報告集の31




マンモスプロジェクト これやさん  
こんなニュースも出てますよ〜。

クローン技術を駆使した「マンモス復活プロジェクト」を進める日本とロシアの共同研究チームに所属するロシアの研究者が15日、同チームがシベリアの永久凍土で発掘したマンモスとみられる肉片を、成田空港経由で日本側研究機関のある岐阜県内に運び入れた。
 肉片は16日、共同研究チームの岐阜県科学技術振興センター(各務原市)から近畿大生物理工学部(和歌山県打田町)に移送される。同部の入谷明教授(発生工学)らがDNA鑑定でマンモスかどうか確認し、遺伝子の保存状態やクローン技術を利用した復元の可能性を調べる。
 肉片は液体窒素を利用した特殊な容器に入れ、マイナス150度に保った状態で空路、日本に運ばれた。(共同通信)
[7月15日19時11分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030715-00000174-kyodo-soci



カブトムシ?ゾウムシ? kmさん  
今日森の中にある自然公園(?)に友人と遊びに行ったのですが歩いていると草むらの向こうからガタガタッと言う音がしたんですよ。
立ち止まってよく聞くと何やら排水溝の中から音がしているようなんです。
気になって草むらに入って見てみようとするとそこには蜘蛛、蜂、羽虫が群れていて虫が苦手な僕は後ろへ引き返しました。
しかし友達はその虫達を発見できなかったようでズンズン草むらの中へ入って行き「なんかでかくて変な色のカブトムシみたいなのがこの中(排水溝)で暴れてる。」と教えてくれました。
なぁにぃ???生まれて一度も野生のカブトムシを見たことのない僕は感動し草むらに飛び込もう・・・としましたがやはり蜘蛛や蜂は気持ち悪いのでちゃっかり横の草のない場所から入っていき覗いてみました。
そこには・・・ゾウムシが大きくなり(推定6cm前後)角が生え脚が太くなったような生物(?)が泥まみれで排水溝の上の金網へ飛びながら力強く体当たりしているというなんとも微妙な姿が・・・
僕はなぁんだカブトムシじゃないんじゃんと思い、その場を去りました。
しかし家に着き良く考えてみると「あれってカブトムシより凄くないか?というかあんな虫見たことないぞ?」と思い、なんだか後悔しています。

一体あの生き物はなんなのでしょうか?
どうか詳しい方教えていただけないでしょうかm(__)m

Re: カブトムシ?ゾウムシ? ハンザプラスさん  
> そこには・・・ゾウムシが大きくなり(推定6cm前後)角が生え脚が太くなったような生物(?)が泥まみれで排水溝の上の金網へ飛びながら力強く体当たりしているというなんとも微妙な姿が・・・

外来種の甲虫の一種で、飼育されたものが逃げたのでは?
できれば目撃された地域等(例 関東地方 関西地方等々)をご記載下さい。

角があるということですので、
以下に外来種のカブトムシの画像を貼っときます。

ttp://kamome.jppn.ne.jp/pq/beetle/1.gif
ttp://www.terakoya.ne.jp/kuwagata/pic2/lic&he01.jpg
ttp://www.terakoya.ne.jp/kuwagata/pic2/hime01.jpg
ttp://www.terakoya.ne.jp/kuwagata/pic2/nep201.jpg



相対性進化論 ふくちゃん  
 
 個人的にですが。ダーウインの進化論をアインシュタインの相対性理論で超えてみようかと思います。
 批判はあるかも知れませんが・・・・・・・。
 
 ビッグバンにより、無から有が生じて宇宙が出来た。もしくは無限の有から観測可能な有限宇宙が生まれた。(どちらでもいいですが。)
 そう仮定すれば、地球に生物が生まれる事など当たり前の事かもしれませんね。

 存在は有るべくして有る。(宗教チックな言い方かな?)

 ・・・・・・全ての可能性は存在する・・・・・・まで発展しちゃいます。

 1+1=2 2+1=3、1と2・2と3は近い関係だけれども、3と1は遠い関係かもしれません。
 でも、無限に対して、1を足そうが、1兆を足そうが同じものですよね。歩いて十年の遠い距離も、光の速さで移動すれば1秒かかりません。
 大の尺度でとらえると、小の存在は無に等しいのかもしれませんね。逆に小の尺度でとらえると、大の存在は大きな意味を持ちます。

 何を言いたいかと言うと、無限を尺度にした場合、数的単位は無限を超える事ができないと言う事です。
 定量可能な大きさでしか、人間は物事を計測できないのです。
 

 古代の人間の数的認知力が1・2・3・大きい、とすれば現代の人間の数的認知力は、爆発的に増大の一途を辿っています。

 「地球が狭くなった」等の発言が良い例かもしれません。
言いかえるてみると、人間の存在は他と比べて相対的に大きくなったと言えるでしょう。
 しかし、いくら人間の存在が有限宇宙に対して大きくなったとしても無限の有には追いつく事ができません。
 あくまでも、ちっぽけな存在でしかありえないのです。

 生物の進化は存在として相対的に大きくなるため必要なことなのかもしれませんね。





戻る     表紙へ     次へ