ネス湖科学調査

大規模企画=プロジェクト・アーカード

ネス湖では、たくさんの調査が行われています。
日本の過去の調査(⇒コラムに収容)は話題作りとしてのレベルと思いますが、
本格的調査はむしろ海外のれっきとした科学組織がやっています。ご紹介しましょう。

<大規模調査>

1982年「ロッホ・ネス・アンド・モーラ・プロジェクト」
1987年「オペレーション・デープスキャン」

アメリカのボストン応用科学アカデミー、イギリスの国立自然博物館らが中心となっています。
お金もすこぶる掛けていました。

学研ムー:1992年12月1日発行より

←アーカード周辺をハイテク機器で調査だ。

←ソナーなどのセッティングは慎重に。

←ソナー付きボートを一列に並べてスタート!!!

←送られて来るデータを常にチェック。ハイテク機器が羨ましい。

←ソナーから得たデータから湖底の図を作成。

その調査で出てきたネス湖の断面。水深50メートル付近までは魚が豊富。
その下層から湖底までにかなりの怪しい影がソナーで確認されたという。
水深200メートルの湖底はウナギなどが生息しているという。

←怪物が潜んでいる区域は水深50〜200メートル!!!

巨大なカレイであるオヒョウ(ハリバット)は数メートルになります。
捕らえる為にソナーを利用しますが、ヘラぺったいためソナーでは確認できません。
エサとなる魚群を探して生息区域を探します(ヒラメも同じ様なやり方です)。

海の巨大カレイでも、ソナーで引っかからないのに、水深200メートルのネス湖の湖底に
ウナギがいることはどうして分かったのでしょう?
ハイテク機器を使っていても解釈するのは人間、専門がずれるとせっかくのデータも生きないのは
上の生息分布を見るだけで明らかです。

←おひょう(ハリバット):こんなに大きくてもソナーで追えるのはエサの魚

▲ウナギが底に居るとしているのは、書籍の翻訳ミスなどかもしれません(名誉の為に…)。
そして、ヒレの写真が撮影される…!!! 



戻る     表紙    次へ有名になったヒレ写真成功の報告