報告集の30

メールアドレス(サイトアドレス以外)は消しました。


ドクター、身の危険を顧みず、語ってしまう…でも、そっとしておこう その1

 Harry博士より  

こんにちは、さくだいおうさま。
仕事柄こんな話は実に心苦しいのですが
・・・実は何を隠そう、私もUMA目撃者なのです。

私は都内大学医学部所属のPh.D.で、現在米国フィラデルフィアの大学
研究留学中のものです。

一応薬理学者なのですが、その昔は動物生理学なるものをやっており、
その学位も持っております。
そんなことから、・・・というよりも、とにかく、UMAにはいろいろな意味で
大変興味を持っております。

その興味を持つに至った原因のひとつが、今日お話しする出来事かもしれません。
それは今を去ること25年ほど前の話です。

私の田舎に古くから「竜のような謎の生き物が棲む」と言われ、
地元の人もめったに足を踏み入れない「池」が(もちろん現在も)あります。

川のほとりのやや高くなった場所に位置し、目測で確認できる部分は
直径20m程のほぼ円形を呈しており、透明度は比較的あるようで、
底の瓦礫や大きな岩などが確認できます。

眼に見える部分の最大深度は2m弱でしょうが、一部には底に水生植物の生えた場所もあり、
正確な深さは分かりません。

陸水学の分類からいうと「池」でしょうが、その一部は杉林のような部分にも
かかっており、さらに奥まで続いているという話も聞いたことがあり、
池の全容は確認出来ないようです。

また、その池の縁は少なくとも一部は岩石質で出来ており、内側がえぐれているようで、
穿った見方をすれば、その奥にも池が続いているようにも思えます。
水系敵に閉鎖されているわけではなく、豪雨などで川が増水した折には、
池の表面まで川の水位が上がり、池が埋没することもしばしばあるようです。

また、地下水系があるのかどうかなどはよくは分かりません。
生態系を調べたわけではありませんが、イモリや小型のサンショウウオ、
カエル当の両生類や、ハヤ、ウグイなどの小魚、フナ、中型のコイなどが
泳いでいるのは確認できました。

 中学生だった私はその池のほとりで、当時ペットとしてハマっていた
イモリを採取していました。

もともと生き物が大好きで、その池の近辺にはイモリが多いと言うことを聞いた私は、
早速捕まえに行ったのです。

勿論、その池の噂は聞いてはいましたが、そんなことなど全く気になっておりませんでした。

その2

イモリの採取を始めて10分くらい経過した頃でしょうか。

自分の対岸で「ばちゃ、ちゃぽん!」と言うような、大きな水音がしました。
音のした方に眼をやると、なんと巨大な両生類のような尾
水面をたたいているのが見えました。

水面下の様子は確認できませんでしたが、「それ」はかなり大きかったと推測できます。
驚くのはその大きさ(その部分だけで1m弱か)だけでなく、その形状です。

群青色のそのぬめぬめとした質感の尾に、
真っ赤、もしくは濃いオレンジ色の少し大き目の斑点が
はっきりと認められるではありませんか。

驚いた私は一目散に逃げ出しました。これこそが噂に聞く「謎の生き物」だろうと。
時刻は午後4時を少し回った頃で、まだ決して薄暗くもない時間帯で、
何かを見誤るようなことは無かったと確信しています。あれはなんだったのでしょうか?

私の住む地域にはサンショウウオは生息していますが、全て小型種で、
オオサンショウウオはいません。いたらそれこそが大ニュースです。

とにかく、今まで見たことのない、あの群青色の両生類様の尾に赤色系の斑点が
コントラストになって、今でも脳裏に焼きついて離れません。

現在でも年に一、二回は里帰りをしますが、その池に近づいたことは一度もありません。
確かに、血気盛んだった頃は、
「よーし、いつか突き止めてやろう、きっと科学的に解明できるはずだし、
というよりも、既存の生物以外の誤認かもしれない」などと考えたりもしましたが、
最近では科学者としての立場より、一個人として、「そっとしておこう」と考えています。

