卵などではないかと思い、
調査、検索等行ってみましたが、それらしきものを見つけることができませんでした
(形状的、シーズン的、外部条件的に)。

管理人様はじめ、経験、知識の豊富な皆様に、この物体が何なのか、
ご検証およびご教授いただければ幸いです。ありふれたものであれば、無視してください。

 撮影日時:
●2004年8月28日(土) 15:30頃

撮影場所:
●群馬県勢多郡宮城村柏倉付近

●赤城山への登山道(片道1車線の舗装道路)脇の茂み
●標高約700m
●半径100m以内には、舗装道路、針葉樹系を中心とした林、牧草地、牛舎、
研修施設(鉄筋コンクリート作り)等、水場(川、池、沼等)はおそらくなし

天候:  
●小雨、気温22度前後(下山途中のジッポーゲージの表示なので不正確)

サイズ: 
●最も太い箇所の長径5〜6cm×長さ30cm

色:   
●乳白色(淡いクリーム色、まさにバニラアイスクリームの色)

●単色(一切の混ざりけ、色ムラなし)

見た目: 
●泡が固まった感じ

(形状) 
●ひとかたまりずつの泡(直径4〜5cmのいびつな球体)を連ねて搾り出した印象

●さらに、より小さくて細長い泡の脚を多数つけ加えて、小型の笹の茎に固定した様子
(巨大なイモムシが笹の茎にしがみついているようなイメージです)

手触り:
●硬質(弾力性がない)

●軽量(これは主観的な印象です)
●表面はなめらかだがザラついている
●もろい(爪の背で擦るとポロポロ削れる)

臭い:  
●無臭

味:   
●未確認

想定した可能性:
●卵嚢(両生類、昆虫、クモ)、菌類

※見た目、手触りともに、よくある砂糖菓子
(卵白を泡だてたものと砂糖を固めたようなもの/
クリスマスケーキに乗っているサンタさんですね)
を想像していただければまちがいないと思います。

お手数をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。



写真から判断すると、粘菌の一種のような気がします。

粘菌と言うのは、雨が降ると集まって大きく固まったりして、
アメーバの怪物のような、一種、驚きと驚嘆を人々に与える様です。

ネットで語句検索されると、面白い事例やオカルト話に発展したような事件などが
見つかると思いますが、これを研究している学者も多いですから、
良い情報ですね。写真も見事です。

PS:写真だけの独断ですから、違う場合もあります。

こんばんわ。

梅雨くらいにUMAの自作冊子を送らせてもらったアート系の泉で す。

  ←泉さんは以前、これを下さった。

 

スカイフィッシュが虫だというのはこれまでの見聞で知っているのですが、
実際 に撮 れてみると不思議な点がありました。
映像(wmv形式)を2点添付させてもらった の ですが、originの方がもともとの映像で、
reviseが明度等を調整して見やすくし た同 じものです。

撮影条件は赤外線投射によるスローシャッター撮影で、
光学16倍ズ ーム アップ時のものです。

見て頂くとわかるのですが、まったく周囲に光源のない状 態の 撮影だったので、
このスカイフィッシュ状のものは光っている!もしくは超光沢 質! ということになります。

最初は飛蝗かなにかが叢から叢へジャンプしたのかと思 った のですが、
あとで映像を確認してみると14フレームしか映っていないのです。

つま り望遠側で撮ったジャンプにしては高速すぎる。
となると飛行してる?のですが 、途 中で消えているのはなぜ?

カメラのすぐ前を虫が横切った可能性も、途中で消え てい る理由が
説明できないので低いと思われます。
赤外線投射なので、物質が消える とい うことは、
何かの影に隠れた場合でしかあり得ません。

それに同じ画角でその付 近に 廃車が撮れていたのも確認しているので、
等距離だとすると大きさの比較から推 定で 30センチの幅(太さ)があるのではと思います。
ちなみに撮影地点から対象まで の距 離はおよそ70メートル。
撮影場所は奈良県中央部山中です。

スカイフィッシュの映像(wmv形式)、すみません。転載がダメでした。
(メールボックスや私のパソコンでは制限を大きくしていますのでゴメンしてください)

