報告集の37




ばばあ tenbeeさん  
はじめまして!
tenbeeといいます。ここ2ヶ月ほど、Romさせていただいていました。さくだいおうさんこれからも楽しませて下さい。

> http://www.syoku-my.com/bouz/zukan/suzuki2/genge.html
> に載っている「タナカゲンゲ」だそうです。アンコウと同レベルの深海魚みたいです。

これですが、山陰地方では、「ばばあ」と呼ばれています。
それは、ずばり顔が・・・
結構おいしくて、関西では人気のある「探偵ナイトスクープ」
でも取材していましたよ。(数年前)

では。



タカさん、返事ありがとうございます。 ロングボーさん  
この間紹介したウモッカっぽい
http://www.kataoka-net.co.jp/kitune3.jpg
の映像の正式名称がわかりました。
http://www.syoku-my.com/bouz/zukan/suzuki2/genge.html
に載っている「タナカゲンゲ」だそうです。アンコウと同レベルの深海魚みたいです。
ウモッカも深海棲ぽっいので「ゲンゲ科」の可能性は無いのでしょうか?

〜〜〜〜〜閑話休題〜〜〜〜〜

チリの肉塊やタスマン沖の新種発見。何かこう、忘れかけた未発見魂が揺さぶられますね!鼻息が荒くなります。




ハルキエリア・エバンゲリスタ 涜神犯人さん
謎の巨大…肉の上に貝付きhttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/7954/TheBigShell.html
ですが
こんな記述を見つけました
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/harukieria.html
ハルキエリア・エバンゲリスタの体が縮んで2枚の殻が合わさり
腕足類になったという新説があるそうです

引用元
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/



シーチキン スイス人さん [URL]  
UMAとは関係のないあシーチキン話に乗りますが(笑、
「オイル派」と「オイル嫌い派」に分かれているみたいです。
僕の妻や友達の一部では、あんまりオイルが絡んでいない
ブロックタイプが好みで、僕はブロックだと崩してオイルを
繊維によ〜く染み込ませて食べるか、いっそのことフレークを
食べるのが好きです。
みなさんはどうなんざんしょ?(笑

Re: シーチキン さくだいおう  
> 「オイル派」と「オイル嫌い派」に分かれているみたいです。

そうそう、わたしもグーグルで調べたら
そういうスレが引っかかっていました。

わたしは、オイル好き派〜。

シーチキンはオイル1/2派 とくがわさん [URL]  
とくがわです。お久しぶりです&はじめまして。
チリの巨大物体はイカだったようですね。
おそらくダイオウイカでしょうか。
(他にもいるのかな、巨大イカの種類)

それにしてもすごいですね、70000ヒットってまさに
津波という表現がふさわしいかと。
一体私のサイトで70000って何年かかるんだろうか…。
ただ、それだけヒットしたら正直恐いでしょうね…。



シーラカンスと下痢 サットウさん
初めて拝見しました。
面白れーっすねぇ。
シーラカンスのところでワックス成分について書かれていた方いらっしゃいましたのを拝見してひと言。
アブラソコムツ・バラムツですが、
そのヒトの体質にもよるでしょうが、火花が出るほどの下痢(笑)しますよ。
腹痛や便意が収まっても、自分の意思とは関係なく出ます。
気が付いたら、ウ○チ漏れてたみたいな感じ。
取引は禁止されてるようですが、現地に行って釣りをすれば、
10kgくらいのものなら、わりと簡単に釣れるです。
どうしてもと言えば、船長もバラして食べさせてくれたりします。
1切れ2切れくらいにしたほうが良いと思いますです。
私は、もともとお腹がゆるい方なので、2cm角くらいの1切れで、
食べて30分後から一晩スパークしましたです。(笑)
現地で、好きなヒトはオムツしてまで食べると聞きました。
いちどお試しあれ(自己責任でね)

補足 サットウさん
補足です。
「現地」って書きましたけど…
アフリカとかインドネシアじゃないっす。
アブラソコムツやバラムツは駿河湾です。あと室戸沖とか。



めずらしいニュース ひろきゅさん
こんにちは、さっきヤフーのニュースに謎の漂着物が載ってました。タコかイカ..もしくは鯨の脂肪らしいとの事。まぁ..そんな事はどーでもいいんですが(よくないか..)記事の中に不思議な名前を発見したのです。 それはバハマからタスマニアに至る海域で操業している漁民や、ダイバーらの間には、「バミューダ・ブロッブ」と呼ばれる謎の生物が存在するらしいんです。ネットで検索したんですが何もヒットしないんで強烈に気になっております。何か情報がありましたら教えてください。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030703-00000850-reu-int

Re: めずらしいニュース 通りがかりのUMAさん
「バミューダ・ブロッブ」についてはこちらのサイトを見てみて下さい。
http://www.strangemag.com/globsters2.html#The%20Bermuda%20Blob
ただし、英文ですが・・・。
Re: めずらしいニュース abechさん
画像をライコスニュースで見ましたが、オーストラリアの海岸に上がったそれと微妙に似てますね。