いずれにしろ、私が見た物の正体が何であれ、「unidentified」 であるからには
「UMA」という言葉が当てはまるのは適当なのではないないでしょうか。

以上、私のUMA体験談でした。

▲私以上に危険な立場に置かれようとされるとは…(笑)。感じ入りました!!!
科学を実践する立場の迫真の文章、シッカリと受け取りしました。
伝説や噂話のようなものには、なんらかの原因・キッカケがある…という事以上に
なんとなく直感的にスゴイ感じ・印象を受けるのは私だけじゃないと思います。

かくいう私も、過去の自分自身の目撃がなければ、絶対に立場的にも
否定せざるを得ない姿勢を崩す事は無かったと思います。
(自分である程度学説といわれているものを覆せて、なんとかエセと
言われるのを防いでいるといいますか)笑



恐縮です Harry先生より  
さくだいおう様。

Harryです。
私の目撃談がアップされているのを最近知りました。
真に光栄のかぎりです。
然るに、私の場合、目撃からもう25年も経っていることは
大きなマイナスポイントと言えるやもしれませんが・・・。

何れにせよ、これからも皆様ご自身や世の人々のUMA目撃情報や、
「変なもの」目撃情報を楽しませていただく所存です。
そしていつの日か、それこそ否定派が「ぐうの音も出ない」ものを
見せ付けることが出来ればすばらしいですよね。
サイトのますますのご繁栄を期待しております。

最後に、真に恐縮ですが、
私は「フィラデルフィア大学」にではなく、
「フィラデルフィア」にある「某大学」に在籍いたしております。

では。

Harry


▲早速修正致しました。

コメント(激励)ありがとうございました。こちらこそ、恐縮です。
いつまで続けれるかわかりませんが、サイトが終わるまでには
一匹ぐらいは強烈な発見に関わりたいなと思っています。

Harry先生へも医学の研究で画期的な成果をあげられる事を
期待しております。

ノーベル医学・生物学賞は、他のジャンルよりも可能性が高いと
思っておりますので、、、(話が発展しすぎて、すみません)



ナメクジ かんちさん  
1週間程前にこのサイトを発見して、一昨日やっと読破できました。
とても面白かったです。

鮫に遭遇したらギャラクティカマグナムって書いてありましたが
ブーメランフックじゃ駄目でしょうか?あれならできそう。

僕は生まれも育ちも東京都板橋区なのでUMAっぽいものとの遭遇に縁がありません。
強いて言えば、近所の公園で↑型のナメクジみたいな生き物です。

うどんみたいに平べったくて、土の上を這って移動してました(速度は遅かった)
模様はなく、色はナメクジと同じ肌色。

横幅0.5mm、厚さ0.1mm、体長はわかりません。
土の中から這い出している最中できた。(小さい穴の中からだったかもしれません)

掲示板報告集Bにあったコウガイビルにそっくりなんですが、微妙に違う気がします。
小学6年生だったので違うとは言いきれませんが、板橋区にコウガイビルってのも妙だし。
コウガイビルを板橋区まで持ってきて野に放つ人ってそれはそれは怖いです。

