ヒレ撮影!!!先走ってしまった調査隊長

よく「科学者は騙されやすい」とか言われますが、そんなことはありません。
科学者の中にも騙されやすい人はいますが、ほとんどはシッカリしています。

よく間違えた論理を展開した科学者を非難するケースがあります。
しかし、実際は専門が少し異なっていたりして見解が間違ってしまっただけで
そんなに非難しては可哀想と思う時が多くあります。

←学研ムー:出回ってる画像

▼転載防止の為、文字入れ

←並木伸一郎先生提供のオリジナル画像

ソナーと連動して自動撮影して写された写真がこの2枚です。

水深15m前後に卸された下ろされたカメラで、付近を泳いだ動物を
手当たり次第に撮影するというものです。(文字指摘BF伊予さん)

あまりにも見事に撮れたもので、功を焦った隊長が学名まで付けてしまいました。
(学名は仮=正式認定は博物館保存の為、標本が必要)

この2枚、鑑定に出された時点で既にペン入れ加工されていた噂があります。
最大の証拠写真という事で、どこも代表的な証拠と
取り上げるようになりましたので、ひょっとしたら否定したい誰かが創作した噂かもしれません。

謎学のカリスマ:学研「ムー」でも大々的に載せていましたが、
このような「実は…だった」、「…という噂が有る」という続報も
載せて頂くと嬉しいです。噂の真相は不明です。

個人的にはフィルム調査まで第三者がするべきでしょうが、
過去の物事を否定したりするよりいまだにネス湖では
謎の生物らしきものが目撃されつづけています

”居る”と仮定して、最先端の科学で判断する方が、前向きだと思います。
現在に至ってはネットの技術が広がり、後で紹介するライブカメラで
24時間世界中の人が監視出来るようになりました。いつかきっと…と夢を持たざるを得ません。



戻る     表紙    次へネス湖って透明度が悪いって、本当に?