報告集の32




人気サイトはすごいねー サーペントさん
それにしてもここの掲示板すごい勢いで伸びますね

生物って皆、違う形してますけど
そのことを疑問に思って高校の時生物の先生や化学の先生に尋ねたら
生物の先生は、環境に適応できる最も自然な形と言ってました
でも自分が聞きたい回答はそういうものではなくて・・・
なんで生き物って色々いるんでしょうね・・?
魚には魚の形
犬とかの動物は四足で歩くし
人間には人間の形があるし
進化っていってもこれは最初から決められたことなんではないか・・?
と思ってしまいます。
全ては決まった出来事なのか・・
このHPおもしろいですね 笑



アメリカのTV番組にて So-Calさん  
はじめまして。今日、TV(アメリカのTVプログラム)でUMA関連の面白いのやってたので報告したいと思います。

スイス(ここはちょっと自身ない)にあるLake Storsjonという湖で19世紀から現在に至るまでUMA(Serpent型)の目撃報告が結構あるらしいです。客船に乗ったおばあちゃんがビデオの撮影にも成功したみたいです。ちなみに19世紀にそのUMA捕獲を試みた記録があるみたいです。その仕掛けは博物館に保管されていた。ほかにはSelmaとかStorsieとかいうUMAか何かの名前が出てきました。

Re: アメリカのTV番組にて 元ムー特派員さん  
スウェーデンのストールション湖(発音わからん)ですね。リヴァイアサンなどと現地で呼ばれているUMAです。



ちょっと遊びです。 タカさん  
 ちょっと遊びです。

http://www.lochnessinvestigation.org/videx2.htm
http://www.lochnessinvestigation.org/videx1.htm
両方とも、ネス湖近くに住む元ネッシーハンターがホームページで公開しているもの。上はexperimental videoと名づけられ、本人はこれがなにであるか語っていません。下はネス湖で泳ぐカワウソか何かを撮影したもの(ネッシーではない)。間違えちゃいますよね。



はじめまして。 ソハさん  
はじめまして。すばらしいサイトですね。
現在遠距離中の彼女(謎狂)との共通の話題が出来てたいへんうれしく思っております。

以前ある一家に聞いたハナシなのですが、
10年ほど前に7人(両親、子供5人)で
広島県のとあるキャンプ場へ出かけた時、母親に抱かれていた末っ子(当時4歳ぐらい)が、木の上を指差し「あそこに人がいる。」と言い出したので、そちらを見てみると、真っ黒い人間のような生き物が木に登っていたそうです。驚いた一家は一目散に車に逃げ込みその場を去ったとのことです。
私が「林業のオッサンかなんかだったんじゃないの?」と訪ねると、「それはない。人とも雰囲気が違ったし顔も真っ黒だったた。」と言ってました。それってヒバゴンでしょうか?
島根南部に住んでいた知人も同じぐらいの時期に山で真っ黒い人を見たそうです。
御存じないですか? ソハさん  
たて続けにすみません。だれか御存じないでしょうか?

1)キノゴン
 昭和63年ごろ当時小学6年生だった私が母親から聞いたハナシなのですが、地元岡山県の鬼ノ城という山で謎の生物が目撃され、調査が行われ、キノゴンと命名されたそうです。山陽新聞にも掲載されたようですが現在、誰に聞いても(母親含む)「知らない」との返答が。

2)ゴッゴ
 ローカル妖怪なのかUMAなのかすらわかりません。
 子供の時、池に泳ぎに行こうとすると、祖母か必ず「ゴッゴに気をつけろ!」と言っていました。「カッパの事?」と訪ねると、「違う。」とのこと。70年前、池で遊んでいた祖母の同級生はゴッゴに襲われ死んでしまったとか。

3)スカイフィッシュもどき
 去年、テレビをつけて仕事をしていたのですが、ディスカバリーチャンネルの湖特集で、五大湖のどれか(忘れました)には
洞窟が多くあり、そこにしかいない生物というのが映ってました。その生き物は体長10cmぐらいで半透明、ムカデの様な胴体に対になったたくさんのヒレ。私にはスカイフィッシュにしか見えませんでした。生態も殆ど謎らしいのですが名前などはわすれてしまいました。

どなたか博識の方、情報おまちしております。



キャトルミューティレーションについては のららいおんさん
ロンメル氏の詳細なレポートが出される以前から、獣医師の間では
「ごく普通の死後変化」で、見解が一致していたそうです。
それだけプロの目からはありふれたものだった訳ですね。

こんな風に、そんなことを滅多に見ることのない素人目には、異常な
現象でも、見慣れたプロから見ればあたりまえのことという事例は、
きっと多いんでしょうねぇ。

ところで、チリの漂着物ってマッコウクジラの死体の姿としては
ごく一般的な姿なんですかね?
私的には「謎の巨大生物がいた」って話に匹敵するくらいに、面
白い話だと思っているんですけど。