ところで、近々奥多摩にキャンプに行くのですがあの辺りで
なんか変な生き物の目撃証言とかってあったら教えて下さい。

見つけても持って帰れませんが。。。(ナイフ一本サバイバルなんでw)
場所は奥多摩駅から日原川渓流釣場のもっと上流あたりです。


破壊力満点!!!巨大な蛾 shinoさん  
UMAは大好きなので、非常におもしろかったです。
これからちょくちょくのぞかせてもらいますね。

そういえば、僕もUMAというかわかりませんが、
図鑑には載っていない生物を実家でよくみかけました。

僕は岩手県盛岡市出身で、2年前までそこで暮らしていましたが、
家は山の中の団地にあり、自然いっぱいって感じでしたから、
いろんな動物や昆虫がいました。

特に昆虫は色んな奴等がいて、どんだけ調べても図鑑等に載ってないやつも
わりと見かけました。

そのなかでも最も強烈に、今でも覚えているのは弟と目撃した巨大蛾です。

A3用紙くらいの大きさで、僕の知る限りではそれだけの大きさの蛾は
日本にはいないはずです
(確か日本最大は沖縄に生息するヨナグニサンだったはず?)。

昔、「世界の昆虫展」というのに行った時、世界最大の蛾の標本も見たのですが、
明らかに僕等のみたもののほうがでかかったと思います。

実は、僕はこの世で一番蛾が嫌い、苦手なんです(大きいもの限定ですが)。
幽霊や核兵器なんかより何万倍も怖いです。

ですから、そのシーズンになると夜6時以降はほとんど外出しませんし、
したとしても車から出ません。

が、”やつ”を目撃した日は月曜日、我々が毎週楽しみにしていた
ジ○ンプとスピ○ッツの発売日で、あろうことか昼間買い逃していたのです。

普段なら絶対翌日まで我慢しますが、シーズンも終わりかけていたので
油断してしまいました。そして、コンビニでレジに並んでいるとき、
窓を「ドン!ドン!」と誰かが叩いている様な音が。
それが”やつ”でした・・・。

僕たちは怖くて1時間以上コンビニから出れませんでした。

長くなってすみませんでした。


生き物失踪 魔離王さん  
はじめまして。何でこのサイトにたどり着いたのか分かりませんが、
気が付いたら、仕事中も見ておりました。

UMAとは関係ないのですが、なぜか我家(実家)では、
小動物がよく家出をするのです。

一番最初の失踪で、いまだに私の心に暗い影を落としている事件があります。
当時私は小学校低学年で、その日は家族と庭で水浴びをしていました
(ホースで水を撒き散らす)。私はその時飼っていたザリガニも一緒に
水浴びさせてあげようと、庭に放したのです。

水溜りでもぞもぞしていたざりちゃんは、体を左右に動かしだしたのです。
そして、泥の中に埋まっていくではありませんか!
巣穴を掘るような動きではありません。
舞台で役者が奈落へ下りていくような、そんな感じです。

呆然と見ていた私は、ざりちゃんの姿がすっかりみえなくなってしまったので、
あわてて父を呼び、そこらへんを掘り返してみたのですが、
彼とはそれっきりです。
どうです?やつは巣穴を掘りたかったのでしょうか?
それとも私に飼われているのがそんなにいやだったのでしょうか。
20年以上経った今でも、気になってしょうがないのです。


超カマキリ なんさん  
大きなカマキリの話を見て思い出しました。
おいら自身は、そんなとんでもないものはみたことはないです。UFOを2度ほど。
しかし、それよりビックリしたことがあります。

幼稚園児の時、虫取りが好きで、カブトムシやカマキリ、色々捕まえて遊びました。
その中で、カマキリは割りに簡単に捕まえられる昆虫.
♀同士は喧嘩させ(ひどい?)♂はもっぱら、空に投げては飛ばせて遊んでいました。
生きている紙飛行機みたいなものです.

その時捕まえたカマキリも普通のカマキリでした。♂。

ところが、捕まえた瞬間、カマキリがいつもやるように、鎌で指を摘んだんです。
しかも、すごい力で。

その瞬間に手を放したんで、どうにもなりませんでしたが、
普通のカマキリの鎌の強さでは考えられない強さでした。

そして、次の瞬間、まいあがって行ったんです。垂直に。
羽音がキチキチと鳴ってました。
カマキリを捕まえたことがある方だったら経験あると思うんですけど、
そこまで雄の飛翔力は高くないと思うんです。

実際、その後、羽音がキチキチと音を立てるほどに強力な飛翔力を持ったやつには
出会ったことはありません。グラウンドの隅の植えこみから、垂直にまいあがり、
2階建ての家の屋根の向こうに飛んでいってしまいました。

さくだいおうさまに質問なんですが、大きさ、重さもさる事ながら、
身体能力が異常に高い動物って、発生することがあるんでしょうか?
あるとしたら、それって、巨大化より可能性が高いんでしょうか?

▲常にバカ力を出せるぞ…というホルモン(脳の刺激)があれば
可能と思いますが、その代わり寿命も瞬間で終わってしまいます。
でも、別種という可能性は有ります。筋肉量が多い遺伝子異常とか、
結構、巨大化より考えれたり……。


UMA? 鮎沢さん  
小ネタを。でも見たこと無かったので
純粋にへぇーって思いました↓
http://www.mag2vow.com/20030715_2/


川の主か? しげ(shige)さん  
さくだいおう様
はじめまして。しげと申します。
矢口先生(釣りキチ三平)の掲示板からたどってやってまいりました。
ここのUMAのホームページとても面白く読ませて頂いております。