あっという間に下火になってしまったスカイフィッシュでしたが、
実際、あれほどブームになったのに、そんなにあっけなく…という不思議。

実は、結構マジモノがあったかもしれないと泉さんの報告で思った次第でした。

初めまして☆カヅリと申します。

UMA関係に興味が有り、サイトにお邪魔させて頂きました。
色々な情報を見ていて、気にかかる事が有りメール致しました。

私はさくだいおうさん同様、魚釣りが大好きです。
あれは4年前の事でしょうか。
いつもの様に天然・人造関係無く、釣り場となる池を開拓しておりましたら、
奇妙な生き物を発見しました。

山中の完全淡水池(伴う生物も有り)で、[くらげ]を見たのです。
幅3〜5cm位の小さな物でしたが、まぎれも無く海でよく見るくらげが、
無数に漂い浮き沈みしておりました。

当時評判だったTV番組に投稿しようかとも考えましたが、
大した事ではあるまいと考え、忘れていた次第です。

>資料等みせて頂いて、軟体動物は淡水では細胞が破壊されてしまうとの事であった為
えらい物をみたのでは?と思った訳です。

場所や時期はうる覚えですが、同行していた友人等と連絡も可能です。
池の見た目は人目に付かない、古から有りそうな神秘的な池でした。
もしもご調査頂けたら幸いです。

淡水クラゲは、これまたサイト内の何処かに書いていたのですが、
サイト内検索を採用していないことで語句検索で調べて下さるとOKです。

数年前に、大発見として広まりました。
発生場所は保護されているかなと思いますが、現在はどうなのでしょうね。

情報収集サイトもあったと思います。
私は未だ見たことが無いのですが、淡水では小さい事が絶対条件になりますので、
大きな物を見つけたら面白いですよ!!!

はじめまして BBSの方にも書き込ませていただきましたが、
先日からサイトを少しずつ楽しませ て いただいております。

UMAとかUFOとか興味はあるのですが、疑似科学な人たちが出てくると
一気に引い てし まいます。その点さくだいおう様のところは
科学的なアプローチをしておられる ので 安心して(w楽しめます。

私はT大学で科学ジャーナリズムを研究しておりますが、
不思議な動物という のも 立派に科学ニュースでしょう。

以前に朝日新聞の記者が言っていましたが、
「世 界 (日本)初」「最古」「最大」っていうのは新聞に載るのに
重要なキーワードだ そう で。

当然といえば当然の話なのですが、メディアの影響力を考えれば
「なんだか なぁ」という感じがするのも事実ですね。
ウモッカ探索隊の募集が再開したら是非参加させていただきたいものです。

そう いえ ば、サイトにも登場されている秋山さんとは知り合いで、
以前にインタビューに 協力 していただいたりしていました。
先日も仙台でご一緒させていただきましたが、 あの方も面白い方です。
今後のご活躍に期待しております。

そうそう、私が同じHN(ハンドルネーム)で勘違いしてしまったんですよね。
その節はスミマセンでした。秋山博士の所業は巡回先を拝見すれば一目瞭然。
女性に囲まれて羨ましいと言うかなんというか。

はい。何か有りましたら、お力をお貸し下さい。

世界初日本初は魚の研究で経験しましたが、新聞に掲載されても、
専門家ですら「その記事を知らん」という現実にガッカリしたものです。
寂しい研究者のお約束でしょうか。

これからもよろしくお願い致します。

さく だいおうさま、こんにちわ〜!Cooの腕時計です。

本日、貴サイト更新情報を拝見しまして 感謝・感激雨霰!
相互リンク有り難うございましたm(..)m

また、更新情報にもご紹介頂き、これまた感謝m(..)m
また「機械式時計研究会」にも相互リンクいただき
もう、感激のあまり言葉も無くなった次第です、ハイ!

今日は眠れそうにありませんね。
しかし、この感動を友人に伝えたくても 理解出来る人が居ないのが
寂しいところですが(;^_^A

105さん1時間で作るホームページには、早速伝えたところです。
今回、お忙しい中お手数おかけ致しまして 申し訳ございませんでした。
今後も貴サイトの繁栄をお祈りいたします。
今回は本当〜〜に有り難うございましたm(..)m

Cooの腕時計さんより

おおうーっっ!!!

リンクだけで、こんなにも喜んでくださって、私のほうこそ嬉しいですよー。
ネットは広いですから、知人友人の関係ですら私のサイトの事は知りません。
105さんによろしくです。

メール順の更新の絡みで、ページの1番下になってしまってスミマセン。

現在、円高ですから、時計をeBayで手に入れるチャンスですね。



VOL.5へ戻る     表紙へ     VOL.7へ