>「宇宙人とUFOとんでもない話」日本実業出版社
>でかかれています。なかなかの名著です

面白そうな本ですね。今度探してみます。

>UMAでも、こういう本があるといいのですが。

もう昔のことで書名は忘れましたが、UMAの検証本というのは読んだ
ことがあります。あのネッシーの偽写真告白騒ぎが起きる前に新聞
社の資料から、外科医の写真のオリジナルを発掘して載せていました。
当時、対岸が映ったその写真を見たときは、ショックでしたねぇ(^^ゞ

どう見てもネッシー小さいんだもんなあ…



ヴァン湖 FFさん
こんな映像を見つけました。
http://icelake.hp.infoseek.co.jp/anime/speech.swf

すでにここのHPで紹介されていたらすいません(^^;
まだ全てのコンテンツを見終わってないので・・・。



タスマニアの海に謎を追う! ロングボーさん
「タスマニアの赤い海の謎」〜浅い海に何故か深海生物が多数棲息。

http://www.nhk.or.jp/daishizen/fbangumi3/tasumania.html

既に放送済みですが、再放送します。既出だったらスミマセン。



シーラカンスの鰭の数についての訂正 涜神犯人さん  
NHK地球時間の再放送で確認したら
一番後ろの鰭は一対ではなく体の真下に一枚だけでした
まぁ、体の上にももう一枚あるから(上下で)一対でも間違いじゃないんですけどね
お詫びして訂正いたします

でも新たな疑問が…
現シーラカンスは胎生ですよね
陸上動物で卵生の者も多いのに?なぜ?
やはり2系統のシーラカンスが上陸に成功し
胎生の種が哺乳類に、卵生の者が爬虫類になったのでしょうか?
でもそうなると単孔類の説明がつかなくなるし…

結局、わかりません



たいした話ではありませんが BEEさん  
はじめまして、いつもとても楽しく拝見させていただいております。

UMAとは少し違いますが、子供のころ妙な生物を見たことがありますので報告します。
といっても、よく見る生き物だったのですが、サイズがちょっと、まともではなくて。
今から20〜22年位前、小学生だったころの話ですが、近所に住んでいた1〜2歳位年下の子がある日カブトの幼虫の凄いのを飼っているから見せてやるといいました。
で、初めてその子の家に行ったのですが、そのカブト虫の幼虫と言うのが、丸まるとソフトボールより少し大きいくらいのサイズがあり、新聞紙の上を這わすとコロコロコミックよりも長く、その子が手に持つと明らかに子供の掌からはみ出していました。
私も生来の動物好きでカブト虫は毎年近くのゴルフ場の刈り取った芝の山から幼虫を持ち帰り飼育していましたので、この巨大幼虫が尋常でないことは良く分かりました。
その幼虫は良く売っている二番目に小さいサイズのプラケース(4リットル位の容積)で飼われていましたが、腐葉土に埋まっているとプラケースのどこかの面に必ず体表が接していました。
持たせてやる言われましたあまりに不気味なので辞退しました。
その時聞いた中で覚えていることを抜粋すると
・一週間に一度くらい腐葉土を全部捨てて新しい腐葉土に変えている。
・2年か3年くらい前から飼っている。
・前にタイル張りの玄関に高いところから落として死に掛けた。
等言っていました。
私は子供心に高いところから落としたときに何処かおかしくなって蛹になれなくなったのかなあと納得していました。
その子のお母さんがこの幼虫をえらく毛嫌いしていたのが印象的です。まあ無理もありませんが。
その子の家は無くなって、今は学生相手のアパートが立っていますし、私も引っ越したのでその後この幼虫がどうなったのか分かりません。
テレビなどでオオクワガタがサイズ1mmの違いで何十万円とか言っているのを見るたびにこの桁違いな幼虫を思い出します。


さらにたいした話ではありませんが BEEさん
それともうひとつ、
こっちは真っ赤なメダカです。
私は広島市のベッドタウン、五日市町(今は合併して町ではない)にある観音小学校というところに通っていましたが、当時(20年位前)は学校の裏にまだ田んぼが多くあり、農業用の堤(人工の沼?)がありました。
そこへよくイモリを採りに行きましたが、その堤にいたメダカはみな全身真っ赤な体色をしていました。
赤といっても緋鯉やプラティのようなベッタリとした赤ではなく、もっと透明感のある、本当にきれいな赤色でした。
小学校でもこのメダカを飼育しており、卵からかえった幼魚も成長すると赤くなっていました。
父がランチュウの養殖をしていたので幼いころから観賞魚には親しんでおり、私自身10歳当時からアストロノータスやシルバーアロワナ等を飼育していましたのでグッピーや小型カラシンなどではなく、間違いなく日本メダカで在ったと断言できます。
堤はすでに駐車場になっています。
このごろ日本メダカのアルビノや青光色が持てはやされているのを見ると、あの時ワンサカいた赤メダカを熱帯魚の餌にせずに飼育しておけばよかったとも思います。

長々と書きましたどちらもたいした話でなくてすみません。




戻る     表紙へ     次へ