さて私の釣り経験で記憶に残っていることがあります。
4、5年前の8月も末の頃、神奈川県内の川で、大好きな毛ばりの
鮎釣りをしていました。毛ばり釣りをする人もすでにいなくて
一人で面白く釣りをしていたのです。

「あれ、地球を釣ったらしい・・・・」
と思って、ひっぱってはずそうとした時です。

「おおおお・・」
なんと、重々しい引きでひっぱっていかれるではありませんか。
例えるならば、「潜水艦」という感じです。

私はその時、ゴム長を履いて、華奢な細竿でしたので、
魚の引きに合わせてひっぱられて、川の中を行きました。
さらに魚は水底に止まると、またまた動きません。
まさに押しても引いても動きません。
水の中の姿を見ようとしましたが、見えません。

そのうちにまたまた引っ張られてしまい、
とうとう糸を切って大岩の向こうに去っていきました。

まさに「川の主」でした。魚種はいったい何だったんでしょう。

巨大化した残りマス、それとも山女か?それとも巨大化した鮎だったのか
夢枕獏氏の小説「鮎師」のこともあるし、40センチ超の巨大
鮎だったらすごいのですが・・・
今もって、謎です。

それと、12月の解禁の時にも、竿を折られる大物が来ました。
あああ、2度までも・・・・くやしかったというよりは、
すごい経験をしました。唖然とするばかりです。
今でも、あの川には、巨大魚がいるのでしょうか。

▲私が竿を折られたのは、あの1.5メーターのイワナの場所であります。
また、上流に上っていったため、サツキマスなど(下流へ走る)などと違い
イワナかなと思っています。今回、しげさんの場合は、動きが悪い感じが
しますので、イワナ以外にも、オオサンショウウオの可能性もあるかなと
思いますが、なにせ、何が釣れるか分からないのが渓流ですから
(知人に鳥=ウ=をかけた人が居ます。水の中を駆け巡り、空を飛んで
大爆笑だったそうで…)


あれは、何だったのでしょう Amyさん  
初めて投稿します。
ずっと謎で、でも、誰に言っても信じてもらえず。
あれは、18年前横浜に住んでいるとき。

学校に登校する時、ふと見ると1m位前に黄色っぽい
”たん”のような、つばの様なものが、地面に着いていました。


汚いので、意識して大股で越しました。いえ!越そうとした、
その時!!その液体が、跳ねたのです!

少し盛り上がり、その後、重力に逆らい明らかに!
その時、あまりの怖さに逃げましたが、あれは、なんだったのでしょう。

知人の話によると似たような物を、テレビのUMA特集
みたいので、やっていたと聞きました。
よろしくお願いします。


二条城の鯉 ランカーバスさん  

初めまして管理人さん
11年前京都に修学旅行で行ったときの記憶です

入口の堀の所にいて鯉を見ていましたすると作業服を着た人が来て
よく見ると手に食パンの固まり(スライスしていない奴)を3個持ってきて
てっきりちぎって鯉にやるのかなと思いきや
ポッポンと堀に投げたんです・・・・・

は?と思いましたね
そしたらその食パンの固まりを

   ぱくん・・・ぱくん・・・・・・・・ぱくん

目が点になりましたよ
口がその食パンのかたまりよりでかいんですから(ひげもあったから多分鯉)
いそいで追いかけてつかまえて聞きましたよ「いまの・・・何?・・・」

一言「鯉だよ見えた?運がいいね」・・・・十和田湖で1.5M位の鯉が
自分の中の巨大魚だったんですけどね

実話ですよ信じて貰えますそれこそ2Mはあると思いますが


Re: 二条城の鯉 水槽錦鯉かにかにさん [URL]  

鯉関係の話題でしたので、返信させていただきます。
通常は、1mで大きいと感じるのが鯉のサイズなのですが、
体長2m近い鯉というのは実在しますので、
お話が実話であることを私は信じます。

鯉釣り師の間で有名なUMAに、芦ノ湖に住む畳一枚分の巨鯉
というのがいますが、鯉の寿命は最長で100年を超えますので、
山上湖などには、さらなるモンスター級の鯉がいても不思議ではありません。

同じ鯉科のアオウオという魚は、160cmをさらりと超えてくれますので、
条件がよければ鯉も巨大化するのです。
ちなみにアオウオというのは、以前、江戸川にエディなるUMAが出現すると
騒がれたことがありましたが、その正体であった魚です。

また、おまけとして、芦ノ湖関係のUMAとして、
やはり畳一枚分の巨大亀というのがあります。

は虫類なども条件さえ良ければ巨大化する生き物ですが、
何しろ亀も長寿を誇っていますので、畳一枚まで育つということももしかしたら?