Re^2: めずらしいニュース タカさん
> ただし、英文ですが・・・。
無料翻訳サイト(下記URL)で一部を翻訳してみました。長文失礼。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/l_translation.htm

1960年8月に、ベンFenton、ジャックBooteおよびレイ・アントニーは、西タスマニアのInterview川の近くの牛を丸くしていました。それらは大きな死体に遭遇しました。それは長さ20フィートおよび広さ18フィートでした。Fentonは人々に死体の中で得させることを試みましたが、誰も1962年3月までそれを検査しませんでした。その後、ホーバート・ビジネスマンG.C.クランプは、ブルースMollison、マックス・ベネット、L.E.壁およびJ.A.ルイスから成る遠征に資金を提供しました。その発見の時間と遠征の間で、死体は、潮で北方へ漂流しました。死体がこの時の間分解したかどうかは不明瞭です。Fentonは、死体が持っていたと言いました「匂い、分解のサインおよび皮膚は相変わらず困難ではありませんでした。」(9)。しかしながら、Booteは、「それらがそこに着いた時までに、ものは分解しました」と言いました。マーキュリー(ホーバートの)によって、「強い酸性異臭は肉から離れました、バッテリー酸および犬および馬に非常に似ている、それに接近したくなかったこと。"(11)遠征での第1のものは死体を見つける空の探索でした。それらはそれ、および3月2日に残された主要なチームを見つけました。それらは、最初に3月7日に電話で、クランプと連絡をとりました。チームの誰も死体を識別することができませんでした。その記述は3月9日にマーキュリーに現われました:「ABOUT 20ft。長く18ft。広い、そして約4・1/2フィート厚い、推定の重量で、の、5〜10トン間で。...人目にさらされた部分は困難で弾性がありました、そして保存の非常によい状態で。...パーティーは一般アウトラインaslikeにそれについて記述しました、付属物のない巨大なカメ。それは、羊の羊毛に似ていると牧夫によって記述されて、素晴らしい髪の毛で最初に覆われていました、
Re: めずらしいニュース ひろきゅさん
そうですか!!いろいろ勉強になりました。もしバミューダちゃんが実在しているのならきっと想像を絶する生物なんでしょうね。しかしこの手のニュースに対しての関心っていうのは意外に高いみたいでちょっと嬉しい。昔はムーなんかを買うと店員に白い目で見られたりしたもんです。学生時代に学校で読んでいる所を友人に見つかってしまい、「アイツはムー読んでる」って噂を広められて「危ない人間」のレッテルを貼られたのを鮮明に思いだしてきました(涙)このニュースをきっかけに大勢の方がUMAに対して興味を持ってくれるといいですね。それによってもしかしたら世紀の大発見となる可能性を持った情報が出やすくなるはずですもん。

Re^2: めずらしいニュース Urakiさん
ムーを読んでるだけで危ない人間なんて言われたのですか;;
じゃあ、自分は・・・(苦笑)


FROM:とも ^o^)y-~~~ (←サイト)

 初めまして。いつも、UMAサイトを楽しく拝見させて頂いております。

 私も貴殿と同じく釣りをたしなむので、変なの釣ったりしたらご報告させてください。
ただ水辺では変なのは見た事無いですね。

中学生の頃に船橋港 で、水面をゆっくり泳ぐ透明(に見える)な
ヤガラのようなヤツをみた事は 有りますけど。
まぁ、たぶん普通のヤガラでしょう。
ルアー引いたら、のん びりとチェイスしてきました(釣れませんでした)。

 ところで、巨大な昆虫って言うのは珍しい存在なのですか?

 何かと言い ますと、体長6cmのクワガタの雌が珍しいとか、
文言があったかと思いま すが、
普通(まぁ、デカ目ではあるけど)ではないでしょうか?

 と言うのも、私が小学生の頃は近所の森でその程度の大きさなら、
しこた ま捕まえて飼っていたので。

当時、近所の友人等と大きさ勝負していたので、
メジャーで測っていた正確な数字です。

ちなみにノコギリクワガタとミヤマ クワガタの最大は
どちらも12cmだったと記憶しております。
カブトムシ と一緒に飼っていたら、カブトムシが瞬殺されましたorz。
 変わり種では、雄のコクワガタ2.5cmとか(笑)。
 あと、マッカチンの25cmなんてのもいたし(手賀沼です)。

 巨大サイト運営、非常に大変かと思いますが、
お体に気をつけて頑張って ください。  長文失礼しました。

<コメント>

釣り人でも多くの人が読んでくれているようで嬉しいです。
アウトドア系の趣味人は、変わった生物に触れる機会が多く、
捕まえるのも率が高そうなので、もっと知られると良いなと思っています。

これからはデジカメでばっちりと写真を撮って投稿してください。
新種を見つけることが出来れば、一生のネタとして使えますもんね。
(コンパでも一目置かれる存在に貴方も!!!)



戻る     表紙へ     次へ