わたしも気になったのですが・・ nanaさん  
こんばんわ、私もはじめてカキコします。

take−suさんの首長竜の話、私もこの頃聞いたことがあり興味を
そそられたのですが・・それっきり、情報がないですね。(やっぱりガセ??)

それと、一昨年の夏ごろと思うのですが”つちのこ?”を捕獲した記事
(たしかどっかの役場の人たちといっしょにでてなような・・)が結構
いろいろな新聞に載って、アオダイショウの変異か新種か調べるとでてたきり、
その後話しを聞かないのですが・・どなたか結果をごぞんじでしょうか?


Re: わたしも気になったのですが・・ メガさん  
はじめまして、メガともうします。

それは、四国は徳島県での話しでしょうか?
徳島県の勝浦郡勝浦町の図書館に捕獲された「ツチノコ」の
ホルマリン標本が展示してあると聞いたことがあります。

ヤマガカシの突然変異という報道がなされたようですが、
地元の理科の先生が「突然変異かな?」の言ったのが、
「突然変異」と報道されてしまったそうですので、異論はありそうですね。

勝浦町の図書館に問い合わせてみれば、今も見れるかもしれませんので、
その内に行ってみようかとも思ってますが・・・どうしましょうかね(笑)


Re: わたしも気になったのですが・・ Urakiさん  
始めまして。遅レスですがすいません^^;
それは確かアオジタトカゲだったと思いますよ
アオジタトカゲを真上から見ると足が短いので
ツチノコの想像図にピッタンコ(死語)です。
http://homepage2.nifty.com/pet-mail/wakame_title4.jpg
↑アオジタトカゲちゃん


ありがとうございます!! nanaさん  
urakiさん、メガさん・御答えありがとうございますo(^o^)o
私の見た新聞記事はどうもurakiさんのっぽいです。
そうですか・・ホルマリン漬けになっているのですか・・

私が見た新聞(写真はカラー・・ちなみに東スポなどの
おちゃらけ新聞ではなく、ちゃんとした日刊紙・・笑)の写真だと、
見た感じアオダイショウっぽかったですが、ヤマカカシでしたか。

これで、数年間のわだかまりがはれました〜〜〜。

しかし、記事にしたなら最後まで責任もって
取材していただきたいですね。
こう言う記事って・・いつも、しりきれとんぼなんだもん・


Re: わたしも気になったのですが・・ ろくべえさん [URL]  
はじめまして。

一昨年の夏頃のツチノコ捕獲といえば、
兵庫県美方町のヤツではないでしょうか。

それならば、当時わたしが直接見に行って、
ちょっとおちゃらけたレポートを書いていますので参考にしてみてください。

http://www.h2.dion.ne.jp/~hodo2/tabi2-1.htm

ところで、このレポートの後日談ですが、
専門家の鑑定によれば正体はヤマカガシだったとのことです。

また、このヘビ(町ではツッチーと命名)は卵を産んだ後死んでしまいました。
(卵のせいでお腹がふくらんでいたのでしょう)
卵は無事に孵化し、子ヘビ(普通のヤマカガシ)が生まれました。

子ヘビは普通のヘビだったので山へ逃がされたようです。


あっ!! こっ・・これでした!! nanaさん  
ろくべえさん!!!
これです!!

お〜〜〜ぉっ・当時の記憶が鮮明にもどりました!!!
ありがとうございます!!

・・・でも、やっぱり・・やまかかし・だったのね...(;.;)ちと・悲しい・・
でも,恐怖のオブジェを見られたから、ちょっと感激!!
でも地方って、不思議な物つくりますよね
(よく議会で予算・・税金・・使って、こんなの作って・・などと思うものが)
これも、ある意味UMA並の不思議さがあるかも・・

しかし、このBBSにはまってしまう、私自身が怖い〜〜〜〜!



はじめまして! ひでさん [URL]  
はじめまして。
ずっとこちらのサイトは見ていて、陰ながら応援させていただいていたのですが、
弟から気になる話を聞いたので書き込みさせていただきました。

弟が以前TVで、頭がワニ、体が魚の未確認生物を観たとのことでした。
番組名は定かではありませんが、「コレマジ?」(って名前でしたっけ?)とか何とか・・・ 
偶然網にかかったらしく、獰猛な顔をしていてかなり気持ち悪かったとのこと。

その話を聞いたときに真っ先に浮かんだのがウモッカだったので、
カキコしてみた次第です。

もしご存知の方、画像をお持ちの方いらっしゃったら教えて下さい。すみません。
あ、あと中国の話も楽しみですね。
それでは失礼致します。


Re: はじめまして! Urakiさん  
始めまして。それはアリゲーターガーと思われます
http://www.tv-asahi.co.jp/koremaji/html/back/Frameset.html
↑これマジ!?でやってたやつです

http://www.webworks.ne.jp/~inoda/FISH/Images/fish/ag.JPG
↑アリゲーターガー ミシシッピ川とかにすんでます

Re^2: はじめまして! Urakiさん  
補足・↑これの2002年2月16日放送ってやつです


Uraki様 ひでさん [URL]  
ありがとうございました!
 なるほど、未確認生物ではありませんでしたね。すみませんでした。



UMA ? サーペントさん  
深海で遭遇した海ヘビ

旧ソ連の研究用潜水艇・アカデミック・シルショフ号が、
三ヶ月間に渡って黒海を調査していた時、深海で巨大な生物に遭遇した。
その遭遇した生物とは、常識をくつがえすほど大きな海ヘビであり、
この生物は潜水艇のカメラにも収められた。

頭の部分はコブラに似たような形をしており、12日間の間に
3度も潜水艇の前に姿を表した。

特に3度目は、頭を潜水艇に打ちつけて攻撃してきたという。
遭遇した地点はいずれも水深300メートルという深いところで、
この怪物はカメラで撮影されただけでなくソナーにもキャッチされ、
測定の結果、体長は約50メートルあった。

-------------------------------------------------

潜水艇の乗組員は13人。その中の一人である海洋生物学者の
イワン・シルコシ博士は、潜水艇の窓から直接この海ヘビを目撃し、
次のように語っている。

「頭の大きさは少なくとも、直径3メートル以上はありました。
しかし何といっても恐ろしかったのは牙です。
コブラに似たような牙でしたが、それはあまりにも巨大でした。」

また、同僚のアレクセイ・ゴルベフ博士も、
「海ヘビがぶつかってきた時には殺されるかと思いました。
よく、潜水艇が持ちこたえてくれたものです。」
と、その恐怖を語った。

こんなにでっかいのいるんですかね〜


(=゚?゚)ノウモッカ! うみ@さん
中国ネッシーの写真懸賞つきましたね(><)
早くみたいですね〜♪
ウモッカの捜索もがんばってください。

謎でもなんでもないのですが、大阪に住んでいて、
大学で北九州で一人暮らししていた時。

5階の部屋の中に奇妙な緑色の虫が入ってきてしまいました。
驚いて殺虫剤をかけて殺してしまい、あとで見るとカマキリの子供でした。。。。

カマキリなんか二度くらいしか見たことなかったので、
知らない虫でこわかったんだよぅ(ノ_;)


Re: (=゚?゚)ノウモッカ! ウタさん  

>>うみ@さん

UMAとは全く関係ないのですが私も蟷螂の子供には嫌な思い出が・・・

小学校の頃、山で偶然蟷螂の卵を見つけまして
枝ごと折って家に持って帰ったのです。

カマキリは秋に卵を産み、春に孵るのですが
(ふわふわの綿毛のようなものが枝についているのを見た事はありませんか?)
家に持って帰って、室内の観葉植物にさしておいたんですよ。

本来春に孵る筈なのですが、室内の温度が影響したのか、2月頃だったかな。
朝起きてトイレに入っていると母親がものすごい悲鳴を上げまして。

1階に降りてみると観葉植物全体に小さい緑のカマキリが・・・
想像を絶する気持ち悪さでした・・・(ノ_・、)


▲これこそ、UMAの醍醐味といわざるを得ません…




戻る     表紙へ     次へ